閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
まゆみねえの輪姦現場
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:強姦輪姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:まゆみねえの輪姦現場
投稿者: タクシ ◆L51lMISFCA
私が12歳の時の話です。私の家は自営業をやっていて、両親は朝から晩まで働いていました。そんな訳で春休みや夏休みは、母方の祖母の家にずっと泊まっていました。祖母の家には、祖母と母の妹が暮らしていました。母の妹、私からすると叔母は、当時34歳で、すごく魅力的な女性でした。私は叔母が大好きでした。名前がまゆみなので、まゆみねえと呼んでいました。

正直この頃から叔母を女としてみていました。ちょうど自慰行為を覚えた頃で、一緒にお風呂に入っていた時の叔母の裸を思いだして、自慰行為をしていました。叔母は私の事をまだ子供だと思っているのか、この春休み中にも何度か風呂上がりに、パンツは履いていましたが、おっぱい丸出しで、私の前でパジャマに着替えたりしていました。大きくて垂れていますが、乳輪と乳首は大きめのピンク色でした。母親の茶色の乳輪と乳首しか見たことがなかったので、正直私のモノはビンビンに勃起していました。

春休みも終わりに近づいた頃、祖母の姉の三回忌に行くことになりました。本当は、祖母と叔母と3人で行くはずだったのですが、祖母が体調を崩してしまい、叔母と2人で行くことになりました。私は関西に住んでいるのですが、祖母の姉の家は関東にあるので、前の日の昼に出発して、夕方に祖母の姉の家に着きました。かなり大きな屋敷みたいた家で、1部屋を私と叔母にあたえてくれました。挨拶を済ませ、叔母と部屋でゆっくりしていると、夕食に呼ばれました。夕食は、家の隣にあるはなれで、親戚など15人ぐらいで食べました。私は知らない人ばかりたったのですが、叔母はほとんど面識があるみたいで、親しげに話をしていました。夕食を食べ、シャワーを浴びさせてもらい部屋に戻りました。部屋でテレビを見ていると、麻衣さんという女の人がきて、「まゆみちゃん、はなれで呑みながら話そうよ」と言ってきました。麻衣さんは、40歳手前くらいで、少し派手めの女性でした。まだ20時くらいで、暇だったので、私もついて行きました。

はなれに行くと、40〜50歳ぐらいのおじさんが3人いて、叔母と麻衣さんと5人で呑み初めました。麻衣さんもおじさん達もいい人で、私の相手もちゃんとしてくれました。5人でいろんな世間話をしている中、歳をとってくると、なかなか疲れがとれないみたいな話をしている時でした。麻衣さんが、「いいサプリメントがあるのよ。飲んでみる?一気に元気になるわよ」と他の4人に薦めました。おじさん達は「お〜いいね。ちょうだい」と言っていましたが、叔母は少し不安そうに、「変な薬じゃないの?」と、飲むのをためらっていました。すると麻衣さんが、「大丈夫。大丈夫。違法なやつとかじゃないから」と言って結局5人ともサプリメントを飲みました。私は麻衣さんに「僕もちょうだい」と言ったのですが、麻衣さんは、「子供は飲んじゃダメなのよ。ごめんね〜 あっ!もう 23時前だから子供は寝ないとダメだよ。」と言われました。確かに少し眠くなっていたので、私は部屋に戻って寝ることにしました。。叔母が少し心配そうに「一緒にいこか?」と言ってくれましたが、私は「大丈夫、大丈夫」と言って1人で部屋に戻りました。

