閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
お尻の魅力 5
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:SM・調教 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:お尻の魅力 5
投稿者:
ID:bdsm333
※これは事実に基づいた小説である。
ミサとの逢瀬を期待する事なく2か月程経過した。
そんなある日、知人から合コン話しを頂いた。
参加します?との誘い。
いや…今は大丈夫!でもそんなに誘うなら行ってもいいぞ!心では参加させてください、だった。
男性陣は私を含め3人とも自営者。お相手は某有名デパートの化粧品売り場の美容員。
綺麗、品格の匂いがプンプン匂う。Sの直感!
合コン当日、洒落た店の個室に行く。
ミサほどの綺麗可愛い女性は期待せず、今を楽しもうと。
ある意味期待通り!一般レベルからは上々だが、
ミサほどではない…引きずってる私。
何よりも私のS志向を理解した上でのスタートではない普通の出会いである。
女性陣の2人は同期、1人は後輩での3人組。
自己紹介を簡単に済ませ盛り上がりはやはり、
下ネタ系!男運がないだの悪いだの…化粧品売り場のお客の話など他愛ない話をしていた。
その時…ピポッとメール音。皆さまの話を妨げないようにのぞいてみる、、ミサからだ!
んっ?なんだろ?何かあったのかなと内容を見てみる。お元気ですか?連絡しないと約束したのにごめんなさい。少し気になってしまってついつい
メールしちゃいました。もし終わった過去でしたら削除してね…とミサ。
取り敢えず今は目の前の女性陣に集中!
1人の女性はリーダー気質のサッパリ系。同期の女性は良く笑うほんわり癒し系。後輩女性は気を遣っているのかおとなしい子、って感じ。
よくSはMがわかる!と聞きますが後輩女性はまさしくMっ子だと感じる。私はこのMっ子に標準を合わした。Mっ子…(サチ 25歳)。
2時間ほど経過すると各々の狙い目が自然と見えてくる。この後…お決まりのカラオケ!カラオケではお目当ての女の子の隣に男子共は座る。
みんなコソコソと耳打ちしてる。女性陣もまんざらではなさそう!この日みんなは各々の連絡先の交換だけして解散!さ〜てミサに連絡を、連絡を
と思ったが夜分だったので翌日にした。翌日…
私…どうした?何かあったか?終わったハズだけど終わりたくないのが本心。新しい生活はどう?
…とミサへメールを返した。
ミサ…返事がなかったからやっぱりダメなのかな、と思ってました。お忙しいのですか?
もし暇な時間があれば少しだけでも会いませんか?
こ、これはヤバイ、不倫中毒の始まりだ。
けど正直会いたい気持ちが一番だった!
私は躊躇せず…ミサの都合で日時は決めて!待ち合わせ場所はいつもの場所、でいいかな?
するとミサから日時の指定メールが返って来た。
と同時くらいにサチ(昨日のデパガー)からもメールが入る。
昨日はご馳走さまでした、楽しかったです。
私はサチにも返信する。
いえいえこちらも楽しかったです。ただ後輩は大変だなーと見ていましたよ、笑。また今度、個別でご飯でも行きましょう?…と送った。
すぐサチから連絡が返って来た!
是非ご一緒させて下さい。お仕事頑張ってくださいね!…と。うーん、社交辞令だな。
私の中ではミサであり、サチは知り合ったばかりの知人、、、そんな感じだった。
数日後、待ち合わせ場所に行くとミサが居た!
喫茶店で話をする。新しい生活の話は一切なく
自惚れた話ものろけた話もない。
嫌な予感と期待の予感が…ミサが口を開く。
周りに聞こえない様、小さな声で。
私…おかしくなってるみたい。旦那とはセックスはするけど何かもの足りないっていうか、何か違うって最近思うの。沢さんとはもう終わり、と決めていたけどダメみたい…。どうしよう…、、?
