閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
悪ふざけし過ぎました
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:強姦輪姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:悪ふざけし過ぎました
投稿者: バーガー
最初で最後の経験でした 私の家庭は、母子家庭です 娘は23才が1人
寒い季節になると、思い出します

娘が彼氏を連れて来た 一緒に夕食をと誘った娘、私は鍋料理をする事にした
そして、彼氏も飲めるからと3人で食べながら飲みました
嬉しかったのか、娘も彼氏も結構なペースで飲んでました

私も結構飲んでいたので、酔っぱらい3人状態でした

ダウンしたのは娘でした大の字になり爆睡に
彼氏は千鳥足でトイレに行きました
しかし、「ドタン!」何やら音がしたので、見に行くと彼氏がトイレ前で転んでました
酔ってるから、おかしくて笑ってました
抱え起こしトイレに連れて行きます

それでも、自分で出さないから親心から仕方ないとズボンとブリーフを下げた
結構立派なアソコでした
離婚してから初めて見るアソコ

一瞬、ドキドキしたけどトイレ優先だと便座に座らせた
結構大きいから、支えてないと飛び散るから押さえて彼氏に言いました

ようやく出てきました、何かドクドク出てる感じが指先に
終わったのか、出なくなるので確認したけど、あやふやな返事

念のために、チョンチョンと振り立ち上がらせた
ブリーフを上げようとしたら、アソコが目の前に
やっぱり大きい…久しぶりだからか、凄いなと思って彼氏を見上げたら意識もうろうな感じ
思わず、私はペロペロしちゃいました
何回か舌先で舐めてましたけど、途中からは口に含んでました

ちょっと夢中になってたら、ムクムクと固くなりました
興奮していた私、固くなるとチュパチュパ…
普通に舐めてました

寒いトイレですが、忘れて夢中でした
すると、「お母さん!」
心臓が止まる勢いでした 彼氏が呼んだんです
あまりに夢中になり過ぎて彼氏は少しずつ寒さで覚めてきたんです

思わず、離すと「続けて…お母さん!」
見上げたら彼氏は見つめて言いました
酔ってるから…とか、間違えちゃった…とか、誤魔化しましたが…

「お願い、お母さん!気持ちいいから…」

彼氏は、私の頭を掴むと引き寄せた
アソコが唇に触れて…再び舐めました

半分ちゃんと意識は、ありますが半分は酔ってます
彼氏も頭を持ち動かすから時々、喉の奥まで

すると、彼氏から吐息が聞こえた
そして「お母さん?出る、出る、出るょ…」

口の中に、沢山出てきました
あまりに多いので、トイレットペーパーを取り出しました

彼氏は、さっきとは違う表情でした
娘の事を聞くので寝てると返事するとトイレから出た
私を引っ張り、再び部屋に入ります
娘は爆睡中です

何か、恥ずかしくなった私は彼氏に謝りました
親子程、年齢が違うのに…

普通にいるのが、恥ずかしいから飲んでました
彼氏からは上手いとか気持ち良かったとか、逆の言葉を言われた

彼氏にも、無くなるとグラスに注がれて飲んでました
恥ずかしいから忘れたい…そんな思いです

案の定、再び酔ってきました
彼氏の方も見るのが、恥ずかしいから

急に静かな彼氏…ふと見たら後ろで爆睡の娘を脱がしてました

「えっ?何してんの?」 思わず言うと、彼氏は「我慢出来なくて…」
娘のショーツを脱がして下半身裸にしていた

何が何やらで、パニクってました
爆睡の娘を彼氏は、足を開き舐め始めた

どうしていいやら…パニクりながら出た言葉が「ダメだよ、起きちゃうよ?」
一瞬、止まる彼氏
舐めるのを止めました
しかし、娘の下半身は丸見えのまま

すると彼氏は、私に近寄り「起こしちゃ、不味いですよね?すいません…」
そしたら「お母さんの体型と違いますよね?」
何の事やらと思っていたら…「昌美(娘)より、お母さんの方が胸もお尻も大きいですよね?」

