ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
性感帯
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:SM・調教 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:性感帯
投稿者: むっく ◆8uoDrbOuUk
(今回は調教や拘束ではなくスローなエッチで感じてください)
部屋の一室で二人は裸で抱き合って立っていた。
お前の唇に舌をゆっくりとソフトに這わせていく。
上唇、下唇、それぞれをゆっくりとソフトに舌先で愛撫する。
「ああぁぁあぁあぁ」
お前は熱い吐息を出して感じている。
「今日はお前の性感帯を開発してあげます」
「ぇっ」
「もっと感じる体にしてあげるんだよ」
「・・・はい」
性感帯は全身にあるが人によって敏感な部分は違う。
「お前の性感帯を探してあげます」
私は立ったままお前の顔に優しくソフトに指を這わせていく。
ほほ、まぶた、まゆげ、目、おでこ、鼻、唇、アゴ、首の後ろ、耳たぶ。
何度も指を這わせながら唇でもソフトにキスをしていく。
唇を這わせながら舌を少し出して舌先でも優しく愛撫していく。
「ああぁあぁ・・・とけちゃう」
やはり耳たぶと唇は敏感なようだ。
耳に舌を這わせながら指先で首の後ろやうなじをソフトに愛撫していく。
うなじに指を這わせるとお前の体は震えだした。
「御主人様・・・立てない・・・」

立っていられなくなったお前を私は優しくベッドに仰向けに横たえた。
首から上は首筋と耳と唇が感じるようだ。
首筋に舌を這わせながら次の性感帯を開発する。
指先を体に触れるか触れないかのソフトなタッチでお前の体に這わせていく。
左右同じ部分を。
お前の腕を広げて脇の下に指を這わせていく。
脇の下から二の腕、肘の内側から手のひら、そして指先。
何度も左右同時に全ての指を使って往復する。
「御主人様ぁ。。くすぐったいのに変な感じです」
私はお前の右手をとった。
そして人差し指をくわえた。
女性が男性自身をしゃぶるようにお前の指をしゃぶっていく。
時々強く吸ったり、含んだ指に舌を絡ませたり。
「気持ち・・・いい」
じっくりと人差し指を舐めたり吸ったり。
全ての指を丹念に舐めていく。
そのまま手のひらを唇で愛撫しながら肘の裏に舌這わせる。
強く押し付けるように愛撫していく。
そのまま舌は脇の下を舐め始める。
「ダメ・・溶ける・・・」

指と脇の下が特に敏感なようだ。
私は丹念に指をしゃぶり、脇の下に舌や唇を這わせる。
お前の指や脇の下はだんだんと敏感になっている。
もう吸っただけで感じるようになっている。
敏感に開発された首や耳や唇への愛撫も忘れない。
そのまま私の指はソフトなタッチで胸、乳首、腹部、へそ、腰骨を愛撫していく。
もう乳首は固くなっている。
腰骨の辺りに指を這わせるとお前は大きく仰け反った。
「だめぇ・・変な感じ」
乳首に舌や唇を這わせながら脇の下や指先への愛撫もする。
時々唇に指を這わせながら。
舌は敏感だった腰骨の周辺を舐めている。
舌を強く押し付けていくとお前は足をバタバタとさせている。
「そんなところまで・・・感じる・・・」
腰骨は初めてのようなので舌を優しく這わせる。
「ああぁぁ・・・何これぇ・・・溶けちゃう・・・だめぇ」
乳首は指で弾いたり摘んだりしている。
「次の性感帯を探しましょう」
お前は蜜壷を愛撫してもらえると思って足を開いた。
私はそれを無視してお前の足の先に座った。

