ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

レイプ/犯された私 RSS icon
※体験談/女性投稿専用

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 ... 195 196 197 198 199 200
削除依頼
2013/04/02 22:16:05
高3のときの話。


週末に友達と都内の某クラブに行ったんだけど、すごく混んでて、友達とはぐれちゃったけど、たまたま会った男性がタイプだったので、一緒にいたら、ちょーミニのスカートに背中があいたベアトップ一枚って格好だったから、ばっくり開いた背中から手前に手を入れてきて、音に合わせて揉んできて、カップのついたブラトップを着けてたんだけど、下に引っ張られて、乳首を出され、執拗に乳首を触られたので、さすがにやだぁ、と言いました。

でもだいぶテキーラとか飲んでたので私もうまく抵抗ができてなかったのかも。
いやがるふりと思われたみたいで、ミニの中はTバックでずっとおしりをなで回され、タイミングで、穴に指を挿入してきて、いつのまにか、男たちにも囲まれ、気持ち良さそうだね、とか言われながら、ベアトップをいっきに下げられ、胸丸だしに。

激しく揉まれ、手前からはクリも触られました。


いやだっ!って叫んだのに、具合わるいってー!とか言われ、近くにあった男子トイレの個室に四人も入って、スカートをまくりあげられ、Tバックをずりさげられ、あっというまにチンコが挿入され、男はテンション高めで出し入れしてきて、ものすごい高速で、マンコ壊されそうなくらいめちゃくちゃにねじこまれ、ぱんっってすごく強く一番奥までチンコをねじこめると、ピクピクと中に精子を流し込まれ、満足したのかすぐにトイレをでていってしまいました。
残った二人にまで、俺らのも飲む?まだまだ飲み足りないよね?と、私じゃなく下半身に話しかけてて、問答無用でまたチンコを入れられました。

もちろんゴムなんかなしでした。

ほとんど全裸で、マンコにはチンコを入れられ、もう一人にクリと乳首を責められ、我慢してたのに、イキソウになってしまって、こいつしめてる!もういくな!俺のチンコいいんだろ!オラ、いけよ!とかすごくバカにされ、悔しいくて、絶対いかないし!お願い!ダメ!ほんと抜いて!動かさないで!ダメ!やっ、はやく抜いて!いっちゃう!あっ!やだ!いく!あっっっっっ、、、、


懇願したけど、そのまま激しくチンコにかき回され、ついにいってしまいました。


見知らぬ男は見知らぬ女をいかせたことに気をよくしたのか、テンションすごい高く、そのまま中にまた精子を出されました。


精子があふれてくるのを足を広げられ、興奮しながら観察され、写真までとられ、まだだらだら精子を垂らすわたしのマンコに興奮するとかいって、さっきまで胸をなめ回してた男もまた生でチンコをねじこんできました。


チンコを出し入れされるたびにぐちゃぐちゃぶちゃぶちゃと精子があふれだすのを見せつけられ、しかも、またヤバくなってきて、いくのを我慢してるのがバレ、また激しく突かれ、またいかされました。
このひとはなかなかいかず、またいきそうになると、動画まで取られ、レイプでいく瞬間をとられました。
今いったのにまたすぐいったり、わけわからないくらいいかされた後、また奥に精子をそそがれました。

興奮した二人目はまたびんびんになってて、また挿入され、そいつが二回目の中出しをしたとこで満足したのかずるずるチンコを引き抜くと私をおいてフロアに消えていきました。

私は全裸で男子トイレの個室で放心していると、やられちゃったこがいる、とか言いながら知らないおじさんが鍵のしまってなかった個室を開けてきて、胸を触りながらテマンしてきて、みるみる精子がでてきたのに興奮したみたいで、このこ、中出しokみたいだよ!って、変なおやじに、おしっこしたばかりのチンコをぶちこまれ、もうひとりが鍵を閉めて、個室でまたレイプ、、、