部屋に戻ってから寝ようとしましたが、なかなか寝れなくて、1時間くらいゲームをしていたのですが、叔母はまだ戻ってきませんでした。少し心配になったので、はなれに行くと、部屋の電気が薄暗くなっていました。表の入り口から入ろうとすると鍵が掛かっていました。おかしいと思い裏手にまわると、勝手口は開いていました。そおっと中に入り、物置台の上に登って、閉まっている襖の上の、欄間の中の木が折れて空洞になっていたので、そこから中を覗くと、麻衣さんが1人のおじさんとキスをしていました。いやらしい音をたてながらだんだん激しくなっていきました。すると、2人目のおじさんが麻衣さんのパジャマのボタンを外して、脱がせました。麻衣さんのおっぱいがあらわになりました。叔母ほど大きくはないですが、大きめのおっぱいでした。脱がせたおじさんは後ろからうなじにキスをしながらおっぱいを揉んでいます。叔母と3人目のおじさんはとろんとした目で、その光景を見つめていました。すると、さっきまでキスをしていたおじさんが服を脱ぎ、全裸になり、「麻衣ちゃんもう我慢できん。たのむ!麻衣ちゃんがあんな薬飲ますからだぞ」と言って、勃起したモノを麻衣さんの口元に差し出しました。麻衣さんは「仕方ないな〜特別ね。今日だけだからね。」と言っていやらしい音をたてながらおじさんのモノを咥えました。さっきまでおっぱいを揉んでいたおじさんは、麻衣さんのズボンとパンツをあっという間に脱がし、後ろから麻衣さんのアソコに手を伸ばし、「麻衣ちゃん、もうすでに凄いことになってるよ」と言っていました。そんな中、3人目のおじさんも我慢できなくなったのか、全裸になって、麻衣さんのおっぱいに吸い付きました。麻衣さんが1人で3人の相手をしている状態です。私は叔母が気になり、ふと目を向けると、虚ろな目で、その光景をぼーっとみつめていました。また、麻衣さんの方に目を向けると咥えてもらっていたおじさんが「麻衣ちゃんもうダメだ!だすぞ!」と言って麻衣さんの口の中で果てました。あまりに気持ち良かったのか、口からモノを抜くと、おじさんは座り込みました。麻衣さんは「も〜口の中でださないでよー」と言って、精子をティッシュに出して口を拭いていると、2人目のおじさんが麻衣さんに覆い被さり、一気に挿入しました。麻衣さんは最初「やめて!それはダメ!本当にダメ!」と言って抵抗していましたが、ピストンが激しくなるにつれて、「ダメだって あっ、 んっ 、あ、んっ、んっんっ、あっ、あっ」と喘ぎ声をあげて、感じているようでした。それを見ていた3人目のおじさんが麻衣さんの口にモノを突っ込みました。このおじさんは早漏みたいで、麻衣さんの口に出し入れして1分くらいで、「あー気持ちよすぎだよ!逝きそうだ!」と言って口からモノを抜いて麻衣さんのおでこにぶっかけました。麻衣さんは、「もぉ〜あっ、ん、っ、どこにっ、だし、あ、んっ、てんのよ」と言っていましたが、拭く余裕はないようです。だんだんとおじさんのピストンがはやくなってきて、「麻衣ちゃん、もう限界だ!逝きそうだ」麻衣さんは「あ、あん、ん、あっ、あん」と、言葉をはっせないくらい感じているようでした。するとおじさんが「もうダメだ出すぞ!」と言って麻衣さんの中に放出しました。お互いしばらくびくびくしていました。おじさんがモノを抜くと、私にもしっかり見えるくらい大量の精子が麻衣さんの中から垂れてきました。麻衣さんはやっと話せるようになったようで、ぼそっと「やっぱりこの薬すごいわ」と言ったのを私は聞き逃しませんでした。

麻衣さんはティッシュで顔とアソコに着いた精子を拭き取ると、叔母のほうに向かいました。叔母は目の前で繰り広げられた光景をみて、ビックリしているようでした。

2018/10/29 12:48:45(RK2aB95k)
2
投稿者: タクシ ◆mHBDCMJMB2
麻衣さんが叔母に近付き、耳もとで何か囁きました。叔母は首を横に振りましたが、麻衣さんはいきなり叔母にキスをしました。何度か口に触れるだけのキスをすると、だんだん深いキスになっていきました。叔母は最初、抵抗していましたが、次第に抵抗しなくなっていきました。