肩の辺りを触りながら話すから、ドキドキしてました
確かに娘は、別れた旦那に似た体型 スリムです

すると、「あっ?昌美が父親似だからかな?って言ってましたよ?」
そしたら「でも、やっぱり女性は」
肩から背中辺りを触り始め、お尻の近くまで触り始めた

そして「お母さんのフェラ、凄く気持ち良かった!昌美は下手で下手で…」
私にお酒を勧めながら、背中からお尻を触り耳元で「お母さんの方が凄く素敵ですよ」
ゾクゾクして、ピクピクしました
するとまた「お母さんって、凄く敏感なんですね?可愛いですょ?」
と、耳を舐めてきた

実は、私…耳が凄い弱く敏感なんです
そんな耳に彼氏は、舐めながら舌先を耳に入れて…思わず感じて声を出してしまった

すると舐めながら、彼氏の手が服の上から胸を揉み始めた
彼氏は「ほら?こんな大きい胸…もったいないな…」と、耳元で囁きながら舐めてました

そしたら手がセーターの中からシャツの中からブラジャーに
カップの中に手を入れて直接触り揉み始めた
「柔らかい乳房ですね?お母さん…凄い気持ちいいですよ」
「ほら?乳首も固くなりましたょ?」

気がつくと、セーターは捲り上がりブラジャーから乳房は出てました
「黒い乳輪も素敵ですよ?乳首も大きいから凄いタイプです…」
そう言って、彼氏は乳首に吸い付いた
舌先で転がしながら吸ったり舐めたり
反対側もカップから出すと揉み始めた

あまりにも気持ち良くなってしまった私
力が入らずに、そのまま後ろに倒れた
その際、見えたのは娘の下半身でした
(親子で何してるんだろう…)
一瞬、頭に過りましたが快楽が優先してました
左右の乳房や乳首を愛撫され気持ち良くなってました

すると、今度は手がスカートの中に入るとショーツの上から触り始めた
彼氏は「お母さん?ここ…凄い熱いし湿ってますょ…」
と、ショーツの脇から指が入ります
そして「お母さん?もう、こんなに濡れてる…」
指がアソコを愛撫します
ダメな事、絶対にこれだけは、娘に、複雑な心境が一瞬だけ浮かんだ
しかし、指が出入りしたら真っ白に
スカートも捲られ、いつの間にかショーツを脱がされた

まるで隣の娘と同じ格好でした
彼氏は足を開くと、顔を埋めて舐めだした
ピンポイントに敏感な所を舐められて感じてました
気持ち良くなり、いつしか目を閉じて感じてました

すると、娘の声…一瞬我に帰り隣を見ると

彼氏が私のアソコを舐めながら、娘のアソコを指で出し入れしていた

えっ?
また心臓が止まる思いでした
爆睡してるとは言え、娘は指の出し入れで喘ぎ声を出してます
でも、彼氏は舐める事を止めない

そしたら、指を出し入れしだした
両手が私と娘のアソコに指を出し入れして
絶対ダメ!と、思っていてもアソコからは大量に溢れて…出し入れの音が恥ずかしい位に

私は娘とは反対側に向いてました
無駄な抵抗ですが、見られたくないし彼氏が勝手に
そう思わしたいから

しかし、娘は元々背中を向け寝ていたまま指を出し入れされてます

喘ぎ声も大きい娘

私が先に、イッチャイました

良かった…誤魔化せる
彼氏が指を抜くとスカートで隠した

彼氏は娘に早く動かして出し入れしていた
結構濡れて音が変わり途中溢れて彼氏は抜いた

起きたか気になっていたら、彼氏は「時々あるんです、爆睡した後にエッチしたら再び爆睡しちゃうんですょ」

それでも気になってました
すると、娘のお尻を叩き「ほらね?起きないでしょ?」

私に近寄ると、手をスカートの中に入れて「やっぱり感度抜群ですよ?」 そう言いながら指先が、またアソコを

覚めてきてたので、ダメだと言いましたが…「じゃ、台所に行きますか?」そう言いながら、私を起こして「早く、早く」 台所に連れて行き「お母さん、ここに手を…」
流し台に手を着かせると、お尻を突き上げる様に動かしてスカートを捲った
「お母さん、やっぱり昌美よりお母さんの方が気持ちいいですよ」
と、中に入れてきました
一瞬の間に彼氏は脱ぎ出して挿入です

