ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

レイプ/犯された私 RSS icon
※体験談/女性投稿専用

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 ... 200
削除依頼
2017/07/09 16:41:37
中1の時に3年の先輩にレイプされました…

直前に同級生の彼氏と初体験をしてたのが良かったけど!

信じてた先輩からのレイプは
怖くて今でも夢に出てきます(>_<)
6
2017/07/07 21:40:59
半年前。
私は、15歳(高校1年生)の娘と一緒にレイプされました。
レイプと言っても、お尻の方でした。
私と娘は、浣腸をされ強制排泄させられた後、指などでアナル責めをされ、男のオチンチンをアナルに入れられてしまいました。
娘は当然ですが私もアナルは初めてで、私と娘は絶叫してしまいました。
そして何度もアナルを突かれ、そのまま直腸の中に出されてしまいました。

それ以来、私と娘はアナル責めに目覚めてしまったらしく、私と娘二人でアナル責めをしています。
私が、娘にアナル責めをしたり、娘のアナルにアナルピーズを入れたり。
今度は娘が私にアナル責めをしたり、私のアナルにアナルピーズを入れたりしています。

私と娘は、男の人にアナル責めに目覚めさせられてしまいました。
7
2017/07/05 22:19:15
私は特別可愛い訳でも、凄くスタイルが良い訳でも無く、どちらかといえば地味で大人しい部類に入ると思います。
そんな私なのに胸が膨らみだした頃から近所のおじさんに週一位でお菓子あげると言われて公園で身体触られたり、お尻を撫でられたり、色々悪戯されているうちにいつの間にか身体が敏感になっていて、中学生になる頃には別のおじさんに声掛けられる事が多くなって、人並みに恋愛とかに憧れを持ってましたけど、現実にはモテなくて、好きな人には相手されず、クラスでも変わった人に言い寄られる事が多くて悩んでいました。
夏休みに友人とバスに乗って出掛けた時の事です、友人と変わらない丈のミニスカートを私は着てました。すると後ろからお尻に何か当たる感触がして、鞄か何かだろうと思っていたらスカートの中に手を入れられ初めてバスの中で痴漢されました。
隣には友人がいたけど、怖くて声も出せずにいたら胸を…まだ膨らみかけだったからブラをしてなくて、ノーブラと知った相手は執拗に胸ばかり触ってきます、私は身をよじって抵抗してたら、今度はスカートの中に手を入れられお尻を揉まれて…手を払おうとしたら次は胸を…
友人と話していたけど、黙ってしまい、会話は途切れ友人に今されている事を知られなくて俯いていた。
すると痴漢の人は下着越しに割れ目をひつこく触って来て、触り続けられ私その時初めて身体が熱くなるのを知ったの…
これ以上されたらって所で降りるバス停に着いて友人と降りたけど、身体がむず痒く感じて変な気持ちでした。
中学生の頃には他にも胸の大きな友人と市民プールに行った時、友人はビキニ私はスクール水着を着ていて流れるプールを友人と歩きながら話してたら、お尻を触られる感触がした…
人が多くなって立ち止まっていたら、また割れ目を触られて…今回は水着の上から触られるだけじゃあ無くて初めて直に触られて、イヤなのに身体が疼く様に熱くなって来て、どうして私?友人の方が魅力的なのにと思いながら我慢してた。
その後、友人がウォータースライダーに乗りたいと言うからウォータースライダーに乗って降りた後、プール内で友人のビキニブラがずれて、周りの人に注目されていた時に何故か私は痴漢に割れ目を触られていた。
友人は見られただけで済んだみたいだから、痴漢された何て言えなかった。

