閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
セルフ調教開発センター
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:SM・調教 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:セルフ調教開発センター
投稿者:
ようこそ、おいでくださいました。

当店は女性のあらゆる調教のニーズにお応えするシステムとなっております。

あなたが望む調教を何なりとお申し付け下さい。

ネットを検索しているとあるホームページに辿り着いた。

『セルフ調教開発センター』

ネーミングはさておき、非常に興味のある内容がそこには書いてあった。

ご主人様をリアルで探すのが難しい人。
メールやカカオで調教の指示を出して欲しい人。
いつでもどこでも調教の指示を出して欲しい人。

そんなあなたの欲求を当社は満たしてあげます。

料金もとてもリーズナブル。

1日の調教で何と500円のワンコイン。

私はそこに書かれている文字から目が離せなくなっていた。

利用するにあたり個人情報を登録するのかと思えば、ニックネームと携帯番号とメールかカカオのアドレスを記入するだけのシンプルな登録だった。

まぁ、何かあれば解約すればいい話だし。

私はホームページに書かれている文章を隈なく目を通した時身体の中がジンジンと熱くなってきたのを感じていた。

あそこに指をやるとぐちょぐちょに下着を濡らしていた。

もうすでに興奮冷めやらぬ状況に陥っている自分がいた。

早速登録を済ませて、返信のメールを待った。
2018/05/15 16:13:42(0RciG./s)
『あゆみ様 この度はご登録ありがとうございます。あなたの欲求を満たすため当社が存在しております。もしお気に召さないようでしたらいつでも解約してください。それではあなたが望む調教を次からお選びください。』

私は文字を読むだけで興奮していく自分がいることを知った。

普段は通勤電車に揺られて毎日を慌ただしく過ごしているどこにでもいるOL。

だけども、取引先の注文書にミスがあって多大な迷惑をかけてしまったことからこっぴどく上司に叱られてしまった。

ストレスを感じた私はエッチで発散したかったが、運悪く前日彼氏と口論になり別れたばかりだった。

セックスの良さが分かり始めた今だから、この体の疼きを抑えることが出来なくなっていた。

かといって街に出てナンパされるのには抵抗があった。

見ず知らずの男性とすぐに関係を持つなんて、、、想像もつかなかった。

そこで私は家に帰ってパソコンを開きエッチな無修正の動画を探していたが、そこに一つの広告が舞い込んできた。

『非日常における快感を感じませんか?』

だった一文が掲載されている広告であったがなぜか私の心は突き動かされていた。

無意識のうちにマウスをクリックし、そのページへと入っていった。

森田あゆみ。24歳。身長158cm 体重48kg スリーサイズは86 58 88と自分でもイケてる体と自負していた。

だが、この体の疼きだけはどうすることも出来なかった。

藁をもすがる思いで見つけたこのサイトに全てを託した。
18/05/15 16:15 (0RciG./s)
調教という経験を受けたことがない私は手始めに『露出調教』というボタンを押した。

『あゆみ様 露出調教を受けたいのですね?かしこまりました。今からご登録いただきましたメールアドレスに調教の指示を送っていきます。実行されましたらご返信いただくと次の指示を出していきます。それでは素敵な調教を存分に味わってください。』

パソコンの画面にそのように文字が並んでいた。

私は少しばかり不安を抱きながら、セルフ調教開発センターからのメールを待っていた。

時間にして1分足らずでスマホにメールが届いたが、それまでの時間はあまりにも長く感じられた。

私は届いたメールをすぐに開封して出された指示をよんでいった。

『着ているものを全て脱いで全身鏡に映るその姿を写しなさい。』

私は送られたメールの内容そのままの指示に従って着ていたワンピースを脱ぎ捨てて、全裸の姿を全身鏡に映した。

自分でも惚れ惚れするほど綺麗な身体だった。

私はメールの返信を送ると次の指示のメールがすぐに届いた。

『全身鏡の前に座り、両脚をM字開脚の姿勢で鏡に自分のおまんこを晒しなさい。』

スマホを片手に私はお尻をフローリングにつけてゆっくりと両脚を開いていってM字開脚の姿勢をとった。

いやらしい形をしたおまんこが鏡に映し出されていた。

見れば見るほどいやらしい形をしたおまんこを眺めていると少しずつおまんこの穴から透明の液体が垂れ流れているのが見てとれた。
18/05/15 16:15 (0RciG./s)
私はメールを返信すると次の指示のメールがすぐにスマホに届いた。