知らんがな知らんがな!わしゃ知らんがな。
こりゃマズイですよ!これって体が覚えちゃったってやつ?人は初めてする普通な事でもドキドキしたりワクワクしたりするものだ。やがて普通の事が普通になってしまうと新たな物を挑戦したくなる。
挑戦した物に慣れてしまうとまた奥へ奥へと未知な道を歩きたくなる。それは人には向上心がある。だから人間へと進化した。Aしか出来なかった人がBを覚える。この人はAとBの良さを知る。なれればCも欲しくなる。Cまで知った人間はAを面白いとは感じなくなるのも人間。ミサはAでは満足出来ない?
…と解釈する。
私はゆっくりとミサに言う!
下ネタになるけど…最初クリで感じる事を知る、
やがてイク事を覚える。その後に中でもイク事を覚えていく普通の流れ。人はそれぞれ性感帯も違うしフェチも様々。そこでアナルに興味を持った者が実際にしてみたら気持ち良さを知ってしまう!その人はクリだけで満足出来るかな?
いっ時は出来るけど…次第に中やアナルもしたい!って思いだす。目隠ししたら興奮したとか、縛られてしたら気持ち良かった!…もみんなそうだよね。ハッキリ言う!ここは喫茶店だ!聞こえちゃいけないのだ!
ミサ…本当だよね…どうしてくれますぅ、責任取ってくれますかぁ…?…笑!2人で笑!
私は…行く所まで行っちゃう?…笑!2人で笑!
私の中では葛藤している。今日してしまえば本当にズルズルいってしまう!しなければ…この時代だ綺麗な女が探す気になれば新たな刺激を見つけに行ってしまう。どうしよう…?
どうする?…私はミサに問う!ミサは…またしたいのは確か!だけど戻れなくなる自分がわかるのも確かなんだよね。
私は…じゃしない方が良くない?
沈黙が続き…ミサが言葉を発した。
最後、本当に最後!私達って番号も住まいもお互い知らないし、、アドレスさえ変えちゃえば連絡不可能でしょ?あっ!やっぱりヤダ…どうしよう!ここは喫茶店!SMやアナル調教の話を真剣に話し合う2人は全国でここだけだろう。
私は言う…それにしよう!ズルズル行くの良くないよ!俺は男だから何かあっても大丈夫だけど
ミサは新婚、、一生台無しになるよ。旦那に性癖を話して行く行くはする!でどう?そこで旦那が無理と言えば他に走るのって仕方ないと思う。
けど夫婦って一生誓った仲、ミサだけじゃなく旦那の性癖も聞いて互いに協力し合うのも悪くないと思うよ。…んっ?じゃ今日しなくてもいいじゃん!と思ったが…ミサは今日したいから誘ったんだと思う。
ミサは…そうだね、それがいいかもね。ダメならまた考えればいいんだし。でも今更言えるかな?
私…言えるかな?じゃなく言うの!
ミサ…そ、だよね。
今日はどうする…と聞くとミサは沢さんは?
とかわす。本当の最後にしたいね…けどミサ自身の問題だと思う。道具も持ってきてないし。
ミサは…行こう!んっ帰る?ホテル?
ミサはヤル気満々!すげぇ女だぜ!任せろ!
ま、待て!ここ新宿、オモチャ買いに行ってから行こう!
大人の玩具店に2人で入ると数人の男達がいる。
寧ろ男性客の方が恥ずかしいのか私達を避けていく感じだった!私はS心が湧いてくる。
ミサのお尻を撫でながらマジマジと玩具を見る!
遠目に男性客が居るとミサのスカートをめくって見せる。ミサはビックリしてスカートを抑えてた!…笑。
ローター、アナルプラグ、綿ロープ、ローション
、を購入予定し店内散歩をした。
昔のラブホはローションなど備え付けはなく、全て持ち込み。
私は店内の角でミサのパンツをずらしマ◯コを触る。あれっ?なんで濡れてるの?近くにいた男性客がこちらを見ている。私は触りますか?と見知らぬ男性客に問うと男は寄ってきた。
ミサは…やめよう、、ねぇ、本当に、ヤバイって!
