閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
独身寮
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:シナリオ 官能小説
ルール: エロラノベ。会話メインで進む投稿小説
  
投稿の削除 パスワード:
1:独身寮
投稿者: 花月裕
独身寮は古いワンルームマンションを改築した建物で プライバシーは完璧で 隣の音は一切しません。

独身寮に入り 3ヶ月程した日、「裕です、夕食時間に間に合いそうに無いから御願いします」と電話すると
寮母さんが出て 「あら裕君!じゃ いつものようにオニギリにして食堂の冷蔵庫に入れておくから オカズはレンジで温めてね!」と。
夕食に間に合わなかったり 要らなくなった時は 電話を入れる決まりに成ってます。
忘れると ヒステリックな寮母さんの雷が落ち しつこく説教されます。
それが嫌で 寮での夕食を一切予約しない人も居ます。

所が意外と仕事は早く片付き 寮に帰ると 食堂の藤木のオバチャンが帰り支度してましたが まだ居ました。
藤木オバチャンは64〜5歳、ユリアンレトリバーを老けさせたような太ったオバチャンです。
「オバチャン ただいま〜」
「あら 裕ちゃん 遅くなるだったんじゃ?」
「早く片付いたけど こんな時間さ(笑)」
「荷物 いっぱいじゃない 夕食 お部屋に持っていって上げるから(笑)」
「あっ すいません!」
と言って 重大問題を思い出しました。
SEXドールをベットに置いたままにしてました。
慌ててエレベーターに行くと エレベーターは上階に止まってました。
ボタンを押し
『早く降りて来い!』
エレベーターが降りて来る前に オバチャンの方が早く来てしまいました。
部屋の前
「オバチャン ちょっと待って 散らかってるから(笑)」
部屋に入った途端ザーメン臭がし ティッシュを拾い集めベットの上のドールと一緒に布団を被せました。
良いよと言う前にオバチャンが入って来ました。
ドアを閉め 小さなガラステーブルに夕食を置き
「男の匂いが凄いわね〜(笑)」
「あっ そこは!‥」
オバチャンがベットに座ったのひヒヤリとしましたが 端に座ったので一安心と思ったのも束の間!
ガラステーブルの下に散らかった 裏DVDを見つけたのです マズい事にパッケージ印刷してたので タイトル丸判り。
[五十路六十路ばばあ汁][超熟マンコ 中出し50連発][冥土カフェ][72歳の初AV撮り]等々etc. 婆物を手に取りパッケージもモロ老女のマンコからザーメンが流れ出てるのを見て
「何これ?‥」と驚き 後ろに体を反らし 手を着いて
「何か布団の中に有る‥」
オバチャン 布団を捲った物ですから 口を開けたドールが!
慌てて布団を掛けてました。
2018/04/16 01:58:32(BzBD7ZiQ)
2
投稿者: 花月裕
「ちょっと‥ 裕ちゃん‥こんな趣味‥」
DVDを重ねてテーブルの下に置き ゆっくり立ち上がる所を ベットに押し倒しオバチャンを裸に剥いてしまいました。
映像ばかりで悶々としてたのが 目の前にデブった六十路の裸が!
俺はその時 常軌を逸してました。
着てる物を脱ぎ捨てると 勃起したチンポがオバチャン目掛け 脈打ってビクンビクンしてて
「裕ちゃん‥何するの‥ちょっとダメ‥」
もう オバチャンに飛び着いてました。
柔く垂れた巨乳も タプタプな腹も ちょっと臭いマンコも 全てAV以上に興奮物で
「やめて‥ダメダメ‥ゆるして‥」
と言ってたオバチャンも 突き挿され突かれてるうち
「ウゥ‥アァ‥アッアッ‥」
と 呻き声になってました。
大きな尻を掴み後ろからも迫力物で 仰向け正常位でオバチャンに中出し射精してしまいました。
無我夢中一心不乱で突き射精して やっと我に返り、
「オバチャン ゴメン‥」
チンポを抜くと グチュッ と音と共に ダラダラとオバチャンのマンコからザーメンが流れ出て来ました。
体全体で息するオバチャンの横で ドールが口を開けオバチャンと並んで横たわってました。
暫く沈黙が続き
「オバチャン ゴメンよ‥怒って‥るよね」
「起こっては 無いけど‥私もまだ女なのかね?‥十年は無かったのに 気持ち良いんだもの‥」
「オバチャン 全然女真っ盛りじゃないか‥」
「御世辞でも 嬉しいよ こんなオバサンを 女って言ってくれたの 裕ちゃんくらいだよ‥」
「御世辞じゃ無いよ まだ勃ってるし‥」
閉じてた腿に手をかけ片腿を引き広げても オバチャンは閉じようとしないので 両腿を押し開いてオバチャンに重なり
「もう1回 良いよね‥」
黙ってたので 押し当てると ヌル〜っと入り、
「オバチャン どぉ?」
「やっぱり 気持ち良いよ 裕ちゃん‥」
途中
「裕ちゃん‥上に乗って良いかい?‥」
上に乗って尻を振り もうオバチャン喘ぎ声、下から掴み揉む巨乳も重量感タップリで 2発目も滴り落ちるほどの射精でした。
オバチャン ハァハァ 言いながら、
「何も こんなオバサン相手にしなくても 裕ちゃんなら 若い子にモテるでしょうに!‥」
「でも 熟れきった人にも興味あって‥」
「そんな 熟れきってるのと 何人もしてるの?」
「オバチャンのような 超 熟れたのは 初めてだよ」
「で こんなオバサンにして どぉだった?」「いい(笑)」
18/04/16 13:05 (BzBD7ZiQ)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.