ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
就活生揺らぐ
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:近親相姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:就活生揺らぐ
投稿者: 望結
わたしは就活中の21歳の大学生です。昨年の初秋に経験した兄とのことを書きます。
その日は平日で親も兄も仕事に出ていました。

わたしは大学の講義が午前中で終わり、昼からは二時間ほど会社の資料集めをしていました。

帰宅したのは夕方の四時頃でした。

部屋に行って、着替える前に洗面所に行こうと思ったんですけど、
近くまで行くと奥の浴室の方からシャワーの音が……。
わたしは?ってなり……脱衣室に……入りました。
浴室の方からシャワー音と湯気が立ちこめていました。
浴室のドアが半開きになっていて……そこにいるのが誰かはすぐにわかりました。
四歳年上の兄の、優紀です。

湯気の向こうの浴室の兄の横顔と裸体が、ハッキリするにつれ、わたしは完全に固まってしまいました。

兄はシャワーを上に固定したまま、胸の辺りに温水を流しかけていました。
でも右手は……股間の大きく、勃起したものを握りしめていたんです。
性器は反り、添えた手はゆっくりと上下に動かされていました。

わたしはショックで完全に立ち竦んでしまっていました。
他の人間がいれば、わたしの顔は目を大きく見開き、口を大きく開けた顔であったかもしれません。

家族だからこそ、プライベートの、その行為は見られたくない、見てはいけないのです。

わたしは音をたてることも出来ず、後退りもできません。
やがて、兄の握りしめた、手の動きが少しづつ早くなり、シャワーの音に兄の喘ぎが重なりました。

それを見ていた、わたしの胸も苦しく……体が少し震えてくるみたいでした。

兄の上下に動く手は、これ以上はないというほどの早さに変化して
いました……瞼はきつく閉じられて……顔は紅潮して歪み、普段の優しく……聡明な兄ではありません。

男……いえ、オス……そのものに思えました……。

次の瞬間、生臭い呻きと共に……白い液体が空中に飛び散りました。

わたしは頭の中が真っ白になり、
汗が噴いているような肌の粘り気を、感じていました。

兄はわたしの存在に気がついていないようでした。

わたしは後退りしながら、踵を返して二階の部屋に駆け上がって……
部屋のドアを閉めたんです。

胸がドキドキして……体が熱く……
着替えをしていると……ショーツの股間の辺りがヌルヌルします。
それだけではなく、乳房は張って、女の部分はむずむず感と疼きの感覚が芽生えていました。

後から聞いた話しですけど……四歳上の社会人の兄は……溜まった有休をとっていたそうです。

わたしはティッシュで股間の汚れを拭き取りました。夕方からカフェのバイトがあり、それに
備えなくてはなりません。

その日のバイト先でのわたしは失態続きでした。
先ほど見た……浴室でのあの光景が
頭にちらちらして……集中できませんでした。

帰宅しても……就職活動の資料を
見直すことも手につかず……落ち着きませんでした。
その落ち着かない原因を取り除く、方法をわたしは知っていました。

ただ……それに兄を使うことは、空想の世界でも抵抗が……あり……禁忌だと自分を抑えていたんです。
自分の自尊心も激しく傷つくはずです。

その夜はベッドに入っても全く寝れませんでした。
わたしの頭に膨張した男性器を、激しく扱く兄の姿が昼間以上に、まとわりついて離れない。
このまま……眠れないと次の日がキツくなる。

わたしは夜中の三時過ぎにとうとう音を上げました。

ベッドの上で胸を優しく、時には激しく揉みしだき、ショーツも脱ぎ捨てたんです。

興奮して膣から出た大量の愛液を人差し指にまぶして、小さな円をクリトリスの先で描いたり……指先の二本で両側からクリトリスを挟みこんで擦りあげました。
頭まで甘い痺れが突き上がりました。

膣には指を浅く深くと交互に入れて……最後は一本から二本に指を重ねるように増やしたんです。
声も憚らずに出し、喘ぎ、奥まで挿入した指を抉るように、力強く出し入れして動かし続けました。

ベッドの上で、のた打つくらいの、激しく凄まじい快感でした。
我慢してた分、興奮も今までに
経験ないものでした。

一度だけ?。終わりません
朝方まで五回もイッてしまったんです。

朝になって……兄の顔を見ることはできませんでした。
頭はすっきりして……体も軽かったんですけど……兄でオナニーをした
事実は消せません。
罪悪感があったんです。

それから半年……わたしは何度も、
あの浴室の光景を思い浮かべて、
欲求を満たしています。



2018/02/12 12:03:28(6Sm/IAXK)
2
投稿者: 業火
こんばんは

投稿読ませてもらいました。
欲してはいけないものを求めてしまった後悔と、快楽を求めてしまう欲求の葛藤にとても興奮させてもらいました。
よかったら直接話を聞きたいです

ご連絡もらえますか?
18/02/13 20:57 (BMiKAJad)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.