ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
爆乳鬼上司、恥辱の乳搾りレイプ
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:強姦輪姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:爆乳鬼上司、恥辱の乳搾りレイプ
投稿者: わさび
この会社には鬼がいる。

それも、とびっきり爆乳の。


ーーー

「佐々木ぃ!!お前、いつまでチンタラ資料作ってんだぁぁ!!!」

「飯塚ーー!!言ったよな!?ちゃんと確認しろっていったよなぁ!!?てめぇの耳は節穴かーー!」

「高田、てめぇーー!!締め切り週明けだって言っただろうが!まだそんなことやってんのかぁ!!」

オフィスに怒声が響く。
大の男も震え上がるような迫力で叱責してくる彼女は、
一之瀬 瞳(いちのせ ひとみ)。
36歳独身で、若くから主任を任されるほどの『デキる女』だ。
長い黒髪をひとつにまとめ、パンツスーツで颯爽と仕事をする姿は、一見すればこの男だらけのオフィスでは花のように美しく目立つ。
しかも顔は美人で、胸はかなりの爆乳。尻も大きくパンツスーツは少し窮屈そうだ。

しかしこの厳しすぎる性格と口の悪さで、彼女とお近づきになりたいと思う男たちはおらず『鬼上司』と恐れられてきたのだった。


『喫煙室』

「っくそ、一之瀬のヤロー…ガミガミくそうるせぇ!!」

「ほんっとストレス溜まるわ…資料直されるの3回目だぜ。しかもくそ細かいとこ!誰もみねぇっての」

「あーまじでイラつく!!」

喫煙所で煙草をふかしながら、社員たちは瞳の愚痴を吐き続ける。

「あ、そういや午後に本社の人が来るらしいぜ」

「それ浪川SVだろ?一昨年までこっちにいた」

「あー懐かしいな。あの人いる頃はまだ一之瀬もそこまで煩くなかったよなぁ」

「浪川さん、一之瀬が入社したときに指導係してたんだって。ちっとはそれで抑制されてたんかな?」

「まじかよ、どんな指導したらあんな鬼に育つんだよ(笑)てか、浪川さんホンワカしてるのに、あの女の指導って…」

「『くそみてぇな指導してんじゃねぇぇ!!』って怒鳴ってたりして(笑)」

バァン!!!

「お前らぁぁ!!いつまでサボってんだぁぁ!!
今日中に帰りたかったらさっさと仕事しろっ!!」

「すっ、すいません!!」

「すぐっ!も、戻ります!!」


ーーーー

「はーい、みんな注目。今日から1週間、監査準備のために本部から来てくれた浪川くんです。前はここに居たから、知ってる人もいるよね」

「こんにちわ、浪川です。お久しぶりの人もいますね。
短い期間ですけど、よろしくお願いします。
何か業務の悩みとかありましたら、遠慮なく言ってくださいね」

この人の良さそうな眼鏡の男性、浪川宏樹はここの主任を経て本部異動になったエリートだ。

物腰が柔らかく、後輩にも優しいのでみんなから慕われていた。


「おい!部長からの話は以上だ!さっさと仕事に戻れ!」

ーーー

「浪川さん!ご無沙汰してます」


「佐々木くん、飯塚くん!あ、高田くんも!久しぶり。元気そうだね」

「いや〜元気じゃないっすよ」

「胃に穴開きそうっす、鬼上司のせいで」

「鬼上司?」

「一之瀬主任ですよ!もうずーーっと怒鳴られっぱなしで…あんなんパワハラですよ〜」

「えぇ〜一之瀬さんが!?そんなにキツい子じゃないと思うんだけど」

「キツいなんて可愛いもんじゃないっすよ!鬼ですって!!」

「ったく、更年期か欲求不満なんじゃねーの(笑)って、あ、すんません、冗談ですっ」

「うーーん、それもあるのかなぁ〜」

「えっ……ちょ、やめてくださいよ(笑)浪川さんもそんな冗談言うんですね!笑」

「あ、今夜良かったら歓迎会がてらみんなで飲みません!?」

「うん、いいね!あ、じゃあ一之瀬さんも誘おう」

「えっ!だ、ダメっすよ。主任なんて呼んだら…」

「大丈夫、大丈夫!ほら、飲みニケーションなんて言葉もあるし、酒の席だったら彼女も楽しく飲めるはずだよ!
それに彼女にも、結構可愛いところもあるんだから(笑)
あ、おーい、一之瀬さーん」

