ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
沙紀(番外編)
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:沙紀(番外編)
投稿者: (無名)
沙紀とのやり取りはもっぱらLINEを使っていたが、遠く離れて会えないせいか回数は確かに減ってきた。
子供のサッカーのリーグ戦が終わったとか、健太郎君の所属するサッカークラブの成績は3位だったとか、保護者会役員の慰労会が近々あるとかで、下ネタの話は一切なかった。こちらからHな話を振ってもかわされた返事が来るだけで、本社に出張するときもなかなか会える時間を作れないようなやりとりが続き、時はただ過ぎた。

 ひと月ほどして、島田亜紀子から社内メールで元気してますか?と送られてきた。元気ないから呑みに行こう!と返したところ、今日ですか?私は大丈夫ですとすぐに返事が来た。
18時半には退社するので、携帯に電話して欲しいと電話番号を添えて送ると、“りょ”と一言のメールが返ってきた。

 仕事を終え駅近くのフレンチの店に行き、彼女が来るまでの時間つぶしにピクルスをつまみながら、グラスビールを飲んでいた。
 しばらくすると電話がかかってきたので、ここで待っていると伝えると15分ほどして彼女が現れた。
 「お疲れ様です。遅くなって申し訳ありませんでした。」笑顔の亜紀子が目の前に座った。
 「大丈夫、もう飲んでるから(笑)ワイン付のコースでいいかな?料理ごとにそれに合うグラスワインがついてくるんだって。」
 「それで結構です。今日は焼鳥じゃなかったですね。」
 「焼鳥ばっかりじゃ芸がないからね〜」
 「このお店は初めてです。支店長はよく来られるんですか?」
 「いや〜初めてだよ。ネットに料理ごとにワインが付いてくるってあったから、変にかっこつけてボトル頼むより楽だと思ってさぁ(笑)」
 「そういう気取らないとこが支店長の良いところですね。朝礼で仕事の話をあまりされずに、面白い話ばかりされるじゃないですか。前の支店長と違ってみんなの評判いいですよ。特に奥様方には(笑)」
 「それは知らなかったなぁ。」そう言いながら頭に沙紀の顔が浮かんだ。
 「明日は休みだからゆっくり飲みましょうね。」
 「そうだな、せっかく若くて美しい女性と飲める機会だからな(笑)」
 ウェイターを呼びコースの注文をして、さっそくスパークリングワインを口にした。
 「おいし〜!」
 「島田さんはお酒強いの?この前は酔ってたようだけど、翌朝ケロッとしてたからさ。」
 「強い方だと思いますよ。この前は焼鳥屋の日本酒でいい気持ちになって、そのあとのカクテルの度数が高かったのか効いちゃいましたね〜!でも二日酔いにはなったことないです(笑)」
 「そうか、負けそうだなぁ。ああ、それと支店長になる前は人事課長してたんだけど、社内の女性と二人きりで呑みに行くなんてご法度だって立場だったんだよ。口外しないようにね。」
 「わかってますよ!今日は楽しく飲みましょう。それと島田さんはやめませんか!?亜紀子って呼んでください。」
 そう言うと一気にグラスを空けた。
 料理は一品一品とてもおいしく、その上ソムリエが料理に合うワインを選んで説明をしながら注いでくれた。絶品の食事に舌つづみを打ちながら親父ギャグ連発の話に、いちいち反応してくれる亜紀子との楽しい時間はあっという間に過ぎた。
2017/10/13 10:17:42(dkAIEV3b)
2
投稿者: (無名)
「二次会はどこ行こうか?カラオケかな?バーかな?」
 「どこでもついてきますから、おまかせします。」
 「そんなこと言うとホテルに連れてっちゃうぞぅ(笑)」
 「いいですよ。私のいい人になってくれるんでしょ。」
 「・・・」やばいかなぁ!?でも据え膳は…男だろ!
 「ホテルじゃなくて支店長の部屋がいいな。どんな暮らしぶりか見てみたいし(笑)」
 「社宅はまずいだろ。近所の目もあるし。でも見つかる時はどこでも同じかぁ(笑)」
 裏道を通って社宅に向かった。閑静な住宅地なので21時を回ると人影もまばらで、すれ違う人の顔を確認できるほどの明るさもなく無事たどり着いた。


