閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
我が家がホテル
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:我が家がホテル
投稿者: 明石家サンダル
離婚した私、妻と子供は実家に行きました

はっきり言って1人では広すぎる家です

ある程度、落ち着いた頃でした
電話が鳴り出てみると、別れた妻の友達 雅美からでした。
離婚の話は、すぐに伝わるから説明は簡単に
雅美からは、1人だから不自由してないかと心配してくれる内容でした

コンビニやデリバリーもあるからと伝え、良かったら遊びに来てと受話器を置いた

週末、スーパーで買い物してると雅美から声をかけられた
カートを押しながらの会話で、今夜お邪魔しても?と聞かれたから大丈夫と返事して別れた

夜8時過ぎました 電話が鳴り今からと雅美でした そもそも、こんな時間帯が大丈夫なのかと聞いたら子供は昨日から実家で旦那さんが夜勤 1人だからと言われた

過去、何人か遊びに来ていたママ友
顔馴染みだが、そんなに会話も無かった

雅美は、缶ビールを沢山持って来た
ツマミは、スーパーで購入済み
2人での飲み会が始まった

最初は、1人暮らしの事をネタに飲んでいた
そして離婚の話題になり、雅美からも愚痴や不満な事を話してくれた
2時間程 した時でした 雅美がトイレに!と立ち上がるが…足元がフラフラ よろけた
私が支えると、雅美は笑顔で ありがとうと

トイレまで支えて行った さすがに中には入れない 雅美が入るとリビングに戻った
すると、出て来た雅美 壁際を伝ってフラフラ
危ないと思い支えに行くと

抱き付かれた
見つめながら私を抱き締めて…
なんとなくですが、意味はわかりました
見つめられ近くなり…キスに

それも、雅美は激しくキスしてきた
何か寂しいからか、欲求不満だったのかは知らない
舌を入れての激しいキスです

私も男です…ついつい手が雅美の胸を触ってました

久しぶりの感触です
セックスレスで、胸の大きさに夢中でした
ずっとキスしてくる雅美 服の中に手を入れてブラジャーから直接触った
マシュマロみたいに柔らかい乳房
そのままリビングに戻った
カーペットに寝た雅美に私は無我夢中でした
直接乳房を愛撫 D以上ありそうでした

大きな乳房は、揉みごたえ十分で ずっと揉んでいたくなった
浮気された私が浮気している
しかし、この乳房を見ると我を忘れてました

裸になり、雅美にもアレを舐めてもらった
舐めてもらうのは、もっと久しぶり
凄く気持ち良かった
自分では、気付かないが雅美から凄く大きくて固いと言われた

途中、雅美から泊めてと言われたから ずっと抱いてました
寝室には1人になり買ったダブルのベッド
朝まで雅美とエッチしてました

私は3回、雅美は結構な回数 フィニッシュ

少し仮眠しました
裸のまま、私の腕枕で

昼前になり雅美は帰宅になりました

この日以来、雅美は頻繁に我が家に来た
来る度に激しいエッチ

何だか、ラブホテルになってしまった我が家です
2018/01/11 10:17:18(OMjmV3v/)
この投稿にコメントはできません。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.