「あっ!あぁ…」

「おれ、行くのやめようかな…」


つづく
2018/01/13 18:05:15(29t0HQp8)
2
投稿者: わさび
「かんぱーい」

「おつかれーす」

グラスを鳴らしながら乾杯をする。

「まったくこんな忙しい時に呑気に飲み会なんて…浪川先輩まで巻き込んで…」

「違う違う、俺が久々にみんなと飲みたかったんだって。明日は休みだし、たまには息抜きしないとね」

「い、いや〜浪川さん、この店良いっすね!」

「ほんと、静かだけどキレイだし、飯はうまそうだし」

「でしょー俺の知り合いがやってんの。完全個室で外の声もほとんど聞こえないでしょ?密会にはもってこいだよ(笑)」

「ははっ!まじそれっすねー不倫とか…あ、すんません」

ジロリと瞳に睨まれる。

(くそ、冗談も下ネタも言えないなんて酒が不味くなるわ。
あーでも黙ってればほんと美人だよな。年齢のわりには肌もキレイだし、なんせあの乳…いっかい拝みたい)

「なんだよ佐々木、ジロジロ見やがって。なんか言いたいのとでもあんのか!?」

「いっいえ!な、なにも!!」

「ほらほら、そんな顔したらみんな怖がっちゃうでしょう。せっかくキレイな顔してんだから、ね?」

むにゅっと浪川が瞳の頬をつねる。

(ひいい!!浪川さん!殴られますよ!)

(こ、こぇぇーーー)

「や、やめてくださいっ」

顔を赤らめてパシンッと浪川の手を払う。

「え…」

照れている…?

こんな瞳の顔を見たことがない。

(これはもしかして…)

(一之瀬のやつ、浪川さんのことが好き!?)

(まじか!おもしれーー!!)

「し、主任!せっかくなんでもっと飲んでくださいよ!」

「おつぎしますよ!!」

「は?別に私は…」

「一之瀬さん、せっかくだから。ねぇ?」

「う…わ、分かりました」


ーーー

宴が始まり小一時間がたった。

みんな程よく酒が回り、饒舌になってくる。

「でもまじで主任美人ですよね〜」

「これでもっと優しかったら、みんな主任のこと好きになりますよ〜」

「あぁ!?誰もてめぇらに好かれたくて仕事してるわけじゃねぇんだよ!大体なぁ…」

「す、すいません!調子乗りました!!」

「ほらほら、また怒っちゃって。みんな誉めてくれてるんだよ、一之瀬は美人だよーって」

「べ、別に誉めてほしくなんか…」

「美人だし、スタイルも良いし」

浪川が後ろから瞳の両肩をさする。

「え、浪川さん…」

「おっぱいもおっきくて、お尻も…2年前より大きくなった?」

「あー!な、浪川さん酔ってんすかぁ!?」

「いやー浪川さんの下ネタとかレアだわぁ」

(やべーよ、浪川さんまじで殴られるぞ)

「みんなだってそう思ってるんでしょ?それに一之瀬も…まんざらじゃないでしょ(笑)」

「え…主任?」

顔を真っ赤にして、俯いている瞳。

消え入りそうな声で「やめて…」と呟いている。

「ほらほら、みんな見たいって。一之瀬の爆乳♪
おれが脱がせてあげよっか?ほら〜」

浪川の手は肩から胸につたい、スーツの上からむにゅむにゅと揉みしだく。

「ん…やめ…」

「おれ、ちょっと心外なんだよね。一之瀬がみんなに怖がられてるなんて。だって一之瀬は…」

ブチブチブチンっ!

