ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
狂った果実
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:狂った果実
投稿者: 息子 ◆m02Q9TybwI
うちのマンションのお隣が子供がいないためおれを息子のように扱ってくれている この前お世話になりました 豪華な晩御飯奥さんがやたらとぼくにタッチしてくる年齢は36だけど色っぽいから思わず〔母さん)といって抱きついた 〔ここにいるときはお母さんだと思って甘えてね)ぼくは奥さんの胸元に顔を埋めていた そのとき〔ごめんね 旦那がいなくて)1ヶ月仕事で四国にぼくがくるのを楽しみにしていたらしい 奥さんのラインのわかる服装巨乳であること前屈みしたときおっぱいが見えた ぼくは迷わず〔母さんマッサージしてあげるよ)後ろに周りソファ〜にうつ伏せに肩から背中腰絵と写ると〔ア〜きもちいい)おしりに太ももをスカートのなかに手を入れて揉んでやると悩ましくなってきた 仰向けにして太もものつけねをパンティーカとのなかに手を入れて揉んでいると〔ア〜ウンウン)〔母さん)と抱きついてしまった〔疲れた)ぼくを強く抱き締めてくれていた ぼくの固いものが奥さんのあそこに当たっていた〔母さんおちんちんがいたいの)というとズボン越しに握り出した〔どこがいたいの 固くなってるよ)〔母さん)ズボンのなかで爆発してしまい 泣きそうな顔をしたら風呂場につれていきシャワーできれいにしてくれていた 奥さんも知らないうちに裸にそのまま浴槽に恐る恐るおっぱいを揉んでいた〔ごめんね 母さんなにも知らなくて)こんなきれいな人がお母さんならまた抱きついてしまった 首筋にキスの嵐〔母さん大好きだよ)〔母さんも世)風呂場から上がると裸でいると着替えのふくがなくて奥さんのキャミソールてパンティーをはかせられた 似合ってるよ) ねるときは全裸に奥さんにも〔裸になるときもちいいよ)〔じゃ)と全裸になり〔今日はありがとう)とキスをしてくれた 朝だちがひどく〔母さんお腹がへんだよ)母さんの手をとりちんちんに〔健全な男だよ)と奥さんにも抱きつくとぼくのおちんちんが入ってしまい腰をふると〔ア〜イイあまり激しくしたら母さんおかしくなる)〔母さん出る出る)〔なかに出しなさい)と一回出したのに抜かずに二回戦〔すごい さすが若さ)四回もだしてしまい奥さんはお疲れモードでぼくは飽きたら図奥さんの体を堪能していた それから旦那に内緒で抱いている ぼくをほんとの息子として
2017/06/20 07:05:49(a.yd9MUR)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.