『おまんこのびらびらを指で広げておまんこの穴を凝視しなさい。』

私は初めて自分のおまんこを凝視した。

なぜ男の人がおまんこを舐めたがるのかが少し分かったような気がした。

ピンク色の肉がいやらしい光を放ちながら硬くなった大きなチンポを誘っているようなグロテスクなおまんこが大きく口を開いていたからだった。

私の口の中は唾液が溢れてきた。

ゴクリと喉を鳴らしながらゆっくりと口の中に溜まった唾液を飲み込んだ。

メールを返すとすぐに次の指示が届いた。

『クリトリスに人差し指を当ててゆっくりと円を描くように動かしなさい。』

私は魔法にかけられたかのように、ただただメールで送られてきた文章に示されていることを実行に移していった。

「あっ、、ぁん、、あっ、、」

いつもよりも敏感に感じていた。

自分のおまんこが目の前の全身鏡に映しだされる中、クリトリスを触ったことなんて今まで一度もなかったからだった。

いつも一人でオナニーをするときは目を閉じてクリトリスを集中的に攻めるだけだった。

だが、今日は鏡に映る自分のおまんこを見ながら丁寧に指先でクリトリスを触っていた。

いつも以上にクリトリスが勃起していた。

指先がクリトリスに触れるだけで快感が全身を突き抜けていった。

私は早く次の指示が欲しいと思いメールを返した。

『クリトリスをいじるのをやめて両手でおまんこのびらびらを広げ、鏡に映るおまんこを眺めなさい。』

私は内心「また?」と思いながらも指示に従った。

だが、言葉とは裏腹に身体はますます敏感に反応していった。
18/05/15 16:16 (0RciG./s)
我慢が出来なくなってきた私はメールの返信を早くもらおうとメールを送った。

『窓を開けて四つん這いになって両脚を少し広げて外に向かってお尻を突き出しなさい。』

普段の私なら絶対しないような事だが、身体が熱くなり言うことが効かなくなっていた私は催眠術にでもかかったかのようにカーテンを開けて窓を大きく開けて、フローリングに四つん這いの体勢をとってお尻を突き出して窓の外からおまんこが見えるように両脚を開いた。

「はぁん、、なにこれぇ、、やだぁ、、風がおまんこに当たって気持ちいい、、、」

私は自分が今どんな格好をしているのかを忘れるほど快感に身を委ねていた。

急いでメールを送り返すと、すぐさま次の指示がメールで届いた。

『お腹側から手を伸ばしておまんこの中に中指を入れなさい。』

私はすぐさま手を下からおまんこに伸ばして中指をおまんこの中に突き刺した。

「ぁあん、、気持ちいい、、、窓が開いてるのにぃ、、、ぁあああん、、」

もう返事を打つにも文字が打てる状態ではなくなってきたので空メールを送った。

すると次の指示がすぐに届いた。

『おや、空メールとは。あゆみ様はもう感じられているのですね。』

私の行動は見透かされているようなメールを見て私の身体は再び熱くなった。

「いやぁん、、ぁあん、、そんなこと言わないでぇ、、、」

私は急いでメールを打って返事を待った。

『あゆみ様はそんなにも次の指示が欲しいのですね。でしたら、「次の指示を下さい」とメールで打って送って下さい。』

いつのまにか完全に相手のペースに引き込まれている私がいた。

すぐさま私は言われたように「次の指示を下さい」とメールを打って返信ボタンを押した。

すると

『あゆみ様はもう完全なメス奴隷ですね。その姿を全身鏡で眺めてごらんなさい。あゆみ様はすごくいやらしい格好ですよ。そんないやらしい姿を誰かに見られたいのですね。』

私は全身鏡に目を移すと、鏡に映る自分の痴態があまりにもいやらしい姿であることを認識した。
18/05/15 16:20 (0RciG./s)
もう自分が自分でないほど身体が興奮していた。

見られることの良さを自分が自分の身体を見ることで実感していった。

「ぁあ、、誰かに見られたい、、、」

私は急いでメールを送った。

『あゆみ様。窓際に仁王立ちで立ち、手を前からおまんこのびらびらを引っ張り上げるようにして手を左右に震わせなさい。』

私は床から立ち上がり窓際に移動した。

窓の外には会社帰りの人たちが道路を歩いていた。

私は素っ裸で仁王立ちして指示にあった通り、人差し指と薬指でおまんこのびらびらを引っ張り上げて、自分のいやらしいおまんこを窓の外に向かって晒していた。

「ぁあん、、見られる、、私のいやらしいおまんこをみんなに見られる、、、なんていやらしい格好なの、、あゆみ、、、」

私は自分がどんどんいやらしくなっていくのがわかった。

「ぁあ、、私は色んな人に見られたいんだわ、、もっと私のいやらしい姿を見て、、」

急いでメールを返信した。
18/05/15 16:30 (0RciG./s)
『あゆみ様。そろそろ快感に目覚めた頃でしょう。そのまま扉を開けて外に出てみましょう。』