勢いよくシャツのボタンが引きちぎられ、畳に何個かボタンが転がっていく。

「おれの可愛い肉便器だったじゃん♪」

ピンクのブラと爆乳が、男たちの前で露になった。


つづく

18/01/13 18:48 (29t0HQp8)
3
投稿者: わさび
「相変わらず可愛いブラ着けてるねぇ(笑)」

躊躇することなく、浪川は瞳の爆乳を触りまくる。

「え…なんすか、これ」

「ま、まじすか浪川さん…」

「はは、さすがに冗談だったら今ごろ殴られてるよ〜。
まぁ最初はちょっと抵抗してたけど、一之瀬もすっかりおれのちんぽが大好きになっちゃったもんねぇ?」

「ちょ…先輩…これ以上は…」

「いっつも怒鳴ってるんだって?欲求不満じゃないかって冗談言われてたけど、案外ほんとにそうなんじゃない?
おれが本社に異動してから、ほとんどやってないもんね。
こっちいる時は毎晩やりまくってたから、かなり溜まってるんじゃない?」

「違…それは、こいつらが仕事できないから…」

「頭ごなしに怒鳴ったり力で押さえ付けるなんて、あんま効果的じゃないと思うよ。

あ、でもそっか…一之瀬はおれに力ずくで便器堕ちさせられちゃったから、そういうやり方しか分かんないのかな?」

プチンっ

ブラのホックが外され、ずるっとブラがずれる。

「やっ…」

「隠しちゃダメ。ほら佐々木くん、ブラ取っちゃいなよ。見たかったんでしょ?一之瀬の爆乳☆」

ごくり…

震える手を近づける。

「えっ…や、やめろ…佐々木!おい!やめ…」

「…うるせーよ」

勢いよくブラを剥ぎ取ると、妄想の中で何度も犯した瞳の爆乳が丸出しとなった。

「おぉ〜迫力のおっぱいだねぇ、一之瀬。
みんなに触ってもらおうよ」

「せ、先輩…これ以上は…わ、私はあなたと以外…」

「一之瀬、勘違いしちゃダメだよ。お前はおれの恋人じゃなくて、肉便器なんだよ。
おれひとりで使おうが、みんなで使おうが、おれの勝手なの。
さあ、みんな!今日は特別に公衆便所にしたから楽しもう♪」