お前の足元に座りお前の両足の裏を左右の指でソフトに撫でる。
踵から足の指にかけて。
そして私はお前の右足を持っち足の親指を口に含んだ。
手の指と同じように足の指の間に舌を入れたり、くわえた指に舌を絡ませたり。
「ああぁぁ・・・そんなところ・・・」
お前の顔は快感で陶酔している。
全ての足の指を1本1本くわえてしゃぶり舌を絡ませて舐めた。
お前はかなり気持いいようだ。
「ご主人様・・・凄い・・気持ちいい・・・」
私は足の裏を舐めながら指を膝の裏に這わせた。
唇はそのまま内腿を這い回り蜜壷に近づいた。
お前は足を開いて待っているが私はお前を裏返した。
そして今度は10本の指を背中に触れるか触れないかのソフトなタッチで背中に這わせた。
首からお尻まで左右の指は円を描くようにゆっくりと這っていく。
「もうだめ!焦らさないでください」
お尻も同じようにソフトに愛撫していく。
5分10分と背中を丹念に指が張っていく。
お前は背中でも感じている。
背中はとても敏感な性感帯のようだ。
私は背中にキスをした。

背中に舌を這わせていく。
円を描きながら背中を愛撫する。
指は脇の下や首筋などお前の性感帯を刺激している。
「もうだめぇ!!溶ける・・・凄く気持ちいい・・・」
丹念に背中を愛撫し性感帯を刺激していく。
そしてまたお前を仰向けにした。
指で脇の下や手の指を愛撫しながら乳首を丁寧に舐めていく。
そして腰骨の性感帯を刺激しながらお前の足を開いた。
私はそこに顔を入れる。
舌を伸ばして蜜壷をペローと舐め上げた。
「ああぁぁぁああああいいぃぃ」
全身の性感帯を刺激され敏感になっているお前は大声を上げて感じた。
蜜壷はトロトロになりアナルまで愛液が垂れていた。
「ご主人様ぁ。。もっともっとください」
私はお前の両足を持ってM字開脚にした。
足を持ったまま舌先でク○トリスだけを舐めていく。
舌の先はク○トリスだけに触れている。
舌先をゆっくりと小さな円を描くように。
ク○トリス以外に触れないようにして舐めていく。
ク○トリスだけを舌先で愛撫している。

ク○トリスだけを舌の先で舐め続けている。
お前はだんだんと快感がこみあげてきたようだ。
「ああぁぁ・・・イク・・いきそう」
私の両手は刺激してい性感帯をまた刺激している。
乳首、腰骨、足の裏、わき腹、などソフトにゆっくりと愛撫している。
その間もク○トリスを舐め続けている。
「あああなんだかおかしくなる・・・だめ・・・おかしいの」
私は指でク○トリスの皮をめくって直接舐め始めた。
まだク○トリスしか舐めていない。
蜜壷もビラビラも舐めていない。
舌の先だけでク○トリスを舐めている。
「だけぇぇぇぇ!!!イクイク・・・いくっ!!」
突然お前はいった。
全身の性感帯をスローでソフトに責められ、お前の体は敏感になっている。
触っただけでイクくらい感じやすくなっている。
今も逝ったばなりなので余計に敏感になっている。
私は割れ目に舌を這わせた。
「いや!だめ!いい。。気持ちいい」
割れ目に舌をいれ愛液をかき出すように舐め上げる。
「だめぇぇぇ凄くいいいい」

蜜壷に指を入れた。
指を入れたままク○トリスを舐める。
今度は唇でク○トリスを挟んでク○トリスを舌で舐める。
その間も指は中をかき回している。
もうお前は全身の性感帯を刺激されて敏感になっている。
蜜壷を触られただけでいきそうになっている。
レロレロと叩くようにク○トリスを愛撫していく。
指は中のGスポットを責め続けている。
「だめぇ壊れるぅ・・・いく!!」
またお前は逝った。
いつもは簡単に逝かないのだが今回は十分すぎるほど体中の性感帯を刺激されたので敏感になっている。
「ご主人様・・・凄いの・・・おかしくなる」
「お前の体はかなり敏感になってるんだよ」
といいながら私は乳首を摘まんだ。
「ああぁぁああああ凄く感じる・・・おかしい」
乳首を摘まんだだけで体中に快感が走り回るようになっている。
乳首を責め、指で耳を愛撫し、首筋に舌を這わせる。
お前の敏感になった性感帯を責めていく。
「だめ!!!いくっ!!!だめだめ」
お前はこれだけで逝きそうになっている。

