閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
AV撮影
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:強姦輪姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:AV撮影
投稿者: アーモンド
スーツを着た営業マンや女子高生、恋人達が行き交う渋谷のスクランブル交差点。

とある男に、大学生のカップルが声をかけられる。
「お兄さん達、ちょっといいですか?」
申し訳なさそうに声をかけるのは、ZZK企画の安藤克利。
「えっ」と驚いたように安藤を見るのは大学生の伊藤達也と、同じ大学に通う彼女の清水遥。

安藤「君達、大学生?」
「あっ、はい。」と頷く二人。

安藤「私、こういう者です。」と二人に名刺を差し出す。
安藤「とあるゲームに挑戦していただいて、成功したら10万円を差し上げるという企画をやってまして、そこで話だけでも…」と続ける。


「マジ?10万円だって。」と真面目そうな外見の伊藤が、アイドルに居そうなルックスの遥を見る。
「ぜひ、ぜひ」と安藤は二人を屋内へと連れ込んで行った。
1つのフロアを貸し切られていて、絨毯が敷かれた床に仕切られた壁があり、下のほうに直径5、6センチの穴がいくつも空いていた。

「そこにお座り下さい。」と二人をパイプ椅子に座るよう安藤は誘導すると自分も座り、「それでは簡単にルールを説明させてもらいます。」と数枚の書類を見ながら説明に入る。
その時点で撮影が始まる。

カメラのレンズを向けられ、「えっ…何?」と動揺する二人に、「驚かせてすみません。ちょっとしたドキュメント形式で撮影しておりまして、参加された時のみしか使用しませんので…」と軽く取り繕う安藤。

「さっそく説明しますね。」と続け、頷く二人を見て説明を始める。
「二人と言うより彼女さんにゲームをしていただきます。そこから体の一部を出していただき、何番が彼氏さんなのか当てるゲームです。」と安藤に、「はぁ」と頷く二人。

安藤「それで見事、彼氏さんを当てられたら賞金として10万円を差し上げます。」

顔を見合わせる二人を見て、「どうです?彼氏さんを言い当てるだけですので、簡単かと思いますが…」と安藤に、彼女の遥の意思を確かめたように彼氏の達也は「挑戦します」と承諾する。

「ありがとうございます。それでは彼氏さんは、この壁の後ろで準備して下さい。」と別の男性が案内する。
安藤「これにサインだけしてもらいますか?」と英文で書かれた用紙に遥にサインさせる。
サインした用紙を受け取ると、「実は彼女さんは下着姿になってもらうルールになっておりまして…」と安藤に、「えっ、えっ」と戸惑う遥。

「時間が無いんで、お願いします」と急かす安藤に、「あっ…はい。」と遥は了承し、隅のほうで洋服を脱いでいく一方、壁の向こうで「えっ、マジっすか?」と達也の声が聞こえる。

不思議そんに感じながらも下着姿になっていく遥を、カメラは捉えていく。
恥ずかしそうに胸と股間を手で隠しながら身を屈める遥。
「準備オッケーです」と壁の向こう側のスタッフの声。

安藤「それではカメラに向かって簡単な自己紹介をお願いします。大学何年生なのか、名前、年齢、今までの体験人数と性感帯、そして最近セックスした日を答えて下さい。」と淡々と聞かれる。

遥「大学3年生、二十歳です。清水遥…えっと、体験人数は…さ、3人でち、乳首が感じます。…えっと…せ、先週…しました。」と頬を赤くする。

安藤「彼氏さんと?」
遥「は、はい。」
安藤「そうですか。それでは、ここから体の一部が出てきますので、何番か彼氏さんなのか当てて下さい。触ってもらっても大丈夫ですので。」と遥の視線を壁に向かせる。

「それではお願いします。」と安藤の合図に、七つの円形状の穴から男のシンボルが露出する。
「えっ、えぇ〜」と口元を押さえて驚く遥。
7人の男性器が列ぶ異様な光景。
「今から30分以内に答えを決めてもらいます。もし、間違えたら罰ゲームですので時間制限いっぱい使ってもらっていいですからね。」とストップウォッチをスタートさせる。
遠目で見ている遥に対し、「もっと近くで…」と遥の体を押して近づける安藤。
ただ見てるだけの遥に、「触ってもらってもいいですよ。」と煽っても触ろうとしないので、「10万円が懸かってますよ。彼氏さんと、エッチはした事はありますよね?」と聞く安藤に、「あっ…はい。」と返事をする遥。