いきやすくなってた私は何度もいかされ、おやじふたりに中出しされました。


おやじたちに一回ずつ中に出されたあと泣きながら服を着ましたがパンツが見つからず、友達には具合が悪くなったっていって、精子が流れ出すマンコのまま終電で帰りました。


帰りの電車で酒臭く泥酔していたからか、痴漢され、パンツがない上に精子でどろどろなのをパンツもはかず濡れまくってる女と思われたのか、指でマンコをかき回されたり、胸も触られ、またいかされ、酒と精神的ショックでもうふらふらで何もかもどーでもよくなり、私はもう汚いから、って自暴自棄になり、降りた駅までついてきてしつこいサラリーマン3人にひっぱられるようにホテルにつれていかれ、回されました。


翌日アフターピル飲んで妊娠は回避しました。


それからはかなり男性不振になりました。
996
削除依頼
2013/04/01 14:46:10
以前こちらで何度かお会いしたことのある単独男性(以下A)に、ある日久しぶりに誘われたのですが…。
元々彼に好意を持っていて、良い人だと信用しきっていた私がバカでした。


『お前が感じているところを誰かに見せてあげたら?』

って誘われたんです。
これまでそういった経験が無く悩みましたが、今までに無い刺激を得られるかも…と言われ、二人でNGを決めて彼が募集をかけました。
募集するのは単独さん一人だけ、見るのと触るのはOKで、見ながらオナニーはしてもいい条件でした。

でも実際は違っていたんです。
私の知らないところで、単独さんは3人選ばれていました。
そんなことも知らないで、私はのこのこ出掛けて行ったんです。
本当に…バカでした。


ホテルに入ってから、一人目の単独さんが呼ばれました。
私がAに触られ悶える姿を見たり、触ったり…ここまでは募集通りでした。

思えばAが

『ちょっとごめん、メール』

とベッドを離れた時に、ほかの二人が呼ばれていたんだと思います。


その先は皆さんが想像する通りです。
次々に単独さんが部屋に来て、私はパニックでした。
すでに半裸だったのを必死に隠しながら

『ひどい、約束と違う!』
とAに訴えました。

『大丈夫、大丈夫〜。今日はみんなのお姫様だから』

とAは私をなだめましたが、優しくされたところで、これから何が起こるのかと思うとガクガク震えが止まりませんでした。


Aが裏でなんと言って誘ったのかわかりませんが、彼らは私に手枷をし押さえつけ、遠慮無く触ったり舐めたりしてきました。
全裸になる男もいれば、下半身だけ脱ぐ男もいて、お姫様どころか私は完全に玩具でした。

恐怖で涙が止まりませんでした。
声をあげて抵抗するのも虚しく、髪を掴まれ見知らぬ男のものが口に入ったまま、別の男性二人に左右から乳房を舐められ、Aは私の股間に顔を埋めて舌を這わせて言いました。