私は次はお前を四つん這いにした。
そして背中への愛撫を始めた。
スローでソフトな愛撫を10本の指で。
お前はお尻を突き出して感じている。
片足を取って足の指をしゃぶる。
口にくわえて舌を絡ませていく。
突き出されたお尻にも舌を這わせていく。
背中からお尻、足の指先まで舐めたり指を這わせたりしながら性感帯を刺激する。
何度も何度も繰り返す。
「ああぁぁああああ気持ちいい・・・・」
私はお尻に顔を埋めた。
舌を伸ばしてアナルを舐めた。
アナルの周りに舌を這わせて・・・そしてアナルを舐める。
「だめぇ・・・力が入らない・・・」
手を回してク○トリスを優しく擦りながらアナルを舐め続ける。
お前の腰が勝手に動き出す。
アナルを舐めながら指を蜜壷に入れていく。
ゆっくりと奥まで。
舌全体でアナルを舐めながら蜜壷の指を動かしていく。
蜜壷からはクチュクチュといやらしい音がしている。

私は四つん這いのお前の足の間に仰向けに寝転んだ。
私の顔の上には蜜壷がある。
「そのまま私の顔に跨りなさい」
「はい」
お前は私の顔の上に跨って座った体制、顔面騎乗になった。
私の顔を蜜壷が塞いでいる。
私は舌を伸ばして顔の上に乗っている蜜壷を舐め始める。
「ああぁぁああああいいぃぃ」
いつもより強い刺激にお前の理性はなくなっている。
私の顔の上でお前は腰を振っている。
口や鼻や舌がク○トリスにあたり、割れ目に入っていく。
お前の動きが激しくなっている。
私は空いた両手でお前の太ももや乳首を乱暴に責めていく。
お前は顔の上で乱暴に動き蜜壷をこすり付けてくる。
「気持ちいいぃぃぃ・・・だめぇ・・・気持ちいい」
5分10分とお前は顔面騎乗を楽しんでいる。
私が息が出来ないくらい。
お前は両手をベッドについて腰をコントロールしている。
私はお前の背中に指を這わせたり乳首をつねったり。
「だめぇぇ・・・いく!!!!」

またお前は逝った。
私に顔面騎乗をして蜜壷を私の顔に押し付けながら。
「ご主人様・・・ごめんなさい・・・」
「そのまましゃぶりなさい」
「はい」
お前は丁寧に私のモノをしゃぶりだした。
私も顔面騎乗のお前の蜜壷を舐め始める。
我慢できなくなった私はお前を押し倒し挿入した。
「ああぁぁああもうだめぇぇぇぇぇ」
性感帯を刺激され続け、何度も逝ったお前は入れただけで逝きそうになっている。
私もお前のねっとりとした口の愛撫で爆発寸前だった。
入れた途端に二人は爆発しそうになった。
「いくいくいく!!!!!」
「出すぞ!!」
直ぐ二人は果てた。
お前を寝かし腕枕をする。
「ご主人様・・お顔に乗ってごめんなさい」
「いいんだよ。今回はお前を開発するのが目的なんだから」
「はぁい!ご主人様?」
「なんですか?」
「あのね・・・背中と・・手の指と・・足の指・・凄くよかったです」
「またしてあげるね」
「はい!」
お前は私に抱きついてきた。
「愛してるよ」
「ご主人様ぁぁぁ」


※感想、相談等、気軽にメールください。プロフにカカオ載せていますのでカカオでも
※真剣に大切にするただ一人だけのパートナーを探しています。少しでも興味を持っていただけましたらメールでもカカオでもいいので連絡くださいね。
2017/08/13 07:00:32(.newaxdd)
この投稿にコメントはできません。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.