「触って彼氏さんの確かめて下さい。」と安藤が再度促すと、@と書かれた穴から恥ずかしそうに握っていく。
少し触れたら次の所に移り、七つの肉棒を触れて確かめる。
「どうです?」と安藤が聞くが、首を傾げて分からないと仕種をする遥。

「彼氏さんのを口でしてあげた事はありますか?」と突拍子の無い質問を投げかけられた遥は、「えっ」と口を押さえ驚くが、「あ、あります。」と答える。

「では今度は口で確かめてみましょう。」と安藤が言うが、首を左右に振り拒否する遥。
「10万円欲しくないんですか?彼氏さんは、頑張ってますから、彼女も頑張らないと。」と煽る安藤。
「えっ…はい…」と遥の返事に、安藤は心の中でニヤリと笑う。

誰のか分からないチンチンを、抵抗感がありながらも口に含む遥。
どこか恥ずかしさで少ししか口に含まない事に、「もっと真剣にやらないと当たりませんよ!」と叱るように発する安藤にビビり、奥まで咥えるようになる。

「どうですか?彼氏さんのだと思いますか?」と安藤の質問に、肉棒を口から出し首を傾げる遥。
「とりあえず、全員のを口で確かめてみましょうか?」と安藤から言われ、また躊躇っていると怒られるのを恐れ、隣りの肉棒を口に含んでいく。

遥の口によって刺激を受けた肉棒は反り返り、臨戦体勢になる。
遥の唾液で濡れ光り反り返る7本の肉棒。
「全部のモノを確かめました。どれが彼氏さんのチンチンか分かりましたか?」と安藤に、「う〜ん、分かりません。」と答える遥。

安藤「ちなみに、何番と何番で迷ってますか?」
遥「えっと…2番か3番で…」
安藤「でしたら、もう一度2番と3番を両手で握ってみましょうか?」
遥は、再び誰か分からない肉棒を触れるのは抵抗があったが、左手で2番の肉棒を、右手で3番の肉棒を握る。
「シゴいてみますか?」と安藤の提案に、「あっ、はぃ」と手を動かしてみる。
次第に肉棒の先から粘液が分泌し、糸を引くように垂れていく。
まだ決めかねている遥だが時は無情にも過ぎ、「終了です。」と安藤から言い渡される。

「それでは、彼氏さんは何番か答えて下さい。何度も言いますが、間違えたら罰ゲームです。いいですね?」と安藤に、「はぃ」と力なく答える遥。

「それではカメラに向かって、何番かを答えて下さい。」と振られる。
形や大きさなど、普段から気にしているはずがない遥は、勘に頼るしかなかった。
1分が1時間に感じるほど長く考えた気になり、「さ、3番…です。」とカメラに宣言した。

「3番で間違いないですか?」と改めて安藤から聞かれ、「は、はい。」と答える。

心臓が飛び出るのではないかというほどドキドキと胸が鼓動し、天に身を任せる。

「それでは3番の男性、出て来て下さい。」
安藤の指示で、3番の男性が壁の向こう側から出て来る。
出て来た男性は、彼氏の達也の体型とは180度違う太ってるオジサンが顔を出す。

両手で口を覆い苦笑いをする遥に、「彼氏さんとは全く似つかない人を選択してしまいましたね。」と安藤に、遥は軽くうなだれる。
「約束通り、遥さんには罰ゲームを受けてもらいます。彼氏さん!出て来て下さい!」と達也を呼び出し、「この椅子にお座り下さい。」と座らせると、スタッフが達也の手をひじ掛けに、脚は椅子の足に縛る。

「罰ゲームなんですが、彼氏さんの目の前で遥さんが選択したこの男性とセックスをしてもらいます。」と伝えられる。
「えっ」と驚き、顔の前で手を左右に振り拒否する仕種をするが、3番の太った男性が遥に迫って来る。