『嫌がるわりにグチョグチョだね〜!ホント複数大好きだよなぁ、お前…』

と、私がそんな経験一度も無いと知りながらの発言でした。
嫌悪感でいっぱいでした。
身体が反応してしまう自分を憎いとすら思いました。


それから四つん這いにされ、代わる代わる…私の上と下の口に男達は入れてきました。

途中Aが好き勝手言っていたのがうっすら記憶に残っています。

『こいつバックが好きで自分から腰振る淫乱だからさ〜』

『フェラも結構いいでしょ?しかも喜んで飲むから!おい、いつもみたいにしっかりしゃぶれよ!』

と、半年前に私が好意をもった紳士的なAとはまるで別人のようでした。

そのうち、手持ちぶさたになった男の一人が

『ホントのレイプみたいっすね〜!撮ってもいいですか…?』

と言いました。

『いいよー、こいつもっと興奮するから♪記念に撮って帰ってよ』

とAが答えた時は、本気で殺してやりたくなりました。
恨めしい目で見つめる私を、Aがニヤニヤと愉しげに眺めていた時の顔が忘れられません。

抵抗も力尽き、逃げるのも到底無理だったので、早く終わってくれればそれでいいと諦めました。

『ゴムだけは着けてあげてー』

とAが言ったことだけが幸いでした…。


その後のことはよく覚えていません。
あの時撮られた画像や動画をネタに脅されたり、ネットに流出したりを考えると寒気がします。

もう二度と、こんなところで男性と待ち合わせるのはやめようと思いIDは削除しました…。



997
2013/03/30 01:38:35
高2の夏休み前に、先輩たちに目をつけられてしまい。
部活終わって帰るときに、つれてかれてしまい…
部室で…、強引に制服脱がされて、下着まで、取られて、ハダカで胸やアソコを手で隠してる姿を見て…ケラケラ笑ってて、力づくで〜手と脚を押さえつけられて。。抵抗できすに、アソコをいじられたり…胸を摘まれたり、ナメる人もいたりと!
されてて、1人の先輩が〜大きくなった、アソコを入れてきて〜叫ぶくらい大きく痛かった!
いやなのに…喘いでしまい!
それをみて…先輩たちも興奮してたのかな?
みんな、休むことなく、攻められて〜
アソコに中だしされたり!胸やお腹やら…顔まで…精子でべっとりな…感じ!
涙がポロポロでてたけど。おかまいなしに〜攻めてきて…夜まで!5人の先輩たちを相手されて〜この日わ、帰された。
帰って、カラダを何回も洗い…妊娠も大丈夫で…安心したけど!

それから、毎日それぞれ相手されて…
でも、中だしわそれっきりで〜まだよかったのかな?
でも、学校着いて、先輩たちの部室に行って、フェラわ毎日。。
やってた部活も止めて〜マネージャーとして、過ごしてた!
下着も、ゆるしてもらえず!学校に着いて…チェックされる〜毎日。

学校がないときも…携帯で呼び出されて、相手してて…
先輩たちとエッチしてるときにタメや、後輩たちにも、ハダカ見られたり、いじられたりで〜すごく経験人数わふえちゃってました…

先輩たちが卒業したら〜
ピタッとやんだんです!

いまわーセフレと元カレとしか〜きまったエッチしてないんですけどね…

大学入って、県外に、すんでると、
ヘンな噂もなく…安心してすごしてます〜

998

高校生の時の出来事

投稿者:結衣 ◆JZOywxfmh.
削除依頼
2013/03/24 22:00:46
乱文、駄文、長文ですみません。


私が高校一年の時の体験です。
ようやく学校生活も慣れてきた頃友達も沢山増えて楽しい学園生活を過ごしていました。

それでも慣れない事がありそれは痴漢でした。
私は、毎日電車通学だったので決まって痴漢に会い乗る所を替えたり時間を替えても必ず痴漢に会ってしまい痴漢に会っても電車を降りて違う車両に移動するけど其処でも痴漢に会うのでお尻を動かしたりして抵抗をするけどそれでもお尻を触ったり撫でられたりされました。

その頃は自分を可愛らしく見せようとスカートの丈を短くしていたのも原因だと思うけどそれでも同じ路線を使っている友達の中には痴漢に会わない子もいました。
学校に行くにはその路線を使うしかなく毎日のように痴漢に会い続けながら必死に抵抗をして少しでも痴漢から逃れようとしていました。


あと数日で夏休みになる時でした。
その日は人身事故か何かのトラブルで電車が遅れていて来た電車は凄く混んでいました。
私は、やっと電車に乗ったのは良いけど後から乗ってくる人に押されて大分車両の奥まで流されてしまいました。
背の低い私はそれが苦痛で早く着かないかと思いながら電車はなかなか動く気配がなくドアもまだ閉まらなく人は乗ってくるので私はドンドンと奥の方まで流されてしまい私が流れ着いたのが車両と車両がつながっている付近でした。
その場所は、車いす用のスペースになっていて私は、そのスペースの隅まで流されてしまいました。

やっとドアも閉まったけどなかなか電車は動かなく私の周りには背の高い人たちが囲んでいて唯一窓から外が見えていたのであまり圧迫感は感じなかったけどそれでもオジサン達と触れているのが不愉快で早く着かないかと思いながら外を眺めていました。

