閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
アジアに行って来ました
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:ロリータ 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:アジアに行って来ました
投稿者: タダで!!
自分の会社は
アジア圏に時折ですが仕事があります、後代で1人か2人で1週間前後の出張が年数回あります。
今回は、自分1人でフィリピンまで5泊6日で出掛けました。
2日もあれば終わる仕事です、残りは何時もの様に観光をして帰るつもりでいました。
着いた日に、相手先と打ち合わせを済ませて明日はまとまれば終わりです。
落ち合わせも終わり、ご飯でも食べてホテルへ帰ろうと思い繁華街へ行きました、行くとお姉さんに声を掛けられました。
片言の日本語で、日本人?と聞いて来たのでそうだと答えると、何しに来た遊び?と言われ仕事と答えご飯を食べてホテルへ帰ると、言うと、ご飯有るこっちだよと言われた、どう見ても怪しいから断ると、大丈夫!!嘘言わない、変なのない!!
可愛い女の子と外でご飯が食べれる、一人淋しい、可愛い女の子と一緒ご飯だけ大丈夫!!可成り手慣れた感じで喋って来た。
金額を聞くと、ご飯を一緒に食べるだけのデートだから日本円で1万円、安い!!いや!其れは高いご飯デートで1万はぼったくりと言うと、8000円、7000円と下げて来た、自分が5000円と言うと言いとの返事でした。
怪しい路地に連れて行かれ、入った所はどう見ても民家にしか見えない、待つ事、10分、何人か女の子が出て来た。
見るとどう見ても、未成年です、歳を聞くと皆、18歳とか19歳とか答えるけれど、明らかに12歳か13歳ぐらいにしか見えない
まっ!別にご飯デートならば犯罪には成らないと思い、中でも1番綺麗な女の子を指名すると、此の子は後1000円と吹っ掛けて来た、自分は払わないと言うと、仕方がないとあきらめてくれた。
其のお金をどうしたかと言うと、もう1枚足して、一緒にデートをしてくれる女の子にあげた。
早速、ご飯を食べに出掛ける、町の繁華街の夜は危ないので、ホテルでご飯をたべる事にした。
自分の泊っているホテルのレストランで2人で食べ終えて、女の子に帰って良いよと、帰る時に、お店には内緒でと5000円を上げると、有難うと言い、今日はホテルで朝まで一緒と言って来た。
自分は、そんなつもりで、お金を上げたわけではないと帰した。
お風呂に入り、朝仕事に行こうとホテルを出ると、まさかの昨日の可愛い女の子が入り口の横で待っていた。
自分は、エッ!と思いつつ、どうしたの?と声を掛けると、今日1日、一緒にいると言って来たが、流石に、此れから仕事だから、駄目だよと言うと、終わるまで、部屋で待っていると言い可愛い笑顔を見せてくれた。
流石に負けたと思い部屋に戻った、一応無くなるとマズい物はホテルのフロントに預けて、女の子を部屋に待たせて出掛けた
仕事が終わり、日も暮れてしまい、取り敢えず、昨日の家の様な怪しい所へ行く事にした。
途中で、例のお姉さんに出くわした、事情を説明すると、分かって居るとの返事で、あの子は私の本当の妹で年齢は14歳です
貴方が、本当に良い人だから、妹が好きに成ったみたいで、逢いたいと言うので好きにさせたと言われた。
お金はいらない、あの子と此処にいる間だけで良いから、一緒に居てと言われ引き受ける事になった。
ホテルへ帰ると、女の子は疲れた様で、ベッドで寝ていた、やはり間違いなく可愛い少女と思い見ていた。
自分はお風呂に入り、女の子を起こすと、笑顔で恥かしそうに、寝っちゃたと言う様な顔をした、其れが、又可愛いかった。
ホテルの、レストランでご飯を食べて、外でしばらくの間さんぽをしてホテルへ帰った。
女の子を、家まで送るからと言い、少ないけれどと10000円を上げると、お金はいらない、何もしていない、ホテルで一杯寝た、ご飯も食べた、本当に良い人、皆は悪い人が多いけれど違う良い人と言われた。
大好きと言い、抱き着いて来てキスをされた、お金関係ない、好きだからと裸になりながら、「私嫌い駄目!」と涙を流された。
自分は、嫌いではないよ、本当に可愛いと思うと伝えた。
其の時点で、半分、理性は何処かに行っていた。
自ら抱き寄せて、キスをした、もう1度、2人でお風呂に入ろうとお風呂に入った。
流石に、14歳、肌は浅黒いが綺麗な体で正に少女でした。
マンコの毛は元々生えてはいない天然のパイパンです、マンコは縦一本筋で中を手で開いて見るとビラビラは無いに等しいです。
中は綺麗なピンク色で指1本でもキツイ位小さなマンコです。
お風呂の中で、14歳とは思えない程、上手いフェラをしてくれました、あっという間に口の中へ出したら綺麗に飲んでくれました。
ベッドで、女の子のマンコにチンコを入れる、本当に小さい、かなりきつめで入れると本当に気持ちが良いマンコです。
あっという間に、中に出してしまいました、ヤバイと思いつつ。
朝まで其の侭で寝て、日本に帰る日まで一緒に居ました。
此の話には、続きがあります。
此の話は実は10年前の事です、其の女の子はエミリアと言い、今は日本に居ます、そう言う事です。自分とは可成りの歳の離れた、今では奥さんです、10年経った今でも、可愛い儘でいます、子供も女の子が1人6歳になり母親似でとても可愛く優しい子に育ちました。
有難うございました、読んで頂きました。
2018/09/14 20:35:25(fJHMwFj3)
2
投稿者: (無名)
いまの奥さん、良かったですね!
貧困のなかに、ちょっとした光があたって、幸せに進むことができたんですね。
これからもお幸せに!
投稿者さんも、素敵な人に会えて良かったですね。
言葉の壁は障害にはならなかったのも、すごいと思いました。

私は語学力ないし、ダメだなと読んでました。
18/09/16 20:17 (MkEfNuNZ)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.