私はお構いなしにミサの頭を股下に挟み、お尻を突き出す格好にさせた。更にスカートを背中側からお尻にかけて布を引き上げるとパンイチのミサになる。男は私を見ている。ミサのパンイチ尻を見ている。
どうぞパンツを下ろしてマ◯コを触ってやって下さい!男はい、いいんですかあ?
ミサは逃げようとするが私の足に頭を挟さまれもがくだけ!どうするミサ?見て欲しいだろ?
ミサ…恥ずかし過ぎますぅ、、
私は男にパンツを下ろしていいジェスチャーをすると男はパンツを下ろした。
キャっ!嫌っ…無理、です、とミサ。
ミサのお尻とマ◯コは露わになった。すると違うお客も寄って来た。
私はミサに人が沢山集まって来たよ!
ミサ…本当にいや、、恥ずかしいぃ、見ないで!
私は男達に言う…この女、こんな事言ってますが
濡れてますので確認してもらえますか?
男はミサのマ◯コとクリを触り始めると…
あっ、本当ですね、びっちゃりと濡れてます!
と男。私は他の男にも言う。確認しても大丈夫ですよ!すると最初の男からバトンタッチしミサの秘部を触り始めた。ミサは諦めたのか…小さな声を漏らし始めた。
ミサ…あんっ、嫌っ、はぁーん!感じるミサ。
すると最初の男がお尻を触り始め、腹側から胸へと手を伸ばした。私は…あ、胸禁止です!男は…あっすみません。
視線を感じ、見てみると店員さんのお父さんが
こちらを見ていた。私はペコリと頭を下げると
お父さんも寄って来た。私はミサに店員さんも来たよー、と言うとミサは…黙っている。
男達の手はマ◯コやクリトリスを弄っている。
ミサは声を出さない様にしているのが…自然と漏れる声が逆に悩ましいやらしい声になる。
私は股からミサの頭を外し、、終了の仕草をすると男達は手をやめ、起き上がるミサを見る。
すると1人の男がか、可愛いですね?…ほらっ
褒めてもらってるよミサ!
ミサはペコリと頭を下げ恥ずかしそうだった。
パンツを上げて予定の買い物をし店を出た。
店を出るとミサはMモード全開!腕を組み、小さな声で…あー、恥ずかしかったぁ、、酷くないですか?とミサ。
私…酷いなら濡れて感じちゃいけないだろ?
ミサ…本当にSですね、笑。
ホテルに着き部屋を選ぶ。フロントで代金の代わりに部屋鍵を受け取った。私はエレベーター内でミサに全裸を命じる!
ミサ…えっ、ここで?えっここ?
私…無言で頷く。
ミサ…いや、絶対に無理、、で、す。
私…早くしろ!破いてでも脱がすぞ!
ミサは背中のファスナーに手をかけ脱ぎ始める。
エレベーターが予定階で停まると2人で廊下に出た。ミサは部屋に入ってからでいい?
私は…早くしなさい!ここで!
エレベーター前で命令する。
私はミサのバックを持ち脱ぎかけのワンピースを
床に落ちる前に奪い取る。下着姿のミサ!
早く下着も取るんだ!
ミサはモジモジしながら脱ぎ始めるとガチャと
廊下奥から音がした。ミサは一度下ろしかけた下着を元に戻そうするが私は…早く!
ミサ…だって誰か居るよ!
居たっていいだろ!さっきまで知らない男にマ◯コまで指入れられて感じてたんだろ?
ミサはその言葉に観念したようだ!
ミサはヒールにパンツを引っ掛けたがスルリと
脱ぎ私が奪い取った。勿論ブラも奪う。
全裸でヒールだけの女、、異様な光景。
ミサは腕を横に両胸を隠し片手で陰毛部分を覆った前屈み姿勢。
笑える…実に楽しい!ガチャと音のした方向には誰も居なかった。私は部屋の鍵を開けたが、部屋に入らずドア前でミサの秘部をもて遊ぶ。
小さな声で誰か来たらどうする?