冗談だと思い恥ずかしそうな表情で手で払ったり抵抗するが、男は後ろから抱きつくように遥に触れる。
「いやっ」と、まだ遥の顔に笑顔が残る。

「彼女さんのオッパイ触っていいですか?」と男は達也に顔を向け、今から彼女の胸を触る事を宣言する。
ブラのホックを外し、脱がされまいと掴む遥の手を振り払い上半身を裸にさせる。
その時点で遥の笑顔は消え、本気で抵抗するようになる。
その抵抗に戸惑ってる男にイラついた安藤は、「遥さん、罰ゲームは約束ですよ。大人しくしろやぁ!!」
いきなり罵声を浴びせられた遥の抵抗は、すぐに止む。
達也は口に布を詰められ、タオルを巻かれてるためどうする事も出来ない。

涙目の遥の胸を後ろから持ち上げるように揉む男。
横を向き目を閉じてる遥に、「何カップあるの?ねぇ?」と耳元で囁かれるが、答えることなく目を閉じてる遥。
だが何度も聞いてくる男に、「Dです」と消え入る声で答える。

「そうかぁ。張りがあって触ってて気持ちいいよ」と男に、心の中で"気持ち悪い"と思う遥だった。親指と人差し指で乳首を摘まれ、「乳首勃ってきたね〜」といちいち口にしてくる男。

脇から顔を出し乳首を愛撫しながら、割れ目にも指を這わせる。
感じないように堪えていた遥の表情は歪み、その顔は達也に向けられる。
「彼女さん、気持ちいいみたいですね」と撮影している安藤は彼氏を煽る。
次第にクチュクチュという卑猥な音が響き、「彼氏さん、遥ちゃんのマンコ濡れてきてますよ。」と報告するように言う男。

絨毯に寝かせ下着を脱がすと、股を開かせ顔を埋める。
抵抗したいが安藤が怖くて、それが出来ずにいた。

自分の彼女がクンニをされてる様子を見る達也、表情を歪める遥を見て目を背けようとするとは裏腹に、体は正直なのか肉棒は天を向き我慢汁が分泌していた。
男は遥の体を起こすと、わざわざ達也の目の前まで移動させ遥の顔の前に肉棒を晒す。

「何をするか分かるよね?」と髪をかきあげ、達也に見えるようなポジションにする。
一瞬、達也を見た遥はすぐに目を逸らし、口を開けると一気に肉棒を滑りこませていく男。

喉の奥まで挿入され、オェッとえづく遥。
「いつも彼氏にやるようにやってごらん。」と優しく指示する男。
彼氏の視線から逃れるように目を閉じ奉仕する。

男は、遥の後頭部を押さえより奥まで咥えさせる。
激しく出し入れさせたり、舌を伸ばさせカリを舐めさせたり、彼氏に見せ付けるようにフェラさせる。

男は乱暴に遥を仰向けに寝かせると、大股を開かせる。
「挿れるよ」と耳元で囁き、覚悟したように顔を横に向け視線も床を見るように逸らす。
いつもと違う感覚が膣を通して感じる遥。
彼氏よりも太く大きい。
フェラをさせられてる時は気づかなかったが、今、実感する。

「あぁ〜」
不覚にも声を漏らしてしまった遥。
その声を聞き逃すはずもなかった安藤は、「感じてるみたいですね〜」と彼氏に投げかける。

男の腰の動きに合わせDカップの胸が揺れる。
今度は四つん這いにして後ろから攻める。
たぷんたぷんと激しく揺れる胸、そんな遥を立たせ達也の膝に手を付かれピストンを再開。

「ぅっ、ぁっ、ぁぁっ、ぅぅん」と目の前で自分の彼女が他人の肉棒によって喘ぎ声を漏らす様子に、より達也の股間は熱くなっていった。

「彼氏さん、自分の彼女が犯されてるのに、体は正直ですねぇ」と嫌味たらしく言う安藤。
「彼女さん、彼氏さんのオチンチン口で気持ち良くしてあげなさい。」と安藤は遥の上半身を押し、後頭部を達也の股間まで押さえつけるようにする。