何年?何十年?してません
何か凄い固い太い物が奥深く入りました
思わず声が出るので台所横のタオルを口に当てた
押さえ切れない位に声が出そうで

後ろから突く彼氏
何だか初めての快感みたいでした
台所からは、娘も見えるからチラチラ確認
でも、突かれて感じて

凄い濡らしたらしく、太ももから垂れていきます
タオルも、いつしか噛み締めてました

経験した事がない位の快楽
正直、凄く気持ち良かったんです

すると彼氏から「お母さん!いく!いく!中に出してもいい?」
何にも言えない私でしたが、「出る!出る!あっ?あっ?あ…」

動きが止まります

「お母さん?何にも言わないから出しちゃったょ?」

チラチラ娘を見てましたが、最後は見てませんでした

彼氏は「お母さん?やっぱり凄いよ?気持ちいいよ!」
抜いて私にキスをした

彼氏も下半身裸でした
でも、先程出したのに見たら再び反り返ってました

私は、言葉に出せない位の余韻がありました
娘の事が気になるが、快楽には勝てない

すると、彼氏の出したのが出てきそうな感じになり慌ててトイレに
出てきました…彼氏の精子が
サラサラしてるから、溢れてないか心配に

トイレから出たら…彼氏は娘の足を開き挿入してました
私を見てニッコリして「起きないでしょ?」

確かに、爆睡の娘は起きてません
さっきは喘ぎ声も出していたのに今度は静か

私がショーツを履くと、彼氏が寄ってきた
反り返ったアソコを見せながら「お母さん、最後に舐めて?」
戸惑ってると唇に押し付けた
娘に入ったから濡れて光ってるアソコ

味は無いけど…舐めてました

頭を持ち彼氏自ら腰を振ります
そして「お母さん、今度は飲んで…」

すると「いく!いく!飲んで…」

サラサラしたのが大量に口の中に
量があったので飲んでました
全く味もないサラサラした液体

しばらくして、彼氏のスマホからアラームが
目覚ましが、そのままだったらしい
朝の5時45分

何時間していたのか…

すると「お母さん?帰ります。昌美には適当に帰ったと言っといて下さい」
「本当、凄く良かったです!いつか2人だけで、もう一度したいです」


出て行きました

我に帰った私、まずは娘にショーツを履かせないと

しかし、座布団を見たら…びしょびしょに
台所の床も、びしょびしょで掃除した

起きなかったのか、起きてたのか…

2018/11/29 10:42:37(YkoLrz/j)
2
投稿者: バーガー
翌朝…娘と顔を合わせましたが、何だか恥ずかしい気持ちでした

飲み過ぎた…と、話す娘に(何にも覚えてないの?)

私は、中々寝付けませんでした
凄い衝撃的過ぎて、経験した事の無い感覚
恥ずかしい位に濡らして感じていた自分に

一瞬だけは、娘の彼氏じゃなく私の彼氏でした

過去、あんなに求められた事もありません

それに、飲み込んだ記憶も過去になかったような
ずっと、母親として頑張ってきて離婚してからも娘を結婚させるまでは…と思って女を捨てたのに昨夜は、親から女になってました

トイレ、台所…初めてでした

娘が友達と出掛けた後に1人鏡の前に立ち胸元を見たら…キスマーク?
それに乳房には激しく掴んだ跡のような

ショーツも凄く汚れてました


消せるなら消したい…でも、女の喜びを感じてしまった私


18/11/29 11:27 (YkoLrz/j)
3
投稿者: バーガー
夕方、娘からラインで彼氏が先に行くから…
残業で少し遅くなる娘ですが、嫌な予感がした

2人だけで…って言っていた彼氏
娘が帰宅するまで2人きりになってしまう
残業でも何時頃なのか聞いて無い

ただ、夕食は一緒に食べるからとラインには書いてあった

とりあえず買い物に行くが、落ち着かない
娘が何時に帰るのか…仮に私が嫌がり彼氏を怒らせたら娘は必ず怒る
理由を話して信用するのか、わからない

仮に、私が受け入れてしまい真っ最中に娘が帰宅したら?