やっと電車が動いたけど数分動くとすぐに電車が止まってしまいすると私の周りだけ空間が開いたので不思議に思ったけどそれが悪夢の出来事の始まりでした。
始めは様子見なのかスカートの上からお尻を撫で始めてきたので私は手で振り払うと暫くは、やめてくれたけど暫くすると再びお尻を触り始めてきて私はそれを振り払うといった攻防が繰り返していました。
すると今度は周りの人が見かねたのか私の両手を掴むので私は目を真ん丸にして驚いているとその隙にスカートの上からお尻を撫で始めてきたのでお尻を動かし必死に手から逃れようとしたけど痴漢の手はお尻から離れようとしませんでした。
すると今度はスカートが捲られる感じがするとショーツの上からお尻を撫で始めてきて今までそこまでされた事もなく驚きと羞恥心で今にも泣きそうになっていました。
暫くはお尻を触っていたけど次第にエスカレートし始めてお尻の割れ目に指を這わせながらゆっくりと上下に動かし始めてきて嫌悪感がして早く逃れようとしたけど周りの人達に体を押さえつけられていてその場から動く事もできずにされるがままにされていると今度はその指が前の方に向かって触り始めたので脚に力を入れてそれ以上前を触られないようにすると周りの人達が私の脚を強引に広げられると指が後ろから前に向かって触り始めました。

初めて男性に触られてそれもこんな人達に触られてしまい悔しいのと羞恥心で目から涙が溢れ出てきました。
後ろの男性はそんなのお構いなしに指を前後に動かしていました。
暫くすると今度は、指が前の方に移動すると割れ目に沿って動かし始めると時々クリトリス当たりを刺激してきました。

私はクリトリスを弄られるたびに体が無意識にビックと動いてしまいすると周りから手が伸びてきてブラウスのボタンを上から外されるのをただ見てる事しかできずにいるとブラウスを左右に広げられるとブラジャーが露にされてしまいました。
周りの男性達の出が伸びてくると遠慮無にブラジャーの上から乳房を揉まれ始めると今度は前側のスカートを捲られ日の光でショーツを照らされていました。
男性達の荒い息遣いが聞こえてきて私は早く逃れたい気持ちでいっぱいでした。
電車は私の気持ちと裏腹でゆっくり動いてはすぐに止まるを繰り返すばかりで一向に駅に着く様子はありませんでした。

痴漢達は段々とエスカレートしてきて後ろの人はショーツの横から指を入れてくるとお尻の穴と割れ目を弄り始めてくると上を触っている人はブラジャーを上にずらされると乳房が露わにされると両側から乳房を揉んだり乳首を弄ったりされてしまいました。