「まじすか、浪川さん!」

「え、これドッキリとか違いますよね!!?」

「お前ら声でけぇよ!店の人に…」

「高田くん、最初に言ったでしょ?ここは俺の知り合いがやってる、密会にぴったりな店だよ」

「あ…」

皆が察したようにニヤリと笑い、瞳ににじりよる。

「お前ら…こんなこと、許されると…」

「うるせ!浪川さんが良いって言ってんだから、今からお前は俺らの便所なんだよ!」

「おらっ!さっさと全部脱げよ!」

「やっ!やめ…離せ…」

3人の男の力に敵うはずもなく、あっという間に服を剥ぎ取られ、パンティ1枚の姿にされる。

「バカみてぇなデカ乳だな!男に揉まれるためにあるようなもんだな!」

馬乗りになり、乱暴に鷲掴みされぶにゅぶにゅと揉まれる。

「い、いや!やめろ!さ、触るなぁ!!」

「うるせぇなぁ、こっちも見せろよ!」

足を左右に広げられ、パンティ越しにおまんこをクンクンと嗅がれる。

「あ〜雌臭ぇ。主任〜すっげえろい臭いがプンプンしてるんすけど(笑)」

パンティの上からツンツンと指で突っつくと、段々とぷっくりしたものがうっすら見えてくる。

「ははっみんな。一之瀬ご自慢のデカクリだよ。
一之瀬はクリに弱くてねぇ」

「や、先輩!い、言わないでくださいっ!」

「へぇ〜良いこと聞いたわ」

コスコスとパンティ越しにクリを高速で擦り始める。

「っん!うっ…や…」

「あ!すげーすげー!あっという間に勃起したしてきたわ(笑)なんだこのクリ!」

「乳首もちょっと弄っただけでおっ立ててるぞ。こんなにコリコリに尖らせて、何がやめてだよ(笑)」

ギュニュウっと両乳首がつねられる。

「ふぅぅ!!あっあ!!」

「主任〜ちんぽしごいてくださいよぉ」

勃起したちんぽが瞳の手のひらに擦り付けられる。

「な、なんでそんなこと!」

「いっつも俺らのこと、しごいてくるじゃないですか〜
得意なんでしょ、しごくの(笑)」

「一之瀬、飯塚くんは優しいねぇ。俺なら有無を言わせず口に突っ込んで喉マンコ犯しちゃうけどね。
それとも、口でしごくほうが好き?」

「っ…」

唇を噛み締めて、熱いちんぽを握り、亀頭をこねたり竿を上下に擦りあげる。

「おいおい、クリ擦られてパンツに染み作ってんじゃねーよ!このどエロが!」

「んっ!んふぅ…」

むちゅ、チュパチュパチュパ…

「このエロ乳首うめぇ〜すげビンビンじゃねぇかよ!」

「…んん…や、やめ…」

「ふふ、一之瀬ぇ。みんなに使ってもらえて良いねぇ」


つづく
18/01/13 19:48 (29t0HQp8)
4
投稿者: わさび
ブチュッブチュ、クチュクチュクチュクチュ…ボチュッボチュッ…

「…ぅ…んぅ!!っあ!ふぁ!!っくぅ…んん…」

「なんすか、可愛い声もでるんじゃないすか〜」

「まん汁すげぇ量なんですけど!ぐっちょぐちょ!」

「おら、もっと気合い入れてしこれよ!!」

身体中を弄られながら、瞳の喘ぎ声と男たちの嘲笑する声が聞こえる。

「そろそろしゃぶれよ」

四つん這いにされ、仁王立ちする飯塚のちんぽを口に突っ込まれる。

グチュックチュン…んぶ…ふぶぅ…ムッチュムッチュ…

「あ〜いいわ、あのくそうるせぇ主任を征服してる感じ…ほらほらもっとエロイ音だしてしゃぶれよ!」

「おぉ!デカ尻もそそるなぁ!いい加減汁まみれのパンツ脱げよ」

ズルンッとパンティをおろされると、むわっとスケベな臭いが漂い、ねっとりとお汁が垂れている。

「あー!もう無理!1回ぶっかけさせて!」

ガシッと頭を掴まれ、ガンガンに腰を動かす飯塚。

「おごっ!ふごぉ!!ブチュブチュ…おっおぉ…ジュボジュボジュボジュボ…」

「っく…っあぁ!!」

ビュッ!ドピュッ…ピュッピュ…

「んっ…んふ…!!」

キレイな顔や艶のある黒髪に、ザーメンぶちまけられる。

苦しかったのだろう、涙目で顔を赤らめており、その表情はいつものお堅く厳しい瞳からは想像がつかない。

「主任いいっすねぇ、ザーメンまみれにしてもらって(笑)」

「ちょっとコイツさらにマン汁垂れてんだけど」

「まじかよ、イマラチオされてまんこ濡らすってエロ本だけかと思ったわ(笑)」

