ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
雄と雌
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:雄と雌
投稿者: 北斗 ◆vUrSmfP6WI


私は神田琢磨66歳。仕事は既に定年退職し、優雅に年金生活を送っている。

妻は既に他界し、若い頃から女好きな私はこの歳になっても精力は衰えず、昔と変わらず絶倫と呼ばれ数人の若いセフレ達と日々濃厚なセックスを繰り返していた。

そんなある日、九州で暮らす一人息子から紹介したい人がいると電話があった。

「親父、今付き合ってる由美子です。」
「初めまして。西田 由美子です。よろしくお願いします。」
「初めまして。せがれがお世話になっています。どうぞお座り下さい。」

初対面では冷静さを保っていたが、その容姿美貌に驚かされた。ただ、何故かその顔に懐かしさを覚えた私だった。

由美子は28歳。高身長とふくよかな身体、若々しい乳とケツはセフレ達とは比べ物にならず、そのはちきれそうな大きさに目を奪われた。

「親父、俺達結婚することにした。今日はその報告に。」

「やっとその気になったか!反対する理由はない。親として出来るだけの事はする。由美子さんのご両親にも会わないとな。」

「由美子の家は由美子が幼い時にお父さんが亡くなってて、お母さんと二人暮らしなんだ。お母さんには挨拶は済ませてあるから。俺4月から本社勤務になるから、先に入籍してこの家に一緒に住んでもいいかな?」

「それは構わんが、由美子さんはそれでいいのか?」

「はい。お父様がお許し頂けたら。よろしくお願いします。」

息子は本社勤務になり、先に入籍を済ませてこの家での同居という私にとっては喜ばしい環境が出来上がった。

それから半月後、入籍祝いと親の顔合わせのために飛行機で九州へ向かった。

「神田さん、お久しぶりです。」

息子が迎えに来るはずの空港の出口で待っていると、着物姿の女性に声を掛けられた。

「み…碧じゃないか!久しぶりだな。こんな偶然ってあるのか…。」

碧とは私が九州に単身赴任した時の女の一人で、その関係は二年間続き、身体の相性が抜群で唯一忘れられない女だった。

高身長でモデルの様にスレンダー体型だった昔に比べ、脂ののった熟女へと変貌した碧に目を奪われた。

「偶然じゃありませんよ。もう親戚になってるでしょう。由美子は私の娘よ。」

「まさか…!あの時の子が由美子さんなのか?確か二歳だったかな…?」

「そうよ。由美子は何も知らないけど、神田さんと初めて会った時に何故か懐かしさを感じて、何故か涙が溢れたそうよ。」

「実は私も懐かしさを覚えたよ…。」

「そうよね。由美子は私が嫉妬するくらい神田さんに懐いてたから。」

「主人が病に倒れたのが由美子がまだ一歳の時だったから。神田さんが父親変わりになってくれたから。」

「ご主人はいつ亡くなられたんだ。」

「神田さんがお戻りになってから半年後でした。私達は覚悟は出来てましたから。」

「そうだったのか。仕事は続けたのか?」

「もちろんよ。あれからもの凄く契約が取れて昇進もしたの。今は課長で新入社員の教育担当もしてるの。後少しで定年だけどね。後でわかったけど、神田さんの口利きで関連企業さんを独占出来たって。そうですね?」

「私は君に恩返しがしたかっただけだよ。契約取れたのは君の実力だよ。」

「私達親子が生きてこれたのは神田さんのおかげよ。いつか私が恩返ししなきゃね。由美子に信一さんを紹介された時はわからなかったけど、いろいろ話を聞いて確信したの。これも神田さんと私の運命なのかなって。」

子供達の偶然の出会いが過去に途切れた関係を再び結びつけ、私達の身体中に再びドロドロとした熱い血が流れ始めていた。

2018/02/12 23:19:22(8ACPSgsI)
2
投稿者: まさ ◆zEGpD4VZDY
是非続きをお願いします!
18/02/13 16:54 (OlcJZpUQ)
3
投稿者: 日本茶々!
続きをお願いいたします!