すると麻衣さんが叔母のジャージのファスナーに手を掛けて、ファスナーを下ろしました。叔母の垂れた大きなおっぱいがジャージの間から少し見えました。麻衣さんはキスを続けながらジャージを脱がせ、完全におっぱいがあらわになりました。何度見ても、最高のおっぱいです。麻衣さんは、おっぱいを揉みながらキスを続けています。ここで、ふとおじさん達に目を向けると3人とも復活していて、叔母と麻衣さんの行為を見ながら自分のモノをしごいていました。そしてついに麻衣さんが叔母のズボンとパンツを脱がせにかかりました。叔母は「やめて!恥ずかしい!いや!いや!」と抵抗しました。すると麻衣さんは、「しばらくやってないんじゃないの?今日は特別よ。気持ちよくなっていいのよ」と言って、ズボンとパンツを脱がせました。叔母のアソコに指を入れ、「ほら!濡れてるじゃない」と言って指を出し入れしました。叔母の息がだんだん荒くなっていくのがわかりました。すると、1人のおじさんが麻衣さんを押し退けて、叔母の唇に吸い付きました。叔母はかなり抵抗していましたが、おじさんは力ずくで、叔母を押さえながらキスをつづけています。そして、もう1人のおじさんが「こんな凄いおっぱい初めてだよ。まゆみちゃん」と言いながら、叔母の背後から左手でおっぱいを揉みながら、右手でアソコを攻め初めました。この頃から叔母の抵抗がだんだん弱くなっていきました。そして、キスをしていたおじさんが叔母の口にモノを押し込みました。フェラというよりは、おじさんが、一方的に腰を振り息を荒らしながら、「まゆみちゃん!気持ちいいよ!すぐいちゃいそうだよ」と言っています。叔母はされるがままといった感じです。その光景を見ながらずっと自分のモノをしごいていたもう1人のおじさんが、「えろいなーまゆみちゃん。あー!ダメだっ!逝く」と言って叔母の顔にぶっかけました。叔母の口にモノを出し入れしていたおじさんも「俺ももう出そうだ!出すぞ!まゆみ!」と言って口の中で果てました。果てたあと、5、6回出し入れしてからモノを抜くと、叔母の口から精子があふれて、おっぱいに落ちました。口が解放されて、やっと話せるようになった叔母はもう1人のおじさんにアソコとおっぱいをせめられているので、少し声を震わせながら「もぉーなにすんのゆよ!ひどいわ!こんなん嫌や!」と言いました。おじさんは「ごめん。ごめん。あまりに気持ち良すぎて我慢できなかったよ」と笑いながら言いました。話が終わると、ずっとおっぱいとアソコをせめていたおじさんが叔母を畳に寝かせて、叔母の股を開きました。「まゆみちゃん。いいだろ?入れるよ」言って、ビンビンに勃起したモノを叔母のアソコにあてがいました。叔母は、「それだけはあかん!嫌や!本間にやめて!!」と叫びましたが、おじさんは一気に挿入しました。「まゆみちゃん。こんなに濡れてるのに嫌じゃないだろ?」と言いながらピストンを初めました。すると、最初嫌がっていた叔母が「あっ、んっ、あ、あっ、んっ、んっ、はぁ、んっ、あっ」と感じはじめました。ピストンされる旅におっぱいがゆさゆさと揺れています。ここでふと横を見ると、麻衣さんと1人のおじさんが騎乗位でしていました。麻衣さんは腰を振りながら「あ〜気持ちいい!あっ、あん、あん、あっ、いっちゃいそう」と喘いでいます。叔母の方に視線を戻すと、正常位で突かれながら、もう1人のおじさんのモノを咥えていました。咥えてもらっていたおじさんが限界に達したのか、またしでも叔母の顔にぶっかけました。顔に精子がべっとり着いたのに、気にもせずに、正常位で突かれています。「あっ、あっ、あ、おっちゃん!あかん!あ、あっ、あん、逝きそう!」と叔母が言うと、おじさんがピストンを早めながら「俺ももうあかん!あー出すぞ!」と言って叔母の中に射精しました。叔母も逝ったみたいで、肩で息をしながら「中はあかんって!しゃれになってないわ!」と言っています。すると、間髪入れずにもう1人のおじさんが挿入しました。叔母は最初「え〜!何してるん?また?やめて!」と言っていましたが、途中から完全に理性がぶっとんだのか、「あっ、あっ、あん、あん、んっ、」と喘いで感じています。しばらくすると、おじさんが絶頂を向かえ、またしても叔母の中に射精しました。ここで私は尿意が限界にきて、一度その場を離れました。