「みんな〜盛り上がってきてるけどなんか注文する?」

「あ、自分今は…」

「おれも…浪川さんの適当に頼んでもらって大丈夫っすよ」

「そ?ここ良いの揃ってるよ〜」

しばらくすると男性店員が入ってくる。

さすがに店員の登場にたじろぐ男たち。

「っ…た、助けて!」

店員は瞳を一瞥し、ふっと浪川に笑いかける。

「浪川が前から可愛がってる後輩だろ?
へぇ、これはまたすけべそうな爆乳ちゃんだね。

お姉さん、悪いけどうちも商売なんで。
まぁいろいろ持ってきたから楽しんでね」

「ありがとな〜」

「あ…な、なんすか。何持ってきたんですか?」

「これ?味見してみる?」

小さめの段ボールを開けると、そこには卑猥な形の玩具たちが…

「まじっすか!やべ、これエグい(笑)」

「主任、早速味見してくださいよ!笑」

ピンク色のバイブを手にしながら、佐々木が近寄る。

「や、やめろ!そんなの…」

「おい、ちょっと押さえとけよ」

飯塚と高田は仰向けにした瞳を押さえつけ、無理矢理足を広げさせる。

「離せっ!や、やめ…せ、先輩!やめさせて!お願い…」

「え〜なんで?おれ、自分の仕立てた便器が誰かに使われてるのって、すっげぇ興奮するんだよね〜」

「そ、そんな…わ!バカ!やめろっ!」

「うるっせーな、まんこぐちょぐちょの準備万端じゃねぇかよ!」

ズブっ…ズニュウゥゥ…

「あっ!……ん…ひぃ…くぅ」

どんどんとバイブは瞳の柔らかい膣肉に飲み込まれ、ズッポリと根本までくわえ込む。

「散々嫌がっといてあっさり喰ってるじゃねーかよ(笑)」

「うっわ、ギチギチじゃねぇか。えっろ」

「っふぐ…くそ、なんで…こんな…」

「だから、飲みニケーションだってば、一之瀬。
仕事場では分からないお互いの意外な一面が分かって良いでしょ?
ほら、一之瀬の大好物あげるよ」

ヴィーーーーンっと2つのローターがうねりながら、膨らんで大きくなったクリトリスを挟み込む。

「あっ!やぁ!!ひぎぃぃ!んぉっあっ!あ!!」

「あらら、やっぱりクリ好きだねぇ。
ほらみんな、恐れてた鬼上司もクリ責めが好きなただの雌だったよ〜」

「ち、ちが…あっ!んひぃぃ!!」

「すっげ…こんな蕩けた顔して…ほんとただの雌だわ…」

「あ、すんません気が利かなくて。バイブ忘れてました(笑)」

カチッとスイッチを入れると、ヴィンヴィン!とうねり出す。

「ふぅぅ!!んぁ!や、やめ、止め…いやっ…」

ジュボジュボブチュブチュポチュンポチュン

容赦なくバイブを出し入れされながら、同時にクリを挟みま責めされ続ける瞳。

「っあ!だ、ダメ…い、イグ…あがぁ!い、イくぅぅ!!あぁぁああ」

絶叫に近い声を上げながら、身体中をびくんびくんさせながらイッてしまう瞳。

「あぁ、一之瀬。良いイキっぷりだね。明日は休みだから、今日はゆっくりできるねぇ」

ニコニコと浪川は瞳に微笑みかけた。


つづく
18/01/14 09:26 (.Z4qKOws)
5
投稿者: わさび
「改めてかんぱーい」

「うぃ、かんぱーい」

「あーうめぇ!こんなうまい酒久々っす!」

「そうだねぇ。酒もうまいし、何てったって肴が最高でしょ。ね、一之瀬♪」

ブブブブブブ…

ウィィーーーン…

「ふぐ…っく…ん、んん!!んんんん!!」

カチンっ

「っく…うぅ…」

カチンっ

ビィィーーーン

「ひぐっ!んんぅ!!ふぅぅ…」

両手を後ろで縛られ、足も閉じられないように縄で固定された瞳。
丸まったパンティを口に突っ込まれている。
乳首にはクリップ型のローター、クリには遠隔操作のローターが装着されている。
まんこにはあえて何も入れられず、物欲しそうに汁を滴ながらクポクポと動いているのが丸見えだ。

さっきからイキそうになるたび、浪川がローターのスイッチを消すため、なかなかイカせてもらえないでいた。


「しかし浪川さんも、こんな鬼みたいな女どうやって堕としたんすか」

「えー簡単だったけどね。いくら男勝りでも、こんなおっきいおっぱいぶら下げてるんだからね。すけべじゃないわけないじゃん(笑)