乳首は無情にも私の気持ちと裏腹に立ち始めてくるとマン○は濡れてきてるのがわかりました。
私がわかるって事は痴漢にもわかるって事で痴漢の人は濡れてるのがわかると指がゆっくりとマン○に入り始めると痛みが走り思わず声が出てしまいました。
今までマン○には、タンポンしか入れた事もなく男性のゴツゴツした指なんて入れた事もありませんでした。
暫く指を出し入れされていると指が抜かれたのでやっと解放されると思っているとショーツが降ろされてしまい下半身が露わになると今度は、脚を更に広げられてしまいマン○に温かく硬い物が触れてくるのがわかりました。
始めは何が触れているのかがわからなく困惑していると後ろから手が回ってきて下腹部を触りながら割れ目に触れると割れ目を広げるとさっきまで触れていた物を入れようとしてきました。
体勢が悪いのかそれはなかなか入れる事が出来ずに割れ目に沿って反れてしまっているとすると私の腰を掴むとお尻をつきだす格好にされると割れ目を広げてきて再び入れようとしてきました。
それでもなかなか入れる事もできずに割れ目に沿って反れてしまいそれでも痴漢は何度も入れようとすると少し入るとさっき指が入った痛みより激痛が走り「痛い」そう言うと無意識に腰を動かすとそれは抜けてしまい今度はしっかりと腰を掴まれると再び入れようとしてきました。
割れ目が広がり始め入り始めると「イッ、痛い、やめて」そう言うと口を塞がれてしまい更に中に入り始めると耳元で「どうだ?俺のチン○は?」そう言うと更に奥に入ってきました。
その時初めて私の中に入っているのが男性のチン○○だという事がわかり私の処女がこんな形で奪われてしまい目から目が溢れ出てきて頬を伝っていくのがわかりました。
チン○○は奥まで入っていてお腹を圧迫するほど苦しい感じがしてると周りの人達は乳房を揉んだり乳首を弄ったりしているとゆっくりと腰を動かし始めると再び激痛が襲い始めてきて痛みを必死に耐えていると今度は私の掌に温かい物を握らされるので見るとチン○○でした。
余りにも大きくって驚いて手を離そうとするとその人は離されないように私の手の上から握って前後に動かしていました。
後ろの人は腰を動かし始めると胎内を掻き回され腸を引きずり出される感じでした。
後ろの痴漢はゆっくりと動かしながら私の胎内を楽しんでいるように腰を動かしていました。
暫く動かされていると手に握っている痴漢の手が動くと同じくらいに後ろの痴漢の動きが早くなってきました。
すると手を握っている痴漢のチン○○から白濁した物が飛び出てきてブラウスにかかるのが見えると暫くして後ろの痴漢の動きが止まると胎内で暖かい物が広がり始めるのがわかりました。
電車はまだ駅に着く様子もなく後ろの痴漢はゆっくりとチン○○を抜くと違う痴漢がマン○にチン○○を入れ始めると再び動かし始めました。
次の人に入れられてもさっきほどの痛みはなく耐えられるくらいでした。
電車内の騒音と混ざりながらクチャクチャっと卑猥な音が混ざって聞こえてきて電車はまだまだ駅に着く様子もなく二人目の痴漢は後ろから手を回してくると乳房を揉みながら腰を動かし始めました。
私は耐える事しかできず痴漢達にされるがままにされていると車内アナウンスで私の降りる駅名が告げられると痴漢の腰づかいが激しく動かし始めました。
「イヤァ、ダメ中に出さないで」私は首を横に振りながら懇願したけど痴漢はそのまま奥まで入れると動きが止まると暫くして暖かい感じが広がってくるのがわかりました。
電車の速度がゆっくりと落ち始めるとホームに入ってくると痴漢はゆっくりとチン○○を抜くと降ろされたショーツを履かせられ外されたブラウスのボタンをはめてくれました。
電車がホームに入り停車をすると私はフラフラしながら電車を降りて近くの椅子に崩れ落ちるように座り込むと二人の男性に声をかけられたけど俯いて無視していました。
そのまま数分座っているとショーツが濡れて気持ち悪いのとマン○の中に違和感がありまだ何かが挟まっている感じがしました。
ホームには人がまばらになり始めてきて私はフラフラしながらトイレに向かい歩き始めると私に声をかけていた男性二人が後をついてきました。
トイレは、改札口と反対方向にある為駅のトイレを使う人はめったにいませんでした。
私はフラフラしながらトイレに向かい女子トイレの入り口まで来ると急に男性に手を引っ張られて障害者用のトイレに引きずり込まれました。
私は何が起きたのかがわからなく驚いていると二人の男性はニヤニヤしながら私に近寄ってきました。
私は逃げようとドアの方向に向かい逃げようとすると一人の男性に羽交い絞めにされるともう一人の男性がブラウスのボタンを外し始めると乳房が露わになると男性二人が一斉に揉み始めるので体をくねらせて男性の手から逃れようとしたけど男性達はそんなの関係ない様に揉んだりしてきました。
「イヤァ、やめて」私は懇願したけど男性達は私の声を無視して乳房を揉んだり舐めたりしてきました。
するともう一人の男性がスカートの中に手を入れるとショーツを脱がされてしまいそれを私に見せるとショーツのクロッチの所は血の混ざった白濁した精液が付着していてシミになってきました。
すると後ろの人が私の両足を抱え上げ脚を大きく広げられると恥ずかしい恰好をさせられるとマン○から精液が溢れ出てくる感じがわかりそれを鏡に映して私に見せようとしたけど私は目をつぶって見ないようにしました。
もう一人の男性はいつの間にかズボンを脱いでいてチン○○が露わになり男性はチン○○を握りながら私に近づいてくるとチン○○をマン○に押し込むと簡単に入り始めました。