18/02/13 23:32 (0XJTG/Xd)
4
投稿者: 北斗 ◆vUrSmfP6WI
続きです。



「親父、迎えに行けなくてごめん。急に会議が入って代わりに由美子のお母さんが…。時間まで親同士でゆっくり話を…。今夜は俺達も部屋を取ってるから…。」

「こっちは大丈夫だ。今お母さんと一緒だ。とりあえずホテルにチェックインして時間までゆっくりする。」

息子から電話があった時、私は碧の運転する車の中に居た。

「あら、ホテルでゆっくりなんて。誰かと待ち合わせだったのかしら。」

「もちろんだ。待ち合わせと言うか、同伴だな。こう見えてもまだまだ現役だぞ。」

「知ってますよ。貴方は昔からお強いから。私に本当の女の喜びを刻んだのは貴方でしょ!」

「君もあれからいろいろな男に染められたんじゃないか?」

「言い寄って来る男たくさん居て大変だったわ。でも、私の身体は貴方色に染められたままよ。君なんて他人みたいな呼び方しないで。二人の時は昔の様に…。」

「そうだな碧。昔の様に…。」

碧は首筋をピンク色に染め、車をホテルへと走らせた。

「碧!」「はい。貴方。」

碧は着物の帯を解き、私の前に全裸にひざまづいた。

「あぁー!この臭いよ…!逞しい雄の臭い…!懐かしいわ…!あぁぁぁ…!」

「碧の雌の臭いも懐かしいな!ほら、もうこんないきり立ったぞ!」

碧は私のズボンを脱がし、ボクサーパンツに顔を埋めかつて自分を淫らな世界に導いた雄の臭いに身体を震わせた。

「貴方…!昔よりも…。あぁぁぁ…!もう我慢出来ません。」

互いの雄と雌の臭いに身体は反応し、碧の下の床には水溜まりが出来ていた。

「フンッフンッ!ジュボッジュボッ!」

碧は私のチンポを窮屈なボクサーパンツから引きずり出すと一心不乱にむしゃぶりついた。

「あぁぁぁ…!こ…この臭い、この味…!どす黒い色…!忘れられなかった…!私の脳が…身体が!あぁぁぁ…!ダ…ダメー!身体が…欲しがってる…!」

「碧、ベッドに来い!昔の様に貪り合うぞ!」

「あぁぁぁー!貴方も…!ヒィー!」

「ジュルジュル…!ジュル…ジュル!」
「ジュボッ!ジュル!ジュボッ!」

「ハアッハアッ!また逞しくなったわ!貴方も本気になってくれたのね!お願いします…。欲しいのー!」

「俺も我慢出来ないぞ!碧!ハメ殺してやる!」

雄と雌が放つ淫靡な臭いと、互いに獣と化した体液の味は俺達を解き放ち、この世のものとは思えない快楽を貪り合った。


「碧、大丈夫か?そろそろ支度をしろ!」
「貴方…!私…!ごめんなさい…!」

「久しぶりだったからな!けど、体力的な衰えは仕方ないけど、昔と変わらずいい道具だな!」

「貴方は昔以上に凄かったわ…。貴方を満足させられなくて…ごめんなさい…。」

久しぶりの獣の様に貪り合ったが、碧は途中で失神し、不完全燃焼の私を気遣った。

入籍祝いの宴も和やかな雰囲気で終わり、息子と由美子は部屋に戻り私は碧を部屋に誘った。

「ちょっと飲み過ぎたかしら…。」

「久しぶりのセックスで疲れたんだろ!」

「そうね…。貴方…、ちょっと心配な事があるの。由美子の事だけど…。」

「由美子さんがどうかしたのか?」

「今日の由美子ったら何だか艶っぽく見えたの…。あの子も私と同じだったらって考えたら…。」

「心配性だな!それは夫婦の問題だろ!親が心配する事じゃないぜ!」

「そ…そうだといいけど…。あの子には私の血が流れてるから…!だから…!」

「まあ息子にも俺の血が流れてるからな!二人の事はいいから、早く来いよ!」

「そ…そうね!しばらく逢えないんだから…。今夜は朝まで…!」

碧は何故か由美子の事を気にかけたが、私は俺達には関係のない話と聞き流し、朝まで碧を責め尽くした。

18/02/16 15:20 (wdNHeWP3)
5
投稿者: まさ ◆zEGpD4VZDY
続きが楽しみです!
宜しくお願いします。
18/02/17 05:44 (uI3F8pbV)
6
投稿者: 北斗 ◆vUrSmfP6WI
まささん、コメント有難うございます。


