閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
気づいたら逆レイプされてた
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:強姦輪姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:気づいたら逆レイプされてた
投稿者: 空白
俺の十分すぎるほどに勃起した陰茎を彼女は夢中で舐め続けた。
あれ、なんでこんな場所にいるんだ……まったく思い出せない。
でも正直そんなことはどうでもいい。小さなピンク色の舌がいやらしく陰茎と絡み合っている、この状況で興奮
しない奴がいたらそれはもう男じゃない。

「イキそうだったら言ってくださいね」

「え、あ、あの……」

そう一言告げるとまた舐め始めた。久しぶりのフェラ、鈍く光る先端からは我慢汁が溢れ出ている。裏筋を丁寧に
なぞられて思わず声が出てしまう。

「んっ あっ イクっ」

すると彼女はピタッと動きを止め自分の秘部に陰茎をあてがうとそのまま腰をしずめた。
性器が深く結合すると、ゆっくりと腰を前後に動かし始めた。

「あっ」

彼女の吐息でさらに熱く膨張する陰茎。白濁のソレはもうすぐそこまで来ている。
どんどん激しくなる動き、全神経が下半身に向いた瞬間、俺はすべての欲望を彼女
に向けてぶちまけていた。




2019/01/02 01:33:23(umuqCd2K)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.