 「へ〜、これが支店長の住処ですか〜シンプルですね〜」
 「何もないってことかぁ?」
 「散らかってなくて驚きました。もっとごちゃごちゃかと(笑)」
 「期待を裏切ってごめんねごめんね〜。ちょっと古いか(笑)さて、ビールでも飲もうか。」
 冷蔵庫からビールを取り出し、トマトとチーズを切って、塩とオリーブオイルをかけてつまみにした。
 「サキイカなんかが出てくると思ったら、へ〜」
 「へ〜ってなんだよ。」
 「ほかにも何かできるのかなぁ!?ってへ〜ですよ(笑)」
 「材料があれば何だってできちゃうよ。亜紀子だっておいしく調理して食べちゃえるよ〜(笑)」
 「じゃ、私を調理してみせて!」
 予想以上の早い展開に戸惑いながらも、さっさと手は動いていた。
 「料理する前に皮剥かなくちゃ!下ごしらえの基本だからね。」スカート、ブラウス、ストッキングと順に脱がせて、ブラとショーツだけになるとさすがに手で抵抗を試みたが、「食材は動かないの!」の一言でまな板の上の鯛になった。
 ブラを外すと細身の体には似つかない上向きの大きなおっぱいが現れ、ピンクに近いであろう可愛い乳首がその上に乗っていた。
 「綺麗だね。」
 無口になった亜紀子のショーツをゆっくり下げると、きれいに整えられた栗毛色のアンダーヘアが目に飛び込んできた。恥ずかしいのか手をおっぱいと股間に当てていたが、全裸にした彼女はとても美しく、カーペットに横たわる躰は際立つ白さで、吸い付くようなきめ細かい肌を触った時には、すでにペニスがフル勃起していた。
 
 そんな材料を目の前にゆっくり調理する余裕など吹っ飛んで、慌てて服を脱ぎ裸になって亜紀子を抱きしめた。
 「ごめん、調理する余裕がなくて生のままいただきます。」
 黙って見つめ返すだけの目に恥ずかしさが見えたが、唇を交わすと少し開いて舌を中に受け入れてくれた。戸惑いながらも嬉しそうにからめてくる舌は、柔らかく滑らかで、今までの男がいなっかった時間を取り戻すかのように、時々亜紀子が私の方に舌を入れたりしながらディープキスは続いた。
 キスをしながら右手はおっぱいを触っていたが、20代後半とは思えない張りがあり、手のひらに収まりきらない大きさの割に、乳首は私好みの普通の大きさだった。
 唇を離して乳首に吸いつくと「あ〜ん」と小さな声が聞こえて、両手が私の頭を捕まえておっぱいから離れないようロックされた。
 乳首を舌で転がしていると「ああ感じる〜」と手が緩んだので、両方のおっぱいをもみながら、ゆっくり体を舐めて味わい下半身へ舌を滑らせていった。
 アンダーヘアまで到達し、おっぱいから手を離し足を取ってM字に広げると、周りに薄いヘアーが生えた大陰唇はふっくらしたアワビのよう見えた。縦の線を広げると黒ずみのない小さな小陰唇の奥に綺麗な膣の入り口と、その上にちょこっと出ているクリトリスが目の前で愛撫を待っていた。
 クリを下から舐め上げると喘ぎ声は大きくなり、喘いでいるのが分かる。膣からも愛液が出始め、それを下ですくってはクリに擦り付けるように舐め続けた。