口を彼氏の肉棒で塞がれ、喘ぎ声が篭った声になる。
首を振って、そんな気分ではない事をアピールしたい達也だが、反り返った肉棒では説得力が無かった。

腰を早く動かす男、悶える達也、やがて達也は遥の口の中で果てる。

「ぅっ」と腰を浮かせ、精液を吐き出していく。
それを察した安藤は、「あらっ、彼氏さん…気持ち良かったですか?」と聞くが、達也は無視をする。

肉棒を引き抜かれた口からタラーっと精液が垂らす。
「じゃぁ、俺もイカせてもらうか」と乱暴に遥を絨毯の上に仰向けに寝かすと、一気に挿入。
激しく腰を動かし、絶頂に向けて上りつめていく。
「イ…イク…ぞぉぉ」と肉棒を引き抜いた男は胸の辺りでしゃがみ自分の手でシゴいたと思ったら、精液が勢いよく発射される。
射精し終わると男はさっさと退室。
痙攣する遥に、「ありがとうございました。お疲れだったね。」と帰って行った。
2018/10/22 16:30:52(/vos55nF)
2
投稿者: 読者親父
素晴らしい♪
18/10/23 05:23 (jGoJasya)
3
投稿者: アーモンド
AV出演A


数ヶ月後、撮影したものが全国のレンタルショップで陳列されていた。

スーツ姿の安藤は、いつものように主演となる女性の品定めをしていた。
若者文化が広がる渋谷センター街。
安藤は、スマホ片手に目を光らせていると、1人の女性が目につく。
この街には似つかない40代位のスレンダーな体型でサラサラなロングヘアー、薄いピンク色のシャツにフレアスカート。

何をするのでもなく、ただ立ち尽くしてるだけ。
安藤はとある勘が働き、声をかけることにする。

「すいません。ちょっとお話聞いてもらっていいですか?」と安藤から声をかけられた女性は「えっ、あっ、はい。」と返事をする女性。
「ここでは何なんで、場所を用意してあるんで…」と歩き出す安藤。

そんな安藤に付いて行く。
また、いつものフロアに連れ込むと、今回はベッドだけが置かれていた。
そこには男性スタッフ1人だけが居て、パイプ椅子に座らされる。

安藤「ちょっとしたゲームをしていただき、貴女が勝ったら賞金として10万円を差し上げるという企画をしておりまして、是非、貴女に参加してほしくて声をかけさせて頂きました。」
淡々と話す安藤に、「ゲームって…?」と不安そうな女性。

「簡単なゲームです。貴女と僕で黒ヒゲゲームをして頂きます。当然、黒ヒゲを飛ばしたほうが負けとなります。ですから、僕が飛ばせば貴女に賞金が手に入るって事です。」と、もはや今さら断りづらい雰囲気をだす安藤。

「挑戦されます?」と続ける安藤に、「あ、はいっ」と思わず了承してしまう女性。
「それでは、この用紙にサインをお願いします。」と英文で書かれた用紙を見せる。

名前、住所、年齢、職業などを書いていく。

「ありがとうございます。名前は村瀬理恵さん、41歳で主婦ですか?」と安藤に、「はい。」と返事をする理恵。
「主婦で、何故あんな所に居たんですか?」と聞く安藤。
だが「えっ…あの…別に…」と、はぐらかそうとする理恵。
大体の予想をしている安藤は、今は掘り下げはしなかった。
さっきから安藤の後ろから撮影している男が気になる理恵は、「あの、撮影してるんですか?」と質問する。

「はい。タダで賞金を差し上げる事は出来ませんよ〜」と愛想笑いをする安藤。

「そうですか。」と仕方ないと思ってしまう理恵。
「あっ、一つ言い忘れてましたが、もし貴女が負けたらペナルティーとして罰ゲームがありますので。…さっ、そろそろ始めましょうか。」と理恵に有無も言わせないように事を進めていく安藤。

「先攻、後攻どうしますか?」と安藤に、理恵は少し考え「こ、後攻で」と後攻を選択する。
安藤は簡単に穴に刺しセーフ。
「はい。理恵さんの番ですよ。」と安藤。
理恵が選択し穴に刺した瞬間、黒ヒゲがビヨーンと飛び出してしまった。

「はぁい。飛び出してしまいました。賞金ゲットならず!」とバラエティーで実況するかのようなアナウンスをする安藤。

笑みを見せ残念がる理恵の様子も、カメラが捉える。
「それでは約束通り、罰ゲームをしていただきます。」と安藤が言い終わるか終わらないかでアソコの形が分かるほどのブリーフだけを身に纏った男性が登場する。
「えっ、えっ」と突然の登場に驚く理恵。
「それでは罰ゲームの内容を説明いたします。まぁ、簡単です。彼とセックスをしてもらうだけです。」と、ブリーフ姿の男を指さす。