どちらも、いい結果ではありません

ひとまず帰宅して、準備だけ済ませた

それに明日は娘は休みだが、彼氏は知らない
何にもなく帰ってくれたら…

テレビは6時のニュースが始まった

複雑でため息も出てました

インターホンが鳴った

画面には彼氏1人です
玄関に回り鍵を開けた
「こんばんは!」
いつもと同じ挨拶を交わした
私が「あの娘、残業だけど知ってるよね?」
すると彼氏は「はい、聞いてます!少し遅れるから食べないで待ってと…」

やはり知ってました
それに少し遅れる…何分だろう

彼氏が先にリビングに向かった
私は戸締まりしてリビングに入ると、上着を脱ぎネクタイも外した彼氏が向かって来た

(まさか?)
「お母さん!2人だけですよ」
両手を肩においた
見つめながら「この前の事が頭から離れなくて…悪いけど昌美よりもいいから…」

そう話してキスを迫りました
複雑だった私、恥ずかしいのもあり顔を背けると彼氏は首筋にキスして舌先で舐め…ダメな耳を舐めだした

忘れてました…キスが嫌で避けたつもりが弱い耳を見せてしまった

抱き付いて耳を舐める彼氏です
嫌だと頭の中ですが、体が感じ反応してました
こんなのに慣れてない私、彼氏が舐めながら身体中を触ります
男性は力があるから逃げるにも敵いません

肩から背中から…触り出して手がセーターの中に入るとブラジャーのホックを外した
一瞬の出来事で、(あっ?)と思った時には既に乳房を揉まれてました

左手がスカートを上げていき、ショーツの中に入りました
お尻も揉まれて乳房も揉まれ乳首を刺激…

これまで思っていた事全てが真っ白になりました
普通に感じて喘ぐ私でした
左手がお尻の割れ目から更に中に中に
彼氏から「お母さん、もう濡れてますよ…」

囁かれて舐められて…私は彼氏に抱き付いてました
いつしか耳から唇でのキスになり舌も入ります
右手で乳房を左手でアソコを

私は思った…娘が帰るまでに終われば何にも言われない
でも、いつ帰るか知らない

バカでした…彼氏に何時頃になるか聞いてとお願いしてました
ラインですが、連絡があり後30分位と

彼氏は画面を私に見せて「お母さん、30分ありますよ」

そう言いながらセーターを脱がしてブラジャーも外しスカートもショーツも脱がせた
彼氏も自ら慌てて裸になった
相変わらずに、反り返ってる固いアソコ
酔ってないから凄く見えた

そして私をカーペットに寝かせると「お母さん、舐めて下さい」逆方向に体を向けた
お互いの前にはアソコがある態勢
私は舐めますが、逆に舐められてます

恥ずかしいけど、こんなの初めてです

彼氏の舐める早さが凄くて、舐めてる所じゃありません
指も出し入れするから…
娘がいないからか、普通に叫んでました
私は彼氏のを握りしめたまま
彼氏が早く動かすから、また大量に濡らしてました
びしょびしょになった手を見せて「お母さん、こんなにびしょびしょだよ?」

そう話すと私の足を開きアソコを入れました
やっぱり凄く気持ちいいんです
固いし大きいし、奥深くまで

彼氏は腰を動かしながら乳房や乳首を舐めてました
真っ白でした
あまりにも気持ち良すぎて完全に我を忘れてました
早くて激しく突く彼氏に私は「気持ちいい…」「もっと…」と、言ってました

