ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
過激レズものです。創作
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:強姦輪姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:過激レズものです。創作
投稿者: 26女
創作レズ
※過激な表現があるので注意してお読みください


蛍と蘭は、同じ大学に通う二人。
昔から仲が良く、良き親友であった。
同じ大学を目指して高校では一生懸命に勉強し、無事一緒に合格した。
蛍は、どちらかというとおとなしめでおっとりした雰囲気を持った子で
蘭は、スポーツも得意、頼れる姉御肌的な性格だった。
だが、あまり騒がしいタイプと言うわけでもなく、
どこか同級生よりも大人びた面もあった。
蛍は、ひそかに蘭に憧れていた、いや憧れと言うには軽すぎた。
彼女は中学時代男子にからかわれるなどがあり、
トラウマ的な物を抱えていた。
そこで、同性であり心を許せ、また男性的な面を持った蘭に恋心を持っていた。
しかし、彼女に直接それを伝えることはできなかった。
彼女と今でも、遊んでいても時々何気ない話を聞いて、胸が痛むこともある。
たとえば仲のいい子とか。男性にこくられたとか。
ある日、二人が買い物から帰り、同じ寮へと向かっていた。
蘭「今日は楽しかったな〜、蛍またいこ〜」
蛍「そうだね〜。今日、そういえば夕飯どうしようか?うちで鍋にする?」
蘭「いいね〜!鍋、鍋にしよ!!」
蘭は蛍に向かって屈託のない笑みを見せた。

平穏な毎日がこれからも続くと思っていた。

しかし・・・

「お嬢さん、ちょっと、いいですか」
蘭「はい、なんでしょう?」
男は困ったように地図を指しながら
「実は、ここに行きたいんだけど。君たち、この辺の人?道、おしえてくれない?」
蘭「駅の近くのレストランですね。道は、あそこの角を左に曲がって・・」
蘭がすらすらと向こうを見ながら説明しようとする。
と・・

ガン!!!
男は鈍器のようなものでいきなり蘭の頭を殴った。
蘭「痛っ!!!!」
男はさらに追い詰めるように蘭にもう一度殴りかかろうとする!!
「蛍、逃げて!!」
蘭の口調は悲痛さを訴えていた。

蘭はどこからか突然出てきたもう一人の男に口をふさがれ
何かをかがされたあと、そのまま眠りについてしまった。

どさっ

蛍は立ったまま動くことが出来なかった。足が全く動かないのだ。

男「キミ、この子を助けたかったら俺らと一緒に来な」
蛍「・・・!い、いやです!!離して!!!いやーーーーーーーーーーー!!!」
男「キミが来ないんだったら、この女のこと犯してやるぞ!!!」
蛍「えっそ、それはやめて・・・!!!!」
男「わかったら、おとなしく来るんだな」

蛍は、どうすることもできず、言葉も発することもできずただ男の言うことに従うしかなかった。

全身が今まで経験したことがないくらい震えていた。
助けてという言葉すら出なかった。


二人はどこか車で連れていかれた後、
倉庫のような、アジトのようなところに着いた。
二人とも軽く持ち上げられ、コンクリートの床に乱暴にたたきつけられた。
蛍は骨にひびが入るかと思うくらいの痛みを感じた。

男「さあ、これから楽しいことしようぜ」


2018/02/13 00:00:35(hyaF.vfc)
2
投稿者: 26女

男は薬で眠らされている蘭の服を乱暴に引きちぎり始めた。
男「おい、お前も手伝えよ」
もう一人の男もさらに参加し始めた。

蛍はその音を聞くだけで喉を引っ掛かれているような感覚がした。

男「いい胸してんじゃねーかこいつ」
男は適当に蘭の胸をもみながらそう言った。
男「何見てんだよ!!!!!!」
男は蛍に向かってにらみつけながら大声で怒鳴った。
男「おら!!!お前もこの女、触れよ」
蛍(さわるって・・・・ひどい、ひどいよ、、なんなの、この人たち・・!!
声が出ない・・どうしよう・・)
男「返事はねえのか?おい、返事はっつってんだろーがよ!!!!!!!」

蛍「は、はい・・・・・・・・・」

男「こっちこいよ」
男は無理やり蛍の腕を引っ張り、そのせいで蛍は足をひねってしまった。
蛍「いっ、いたっ・・」
男「ちんたらしてんじゃねーぞ、、俺をまたせんな、ほら早くこいつの体触ってみろよ」
蛍「さ、、さわるって・・ひどいです・・・可哀想・・・」
男「てめえ俺の言うこと聞けないのか?なんならお前の前で今からこの女妊娠させてやろうか!???」
蛍「いや・・・やめてください!!!!」
男「ようし。じゃあ、お前がこの女と代わりにやれよ」
蛍は、蘭の目が薄く開くのを見た。
男「お・・いい時に目覚めたな、調子はどうだ?」
蘭「・・・ん、んん・・」
蘭の口には強力なガムテープが張られており、また手も後ろで手錠をかけられてしまったので、
抵抗できなかった。

18/02/13 00:10 (hyaF.vfc)
3
投稿者: 26女
蛍は目に涙をうかべながら蘭と向き合った。
蛍「蘭・・たすけてあげるから・・・まっててね・・」
蘭は、かすかにうなずいたように見えた。
男「友情ごっこしてねーでさっさと仕事しろよ!!ほら早く!!」
蛍の目から大粒の涙が蘭の太ももに落ちた。
蛍は蘭の頬に触れた。
彼女は、もうこれが最後かもしれないと思った。
蛍「・・・蘭・・・すきだよ・・・」
蘭は、大きく目を見開いた。
蛍「ごめんね・・・」
蛍の細くて白い指が蘭の頬から首、肩に下がる。
蛍(綺麗・・・)