おまんことクリ可愛がってあげたら、いつの間にか自分からケツ振るようになったよ」

「まじですか、いや信じらんないっすよ〜」

「でも、俺がいる時も時々みんなのこと怒鳴り散らしてたよね。
あれ、俺がおあずけしてる時が多かったかも。
ごめんねぇ、迷惑かけて〜」

「…まじで、ただの欲求不満ババァかよ(笑)」

「言ってくれたら俺たちが慰めてあげるのに〜」

「なんだ、一之瀬。みんな良い後輩じゃないか♪」

「っぐ…んん…ふぅぅ…」

「あーあ、マン汁こんなに垂らして。だらしないまんこっすね」

ぐりぐりと足でまんこを弄る。

「ふぅぅー!んふぅ!ふぐっ…」

ーーーー

「おら!イキたいんだろ!?イキたいなら自分で努力しろよ!!」

「すっげ!爆乳ぶるぶるじゃん(笑)」

「んっ!ふぎっ!あっ…あひっ!」

「休んでんじゃねぇ!ほらもっと下品に腰動かせよ!」

床にディルドを固定され、そこに上から跨がっている瞳に。

ズッポズッポ、グッチョグッチョ…バチュンブチュン

「ふぅ!うっく…」

「いいわー主任のディルドオナニーとかフル勃起もんだな」

「うっ…う…い、イクぅぅ…あっ…」

「はーい、そこまで♪みんな止めて!」

浪川の一声でみんなは瞳の動きを止め、瞳はまたイクことを許されなかった。

「な、なんで…ハァハァ、自分でイクなら…良いって…」

「イカせてあげようかと思ったけど、やっぱやめた☆
せっかくちんぽがこんなにあるのに、ガチイキするのはやっぱ本物のちんぽが良いでしょ?」

「そ、そんな…こいつらとするなんて…絶対…いやです…するなら…先輩が…」

「便所に選択肢がないの分かんないかなぁ?むしろ恵んでもらえるんだから、ありがたく受け取らないとバチが当たるよ!」

「そうですよ、主任みたいな性格に難ありの年増まんこなんて、頼まれなきゃ挿れませんよ」

「お前よく言う(笑)いっつも犯してぇって言ってたじゃん(笑)」

「うるせ(笑)」

「ほら、イカせて欲しいんならみんなにお願いしないとね」

グッと唇を噛み締めて最後のプライドを捨てまいと堪えているが…

3人が赤黒くそそりたつちんぽを目の前に持ってくる。

カウパーが溢れる亀頭を唇や頬に当てられ、プツンと糸が切れてしまう。

「あっ…あぁ…お、おちんぽ…ください…イカせて…ください」

つづく
18/01/14 10:17 (.Z4qKOws)
6
投稿者: わさび
クチュクチュッ…ツプッ…ずるんっ

「あー入る入る…やっぱ入れなーい(笑)残念でした〜」

「お前何度目だよ(笑)あーあ可哀想に、主任のまんこダラダラにヨダレ垂らしてんじゃん」

「ふっ…う…くっ」

「ほらほら主任、ちんぽの先が入ってるよ〜
どうします?このままズボズボしたら気持ちいいでしょうねぇ。
ほーらズッポズッポ、入れようかなぁ〜あーやっぱやめとこ(笑)」

「お、お前ら…さっきから先っぽばっかり…」

「あぁん?そんな態度でちんぽ恵んでもらえると思うなよ」

「本来なら土下座してほしいくらいだけど、俺ら優しいからさ(笑)」

「下品におねだりしてくれてら、即ハメしてあげますよ」

「くっ…」

ズリュッズリュッ

ちんぽがクリを擦りあげていく。

「あっあぁ…は、早く」

「聞こえねぇよ」

「お、お願い…は、早く入れてください…」

「もっと下品なのくださーい(笑)」

「ハァハァ…こ、この、淫乱雌牛女の…すけべまんこに…み、みんなのおちんぽ…ハメハメして…ください」

「っぷ!ギャハハッ!まじで言ったわ!」

「こんな台詞言うやつ、エロ本以外で聞いたことねぇわ(笑)」

「そこまでしてちんぽ欲しいとか、まじ終わってんなぁ。でも便所としては…」

ズブンッ…ズニュウゥゥ…

「割りと優秀じゃないっすか!?」

「いぎぃ!!あっ!あぁ…」

「まじか、コイツ入れただけでイキやがった」

「ずっと寸止めだったからね。一之瀬、今からは逆にやめてっていってもやめてあげないからね♪」

「おらおら!これが欲しかったんだろ、淫乱雌牛わよぉ(笑)」

「んひぃ!あっふぁ!ふごっ!」

「空いてるならこっち使うぞ」

「ぐぶっ…ごほっ…んっぐ…むちゅ…ジュボジュボ…おぶっ」

「あーコイツのまんこ具合良いわ。すっげ柔らかくてブチュブチュだわ」

「早く変われよなぁ」

「分かったって!おい高田。一気に突いてぶっかけるぞ!」

「おぉ!雌牛には特濃なミルクだよなー」

「おらっ!おらおらぁ!思いっきり受け止めろよ」

グボッグボッ!パンパンパンパン!!