そして「お母さん?中でいい?」
そう聞かれて私は「きて、きて、」
言ってしまったんです

また、あの凄い余韻です
身体中全部が敏感になったみたいに

何を思ったか、終わった彼氏を抱き締めてました
彼氏もキスをしてきたから、私も舌を絡めてました


すると、ラインの音がした

(えっ?)
何だろうと、彼氏が見たら後5分で着くよと
彼氏が画面を見せて、慌てて証拠隠滅
さっさと着て、濡れた所も拭いて

すると5分も立たないうちにインターホンが

画面には娘が写ってました

そして夕食になりましたが、しばらくして彼氏の精子が出てきました
慌ててトイレに入りシートを着けた


18/11/29 14:08 (YkoLrz/j)
4
投稿者: バーガー
今日は来ません
娘も友達と食べて帰るから1人で、ゆっくりしてました

食べた後に、ゆっくり湯船に浸かってました

1人だからと、逆上せる位までいました
おかげで風呂上がりは、全身が暑い
まぁ、1人だからと裸にタオルを持ちリビングに行きました

部屋も暖かいから余計です

改めて自分の体を見てました
普段は見せない姿見を出してきて全身を鏡で

40過ぎた体を見ていると恥ずかしい

いつしか、あの時の言葉を思い出した
「柔らかくて大きな乳房」「乳輪も黒いし乳首も大きい」
「凄い綺麗なお尻」
そして「凄いエッチな割れ目」


全て彼氏に言われた言葉です

それも、自ら触りながらでした
指先で真似をしているみたいな触りかたに

恥ずかしい…鏡を見ながら1人でなんて



18/11/29 15:48 (YkoLrz/j)
5
投稿者: 読者
素晴らしい♪流れが、瞼に浮かぶ♪やることは、最低な彼氏だけど、ばれたらヤバいね。お母さんは、女になれたのは、ラッキーだけど、娘さんの手前、深入りは、どこで、止めるか?親子丼は、マズイ。
18/11/29 21:10 (guaoHWjo)
6
投稿者: バーガー
猛暑だった頃…娘からのラインで彼氏とビアガーデンに
この暑さ、私も家で飲んでました

9時を過ぎた辺りでした…スマホが鳴りました 娘です 何だろうと出て見たら「彼氏が飲み過ぎてフラフラ…どうしよう?」

珍しいと思った
娘からは飲むけど、酔うなんて聞いた事が無かった
娘1人ではと、私は仕方ないからタクシーに乗って帰りなさいと

しばらくすると、インターホンが鳴った
案の定、フラフラな彼氏を娘が肩を貸していた

娘と2人でリビングに連れて行き、カーペットの所で寝かせる事に
ひとまず、着ている服がシワにならない様に脱がせた
しかし、男性用の着替えも無い
娘からは「大丈夫だよ?タオルケット掛けとけば」
スーツとワイシャツはハンガーに
彼氏はインナーのシャツと、トランクス姿
そこにタオルケットを

すると娘が、「多分、起きないよ?お風呂入るね?」

浴室に行きました

内心ドキドキしてました 近寄ると、寝息とイビキ (やっぱり寝てる)
いわゆる大の字でした
タオルケットの隙間からチラッとトランクスが見えた
おまけに、トランクスの脇から袋が…

(えっ?あれって?)
寝てるからと、タオルケットを捲り近くで見てました
結構ブカブカっぽいトランクスで短パンみたい
脇から結構見えました
少しトランクスを捲ると、あの大きなアソコが見えた
まだ、固くなる前の姿
更に捲ると、全体が見えた

無意識に私は寝てるからと、手を伸ばした
柔らかいけど、やっぱり大きいし太い

しかし、冬と違い夏場のお風呂は早く出てくる

何を思ったか、握って私は舌先で舐めてました
反応は無かった
しかし止めた後に少しだけ満足した

何にも無かった様にしていたら娘が出てきました
この後、起こしてみたけどダメでした
明日も仕事 娘はリビングで寝ると言い私は部屋で寝ました


18/11/30 08:45 (68tlxWLu)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.