閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
3歳年上の姉ちゃんの淫らな性教育[1]
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:近親相姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:3歳年上の姉ちゃんの淫らな性教育[1]
投稿者: もっちー
僕には3歳年上の姉が居て、今年22歳のJDで顔は土屋太鳳似の一見、おしとやかに見えるかも知れないですが、この姉の菜緒姉ちゃんがとんでもない淫乱JDで姉が通って居る大学のキャンパス内でも噂に為る程の淫乱JDらしいのです。あっ、僕の自己紹介をするのを忘れて居ました。僕の名前は関口涼、今年の5月の誕生日で18歳に為る一浪の予備校生です。僕は今年の2月に大学受験に失敗して毎日スマホのエロ動画を観ながら悶々とした日々を送って居ました。






そしてそんなある夜の事でした、僕は自分の部屋で受験勉強をする振りをして何時もの様にスマホのエロ動画に夢中に為ってセンズリをして居る時でした。僕の背後で人の気配がするので、僕が後ろを振り向くと其処には白いキャミソールとピンクのエロい透けた小さなハーフバックのパンティーだけの菜緒姉ちゃんが小悪魔の様な笑顔で妖しく見詰めながら立ち尽くして居ました。




『涼、アンタ……、受験勉強もしないで、何をしてるのかと思えば………随分、気持ちの良さそうな事してるじゃないのぉ……? アンタ……、未だ童貞クン……?』



『な、何だよぉ……、部屋に入る時はちゃんとノック位しろよぉ……、逸れに何だよぉ……そのエロい格好は……
? スカート位は穿けよぉ……暖』




『良いじゃん、アンタと私は血を分けた姉弟なんだから……、逸れよっかぁ、今のアンタは童貞クンで……、スマホのエロ動画にハマって悶々としてるんじゃないのぉ…?
そんな時は私のオマンコでスッキリさせた方が良いんじゃない……? ママとパパには内緒にするから……
どぉ……涼ちゃん……、お姉ちゃんと筆下ろししたくないのぉ……?』





『え、ええ、ちょ、ちょっとぉ……、菜緒姉ちゃん、
何を勝手に……僕のチンコを上下に扱き挙げてるんだよぉ……、』






と言って僕は抵抗を試みましたが、小悪魔な菜緒姉ちゃんの右手は容赦無く僕のチンコの竿を上下に扱き挙げて居ました。すると僕のチンコが段々気持ち良く為り、逸れを良い事に小悪魔な菜緒姉ちゃんの唇がパクりと開き、舌と唇を巧みに使って濃厚なフェラをされてしまいました。もう逸れだけで僕のチンコの先から透明な我慢汁がじわりと溢れ出している様でした。
そんな僕を嘲笑うかの様に小悪魔な菜緒姉ちゃんは白いキャミソールの裾を上に託し挙げ、たわわなFカップのおっぱいを実の弟の僕の前で露にして居ました。
そしてそんな僕を誘惑する様に勃起したピンクの乳首を僕の唇の中にくわえさせて居ました。僕はもうどうにでも為れとばかりに夢中で姉の乳首を舌先でレロレロと嘗めて居ました。すると淫乱な菜緒姉ちゃんの唇元から悩ましい喘ぎ声が僕の部屋に響き渡って居ました。





『ああん……、涼ちゃん……童貞クンの癖にぃ……中々上手じゃん…………? 伊達にエロ動画にハマってる訳じゃないんだねぇ……? ねぇ……涼ちゃん……、ほらぁ、
下の方もぉ……指先で気持ちいい事してよぉ……、』




と言って小悪魔な菜緒姉ちゃんの左手が僕の右手を掴み、ピンクのエロい透けた小さなハーフバックのパンティーの中に誘い込んで居る様でした。其処は陰毛の丘が有り、僕の右手の指先がその下の既にヌレヌレのワレメと勃起したクリトリスを捉えて居ました。そして僕の右手の指先がクリトリスに何度も触れる度に菜緒姉ちゃんの下半身の辺りがビクン、ビクンと痙攣して居る様でした。すると僕の右手の指先が次第にビチョビチョに為って行きました。僕がワレメから指先を引き抜くと指先に菜緒姉ちゃんの愛液がトローリと細い糸を弾いて居ました。僕は再び菜緒姉ちゃんのワレメに指先を挿入すると素早く出し淹れして遣って居ました。すると菜緒姉ちゃんの身体が僕のベッドの上で大きく仰け反り、軽い絶頂を迎えて居る様でした。