高校生になると私も人並みに胸が大きくなり、電車通学をしていたら痴漢される事も増えたけど、念願の彼も出来て充実した毎日を送っていた。
夏休みになると毎日の様に彼とデートしていて、ある日彼からデート帰りに家に来ないか?と誘われた、親は法事に行っていて帰りが遅いからと言ってくるから、ある種の期待をして行ったの。
今日のデートだって彼の好きなミニスカート…いつもより少し短くして、胸元もゆるゆるのシャツ着てたから、彼もその気になった見たいで嬉しかった。
彼の家に行き、彼の部屋で大好きな彼と初体験を無事に済ませて、その時まではとても幸せだった。
部屋でまったりしてたら、親が帰って来て慌てて彼と別れて、電車で帰っていたらそんなに混んでなかったのに痴漢にあってしまい、この時初めてブラを着けて無い事に気づいたの…慌てて帰ったせいでブラをつけ忘れたみたいで、痴漢の人が気づくと触りかたが凄く厭らしくなった…今までの痴漢とは何か違って、彼とHした後だったからかも知れないけど、初めて痴漢されて感じてしまって抵抗出来なくなると、痴漢の人が私にオチンチンを触らせてきたの…彼のと比べて倍くらい大きく、形も全然違って硬かった。
電車がちょうど降りる駅に着いたから手を振りほどいて降りたけど…私はその痴漢に後を追われていると知らなかった。
後少しで家に着く、その手前の人気の無い公園に差し掛かった時にいきなり後ろから襲われて、公園に連れ込まれた。
以前、この公園で女子高生がレイプされたって話は中学生の頃聞いた事はあった、でも家への近道だったし今まで危険を感じた事は無かったから油断していた。
男の顔をみて、痴漢された人と解ったけど両手を後ろ手に紐みたいなモノで縛れていたから抵抗もロクに出来ず、声を出そうとするとお腹を殴られ出せなくなり、怖くて震えていたら身障者用のトイレに連れ込まれて、縛られたままキスをされ、彼にもまだした事の無いフェラを強引にやらされ嫌がると再びお腹を殴られ悶絶してたら、フェラを再び強引にやらされ涙と涎でぐちゃぐちゃになった酷い顔を髪を持たれて見られ、不気味に男が笑うと身体を持ち上げられ下着を脱がされ、男の大きなオチンチンが入って来るのが解った…彼のと全然違う熱い鉄の棒みたいなのがメリメリって音がした気がした。
あまりに痛くて大きな悲鳴をあげると再びお腹を殴られ、悶絶しているとズンって感じで奥まで突かれ…意識を無くした。
気づくと男の姿は既に無かったけど、身体を起こそうとするけど身体が動かないから周りを良く見ると両足が手すりに縛れていた、でんぐり返しみたいな体勢で、自分のアソコが見える…白いのと血と混ざっている様なのがアソコから出ている。
私がようやくトイレから出れたのは翌朝…それまでに何人もの男に犯された…
望まないのに、初めて絶頂を知った。
彼ともそんな事があったせいで別れた、しばらくの間は公園によりつこうともしなかった。
電車に乗るのも怖くなった、体調が悪くなかったので妊娠の二文字が頭の中を巡り、勇気を出して産婦人科に行ってみたが、妊娠はしていないが、傷があり、化膿してるせいで発熱してるらしい。
薬をもらって過ごしていると体調も良くなり、学校にも行ける様になった。
8
2017/07/05 20:06:42
ゴールデンウィーク
退屈しのぎに刺激を求めて
私達のツイートで噂になっている
レイプスポットに行ってきました。

 ちなみに私は23歳。
 一人暮らしで
 普段はOLをしています。

 趣味は 刺激を求めて
 こういう曰く付きの場所に行く事です。

 ほとんどがガセネタなのですが...

 行くまでのワクワク感が好き。
 そして 現地でツイートする優越感が堪らない為。
 続けている内に いつの間にか趣味になりました。

で話は戻りますが
今回も絶対ガセネタだと思い
遊び半分で行った結果...

ガチでした!
初めてのガチな現場でした!

お陰様で
散々な目に遭ってしまいました...

この時ばかりは
今まで色んな場面で得をしてきたであろう
自分の容姿と胸の大きさを呪いました。。。





今から
その時の事を詳しく書いていこうと思いますが
全容を書くと長くなりそうです。

なので...
とりあえず先に結論...というか成果だけ言っておきます。

...たぶん私
もう女として色々と詰んでしまいましたw

 1.
 経験人数が
 一桁から二桁になりましたw

 2.
 疣痔が2つ出来ましたw
 ちなみに1つは手術寸前の状態でしたw

 3.
 アソコに自分の腕 が入るようになりましたw

 4.
 アソコの臭いが公害レベルになりましたw

 5.
 .........生理が来なくなりましたw
 
他にも たくさん有りますが
その中でも致命的というかw
代表的なのを何点か挙げさせて頂きました...