ミサは…感じ始め無言のまま。
すると斜め前の部屋から女性が顔を出したのだ。
私はペコリと頭を下げると女性もペコリと頭を下げ部屋に戻る。笑ってしまう…私。
暫くすると今度は男がドアを開け、こちらを見る
。私は同じ様に頭を下げると男も頭をペコリと下げ部屋に戻った。。。
多分物音を感じたカップルが何だろう?と女側が覗いたら全裸の女が虐められヨガっていて男側が
確認に来たのだろう。

私達は見られたら?人が来たら?のドキドキどころか人も来てるし見られてる…どうしよう。
部屋に入ると私はミサにシャワー浴びておいで!
男達の手が汚かったかも知れないから良く洗うんだよ、わかった?ミサ…は、はい!
暫くしてから私も風呂場に向かう。
ミサはバスタブにお湯を張りながら体を洗っていた。私はミサに体を洗う様に促すと優しく洗い始めた。ギンギンになった私のイチモツをミサはわざと丹念に洗いながらしごく。
おっ…ささやかな抵抗!それとも私をイカせようとしてる?ここで快楽に溺れてしまったらSの品格はなくなってしまう!何言ってるだ?
アブノーマルに品格もプライドもあるかーっ!
ミサ…気持ち良くないの?
私…気持ちいいよ!でもイカないよ、、私はミサの手じゃなくミサの体や心じゃないとイケないんだよ!…マジふざけてます!意味不明な格好悪い格好つけ!
2人揃ってベットに向かう。
私は意地悪をする!ミサ、今日はミサがしたいからするだよ。だからミサが何でもお願いしなければ何もしない…いいね?
ミサ…は、は、はいっ。
沢さん本当に今日はありがとうございます。
刺激は強かったけど貴重な体験や恥ずかしい体験
、ミサは嫌だと言いながら本当はもの凄くドキドキして気持ち良かったです…と、しどろもどろに話すミサ。頭を撫でながら、、そうだね、と私。私…これどうする?手には玩具屋で買ったアナルプラグ。直径4cmの黒々としたモノ。
ミサは…私のお尻も前も沢さんが好きにして欲しいです。何故か涙を浮かべるミサ。
私は心境を察知しながら…お尻じゃない、ケツの穴、前じゃない、マ◯コ、でしょ?
今更恥ずかしがる事はないし、ミサのマゾ願望やヘキはぜ〜んぶ解ってる。嫌いにならないし引かない!だから思いのまま言葉にしなさい!
ミサ…沢様、、今日もミサに、、ミサを惨めに
やらしく辱しめて下さい。痛いのも好きですが、、、跡に残るのは、、出来なくなりました。
出来ませんが…思いっ切りイジメて下さい。
ず、ずっとずっと…こんな風に、、嫌だ嫌だと
思いながら…でも、か、感じちゃうし…やらしい体を…私を…私を壊して、く、下さい。

私…壊していいんだな!
ミサ…は、ぁ、お願いします。
私…今からお前の体は私のもの。好きにしていいんだな?
ミサ…はい、私の体は沢様のものです。す、好きにされて沢様が…よ、喜ぶことが私の幸せです。
ミサは切に言葉を選びながらゆっくりと涙目で話す。
私…戻れないよ!いいか?
ミサ…こ、こ、怖い、です。凄くこ、怖いです。
私…ここで終わりにしてもいいんだよ、今なら戻れるぞ?
ミサ…首を振りながら、、怖い、怖いけど、、
心も体も支配され、従いたいです。嫌だ、と
思いながらしてしまう私に沢山…嫌な事をして下さい。
私は良く出来たとミサの唇に近づけた。
キスなんてしない、ミサはキスモードで唇を触れようとしたがお預けです。
ミサ、これ入るかな?4cmのアナルプラグを差し出す。ミサは…い、入れて…入れて下さい。
四つん這いにさせるとアナルが天井を向くように
腰と背中を反らせる。所謂女豹のポーズ。
ローションをたっぷり塗り括約筋のほぐしにはいる。肛門の開け閉めはこの括約筋を使って行うのだ。この括約筋のスジ筋肉は断裂すると元には戻らない。従ってアナル周辺の筋肉と括約筋をゆっくりほぐしてからしないと開きっ放しになる。所謂ダダ漏れ!