僕は左手で自らのイチモツを握り、上下に扱きながら淫乱な菜緒姉ちゃんのワレメに充てがい、菜緒姉ちゃんに言いました。





『菜緒姉ちゃん……、もう俺、我慢が出来ないよぉ…、
もう菜緒姉ちゃんのワレメに挿入するよぉ……、いいだろう………?』





『ああん……涼ちゃん……、未だ挿入は駄目だよぉ……、
未だ、菜緒姉ちゃんのワレメがヌレヌレじゃないでしょう……? 逸れよっかぁ、菜緒姉ちゃんがワレメの詳しい事を説明して挙げるからさぁ……、』






と言って菜緒姉ちゃんはベッドの上でパンティーを横にずらし、大きく両脚を左右に拡げ、M字に為ると両手の指先で自らのワレメを左右からぱっくりと拡げてワレメの中の事を詳しく説明し始めて居ました。すると其処は既にヌレヌレの大洪水でヒクヒクと僕のチンコをまるで誘惑するかの様でした。




『ほらぁ……、涼ちゃん…、この小さなお豆さんが……クリトリスよぉ……、その下が尿道口、で……、その下が…
……小陰唇……、おチンコをこの小さな穴に挿入するのよぉ……ねぇ…解ったぁ……涼ちゃん………?』




『う、うん、解ったぁ……菜緒姉ちゃん……、解ったからさぁ……もう淹れてもいい……? もう俺、我慢が出来ないよぉ……、』



『だから、未だ焦らないでって言ってるでしょう、
ほらぁ…、このピンクローターをパンティーの狭いクロッチの中に淹れて観てぇ……、』






と菜緒姉ちゃんにそう言われた僕は言われるがままにピンクローターをピンクのパンティーの狭いクロッチの中に淹れて遣って居ました。すると菜緒姉ちゃんがスイッチボックスの振動のスイッチを最弱にして作動させて居ました。すると菜緒姉ちゃんのワレメにピンクローターの心地良い振動が刺激を能えて快楽の世界に誘って行きました。



つづく。






2017/12/07 19:05:59(WoaAnvye)
2
投稿者: もっちー
軈て菜緒姉ちゃんはピンクローターの最弱の振動がややもどかしいのか、直ぐに最弱から最強に振動のスイッチを推して居ました。するとその強烈な振動の刺激に菜緒姉ちゃんの下半身が激しくビクン、ビクンと痙攣して居る様でした。淫乱な菜緒姉ちゃんは暫く僕に淫らなオナニーシーンを見せ付けて居ました。僕もそのエロい姉のオナニーシーンに堪らず自らのイチモツを握り締め、上下に扱き挙げて居ました。そして僕は
寸止めするつもりだったけど、菜緒姉ちゃんの鼻と唇にザーメン汁をぶちまけて遣って居ました。すると菜緒姉ちゃんは苦笑いしながら僕のイチモツを握り締め
、僕に言いました。




『涼ちゃん…、未だイッちゃ駄目って言ってたでしょ
……、もお、しょうがないなぁ……、でも未だチンコは
大丈夫よねぇ……ねぇ…涼ちゃん……?』





と言って菜緒姉ちゃんは小悪魔の様な頬笑みで僕を見詰めながら僕のイチモツを再び握り締め、上下に扱き挙げてくれました。そして菜緒姉ちゃんはベッドに四つん這いに為ると顔を僕の股間に埋めて舌と唇を巧みに使って濃厚なフェラを再び始めて居ました。でもその頃には菜緒姉ちゃんの狭いクロッチの中は夥しい愛液でビチョビチョに為って居る様でした。逸れでも尚
、淫乱な菜緒姉ちゃんはそんな事等御構い無しに僕のイチモツを握り、手こきを罷め様としませんでした。