それでは
前置きは これぐらいにしておいて
次回から詳しく書いていきますね。
9
2017/07/05 16:54:26
17歳の夏、私は彼と初体験をしたのですが、それは今思い出しても
とんでもなく想像を超えた体験になりました。

当時私は女子高の高校生で、彼氏(ハルヤ君)は22歳の医学生でした。
高1の時から、うちに家庭教師で来てくれていた人なのですが
私から告白して、最初は無難に断られたのですが
親には内緒でってことで、お互いに気持ちを確かめ合って
たまにデートはするようになりました。

有名大のしかも医学部生、頭も良くカッコよくて。。
そんな人が、自分の彼氏だなんて・・・

まるで夢みたいな日々を過ごしてました。
ちょっとオクテで真面目な彼だったので
私がまだ高校生というのもあって、進展は早くはありませんでしたが、
私も男性経験が無かったので、逆にそういう人の方が
安心して付き合えました。

ハルヤ君と出会って半年過ぎたころ、「夏休みに旅行に行かない?」
と誘われました。

その頃彼とはキス〜ちょっとその先どまりだったので
この旅行で、ついに・・・なんてドキドキしてました。

行先は伊豆の白浜海岸・・
彼の車で海岸線を走りながら、ついついはしゃいでいました。

現地のホテルに先に着いた時、
「おーーーい、、ハルヤ〜〜!!」遠くから声が聞こえてきて。。
そこには、ハルヤ君と同じ大学の先輩2人と、その彼女さん?
もきてて。。

え?なんで??って思わずそんな顔で、ハルヤ君を見てしまいました。
「…ゴメン、ゴメン、先輩にうっかり話したら
彼女見たいとか、行くようなこと言われちゃって、、」
と謝られてしまいました。
彼の方も、まさかほんとに来るとは思ってなかったようです。

一瞬ガッカリしたもの、しょうがない事だし
海で、6人で一緒に過ごしました。
彼女さんたちの方は、ハルヤ君と同じ大学だったり
違う大学だったり。。

「へえ〜〜、ハルヤ君の彼女って、、女子高生ーー!?
わっかーい、可愛いね〜〜!」
「ハルヤ、ちょっと〜犯罪じゃ〜ン」なんて言われてしまったり。。
優しくていい人たちだったので、すぐに馴染むことが出来ました。

夕飯後は各自の部屋でそれぞれ過ごすことに・・・

そして私たちは、初めての夜を迎えようとしてました。

ハルヤ君はすごく奮発してくれたのか
最上階の一番いい部屋を予約してくれてて
こんなふうに初めての日を過ごさせてくれるなんて、嬉しくて。

けれどまた、彼の先輩と彼女たちが
「一緒に飲もうよ〜〜!」「部屋見せて〜〜!」と
来てしまいました。

内心、いくらなんでも、、と思いましたが
彼も断り切れなくて、彼らを部屋に入れてしまいました。

「ごめんなぁ。。どうしてもあいつら、部屋見たいって聞かなくてさ。

と先輩が私たちに謝ってました。

部屋は2つあって、そのうちのリビングルームのほうで
皆で飲み始めました。

私は未成年だったけど「これならいけるっしょ?」と
カクテルを注がれて。。

美味しかったので、ついつい何杯か飲んでしまって
気付いたら私は、ベッドの上で寝ていました。
ふと横を見ると、ハルヤ君も横になってて。

「…ハルヤ君、、」声を掛けたら彼が目を覚ましました。
「…ああ、、ごめんな、、あいつらさ、、、」
「…ううん、いいよ、、もう、、」
そう言ってたら、彼が急に覆いかぶさってきました。