しかし断裂させずしっかりほぐしてから行うと
どんなに太いものを入れても括約筋が生きてる為
、ちゃんと締める事ができダダ漏れしない。
話、戻します。
ここ好きなんだよね?…は、はいっ。
指二本までは誰でも緩められるが不思議に3本目は時間がかかる…しかし3本目が入ると4本目は早い。
そして4本目の第2関節から先はまた時間がかかる。今回4cmなので指4本はほぐしたい。
ミサ、指二本入ってるよ!は、はいっありがとうございます。もっと、、こ、壊して、、下さい。
あは、はは、笑!
変態だね!肛門壊してって普通言わないよ!
私は2本の指でアナルでイケるツボを刺激する、
ミサは…あん、はぁ、あっ、き、、気持ち、気持ちいいですぅ。
ケツで気持ちいいのか?
ミサ…は、はいっ、気持ちいいですぅ。
変態だな!
ミサ…は、はいっ、ミサは変態です。
あ、あん、あ、いゃ、イキそうです。
あん、いゃ、イッてもいいですか?
お前は私がまだイッてないのに先にイクのか?
ミサ…ダメです…ダメだけ、どイッちゃいますぅー。、、の瞬間ミサはイッてしまう。
アナルに指は入れたまま、左手でミサの臀部を思いっ切り叩く!パシッーン!
ミサ…ご、ごめんなさい、、お許し下さい。
パシッーン!パシッーン!勝手にイクな!
最初からの約束だよね?言ってもわからない体は体で覚えなきゃだね…笑。
ミサ…ほ、本当…にごめ、ごめんなさい。
やがて指は3本目に差し掛かる。
キツイか?ミサ…き、キツイけど大丈夫です。
3本目根元まで咥えこむ!3本を咥えこんだまま、
右へ左へと回転させるとミサは悶えて始める。
あ、あ〜ん、気持ち、い、いいですぅ。
3本目も緩みを感じたので4本目へチャレンジする。
ミサ、今何本入ってるかわかるか?
ミサ…さ、3本、ですか?
4本だよ!…笑!4本!
さてプラグの出番!ローションをたっぷり塗り、
先をあてがう。すんなりと吸い込むアナル。
一番太いところでスピードが落ちる。
少しずつ少しずつ括約筋が切れぬ様に差し込む。
あーっん!とミサが発した瞬間、ヌプッと呑み込んだ。ミサのアナルには4cmのプラグが入ったまま。このまま暫く放置しておけばアナルセックスは楽に入るしピストンしても痛くならない。
寧ろ気持ち良さしかないのだ!
プラグが抜けぬ様、股縄をかけゆっくりする2人。いや正確にはイチャつく2人。
ミサ…やっぱり私、ドMかも?
はぁーん?やっぱりじゃく最初からそうです。
ミサ…なんか辛いんだけど…して欲しいってわかりますか?
私…わかるよ!目の前に標本があるし!
ミサ…酷いっ!そ、そうだけど…嫌なの本当に、
でも…嫌なのは心だけで体と頭は快楽状態になるの。あれっ、言ってる意味わかりますか?
私…見てるとわかるよ!嫌か?と聞くと嫌とは言わず、お願いしますって言うしね。
ミサ…何でだろ?
私…ドMだから、、2人笑!
毛、毛、剃っちゃうか?
ミサ…それは、、ダメ。旦那が不思議がるし求められたらどうしていいか、わ、わからない。
にひっ…剃りたい!私は思う、剃りたいと!
賢者タイムは終わり股縄を解く。テーブルに仰向けで四隅の柱と手足を固定する!
ミサの開いたマ◯コとクリトリスをローターで責めるとミサは悶える。アナルプラグが圧迫しマ◯コがふっくらし、穴は小さくなっている。
イクなよ!
