ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
隣の人妻
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:痴漢 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:隣の人妻
投稿者: 青年 ◆BfRimAW2pE
この前博多から大阪ゆきの夜光バスに乗り込みそのとき隣に若い女の人がおれの隣に座った 香水の甘い匂い(すみません)といってきた ミニ。スカートかなりやばい格好で胸元が見えて小倉をすぎるとバスのなかの電気が消されたしばらくすると隣の女の人がもたれ掛かってきた 背が高いためおれの顔に彼女のおっぱいがあたっていた それだけでおれは興奮してしまい彼女の太ももに手を当てていた 彼女が目を冷ましたのかおれの手を握りしめてきた 左の薬指には指輪が おれは大胆になりスカートの奥のあそこをパンティーごしにさわると悩ましい声が 彼女からキスをしてきた 柔らかい唇さわりやすいように股を開いてくれてパンティーの脇からクリトリスを刺激してやると悩ましい声がおれはキスをしながらシャツをまくりあげブラジャーを上に上げて乳首をつまんでいた 後部座席のため見られることはなかった しばらくおっぱいを堪能していた しばらくして三打におれはトイレ休憩に彼女をトイレにつれていきベンキに座らせいただきました 三打から社内の電気がつきかなり美人だと思った その間もキスをしたりシャツの上からおっぱいを揉んでいた つぎの三宮でおれの手をとり下車した おれは大阪で降りるつもりだったがまるで新婚か彼女のように手をつないでホテルに激しいエッチもえあがった 三回も中だししてやった 同窓会で神戸に来たらしい結婚して博多に旦那とはうまくいってないらしく 同窓会終わりに待ち合わせして神戸のホテルに(あなたのここすごいわ)旦那はタンパクで仕事人間らしい 彼女はエッチ大好きらしい毎日でもしたいらしい 旦那が仕事に出掛けるとバイブで慰めていたらしい おれの博多の住まいをいうと近所らしい おれの大阪の仕事に付き合ってくれて仕事が早めに終わると観光した (私はこんな生活がしたかった)おれの手を強く似きってきた 観覧車に乗り込むと激しいキスをしたら彼女はズボンごしにちんぽを握りしめてきた 広い公園人もまばらでパンティーだけ脱がして野外エッチ バックからつらぬいてやると彼女の声も大きくなっていた 帰りの新幹線のなかでもまるで新婚のように抱き合っていた 名残おしいが博多までいきひとまず別れた しかし彼女からまだ連絡はこない
2017/06/19 20:01:32(MC1/cfG3)
2
投稿者: (無名)
句読点くらいつけなさい。
読みにくいじゃないの。
17/06/20 09:01 (k6XnycHY)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.