続きです。




「親父、今日からよろしくな。」

「お父さん、よろしくお願いします。」

予定通り3月の終わりに二人は我が家に引っ越して来た。

2階の二部屋を夫婦のリビングと寝室とし、私の書斎兼お楽しみ部屋はそのまま残した。

私は若い頃からハメ撮りが趣味で、過去にハメ殺した女達の姿をビデオで撮影し続けている。その動画は無修正、さらに高画質で相手の顔もはっきりと写っていて、そこら辺の裏物よりも過激な物だ。その戦利品を貯めては編集し、鑑賞したりと私のお楽しみ部屋として使っていたからだ。

同居が始まり半月くらいでお互いの生活パターンが固まり、互いに干渉する事もなく私は外では女達との交わりを繰り返し、家では上げ膳据え膳の生活に満足していた。

由美子も専業主婦らしく掃除と洗濯と食事の仕度をきっちりこなし、自分の時間も有意義に過ごし、夜は息子との時間を楽しんでいた。

「親父、俺新規プロジェクトのリーダーに抜擢されたよ。」

「ほう、それはよかったじゃないか!頑張れよ。」

息子は本社転勤後直ぐに新規プロジェクトのリーダーとなり、連休明けから出張で家を空ける事が多くなっていった。

「信一は今週は帰って来るのか?」

「今週は忙しくて帰れないって連絡がありました。」

「そうか。新婚早々で出張ばかりだと由美子さんも寂しいな。どうだ、今夜は一杯付き合わないか?」

「お父さん…。有難うございます。ちょっと気分が沈みかけてたから。嬉しい!」

由美子は可愛い笑顔を見せ、グラスに注いだビールを飲み干した。

「お父さんお酒強いですね。私…少し酔ったかも!」

「由美子さんもなかなかじゃないか!今まで信一に遠慮してたな!」

「ちょっとだけ。信一さんはお酒弱いから。私がお酒好きって言い出せなくて…!」

「お母さんに似て気遣いが出来てるな!」

「えっ…!母と…!お父さんとお母さんって…!何かあるの…?」

「いやいや。この前初めてお会いしてそう思っただけだよ。」

「そうですか!でもお父さんにそう言われて嬉しい〜。ちょっと身体が熱くなってきました〜!エプロン外しま〜す。」

ロング缶は既に5本も空き、由美子も酔ったのか話し方も少し砕けてきた。

エプロンを外した由美子はフレアーなスカートに白いTシャツ姿でブルーのブラジャーが透けて見え、はち切れそうな巨乳を包んでいた。

「お父さん、こっちで飲みましょうよ。まだいいでしょ?おつまみも出しま〜す。」

由美子は久しぶりのお酒に酔い、席を食卓からリビングへと移した。

「お父さんと一緒に飲めるなんて…嬉しい〜!」

ソファーに座る由美子はやたらと身体を密着させ、巨乳を押し付け始めた。

「アッ…!ご…ごめんなさい…!」

由美子は久しぶりに流れる微弱な電流に甘い声を漏らし、身体を離すが直ぐに巨乳を押し付けてきた。

「由美子さん、飲み過ぎだよ。今夜はここらへんでお開きにしよう。」

「嫌だ〜!もっと飲みましょう〜!お願いだから〜!お父さん〜!」

完全に酔った由美子は私の腕に抱き着き、腕は巨乳の谷間に挟まれた。

それから1時間後、テーブルの上のビールを飲み干した由美子は私の肩に頭を預け、可愛い寝息をたてていた。

「由美子さん、こんなところで寝たらダメですよ!由美子さん!」

何度声をかけても起きる気配のない由美子を、お姫様抱っこして2階の二人の寝室に運んだ。

ベッドに寝かせた時フレアーなスカートがめくれ、ムチムチの太股が見え、さらにその奥のブルーのパンティーがチラチラと見えた。

『まずい…!この臭いは…!碧と同じ雌の臭いじゃないか…!う…嘘だろ!』

ブルーのパンティーの股間には大きな染みがあり、そこから紛れもなく強烈な雌の臭いが漂っていた。

18/02/18 13:34 (H3S865z1)
7
投稿者: まさ ◆zEGpD4VZDY
たまりませんね!
18/02/19 06:02 (uItU9EvK)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.