閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
騙されてレイプバーに連れていかれました…
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:強姦輪姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:騙されてレイプバーに連れていかれました…
投稿者: 由実
ほんのお小遣い稼ぎのつもりでした。
まさか、あんなことになるなんて……


高橋由実、36歳の専業主婦です。
夫の転勤で東京に3年前に越してきてからは仕事はしておらず、退屈な毎日を過ごしていました。

暇潰しに始めたホットヨガ教室で、玲奈さんという綺麗なお友だちができました。
同世代ですが、見た目はイケイケで(死語!?)、私とはまったくタイプの違う女性です。
なぜか玲奈さんに気に入られた私は、頻繁に飲みに連れていかれました。

高級なバーで高いお酒を飲みますが、玲奈さんは至るところにボーイフレンドがいるようで、いつも彼らの奢りで飲ませてもらっていました。

ある日玲奈さんから「バイトしてみない?」と誘われます。
玲奈さんの知り合いが高級クラブを出したようですが、スタッフが足りないみたいと言うのです。
見つかるまで手伝って欲しい、とのこと。

暇を持て余し、旦那も出張ばかりだったので、私は快諾しました。
美味しいお酒とご飯をお客と飲み食いするだけでお金がもらえるなんて、正直ラッキーって感じです。


そして当日、そこはいかにも高級そうなお店。

服も用意するからと聞いていたので、どんなドレスが着れるのかワクワクしていました。
しかし用意されていたのは、普通のニットとスカートという地味な格好。

着替えた私を見て「いいね!普通の主婦感が出てる!」「やっぱりおっぱい大きいわね。ニットがピッチリしててエロいわ!」と、玲奈さんとオーナーはニコニコしています。

こんな高級クラブで場違いな格好のように感じましたが、言われるがままに個室に通されます。

玲奈さんは「しっかり希望に応えたら、チップがたくさんもらえるわよ♪」とにっこり笑って、私を部屋に押し込みました。

「えっ!?いきなり接客??ちょっと玲奈さん!」

ドアをガチャガチャしても開きません。

「うそ、何で開かないの…ねぇ、玲奈さん!?ちょっと…」

私がドアを叩いていると、背後に気配が…

「っ…!!」

振り返ろうとした瞬間に私は羽交い締めにされ、ものすごい力でソファに倒されます。

メガネを掛けた40代くらいのサラリーマン風な男性が、私の上に馬乗りになっています。
ニヤニヤとネクタイを緩めながら私を舐めるように見て言いました。

「…いいね。リクエスト通りだ。『お隣の巨乳人妻をレイプして肉便器にする』…良い声で哭いてくれよ」

そう言って、男の手はニットの中に…

「…や、やだ…やめ…れ、玲奈さん!!助けて!!誰かいないの!!ちょっと…」

パニックになっている私をよそに、ドアの向こうから可笑しそうに玲奈さんが笑っています。

「由実さんサイコー!ナイスリアクションだわぁ。
ちょっと強引になってごめんね。実はここ、会員制のレイプバーなの。レイプしたい男、レイプされたい女が集まる場所♪」

「れ、レイプ…うそでしょ、なんで」

「だって由実さん、ずっと旦那さんと淡白なセックスしかしてないって言ってたじゃない?
本当は強引なのが好きなのに物足りないって。ヨガ教室であなたを見たときから、欲求不満な匂いがプンプンしたのよ(笑)
だからこのバイト、由実さんきっと気に入ると思うわぁ。90分コースだから、時間来たら開けるわね」