身の危険を感じた理恵は出口に向かい逃げようてするが、すぐにブリーフ姿の男に捕まりベッドに投げ倒される。
「きゃっ」と悲鳴を挙げベッドに倒れる理恵に、「約束は守ってくれなきゃ困りますねぇ。抵抗すれば痛い目に遭うだけです。どうせなら、気持ち良くなって下さい。あっ、気持ち良くなる罰ゲームなんて罰ゲームじゃありませんね。」と高笑いをして椅子に座り、足を組み鑑賞する安藤。

大人しくなった理恵のシャツのボタンを一つ一つ丁寧に外していく男。
その男の手を掴み抵抗しようとするが、その力は弱かった。
撮影する男に気づいても、顔を逸らす事しか出来ない。
そうしているいちにシャツを脱がされてしまい、ベージュのブラが顔を出す。
続けてブラも脱がすと、今までブラによって締め付けられていた胸が解放されたように左右に垂れる。

「奥さん、見かけによらずオッパイ大きいですね。」と男に、無言で顔を横に逸らす理恵。
男は乳首を口に含むと表情を歪める理恵。
「乳首感じるんだ?」と、いちいち声をかけてくる男に「や、やめて下さい」と、せめてもの抵抗をみせる理恵だった。
男の唾液によって濡れ光る勃起した乳首、カメラは捉えていく。

そして男の興味は下半身へと移り、フレアスカートとパンティを一気に脱がしにかかる。

理恵は掴み抵抗するが、力任せに下ろされ全裸にさせられてしまった。
濃い陰毛に、「素人っぽさが堪んねぇなぁ」と男は割れ目に舌を這わせる。
理恵は眉間にシワを寄せ、暴れまわる男の舌に気持ち悪さを覚えると同時に、どこか目覚めるような感覚にもなった。
ジュルジュルッ…。
次第に蜜が分泌してくる理恵の日部、「奥さん、旦那と最近いつしたの?」と問い掛ける男に、横を向いたまま無言のままでいた。

「いつしたかって聞いてんだよ。」と、さっきまで打って変わった安藤のドスのきいた声に、「さ、最近は…無いです」と震えた声で答える。
「そうなんだ。だったらしたくて堪らなかったんじゃないのぉ?」とクンニをしながら聞く男に、首を左右に振って否定する。
「正直になって楽しもうよ、奥さん。」と理恵の体を起こすと、「これ、下げて。」とブリーフを下げるよう命令する男。
ブリーフの上からでも分かるほど硬直した肉棒、理恵はゆっくりとブリーフのゴムの部分に指をかけ下ろしていく。

ブリーフを押さえると、先が我慢汁で濡れた肉棒が理恵の目の前に露出し、「奥さん、今度は俺の舐めてよ。」と腰を突き出す仕草をする男。
もはや理恵の視界にはカメラは気にならず、旦那のモノより大きい肉棒を頬張る。
まるで好物を食べるように、深くストロークをきかせ頭を前後に揺らす。
頬を凹ませ、まるで次の事を期待するかのように何度も繰り返す。

男は乱暴に理恵を押し倒すと、脚の間に割って入る。
「挿れるぞ!」と膣穴に肉棒の先を突いたり、上下に動かしたり焦らす。
腰をクネらせ悶える理恵、太ももを掴みながら一気に挿入。

「ぁぁっ」と声を出す理恵に、「簡単に入ったな。旦那が居るくせに他の男を欲しがるとは、悪い女だ。」とピストンを開始する。
男が動く度、理恵の膣が締め上げてくる。
早く動かしたり、ゆっくりと突き上げるように攻めたり、緩急をつけながら腰を動かす男。

四つん這いにしたり、騎乗位、そして最後は正常位。
その間に何度も理恵は昇り詰める。
「旦那に構ってもらえないで欲求不満だったんだろ?奥さん!」
「正直になれよ!」と自分の興奮を掻き立てるように言葉を投げかける男。

「おいっ、イクぞっ」
肉棒を膣から引き抜いたと思ったら、理恵の顔の所でしゃがみ手コキで射精を促すと顔を目掛けて汚濁が発射される。

顔に精液が付着し、体を痙攣させ余韻に浸るよう荒く呼吸で天井の一点を見つめている理恵だった。
18/10/24 21:52 (lhSLo65v)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.