 膣に舌を入れようとしたが、入り口が狭く奥に入って行かないので、諦めてクリを舐めながら右中指を膣に挿入した。
 「痛〜い!」喘いでいた亜紀子が急に正気に戻ったように声を上げた。
 「ごめんなさい、痛くてだめです。」慌てて指を抜くと、亜紀子が起き上がってきた。
17/10/13 10:21 (dkAIEV3b)
3
投稿者: (無名)
「私の膣って狭いみたいで、無理して入れようとすると痛くてだめなんです。男の人のペースで入れられると痛くてどうしようもないんで、私がやっていいですか?」
 亜紀子はそう言うと仰向けにした私の股間に入りフェラを始めた。その心地よさを楽しんでいると、口を離し唾液を何回もペニスに垂らしては指で撫で、ペニス全体がしっかり濡れるように広げた。
 おもむろに腰を浮かせて腰のあたりに跨ると、膣口に亀頭をあてがい少しずつ動きながら腰を沈め膣に入れようとするのだが、なかなか入って行かず、痛みに耐えられないのか顔をゆがめ、「痛〜」っとつぶやく。何回か繰り返したが、「だめ〜、痛くて入らない。」と跨いでいた足を外して横に座った。
 「ごめんなさい、痛くて入れられません。フェラで許してください。」
 そう言われると、そんなおまんこに入れてみたいのが男の性。
 「優しくやってみるから亜紀子が仰向けで寝てみてよ。」
 寝かせてから足元に回り再びM字に足を広げると、ゆっくりおまんこを舐め続け、膣の辺りに愛液が溢れ十分に濡れてきたので、「力を抜いていてね。痛かったら言ってね。」と右中指を今度はゆっくり膣に挿入した。

 確かに膣は狭くて指すら圧迫されるような細さだった。クリを舐めながらゆっくり本当にゆっくりと指を動かし、指の腹で膣壁の硬さを感じ取っていた。徐々に奥に入れていくとようやくクリの反対側のGスポットの辺りにたどり着いた。
 指を曲げてGスポットを指の腹で小さく円を描くようにように撫でていると、「あ〜、支店長なんか気持ち良くなってきました。痛くないですよ。」と膣を締めてきたので、指をさらに押し込むとようやく根元まで膣の中に納まった。膣が広がるように指を膣壁に押し当てながら回すと、少し痛いのか「うっ」と言って顔をしかめた。そんな繰り返しをしばらく行っていると、ようやく膣の硬さも取れてきてペニスが入りそうなくらいになったので、指を外してから唾液をペニスににいっぱい付けて膣口にあてがいゆっくりと腰を入れた。
 亜紀子は痛いのか眉間にしわを寄せながら挿入を受け入れている。ゆっくりとピストンを繰り返しながら、奥へ奥へと押し込むと時間はかかったがようやくすっぽり飲み込ますことができた。
 「亜紀子のおまんこに締め付けられて気持ちいいよ。ゆっくり動かすからね。もし痛かったら言ってね。」
 両手でおっぱいも揉みながら処女を抱いているかのように、ゆっくりと膣の奥に押し当てるだけの小さな動きを繰り返した。
 「あっ!あっ!感じる。奥の方が気持ちよくなってきました。あ〜ん気持ちいい!」
ペニスに絡まる愛液の量も増えてきて、大きく動いても良さようになってきたので、亀頭を膣口まで戻してはまた奥へを繰り返すと、「あ〜っ!何か変、おまんこの中が気持ちいい。あ〜こんなの初めて。あ〜ん。」おっぱいを揉む手を掴んでむと、困惑したような目で私を見つめている。
 「昔付き合ってた人でこんなに感じたことなかったし、むしろ痛いことが多くて、セックス自体あまり好きじゃないんです。」
 「そうなんだ。今日は私を感じさせてくれるいい人を見つけられてよかったね〜」
 「あ〜支店長気持ちいいです。あ〜ん感じる〜!」
 もう大丈夫だと思いピストンを早めると、喘ぎ声は大きくなり目を瞑り快感を味わっているようだ。
 ペニスに絡む膣圧も気持ちよく、膣に掴まれている感じで沙紀とは違う味わいだ。
 「あ〜だめだめ、気持ちいい。なにか変な感じ。感じる!感じる!あ〜〜〜!」
そう叫ぶように言うと、大きく仰け反りいってしまったようだ。
 
 動かすのをやめてペニスを入れたまま、大きく息遣いをしている亜紀子の顔を見つめていた。
 あ〜あとうとう亜紀子とも関係を結んじゃったなぁ。沙紀にばれたら怒るだろうなぁ。これからどうしていこうかなぁなどと考えていると、亜紀子が目を開けた。
 「こんな感じ方初めてです。気持ちよかった。ふふふ、まだ固いのが入ってる。」
 「多分いったんじゃないのかな。良かったね、いっぱい感じて。もっと感じようか。」
 再びペニスをゆっくり動かすと、「だめだめ、感じすぎ、動かないで〜!」と腰を引こうとするので、逃げられないように両肩を手で押さえてピストンを続けた。
 少しの間嫌がるそぶりをしていたが、そのうち感じ始めたのか喘ぎ声が続いていたので動きを早くした。
「ああああ〜気持ちいい!あ〜んいっちゃいそう、いっちゃういっちゃう…いっちゃうよう〜」と体を震わせながら2回目の頂点を迎えた。