「ンッ・・痛い」私はそう言うと男性は「凄くキツイよ」そう言いながら腰を動かし始めました。
動かすたびにクチャクチャと卑猥な音が聞こえてきて男性は嬉しそうな顔をしながら乳房を揉んだり舐めたりしてしてくるので嫌悪感がしていました。

「痛い、もうヤダ、ヤメテヨ、痛いよ」
「やめれるわけないだろ電車であんなことされてる所見せられたりしたらさ」
男性はそう言いながら楽しみながら私を弄っていました。
暫く腰を動かしていると段々と乱暴な腰づかいになり始めたので中に出されないように懇願しました。
「お願いします。中には出さないでください」
「うるさい、一回も二回も同じだろ」そう言うと男性は奥まで入れると動きが止まると温かい感じが広がり始めました。
「酷い、中に出すなんて」 「まだ、一人いるの忘れてるだろ」そう言いながら男性はゆっくりとチン○○抜くと私は床に降ろされるとその場に座り込みました。
もう一人の男性が私を強引に立たせると便座に手をつかせると強引に脚を広げさせるとマン○の位置を確認すると強引にチン○○を入れてきました。
「ウッ、痛い、もうヤダぁ」 「本当だ、凄く締め付けてくるな」そう言いながら更に奥に入れてきました。
暫く動かずにそのままでいるとゆっくりと動かし始めました。
私は早く解放してくれないかと思うばかりで男性は一向に終わる気配はありませんでした。
数分腰を動かし続けると段々と乱暴に動かし始めたのでこれで解放されると思っていました。
「中に出すぞ」 「イヤァ、やめて、中には出さないで」私は懇願したけど男性はチン○○を奥まで入れると温かい感じが広がってきました。
男性は最後の一滴さえも出そうと小刻みに腰を動かして出し終わるとゆっくりとチン○○を抜くと私はその場に崩れるようにしゃがみ込みました。
男性達は私を残してその場からいなくなり私はゆっくりと起き上がると隣の女子トイレに向かい一番奥の個室に入り便座に座ると胎内から沢山の精液が出てくる感じがしました。
汚れたマン○を拭くと制服の乱れを直してショーツを履いてから自宅に帰りました。

999

リピート

投稿者:ちっち ◆qWq2NynIOk
削除依頼
2013/03/21 10:46:26
毎日の通勤電車、混雑だけでとてもつまんない日々です。
ここ数日、毎晩終電間近の日々が続き心身ともにヘトヘトでした。
つり革を持ったまま眠るのなんか全然普通で。
そんなのが当たり前の日々でした。

月曜日、妙に暑く、また急な雨が降った日のことです。
夜には止むかな・・・とか思ってたのにどんどん雨足が強くなり。
帰る頃には折り畳み傘じゃ心もとない降りっぷりで。
でも仕方ありません。
最寄り駅についても結構な降りのまま。
早く帰りたいために、いつもは通らない神社の脇の通りを通ることにしました。

手前の角を通りかかった時に、車のそばに立っている1人の男性に声をかけられました。
目的地がわからず迷っているのだとか。
その辺は最近新しい道路が手前に出来たこともあって、ナビにまだ反映されてないようでした。
神社の先を右折したら新道に出れるからと説明をして「お気をつけて」とお見送り。

300メートルぐらい進んだでしょうか。
神社の手前で先ほどの車が止まっていました。
きっと説明が下手だったので神社の先か手前かわからなくなったんだなぁと思ってたら。

急に後ろのスライドドアが開き引っ張り込まれてしまいました。
一瞬、何がなんだかわからなくなって、ビックリして声も出ませんでした。
「な・・・なんなんですか?」と震えながら聞いてみたら・・・
「こんな夜中に一人でこんなところを歩いて・・・、犯されたいんだろ?」と。
「ちょ・・・ちょっと待ってください、こんなの困ります」「おとなしくしてたら痛い目にはあわせないから」
すでに引っ張られた腕が痛いんですけど・・・
車内には道案内をした運転手さんだけかと思いきや、3列目のシートに2人の男性が。
うち1人は黒人さんでした。