「や…ま、待って玲奈さん!待っ…いやぁ!さ、触らないでぇ!」

男の手が私の胸をまさぐっています。

ブラをずらされ、ぶにゅぶにゅと揉みしだかれ、乳首も強くつねられます。

「いやぁ!!やめて!お願いっ!わ、私…こんなのって知らなくて…ゆ、許してお願い!!」

「良い反応するねぇ…噂通り最高のサービスしてくれる店みたいだな。もっともっと抵抗してくれよ」

ガバッとニットを剥がされ、半分丸出しになった胸が露になります。

「ひぃっ!や、やめ…」

「大人しくしてないと怪我しちゃうよ?」

バンザイするような格好でニットを脱がされている私を、男はニヤッと嘲って見ています。

ゾクッと冷たいものが走り、私はバンザイの格好のままニットの袖と袖で腕を縛られてしまいました。

「ぐすっ…お、お願いします…許して…やめて…」

泣きながら小声で懇願する私ですが、男はそれを見てとても嬉しそうな顔を見せます。

「いいねいいねいいねぇ!!最高だよ、その顔ぉぉ!!」

ブラが外され、私の胸は見知らぬ男にいたぶられます。

「はぁっはぁっ…このデカパイ、ずぅっと犯したいと思ってたんだよ」

ブチュブチュと乳首がしゃぶられ、段々と固くなっていきます。

「んぐっ、や…め…」

「ははっ!ビンビンじゃねーか。旦那にしてもらってねぇのか?ほらほら!」

ギュムッぐにゅ、くにゅくにゅくにゅ…

「いひぃっ!や、め…あぁっ!」

「こんなにうまい身体を弄ってもらえなんて、あんたも可哀想にな。安心しな、今日はいやってほど弄ってやるからなぁ」

「や…だ、誰かぁ!誰か助けてぇ!!!」

つづく
2018/10/07 22:03:13(YLebyt0G)
2
投稿者: 由実
「うっ…ぐすっ…んぅ…っふ…」

クチュクチュクチュクチュ…ぶちゅうっっ

「ひぐっ!!…も、やめ…ひんっ!」

ひとしきり胸を弄られた後、私は下半身も丸出しにされてしまいました。

男は私のおまんこにむしゃぶりつき、舌を中にグリグリと入れてきたり、クリトリスを噛んできます。

「おいおい、旦那以外の男にこんなにまんこ濡らしてんなよな(笑)
さっきから汁が止まんねぇじゃねーか」

男がいう通り、私のおまんこは有り得ないくらい濡れていました。

それがものすごくショックで、呆然としてしまったんですが、どこから持ち出したのかローターをクリに当てられて我に返りました。

ヴヴヴヴヴヴ………

「やっ!あ、ダメです!!それ、やだぁ!!」

「分かりやすい女だな。クリがそんなに良いか?オラッ」

クリに強くローターを押し付けられ、さらには指でおまんこをぐちゅぐちゅに掻き回されます。

「やだぁ!やだっ!あっあっっ!あっ………!!!」

ビクンビクンと身体をのけ反らせ、私は初対面の男性の前でイッてしまったのです。

「あーあ、派手にイッたな。旦那も可哀想に。嫁がレイプされてんのに、まじイキしてるなんてなぁ(笑)」

「い、いやぁ…言わないで、主人には…」

私の頭は混乱して、本当にこの男が隣人で、旦那にバラすんじゃないかという錯覚に陥っていました。

「それはあんたの心掛け次第だねぇ」

男はニヤリと笑ってそう言うと、ビンビンに勃起したおちんちんを私の顔に近づけました。

旦那のではない、違う匂いのおちんちんです。


つづく
18/10/07 22:25 (YLebyt0G)
3
投稿者: 由実
「ふごっ…むぐ…むじゅっ…ジュボッジュボッ」

私はその男のおちんちんをしゃぶらされていました。

旦那より太いおちんちんは、口の中にうまく収まりません。

「あ〜…だるいしゃぶり方してんじゃねぇよ!」

私のぎこちないフェラに苛立ったようで、男は私の頭をガッチリと掴み、ガンガンに口に出し入れしてきました。

「おごっ!んっぼ…ふぼっ…ボチュボチュボチュ!ぅぶう!!」

「おっ…おぉ…出るぞ、イクぞ、おっ…あぁ!」

口の中に、ドロドロッと熱い精液が出されます。

「げぇっ!ごほっゲホゲホっ…おごっ…」

顔を真っ赤にしてむせる私を、男は楽しそうに見ています。

「おら、股開けよ」

「い、嫌です…」

「…あんまり乱暴はしたくないんだけどねぇ」

「………」

怖い、恥ずかしい、情けない…

いろんな感情で頭がぐるぐるしながら、私は男に向かって足を広げました。

「…!おいおい、無理矢理しゃぶらされてまた濡れてんじゃねぇか(笑)」

嘘みたいでしたが、私のおまんこはグチョグチョになっていました。

男はそれを笑いながら、足の指で弄ってきます。

指の間にクリが挟まれ、何度も何度もぐちゅぐちゅと擦られました。

「ひっ、やっ…め…いや」

「このまま足でイクか?お前のエロまんこなら、足でもはいんじゃねぇか?」

男の言葉に私はビクッとなります。

「は、入りません!やめてください、お願いします…」

「足は嫌か…じゃあ何を入れて欲しい?」

「…入れるのは…いやで…」

「何を『入れて欲しいか』って聞いてんだよ!!」

男の大きな声に、私は身体を縮めます。

「この部屋いろんなもんがあるなぁ。このバイブなんておれのちんこの倍はあるぜ(笑)本当にまんこに入るか試してみるか?なぁ?」

「…んが良いです」

「聞こえないねぇ」

「おちんちんが…良いです」

「何て?」

「おっ、おちんちんを、入れて欲しいです!!」

私はそんなことを大きな声で言わされました。

そして四つん這いにされ、ピトッとおまんこにあてがわれたかと思うと、ズブゥゥ!!!と一気に挿入されました。

「ひぎぃぃ!!!」

「良い具合じゃねぇか、どうせゆるマンかと思ったけど…なかなか…」

ボジュッボジュッ、ズパンッズパンッ!!

