ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
みんなのおもちゃ
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:みんなのおもちゃ
投稿者: スナイパー ◆2OFUUwtWTQ
真知子は自治会長に選ばれて)わたしには無理です)〔ま〜ま〜順番だから)真知子〔27)この村にきてまだ三年です そしていきなり〔わしの田んぼの横にある排水を見てくれ)と言われて見に行くと土がつまっていた 真知子は熊手で書き出すといくぶんか流れがよく鳴り出しそのとき雨がふりだし〔真知子さん早くしないと)雨がほんぶりになり雷がなりだし〔きゃ〜)真知子は雷が苦手でした 真知子の背中は汗と雨で体にシャツが張り付いていた ピンクのブラジャーが透けて見えた それをみたおじいちゃんは興奮してしまていた 真知子さんはずぶ濡れで〔真知子さんあそこの小屋に避難だ)と自分の小屋につれていった おじいちゃんは真知子さんの体をふいてやり〔あの自分でやりますから)とそのとき〔服を脱がしだした)〔なにをするんですか)〔脱いでふかないとかぜをひくよ)むりなり脱がしピンクのブラジャーが見えてそれを鷲掴みした〔なにをするんですか)〔真知子さんすこしだけ頼むよ)おじいちゃんは真知子さんのおっぱいに顔をうめた〔真知子さんきれいなおっぱいだ若い肌は違う)いつの間にかおじいちゃんは自分のものを真知子さんに握らせた〔ア〜でかい)自分の旦那のものと違う ショートパンツまで脱がしパンティーの横から自分のものを〔やめてください 痛い)真知子のあそこはまだ濡れていないためいたがっていた しかしおじいちゃんのあれにも馴染んできて真知子も久しぶりでこんなでかいものでつかれていたら〔ア〜ウンウン)と悩ましい声になっていた 真知子を後ろ向きにしてバックから片手は腰にもう片手は真知子のおっぱいを鷲掴みして激しく腰をふりだした〔そんなに激しくしたら)真知子はおじいちゃんの動きにあわせて自らも腰をふりだした〔イクイクこんなのはじめて)ロングヘァーを振り乱し声にならない声でいかされた〔じゃ わしもいかせてもらうぞ)真知子はけいれんしていた しかも中に出されて股間からさっき出されたザーメンが流れ落ちてきた おじいちゃんは真知子にキスをした 〔この人キスもうまい)真知子はおじいちゃんの舌を絡ませていた キスだけでまたいきそうになっていた 真知子とおじいちゃんははだかで真知子はおじいちゃんのものを握りしめていた〔真知子さんも好き者だ)とテーブルに真知子を仰向けに寝かせると真知子自らおじいちゃんのおちんちんを自分のあそこに入れだした 真知子はおじいちゃんのとりこになっていた
2017/05/18 03:42:48(vOKWIlXq)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.