実は・・・
私は常日頃からレイプ願望があり、痴漢行為とか大好きなんです。
「乱暴にしないでください・・・」と一言言うと男性たちは「わかったよ、楽しもうぜ」ってニンマリ。
私も内心ニンマリ。

レイプのはずなのに、優しく服を脱がされ・・・
まずはブラをつけたまま乳房を出され。
「エロイ乳してんじゃねーか、でかい乳輪、真っ黒じゃねーかよ」
乳首をつまみながらこんなことを言われ・・・
「ほら、何か言ってみろ」って言われたので「乳首を吸ってください」とお願いをしました。
「お前、エロイ女だな?相当のヤリマンだろ?」と言いながら吸われて。
力加減がとても気持ちよくって思わずあえぎ声が・・・
「エロ女、感じてんじゃねーよ、ここはやめてくださいだろ?」もう、みんなで爆笑。
「どーせガバガバお○んこなんだろうよ・・・」
ショーツを脱がせにかかった黒人さん。
クロッチ部分が湿ってるのを確認して・・・
「オネエサン、ビショビショね。とてもエッチなのね。ツルツルね、毛がないよ。」と。
とても濡れやすいわたしは乳首を吸われるとグチョグチョに濡れてしまうんです。
黒人さんの長い指が2本・・・わたしの敏感な部分に挿入され・・・
「オネエサン、とてもきついね。遊んでるのにゆるくないよ」と。
そうなんです、わたし、常に膣の筋肉を鍛える為に努力しています。
家で家事をする時はお尻に10円玉を落ちないように挟んでたり。
立ってる時も常に膣の筋肉を動かして鍛えてるんです。
行きずりの第3者に認めてもらえるのが一番うれしい・・・なんてのは余計なことですね。

3人でカラダ中いじられ、感じるスポットは攻められ・・・
「車のシート汚しちゃいます・・・」ってほどグチョグチョに濡れ。
それでも誰も挿入に持ち込んでくれません。

30分も愛撫だけの状態が続いたでしょうか・・・
「オネエサン、ボクのコック入れてみる?」と口に出したのは黒人さん。
「おい、待てよ。お前のを先に入れたらガバガバになって俺らが楽しめねーよ」
だったら、早く入れてください。

「口で、やってもらえるわけ?」とか言われ。
当然、こんなに気持ちよくされてるんだもん。
3人のオチン○をかわるがわる握り、フェラチオしました。
黒人さんのは本当に大きくて、顎関節症で大きく口を開けられない私には厳しかったです。

「ちゃんとつけるから安心してね」と運転手さんからインサート。
そう大きなものではありませんが、頭の大きい出し入れしてたら気持ちいいカタチのオチン○。
「あぁ、いい・・・」思わず声が・・・「オネエサン、感じてるの?俺のチンコ気持ちいい?」
気持ちよくないわけないじゃないですか。
ぬれぬれお○んこに挿入されて。
3人に代わる代わる出し入れされ。
1ダースあったコンドームを使い切ってその晩は終了。


とてもいい若者たちで、誰相手でもこんなことが通用すると思っちゃいけないのよ・・・とか、余計なお説教をかましてみたり。
話の成り行きで、今日また会うことに。
男性3人が来れるかどうかは未定ですが、運転手くんはお休みなので間違いなくOKだt9おか。
別の友人にも声をかけてみるってことでした

昨日出勤したので、今日代休を取った私。
若い男性のリピーターになれるうれしさ。
もっと激しく犯されたい願望はあるんですが。

でもね、闇にまぎれててキミたちは気づかなかったかもしれないけど。
私45歳なんだよ。
明るいところで会ってがっかりされるの・・・ちょっとショックだけど。
とりあえず犯されに出かけてこようと思います。

板ズレかもしれませんが、読んでいただきありがとうございました。
1000
1 ... 195 196 197 198 199 200
これ以下の書き込みはありません。
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