閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
羞恥好みの妻
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:羞恥好みの妻
投稿者: (無名)
妻の依子は、いつからか他人に恥ずかしい姿を見てもらい異常に興奮する女になった。
四十に近づいてきた頃からからだった。

最初は車の中で私のモノをシャブリながらたまに行き交う人々が興味深そうに覗きこむと異常なほど興奮してオマンコをグシャグシャに濡らしていた位だったが段々と其では満足出来なくなり私の上に乗り私の勃起シタモノをオマンコにあてがい騎乗位でセックスするようになり、覗きの連中から覗かれると交尾してる場所を覗きの連中に見易いように姿勢をとるまでになった。

最初は屋外で愛し合うのを言い出したのは私だが性器が絡みあってるとこまで見せつける妻には異常性を感じた。

そんな中に妻は他人の前で明るい中でセックスしたいと言い出した。

他人に見られてオマンコをしたいと言い出したのだ。

お互いに性器を愛撫して性交して私が妻の膣の中で射精してくれるまで見られながらしたいということだった。

それしか貴方とセックスする気になれないという。

誰の前で、イヤドの夫婦の前でするんだ?と聞くと隣のご夫妻と奥さんと約束したという。

前から親しくしてたご夫妻でしたから、却って私は抵抗があった。

私達のを見ながらご夫妻もセックスするのも知れないがそれは自由ということだった。


実は隣の奥さんの巨乳には前から憧れてた私はひょっとしたら隣の奥さんのという気持ちも手っだい妻に承知したとつげた。
2018/05/16 22:28:24(LwndlpMp)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.