ミサ…は、はいっ沢様!
イッタら剃るぞ!
ミサ…そ、それは嫌で、す。
なら勝手にイカなければいいんだよ!
私はイカせるつもりでローターを使う!
クリ直撃ではなく少し上から振動を与えるとイキやすいミサの体…三度の逢瀬でわかってる。
ミサ…あん、あっ、ダメ〜本当にイっちゃいます。我慢しなさい!本当に剃るぞ!
ミサ…イッてもいいですか?イッてもいいですか?
私…駄目だ!勝手にイクな!
ミサ…お、お願いします。イカせて下さい。
もう限界です。本当にイッてもいい、ですか?
私…あと5分は我慢しなさい!
ミサ…む、無理です!本当にイッ…
ミサはイッてしまった!毛を代償に…笑!
私は洗面台からカミソリを用意した。
ミサは…本当に剃るんですか?私は無言。
ボディーソープを泡立ててマン毛に…
ミサ…本当にごめん、ごめんなさい。お願いですから許して下さい、お願いします。毛が無くなったら…
ジョリ、ジョリ…と回りの少ない所から剃り始めた。ミサは観念したのか無言になった!
私…ほらっやらしい私のマ◯コの毛を綺麗にして下さいって言ってごらん?
ミサ…いゃ〜、、、私、私のマ◯コの毛
お願いします!
ハサミが無かったので剃り上げるのに時間を費やしてしまった。パイパン!
ねぇ、ミサ、割れ目が丸見えだよ!
割れ始めからクリ、穴、と丸見え…笑。
ミサ…本当に全部剃っちゃったのですか?
私…最初に言ったよね、私を好きにして下さいって!変な話、もう会わないと決めたから…何か残したろ、、心ごと体ごと私物にしたろ、って思っていた。嫌がる事を奪う…同意する、、この子本気で全て捧げてきたな…と思える自分。
歪んでる…私の性癖。
縄を解くとミサは自分の割れ目に手をあてがう。
柔らかくて気持ちいいだろ?
ミサ…そうだけど…どうしよう!
知らん知らん!と思いながら可哀想とも思うし、
愛しくも思う…歪んでる私の性癖。
ミサをまた四つん這いにさせ、アナルプラグを取る。そして肛門周りの毛を剃り仕上げする。
私…入れるぞ!どこに入れて欲しいのかな?
ミサ…お、お尻、ケツに入れて下さい。
簡単に入る。腕を持ち体が逃げていかない様にし
激しく奥の奥まで挿入する。
ミサはすぐに絶頂を迎えそうだ!
イキそうか?は、はいっイキそうです。
こうして同時にイク2人。まったりタイムでは
やはり毛の話。何て言ったらいいかな?
普通に邪魔だったから剃っちゃった!って言ったら?
疑わないかな?
それはミサの普段の行動言動だと思うよ。
えーっ、、信じるかな?
言うのと同時に性癖もカミングアウトしちゃえばいいじゃない?
こういうの本当は好きだって!
ミサは不安顔だったが、何とかなる的な開き直ってた。女は本当に怖い!
そして2人はホテルを出た!歩きながらアドレス削除を2人ともしながら…。
本当にもう会えない、、会う事もない、、凄く
落ち込んだのを今も覚えている。
そんな別れで落ち込んでる時、サチ、という
化粧品売り場の綺麗系お姉さんとの交流が始まるのであった。後からだがそのデパートの一階に
彼女がちゃんと仕事をしてる姿も拝見した。
本当に某有名デパート、某有名メーカーの女の子だったんだと。彼女たちは年に数回、研修があり
新製品の説明や時代にあった流行りの化粧術、所謂メークを勉強している。こんな隙なくバリバリに仕事してる女がマゾに堕ちていくとも知らずに。女性客達に澄ましてメークをしているが、
ノーパンでしているのを知っているのは私だけの関係へと…。
2019/04/12 22:52:33(Jzf6eOaj)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.