18/10/31 03:14 (NXsF66U5)
3
投稿者: タクシ ◆L7rYHZMlXY
私がトイレからそっと戻ると、3人目のおじさんが叔母に覆い被さり、正常位で激しく突いていました。
叔母は「あっ、んっ、あ、あっ、あ、んっ」と喘ぎながら右手で、もう1人のおじさんのモノをしごいています。しばらくすると、しごいてもらっていたおじさんが「逝きそうだ!逝く!」と言って、叔母の顔にぶっかけました。叔母の顔は3人の精子まみれになっていました。その横では、麻衣さんがもう1人のおじさんにバックで突かれていました。おじさんのピストンが次第に早くなり、麻衣さんの中で果てました。麻衣さんは「あ〜気持ちいい。も〜駄目」と言ってうつ伏せのままぐったりしています。叔母を突いていたおじさんもピストンが激しくなり、「あーもう駄目だ!まゆみちゃん出すぞ!」と言って、叔母の中に射精しました。叔母は肩で息をしながら、「もうやめて」と力のない声で言いました。すると、麻衣さんとしていたおじさんが「まゆみ!まだまだだよ」と言って、叔母を抱き起こし、座位で挿入しました。そして、自分は寝転んで騎乗位のような形になりました。叔母が腰を振るというよりは、おじさんが下から突き上げるような感じです。それを見ていたもう1人のおじさんが叔母の口にモノ突っこみ、もう1人のおじさんは手でしごかせています。叔母は虚ろな目をしながら3人の相手をしています。まず最初に手でしごいてもらっていたおじさんがまたしても顔にぶっかけました。叔母はもう目も開けられない状態です。次に口に突っこんでいたおじさんが口の中に射精しました。おじさんは射精してもモノを抜かずに、「あ〜最高だ!飲んでくれよ!」と言いました。叔母は抵抗しても無駄と思ったのか、おじさんの精子を飲み干しました。やっとおじさんがモノを抜くと、か細い声で「お願い。もう本間にやめて」と言いました。すると、挿入していたおじさんの突き上げが激しくなり、「まゆみ!逝くぞ!」と言って、またしても叔母の中に射精しました。射精が終わり、おじさんが叔母のからだをはなすと、叔母はおじさんの横に倒れるように寝転びました。中に出したおじさんも、口の中で果てたおじさんも、寝転んでぐったりしていましたが、顔にぶっかけたおじさんは、まだやりたいようで、ぐったりしている叔母に挿入しました。叔母はもう声を出すこともせずに、突かれながら一点を見つめています。おじさんは、おっぱいを揉みながら、激しくピストンを続けています。次第に絶頂を向かえ、叔母の中で果てました。叔母は感情がなくなったかのように、一点を見つめています。おじさんがモノを抜くと、叔母の中から誰の精子かわからない大量の精子があふれてきました。私はここで部屋に戻りました。時刻は深夜2時でした。部屋に戻ってから、さっきの光景を思い出しながら4回射精しました。そのあとも興奮して眠れません。朝の5時頃、叔母がようやく帰ってきました。シャワーを浴びてきたようで、髪が濡れていました。朝起きると、叔母は普段と変わらない感じでしたが、目が充血していました。あれだけの精子を浴びたのですから仕方ありません。あれから何年もたちましたが、あの光景は一生忘れません。
18/11/21 17:07 (jbtMkCqU)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.