ジュブッジュブッジュブ…

「んぶぅ!んごっ!ふごっ!おぉん!!」

ドピュッドクンッドクンッ

「っあー……出る出る…」

「っふ…すげ…上も下も汁まみれじゃねーかよ」

「あ…あぅ…おちんぽミルク…いっぱい…」

ーーーー

パンパンッパンパンッ

グチュングチュン!

ブポッグポッ…

「やっぱみんな若いねぇ。全然萎えないじゃん」

「こいつのまんこすげぇんすよ。やべ、腰とまんねぇ!!」

「クリをローター責めしたら、締めが良くなるぜ」

「おっまじで?主任〜ローター責めですよ〜おりゃ!」

「やめ…んひい!!あっ!ぎゃ!グリグリ…いやぁ!!」

「さーて、だいぶあったまってきたみたいだね。
みんなに面白いもの見せてあげるよ」

「え…なんすか?」

「一之瀬、すっかりすけべな便所っぷりだけど、その前に君は淫乱な雌牛だよね?
みんなにすけべ牛の姿も見てもらいたいよねぇ」

「…あ、あれは…」

「ふふっ…このおっぱいの張り具合やマン汁の粘度からして、もうすぐ生理がくるね」

「なっ…」

「図星だねぇ。ブランクあると言え、何年君の身体をなぶったと思ってる?
この時期ならそろそろ出来るよねぇ?」

「え、できるって何が…」

「はーい、みんな注目♪我らがすけべ牛女、一之瀬のサービスタイムだよ。ほら、早く準備しなさい」

「…はい。んちゅっ…んむっ」

くにゅっくにゅっ…チュパチュパチュパ…

突然自分の乳首を舐めたり吸い出す瞳。

ぷっくり乳輪と、少し弄っただけでビンビンになる特大長乳首。

「ふぁっ…あっあ…」

「しょうがない、手伝ってあげるよ」

クリクリクリ…ムニュムニュブチュブチュブチュ…シコシコシコシコ

「あっ!あぁ!きますぅ!で、でるぅ!!」

ピュッ!プシュッ…ブシュッ…ピュッ、ピュー…

乳首をしこると、そこから乳白色の母乳が噴き出している。

「はーい、雌牛ちゃんの、まじもんミルクのサービスだよ〜」

「やっ…やぁ!と、止まんない…先輩、しこるの…やめ…んぁ!!」

プシュッ、プシュウウ…


つづく
18/01/14 17:25 (.Z4qKOws)
7
投稿者: わさび
「まじかよ…母乳噴射ってどこのAVだよ(笑)」

「しかもあの惚けたツラ…母乳出しながら悦に入ってるぜ」

クニュクニュクニュクニュ…プシュッ…ブチュンッ

「あひっ!み、ミルク止まらないぃ…」

「すごいでしょ、みんな。一之瀬は生理前になるとホルモンバランスのせいでおっぱいが張っちゃうんだよね。
乳首責めだけしてたら、いつのまにか母乳が出るような身体になっちゃって(笑)
ほんと、こう見たらただの牛だよね〜」

「いやぁ…見ちゃらめ…あぎぃ」

プシュプシュと乳白色の液体を噴き出しながら、瞳は浪川に後ろから抱きしめられるような格好で座らされる。
そしてぱっくりと足を広げさせられると、粘度の高いマン汁まみれのおまんこが、クパァと広がっていく。

「俺が搾乳しててやるから、みんな好きにしなよ」

ぐにゅんぐにゅんと執拗に乳首を捏ねられ、ビクビクと痙攣する瞳。

「じゃあ失礼しまーす(笑)」

ズブンッ!

「んぎ!っあー!はぁん!んぉぉ」

ズコズコとおまんこを犯されながら、母乳まみれの乳首を吸われる。

「へぇ?あんまうめぇもんじゃないな。もっと甘いのかと思ったぜ!うりゃっ!おら!」

「ひぃぃ!おまんこイクぅ!おっぱい出しながらイッちゃうぅ!!」

ドクッドクンッ!