私は頭の中がクラクラしてきて夢遊病者のように玄関の扉に向かい、素っ裸のまま扉を開けて家の外に出た。

マンションの3階に住む私は普段エレベーターを使用していた。

私の部屋は5軒並びの一番奥の部屋。

外に出るとエレベーターまでは廊下が続いていた。

私は廊下に出るとすこし恥ずかしい気持ちが芽生えてきたが、身体の興奮には勝てそうになかった。

私は返信のメールを送って次の指示を待った。

『一軒家でしたら道路の真ん中、マンションでしたら廊下に出て両脚を開いて大便をするような格好になり両脚を左右に開いてその場にしゃがみなさい。』

私はゆっくりとその場にしゃがみ、エレベーターから降りてくる人がいればモロに自分のおまんこが見えてしまうような格好をとった。

見られるかもしれないという羞恥がますます私を興奮のるつぼに落とし込んだ。

羞恥と興奮が入り混じった感覚を持ったまま、震える手でメールを返信した。

『その場にお尻をついて大きく左右に両脚を広げてM字の姿勢になって、後ろに少し仰け反るような格好になりなさい。』

私は床にお尻をついた。

「ひぃっ、、、冷たい、、でも、気持ちいい。」

私はゆっくりと脚を広げてM字開脚の姿勢をとった。

指示にあった通りに少し後ろに仰け反るような格好をとった。

「ぁああああ、、、これじゃあ、、、丸見えじゃない、、、ぁあん、、いやらしいあゆみの姿を見て、、、あゆみのいやらしいおまんこを見て」

私は次の指示が待ち遠しくなってメールを返信した。
18/05/15 17:09 (0RciG./s)
『中指をおまんこの中に入れて親指でクリトリスに触れなさい。』

私はその通りの格好をすぐさまとった。

「ぐちゅ、、、」

今までに聞いたことがないほどいやらしい液体が私のおまんこから垂れ流れていて、すんなりおまんこの中に指が飲み込まれていった。

「ぁああああ、、いやらしい、、でも、気持ちいい、、、」

親指をクリトリスに当てた瞬間、全身に電気が走ったかのような快感が突き抜けていった。

「ぁああああ、、、」

見られるかもしれないといった感覚があまりにも気持ちが良いものだなんてこの時初めて知った。

震える指で文字を打ってメールを返信した。

『あゆみ様。誤字が目立つようになってきました。もう羞恥の快感に目覚められたようですね。では、親指を左右に小刻みに震わせてクリトリスを刺激しなさい。』

指示のメールがどんどんいやらしいものへと変わっていった。

私はそれに素直に反応するように応えていった。

「ひゃぁああ、、、いくっ、、ぁあああ、、」

私はいつのまにか送信ボタンを押していた。

『あゆみ様。もうイかれるのでしょうか?お楽しみはこれからですよ。』

私はその文章を見たとき、身体の奥底から何かが弾ける音が聞こえたかのように感じた。
18/05/15 17:36 (0RciG./s)
おまんこがヒクついているのが分かるほどおまんこはパクパク口を開け閉めしていた。

私はおまんこの中に突っ込んだ中指の先を曲げておまんこの内側の壁を指示も聞かずに擦っていた。

その時スマホにメールが届いた。

『あゆみ様。お返事が遅くなりましたね。指示がなくても自ら行為に耽るようになりましたね。さすがメス奴隷です。おまんこの中の中指をおまんこの内側の壁に指先を当てながら、親指でクリトリスを触れなさい。その姿勢のまま、おまんこから中指を高速で抜き差ししなさい。』