キスしながら服を脱がされて。。
「ぁ、、ッ。。ダメだよ、、先輩たちいるし、、」
「…大丈夫だよ、皆も酔って寝ちゃってるから、、」

こんな状況で・・嫌だな、、そう思いながらも
全身に彼の肌・唇を感じながら、
私のアソコは濡れていました。
そしていよいよ、
彼のが私のアソコにあてがわれました。

すごく恥ずかしくて怖くて。。。
「ハルヤ君。。。コワイ、、」
「…愛美香、ちょっと体の力抜いて?」ハルヤ君はそう言ってくれたけど
すっかり身が硬くなってしまって、
なかなか彼のが入らない、その時でした。

…誰かが私の両手首を押さえつけて・・
ふと目を開けると、先輩Aさんが、私の両手を抑えてたのです。

「なッ、、なんすか?!」
ハルヤ君は怒ってAさんに言いましたが
「シーーっ、、みんな起きちゃうだろ?お前だって、経験無いみたいだし
手伝ってやっから。。」
「ハ?」
Aさんはニッと笑うと、私の胸を揉んだり、キスしたりしてきました。
「おい、やめろ!!」
ハルヤ君は小さくですが、そう言いました。
「あ?お前手こずってんだろ?ちょっとどいてみ?」

Aさんはそう言ってハルヤ君をどかせると、私のアソコを舐めながら
指を入れてきました。

「ゃぁ・・・ッ。。」
抵抗しましたが、意志とは裏腹に、アソコがまたグチュグチュ濡れてきてるのが
わかりました。。
あんまりにも気持ち良くなってしまって、イく寸前までになって
大洪水になりました。

「ほら、、今が入れドキだぞ?」とハルヤ君を促しました。
ハルヤ君は、すかさず私の中にグイっと入ってきて、、
「うっあ・・・〜〜、、、」
数回動かすと、そのまま果ててしまいました。
少し痛かったけど、その時はすぐ終わってしまって、、

「…俺もちょっと、おすそ分け貰うよ?」
そういうと、Aさんも、私の中に入ってきました。
「…うっは、、、愛美香ちゃん、、さすがキッツキツ〜…」
そう言いながらも
Aさんの方は、すごく慣れてるみたいで、私初めてなのに
一番気持ちいいトコをリズミカルに突かれて、クリも触られて
今度は私が
「ゃあああああ〜〜、、んッ。。。」って声あげてイってしまいました。
「すっげ・・・、チ●ポ、ちぎれそ。。。」
Aさんは私から抜くと、身体と顔に、放出しました。

「…おまえら、何やってんの・・?」
そう言いながらもう一人の先輩Bさんが入ってきて
「…?え?2人でヤっちゃったの?」
「…お前もやるか?」
そうAさんが言い、Bさんもいきなり私の上に覆いかぶさってきました。

「ゃ、やだ・・・もう、、やめて。。。」
抵抗しようとしたら
Aさんが私の腕を抑えつけて、キスで口をふさぎました。
ハルヤ君は、どういうわけか、気絶したように眠ってました。
もしかしら飲み過ぎてたかも知れません。

Bさんがいったん私から離れて部屋の鍵をかけて
再び私の上に乗っかって、体中、舐めまわされて。。
そして、Bさんのも私の中に入ってきました。

「ハァーーーッ・・・マジすっげ・・・
彼女んとは全然。。。ぅ。。。あッ・・・」
かなり乱暴にされたので、Bさんの時は、すごく痛くて。。

「オイ、愛美香ちゃん初めてなんだから、もっと優しくやれよな?」
Aさんがそう言ってました。

その後も朝まで、飢えた猛獣のように
2人からレイプされました。
必ずどちらかが押さえつけたり、口塞がれてたので
抵抗も、叫ぶことも出来ませんでした。

…でも私も、そんなシチュエーションに感じてしまっていたのか
「すっげー・・・グチョグチョ。。。」って声が聞こえてきてましたし
数回?イってしまいました。。

最後の方は、私も気を失ったのか、よく覚えてなくて
気付いたらもう昼近くだったと思います。
私は恥ずかしいくらいの乱れた格好で横になってて
ハルヤ君が落ち込んだ顔で座り込んでました。

「…ゴメン、、こんなことになるなんて、、、」
ハルヤ君はそう言って謝ってましたが、
その後、もうハルヤ君と会うことも無くなりました。

10
1 2 3 4 5 6 7 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