「はっ!あひっ、おくぅ…来るぅ…」

「でかい尻だなっ!そそるぜっ」

バチンバチンと私はお尻を叩かれながら、激しく犯されました。

バチュンバチュンバチュンバチュン…

「ひぃぃ…も、ゆるし…うぁっ…はぐぅ!!」

「時間が来るまで犯し続けてやるからなぁ!おらぁ!!」

そう言って、男は獣のように腰を降り続けています。

「あぎぃっ、や…つまんじゃだめぇ」

「うるせぇな!早く腰動かせよ!」

体位を変えられ、私は男に跨がり自分で腰を動かしておちんちんを出し入れするように言われました。

ただでさえ慣れない体位なのに、男は私のクリトリスを玩具で刺激してきます。

その度に情けなくビクビクと反応しているので、痺れを切らして下から突き上げるように私を犯してきました。

その後も時間がくるまで私に乱暴な言葉を浴びせながら、何回も何回もおまんこを突いてきました。

淡白ながらも愛を感じる旦那のセックスとはまるで違います。

私をただの肉穴としか見ていない、己の欲求を満たすだけのセックスです。

それなのに、私の身体はおかしいくらいに感じていました。

ブボッ…ブチュ…むちゅっ…

ヴィィーーーーーン

終了5分前、私はバイブを突っ込まれたまま、男のおちんちんをしゃぶっていました。

「んぶっうごっ…」

「おっ…もっとしっかり吸え!おぉ、そうだいいぞ…ぐっ」

男のおちんちんからは、もうほとんど何も出ませんでした。

満足しきったのか、男はチラッと時計を見ます。

「あと3分だ。イケるかな?」

そういうと、一気にバイブがMAXにされます。

ヴィンヴィンヴィンヴィン!!!!!

ものすごい音をたてて、私のおまんこの中でバイブが蠢きます。

「ひぃぃ!!!あっあ!!と、とめ…や、っあ!あがぁ!!!!!」

私は身体をビクビクと痙攣させながら、下品な喘ぎ声をあげてしまいました。

ピピピピッ ピピピピッ ピピピピッ

無機質なアラーム音が鳴り、悪夢のような90分が終わりを告げました。

さっきまで冷淡な笑みを見せていた男は、ニコッと微笑み私からバイブを抜いてくれました。

そして優しく頭を撫でたり、ティッシュでおまんこを拭いてくれたのです。

「いやぁ、由実さん。最高でしたよ。
期待以上でとても興奮しました。
痛かったところはない?大丈夫??」

さっきまでの男とは、まるで人が違います。

そして万冊を数枚、私の手に握らせました。

「これは君へのお礼です。お店の人には内緒だよ」

そう言って頭を撫でた男は身支度を整え、先に部屋を出ていきました。

私のお汁がベッタリついた玩具たち。

ゴミ箱に捨てられたゴムの残骸。

ジンジンと痺れる下腹部。

匂いたつ室内…

さっきまでのことが夢だったのか何なのか、私はベッドに倒れこみ、ぼんやりとしていました。

「由実さーん、お疲れさま!お客さま、とっても喜んでたわよぉ♪やっぱり私が見込んだだけあるわ!」

「………」

遠くの方で玲奈さんの声が聞こえましたが、私はひどく疲れていて返事ができませんでした。

「由実さん?聞いてる?あっ…

ふふ、やっぱり由実さん、この仕事向いてるわぁ。
まだまだスタッフ集まらないから、しばらくはよろしくね♪」

ヴヴヴヴヴ…

「んっ…ふぉっ…」

私は無意識にローターに手を伸ばし、クリトリスを弄っていました。

玲奈さんや男が言ったように、私はレイプされることを望んでいるのでしょうか。

頭が回らない中で、ただただおまんこを弄る快感に、私は浸っていました。


おわり
18/10/07 23:22 (YLebyt0G)
4
投稿者: (無名)
続きがあればお願いします。
18/10/08 11:56 (N6IUZIa8)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.