男「まずそいつの胸触ってみろよ」
蛍は、すぐ後ろに男の声が聞こえた。至近距離で観察されている。
蛍の手が震えている。
指先が、彼女の下着に触れた。
蛍は顔が、真っ赤になっていた。
指を彼女の肌にのせる。
柔らかい感触。でもひどく、汗をかいているようだった。


男「乳首を触れ」
蛍は、恥ずかしくて、眼をつぶりながら、胸の先端を指でなぞった。
ここだ・・・

他の人のには触れたことのない場所。
凄く汗かいてる・・
蛍は優しくそっと刺激したせいか
蘭の胸の先はすぐに勃起した。

蘭は、顔を真っ赤にして目をつぶっていた。
ガムテープのせいか、いろんな感情のせいか、苦しそうにしていた。

男「じゃあ、今度は、お前の口で舐めてみろ」
蛍は、眼の涙で視界があまり見えなくなっていた。
男「舐めろよ!!」
男は靴底を蛍の背中にくっつけて、ぐいぐい押しながらそう言った。
見知らぬ男に見張られながら、大好きな人に強引に触れてしまうつらさは言葉では言い表せないほどだった。
18/02/13 00:21 (hyaF.vfc)
4
投稿者: 26女
蛍は、その大きくなった蘭の胸の先端に舌をくっつけた。
彼女のそこは、さらに大きくなった。
蛍は、正直に言ってしまうと興奮していた。
大好きな人に触れているのだから・・・それが不本意であっても・・

蛍はそこにキスをした。
彼女のキスは優しかった。

でも、蛍の長年の気持ちも、もう限界だった。
蛍は、少し強く蘭の乳首を吸った。
蘭の体が反応してはね上がった。
蘭は耳まで赤くなっていた。でも、恥ずかしいのか、眼を閉じていた。
視界が遮断されると、余計に興奮するらしい。
彼女の体温は、どんどんあがっているように思えた。

だが、蘭の様子が少しおかしかった。

何かを我慢しているようだ。

男「じゃあ今度は、あそこを舐めてみろ」
蛍は、恐怖心と羞恥心と興奮がすべてごちゃ混ぜになって頭がおかしくなっていた。
蛍の舌が、蘭の大事な部分の先端にほんの少し当たる。
(蘭・・ほんとうにごめん・・・・)
するとその瞬間、蛍はつばを飲み込むとあの味がした。
(もしかして蘭・・トイレ・・我慢してるんじゃ・・・)

男はそれに気づいたようだった。
男「いいこと考えたぜ。こいつ、我慢してるみたいだな!!
出させてやるよ。その代わり・・・」

男は、近くにあった自分の飲んだ空のウーロン茶のペットボトルに、向かって、
なんと、男性器を出して右手で激しくいじり始めたのだ。
しかもじっと蘭の裸を見つめながら。
蘭もそれに気づいていた、あまりにも恥ずかしくてずっと下を向いていたが、男の
発情した息遣い声だけははっきりと聞こえてくる。
男「うっ・・・!!」
男は短い声を出した後、ペットボトルの中に白く濁った液を大量に射精した。


男は何事もなかったかのように性器をしまい、
ペットボトルをなんと蛍に渡しこういった。
「この中にこいつのオシッコ出させろ」

蛍は震えながら容器を受け取り、
目をつぶりながらペットボトルの先を押し当て、蘭のあの場所を探った。
18/02/13 00:38 (hyaF.vfc)
5
投稿者: 26女
男「よし、じゃあ出していいぞ。早くしろよ」

蘭は、なかなか出さなかった。
目には涙があふれていた。

男「ほら早くしろよ」

蘭は、気力を失い、力なくペットボトルに勢いよく放出した。

男「ちょっとまて、とめろ!!!!」

男はペットボトルをいきなり取り上げた。
男「おい、お前がこの女のを飲めよ」

・・・・・・・・・!!!!!!


男「友達だろ?できねえのか?」

・・・・・・・・・


蛍「そんな・・・・・・・」
蛍は蘭の方を見つめた。

蘭は小さく首を横に振った。

蛍(でも・・ずっと我慢はつらいよね・・どうしたらいいの・・・・・)

蛍「わ、私、のみます・・・・・」


蘭も蛍も、頭がおかしくなっていた。
蛍は、蘭の大事なところに唇を押し当てた。
ピュッ、ピュッ、と遠慮がちに出ていたが、
ドバァッと勢いよく何十秒にもわたって放出された。
どうやら物凄い限界まで我慢していたらしい。
蛍は全部飲み込むことが出来ず、口の中から出てしまった。それがスカートに落ちてしみが出来てしまった。
男はその姿をみて、また自分の性器をいじり始めた。

口の中でしょっぱい味がした。

私と蘭の仲はもう、戻れないと思った。
こんなことをしてお互い、忘れられるわけがなかった。

それから先は、記憶がなかった。
彼女たちは、男二人に散々もてあそばれた後、
息の根を止められてしまった。

どこか知らない山奥に、その体は放棄された。
服もろくに着せてもらえなかった。


二人は、天国で愛し合った。
もう永遠に離れることがない安心感につつまれ、二人は
幸せになった。


18/02/13 00:49 (hyaF.vfc)
6
投稿者: 26女
noteというサイトで巫女・神社に関する記事を始めました。

18/02/14 18:46 (UQSkSQrf)
7
投稿者: 26女
noteというサイトで巫女・神社に関する記事始めました

18/02/14 18:48 (UQSkSQrf)
8
投稿者: 26女
ノートというサイトで巫女・神社にかんする記事はじめました
18/02/14 18:50 (UQSkSQrf)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.