今までと違って長い文章が送られてきた。

私は一語一句漏れがないように注意深く文章を読み、実行に移していった。

「ぁああああ、、出ちゃう、、激しく動かしたら、、出ちゃう、、ぁああああ、、、」

私は軽く目を閉じながら手の動きを速めた。

私は今自分が感じている快感に身を委ねるようにしながら、一心不乱に手を動かした。

「ぁあん、、噴いちゃう、、噴いちゃう、、ぁああああああ、、、」

プシューという音を立てながら綺麗な放物線を描いて潮を噴き出してしまった。

マンションの廊下がみるみる自分のいやらしい潮で水溜りが出来ていくのを目の当たりにした。

おまんこから指を引き抜くと、さらに新たな潮がおまんこから噴き出した。

廊下には不自然なほど大きな水溜りが出来ていた。

「はぁ、、はぁ、、はぁ、、、」

私は今までに感じたことがないほどの絶頂を感じていた。
18/05/15 17:37 (0RciG./s)
少し呼吸を整えようとした時、手に取っていたスマホにメールが届いた。

『あゆみ様。イかれましたでしょうか?どうですか?露出調教初級編はお気に召すものだったでしょうか?さあ、これから今日の仕上げに入ります。もう一度左右に大きく脚を開いて大便をするような格好になって下さい。』

私は少し呼吸が上がっていたが、言われた通りにその場に両脚を開いてしゃがんでみた。

メールを返信するとすぐに指示が入ってきた。

『あゆみ様。すでにおまんこはびちゃびちゃになられていると思いますが、お尻の穴にもたっぷりといやらしい液体を塗ってください。』

私は人差し指でおまんこから溢れているエッチな液体をすくい上げるとそれをアナルの入り口に塗りたくっていった。

メールを返信するとすぐに指示メールが届いた。

『中指をお尻の穴の入り口に当てて円を描くようにマッサージして下さい。』

私はアナルの経験がなかったので少し怖くなってきたけど、中指の指先をお尻の穴の入り口にそっと当ててみた。

初めて味わう感覚に身をよじるほどの快感が全身に響き渡った。

「ぁあん、、ここが気持ちいいなんて、、どうしよう、、こそばゆい感じがまた気持ちいい、、、」

私は返信してつぎの指示を待った。

『中指を伸ばしたままゆっくりとお尻の中に指を沈めていきなさい。』

私は中指の指先に少し力を入れてグイッとお尻の穴の中に指を入れていった。

「くちゅ、、、メリッ、、、はぁん、、、あっ、、、」

初めて味わう感覚に変な気持ちになっていった。

お尻の穴は強い力で中指を締め付けてきた。

だが、ほんの少し中指に力を入れてお尻の穴の中に指を入れていくと驚くほどすんなりと中指はお尻の穴の中に入っていった。

「はふん、、ぁあ、、なんなのこれ、、ぁあん、、おかしくなる、、ぁあああ、、、」

メールを打つ手の震えが止まらなかった。

やっとの思いでメールを打つと送信ボタンを押した。
18/05/15 17:39 (0RciG./s)
『中指が根元までお尻の中に入ったら、親指をおまんこの中に入れなさい。』

お尻の穴は痛いほど中指を締め付けてきた。

ゆっくりと中指を押し込んでいくとついに根元まで中指を咥え込んでいった。

「はふん、、あっ、、これはやばいかも、、ぁあん、、、」

今度は親指をおまんこの中にゆっくりと沈めていった。

お尻の穴と違っておまんこの中には親指がすんなりと飲み込まれていった。

すぐさまメールを返信すると
『中指と親指をゆっくりと曲げていき、中指と親指の指先でおまんことお尻を隔てている薄い壁をこすりあわせるように動かしなさい。』

私は未体験の行為を緊張と興奮の狭間で揺れ動いていた。

指示通り指先をゆっくりと曲げていき、おまんことお尻を隔てている薄い壁に指先が触れた。

「ひぃっ、、、ぁあん、、うっ、、なにこれ、、ぁあああん、、、」

私は恐る恐る指先同士を軽くて擦り合わせるように動かしていった。

「ぁあん、、だめぇ、、気持ちよすぎる、、ぁああああ、、いっちゃう、、いっちゃうよぉ、、、だめーーーーっ、、、ぁああああ、、、」

私はここが廊下であるということをすっかり忘れて大声を上げて喘いでしまった。

でも、もうそんなことはお構いなしと言わんばかりに指先で薄い壁を擦り立てていた。

「ひぃっ、、ぁん、、はふん、、あっ、、いっくぅ、、、ぁああああああ、、、、」

目の前が一瞬にして真っ白になって絶頂を迎えてしまった。

全身の力が抜けて自然と尻餅をつくような格好で地べたにへたり込んでしまった。

「はぁ、、はぁ、、はぁ、、」

息をするので精一杯だった。
18/05/15 17:39 (0RciG./s)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
1 29 次 ≫
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.