 私はまだいっていなかったが、生で入れたままは危ないかなと思って、亜紀子から離れて横になった。
 しばらくして亜紀子は気を取り直したように起き上がると、私の股間を見つめ、
 「まだいってないでしょ。」と半立ちのペニスをぱくっと咥えた。
 口の中で絡んでくる柔かい舌使いにみるみるペニスは硬くなり、上目づかいで見つめる亜紀子の顔がほころんだ。細い指でペニスの根元の辺りをさすりながら、ちょっと慣れていないが一生懸命のフェラチオに射精感はほどなく高まり、ビクンビクンと亜紀子の口の中に精子を吐き出した。
 「うえ〜ん苦い!」口から精子をこぼしそうになりながら見つめる口元に、慌てティッシュを取って差し出した。
 「にが〜い!苦いの苦手です〜」
 「そうかごめんね」そう言いながらも、いつかは絶対飲ませてやろうと心に決めた。
17/10/13 10:24 (dkAIEV3b)
4
投稿者: (無名)

 「元彼とはどういうセックスをしてきたんだ?」
 「どうって言われても、その人にお任せって感じでしたけど、私からセックスしたいな〜って気持ちにはなったことなかったですね。求められてそれに応えようって言うか、その人のこと好きだから痛いのも我慢しようって気持ちもありましたし、だから基本的にセックスは好きじゃないですよ。」
 「でも今日は気持ちよくなれたでしょ(笑)」
 「初めてあんなに感じちゃいました。生で入れられたのも初めてですよ、支店長!いつか読んだ雑誌でいくって感覚のこと書いてあったんですけど、私には無関係だと思ってました。よかった私って普通だったんだ〜(笑)」
 「よかったね〜これからもいっぱい感じようね!でも少し亜紀子の膣は狭いかも…だからはじめ広がる時に痛みがあるんだと思うよ。そこを乗り越えれば快感を与えられたのに、そこにたどり着く前に元彼はいっちゃったんだろうな〜(笑)確かに膣の締まり方はすごいと思うよ。」
 「そうなんですかね〜!?でもすぐにHが好きになるとは思いませんけどね(笑)」
 「大丈夫、H大好きにしてみせるよ。」
 「ふふ、よろしくお願いします。」
 裸のまま二人で布団に包まり、亜紀子は私の腕枕で寝息を立て始めた。

 翌朝、左腕のしびれで目が覚めると、由紀子も目を覚ました。
 「おはよう。眠れたかい?」
 「一人で眠るのと違って、温かくって、ぐっすり寝ちゃいまいた。」
 「朝食にしようか?パンは無いけどいいかな?」
 「作ってもらえるんですか?嬉しいなぁ!」
 「さて準備しようか。」
 亜紀子が下着をつける前に張りのあるおっぱいを触り、乳首を指でつまむと、「あん、だめ感じちゃうから。」と笑いながら両手でおっぱいを隠した。
 
 昼近くになり帰ると言う亜紀子を駅まで送ることにして、玄関のドアを開け周りに誰もいないのを確認して先に送り出した。
 少し離れたところにある駐車場で待っていた亜紀子を、駅まで一緒に歩いて送って行った。
 「頻繁に会うことはできないけど、会社で顔も見られるしね。」
 「私は会いたくなったらLINEしますから、都合がついたら会ってくださいね。」
 そう言って亜紀子は改札に入って行った。
 その後ろ姿を追いながら、沙紀に申し訳ないという気持ちが湧いてきた。

17/10/13 10:25 (dkAIEV3b)
5
投稿者: (無名)
7月4日に沙紀という題で投稿し、その後すこしずつ続きをレスしてきましたが、話が横にそれたので別に番外編として載せてみました。
17/10/13 10:45 (dkAIEV3b)
6
投稿者: (無名)
続きがあればお願い致します!!
17/10/15 08:34 (ZC1om31H)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.