閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
体験談…一人のビジネスホテルにてレイプ
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:強姦輪姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:体験談…一人のビジネスホテルにてレイプ
投稿者: あかね ◆I/MiG5ooSQ


あかねです。
今回は体験談です…


数年前のことになりますが…
ビジネスホテルはお安いのでよく利用する私は…
某御○ノ水のビジネスホテルに泊まっていました…
コンサート利用のため一人でした。

夜もふけてきて、私はシャワーも浴び、後は寝るだけでしたので、下着はつけずに寝間着だけの状態でした

夜だし人もいないだろうと、自販機のある階へ行き…飲み物を買いました

すると、サラリーマンらしきおじさんが…ビールを買いに来たようでした

私がそこを離れようとすると…

「君、一人なの?」

声をかけられ、思わず立ち止まり頷くと…

そのまま手を引かれ、その階にあったおじさんの部屋に、連れ込まれてしまいました…


「ノーブラじゃねぇか…」


おじさんは私を部屋に押し込むと素早く鍵をかけ、早速おっぱいを揉み始めました


「あひっ…あんっ…やめてくださ…あはぁっ」

「こんな格好で外に出て…誘ってたんだろう」

「違います…あぉぉっ」


ぐにゅううっと強くおっぱいを揉まれ、私は力が抜けてしまいました。

寝間着をはぎ取られ、ベッドへ寝かされ、おじさんが貪りついてきました。


おっぱいや脇…
お腹…そして太ももやおまんこを…激しくしゃぶられてしまいました

「んひぃぃー…あぉぉ…」

「やめてぇぇ…んぉぉー…あひぃぃぃぃ…」

壁の薄いホテル…私は声を抑えなきゃと思いながらも、抑えきれずあふれさせてしまっていました…

おまんこは散々に舐められてぐっちょりと濡れ…ひくんひくんとうねっていました。


「んぼぉぉおぉぉぉっ…ぐぼっ…あぼぉぉっ」


ひとしきり、おっぱいやおまんこをしゃぶりつくしたおじさんは

ガチガチにいきりたったおちんぽを…勢い良く喉にぶち込んできました。

くちまんこをイラマされ、私はブシュッと潮を吹きました。
あまりの苦しさに白目を向き、よだれを溢れさせました

ガボッガボッガボッガボッガボッガボッガボッガボッガボッガボッ!!!

「おごぉぉぉっ…んごっ…んぼっ…」

「うぶっ…ぐぼっ…あぶぅぅぅぅっ」

くちまんこレイプは暫く続き、私は苦しすぎて白目が戻らないまま、鼻水まで垂らしていました。

やっとおちんぽが引き抜かれ、痙攣しながらむせる私の足を大きく開き、おちんぽはおまんこにぶちこまれました。


「あぉぉぉぉぉ…!!!!んぉぉっ、おほぉっ」


私は…隣の部屋に聞こえてしまう…と思いながらも、おちんぽの衝撃に声を抑えることが出来ませんでした

そこからはただのオナホとなり、ちんぽを受け入れる穴に成り下がった私は、おじさんにただ弄ばれるのでした。


バァン!バァン!バァン!バァン!バァン!バァン!バァン!バァン!バァン!バァン!

「おほぉぉぉぉんっ…!あへぇぇっ!いひっ…きゃぅぅぅん!!」

激しすぎるハメ音が部屋に響きわたっていました…
こんなの絶対外に聞こえちゃうのに…
だめなのに…

おじさんはわざと激しい音を立てているようでした…

私が一層大きいアヘ声をあげるよう激しくおちんぽを突き刺し…
私の悲鳴が響き渡るのを聞いていました。


「んぉぉぉっ…おほっ…あぉぉぉん…!」
「おごぉぉぉっ…きゃひ…あへぇぇぇぇぇ!」

バチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチ!!
ズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパンズパン!!!

恐ろしいピストンが続き、私はおっぱいを激しく上下に揺さぶりながらただ使われていました。

ただ喘ぎ狂うだけのオナホールでした。


「もう許して…こんなのだめぇぇぇ」

「んぉぉぉん…あおんっ…あへぇぇぇぇぇ」

「ひぃぃん…ちんぽすごぉぉ…っ…あぅぅぅん」

「おまんこ狂っちゃぅぅ…おじさまのおちんぽでおまんこダメになるぅぅぅ…!」

私はもう快楽の虜になっていました。
ハメられるまま…使われるまま…
おまんこを喜ばせアヘるメス穴でした。


ぶぴゅぅぅぅぅ…

「あぉぉぉぉぉぉん…ひぎぃぃー…」


何度めかの種付けをくらい、私はのけぞりながら何度目かもわからない絶頂をしました…

おじさんはおちんぽを抜きました。


ドボボボ…とおまんこからは数回分のザーメンが溢れました…

「きゃひぃぃぃっ…」

私はザーメンのあふれる感触にまたアクメしました…


おじさんはタバコを吸い始め…

私に一万円を渡してきました

別にいらなかったですが…私はそのお札を握りしめ

なんとか寝間着を着直し…

自分の部屋に戻りました。

もう明け方の四時頃でした…

私はシャワーを浴び直し

そのままベッドに倒れ…眠りにつくのでした…

2018/09/11 09:01:09(rHJfXTlv)
2
削除済
2018/09/12 08:25:17(*****)
3
投稿者: あかね ◆I/MiG5ooSQ
なりすましはおやめください。
当方女です。プロフ見ていただければわかりますが…言いがかりは困ります
18/09/13 09:08 (uUR9tlbn)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.