「あっー出た出た…おりゃっ母乳とザーメン混ぜてやるよ」

まだ少し汁が出ているおちんぽで、乳首をグリグリと弄られる。
母乳が段々とザーメンと混ざり、ねっとりと爆乳にへばりつく。

「次オレ〜♪」

ズボッブニュっ…ブリュ…

「ははっマン屁出してんじゃねえよ!しっかり閉めろ!」

バチンッ

「あっあぁ…ふごっ…おっおぉ…」

デカ尻を叩かれながら、バックでガンガンに突かれまくる瞳。

下から高田が潜り込み、シコシコと乳首をこねる。

「まじで乳搾りじゃねーか(笑)」

「こんなスケベな雌牛の元で働いてたとはなっ!おらっ!下品にイケよ!」

パァンパァン!!パンパンパンパン…

「んぁぁ!!イグぅ…お願いとめて…こわれ…んっきぃぃ!!!

「はぁっ…はぁっ…は…なんだコイツ、まじで淫乱な獣じゃねぇーか(笑)」

放心状態で仰向けにひっくり返り、ビクビクと痙攣している瞳。

身体中がマン汁、ザーメン、母乳でぐちょぐちょになっている。

「今日は良い親睦会になったね!
一ノ瀬ぇ〜良かったなぁ、みんなと仲良くなれて。
明日からもみんなで仲良く過ごすんだよぉ」

「あ…あひ…は、はひ…」

ーーーーー


「てめぇ!まだ取引先に報告してねぇのかよ!うちの信頼落とすきかーー!!」

「だからお前は遅ぇんだって!!こんな仕事バイトでも出きるぞ!!」


男顔負けの怒号が響きわたるフロア。

「う、噂には聞いてましたが…一ノ瀬主任ってむちゃくちゃ怖いですね…おれ、やってけるかなぁ」

「あ〜大丈夫大丈夫、あの人怖いけど、ちゃんとコミュニケーション取れる人だから」

「そうそう、それにあれで結構可愛いところもあるんだよ(笑)」

「先輩たち強いっすねーおれ自信ないっす」

「じゃあ今日親睦会しようぜ!旨い肉仕込んでんだわ(笑)」

「肉ですか!?おれ大好物です!」

「おーおー極上の肉だからしっかり味わってけよ(笑)」

「はいっ!…ところで、さっきから何か変な音しますね」

ヴヴヴヴ…

「そうかぁ?気のせいじゃねーの?ね、主任」

ヴィーーーーン

「っあ…!あぁ…気のせいだ…新人はさっさと手動かせ!」

「はいっすみません!!」

「はっ…んん…ち、ちょっと…席を外す…お前らさぼんじゃねぇぞ!!佐々木、ついてこい!」

「はーい♪」

カチッ…カチカチッ!

ヴィンッ!ヴヴーーン!!

「んっ!ふぐっ!」


「佐々木先輩、大丈夫ですかね?主任の顔険しかったですよ…」

「大丈夫だって、ちょっと仕込みにいってるだけだから(笑)」

「???」


この会社には鬼がいる。


ズコッズコッブジュッブジュ…

「んぉああ!おひり…めくれりゅ」

「今日は新人もつれて飲みに行きますからね!
ケツ穴しっかり広げといてくださいよ!おりゃっ!!」

「ローター…にゅいてぇ…」

「いつでも使えるようにまんこは準備しとくっつったろ!?1回で覚えろよな!この駄ウシがよぉ(笑)」

「ひぃん!あっ!ひ!」

「おーおー今日も爆乳張ってるな!こないだ仕入れたホルモン剤が良かったかぁ?生理関係なく出るようにしてやっからよぉ(笑)」

「あひぃ!んほっ!んごぉ!!」

それもとびっきり爆乳で、どすけべなウシ女だ。

「い、いかせてぇ!おちんぽでイカせてっ!淫乱な雌牛をもっと苛めてぇぇ!!!」


おわり
18/01/22 13:19 (i0SIoTHE)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.