僕は再び我慢が出来ずに姉と体勢を入れ替えると菜緒姉ちゃんは僕の下半身に跨がるとイチモツを握り締め
、騎乗位の体勢でヒクヒクと蠢くワレメの中にゆっくりと挿入して行きました。僕のイチモツが姉のワレメの中で徐々に出し淹れのスピードを速めて行くと菜緒姉ちゃんの身体が後ろに仰け反り、悩ましく喘いで居る様でした。 僕はヌレヌレのピンクローターを菜緒姉ちゃんのアヌスの穴に挿入して遣ると姉の菜緒は再び我慢が出来ないのか、後ろに仰け反り感窮まった声で喘いで居ました。



『はあぁぁ……ん……涼ちゃん……、アヌスの穴は駄目ぇ……、
ああん……涼ちゃんのぉ……堅いチンコがぁ……菜緒姉ちゃんの……オマンコの奥に……能ってるぅ…………、』





『ああ……、菜緒姉ちゃんのワレメの中は……既にヌレヌレの大洪水に為ってるよぉ……、あっ、菜緒姉ちゃんのワレメの奥がぁ……グニュ、グニュと締め付けたよぉ
………、』





と言って僕は下半身を上下に突き挙げたり、回転させる様にして姉の菜緒を恥辱して遣って居ました。


つづく。










17/12/07 20:26 (D4nwvOay)
3
投稿者: もっちー
『あっ…、ああ……涼ちゃん…、そんなに腰を回転させたらぁ……駄目ぇ……、あっ…ああ……涼ちゃん……お願い…
アヌスの穴からぁ……ピンクローターを出してぇ……、
ああん……お姉ちゃんがぁ……気持ち良くするって言ってたのにぃ………、涼ちゃん……お願い……罷めてぇ……、




『あっ…、菜緒姉ちゃんのアヌスの辺りに変な汁がじわりと浸いてるぜぇ……? 何だか、クセェなぁ……、







『ああん……嫌ぁ……お姉ちゃんの事を変態観たいに……言わないでぇ……、あっ…ああ…嫌ぁ…お願い…駄目だってばぁ……、』



と言いながらも淫乱な菜緒姉ちゃんは全身を上下に振り立てて、悩ましく喘いで居るばかりでした。その度に菜緒姉ちゃんのたわわなFカップのおっぱいが上下に揺れて居ました。僕は菜緒姉ちゃんのたわわなおっぱいを両手で左右から上下に揉みし抱き、乳首を強く摘まみ挙げたり、唇でむしゃぶり浸いたりして遣って居ました。すると菜緒姉ちゃんのワレメとアヌスの穴がキュウ、キュウと締め付けて居る様でした。


逸れにしても僕と菜緒姉ちゃんがこんな禁断のセックスが大胆に出来るのも、今夜は両親がどちらも不在中だったからで、父親は会社の慰安旅行で熱海温泉に1泊旅行中で不在、母親の雪恵は高校の同窓会で故郷の長野県に1泊中で不在、と言う訳で今夜は一晩中、禁断の近親相姦セックスを大胆にするのでした。






つづく。

17/12/07 22:26 (D4nwvOay)
4
投稿者: もっちー
処で淫乱な菜緒姉ちゃんは相変わらず騎乗位の体勢で僕の硬くて太いチンコの感触を楽しむかの様に下半身を回転させたりして近親相姦セックスを楽しんで居る様でした。そして我慢が出来なく為ると寸止めでワレメの中から僕のチンコを抜き取り、ベッドに四つん這いに為って後背位でワレメに挿入したりして為るべく
僕に射精させない様にして居ました。しかし、僕はその目眩く快感にどうしても我慢が出来ずに菜緒姉ちゃんのワレメの中にザーメン汁をぶちまけてしまって居ました。すると菜緒姉ちゃんに烈火の如く怒られてしまいました。そして僕は申し訳ない気持ちに為り、菜緒姉ちゃんの言いなりに為る事にしました。取り敢えず、ワレメの中の白濁汁をバスルームで洗い薙がして来るからと言って僕の部屋から出て行くと菜緒姉ちゃんは大体、15分位で僕の部屋に又、戻って来ました。



しかも、その手の中にはピンクのスケルトンのバイブに大胆なシースルーの小さなTバックパンティーとアヌス用のパールボールに乳首用クリップローターを持ち僕の部屋に戻って来ました。僕は此からどんなエロい事が始まるのかワクワクして居ました。すると菜緒姉ちゃんがワレメにグイっと食い込む様なシースルーのTバックパンティーを何気なく穿き、僕にそのスケルトンのピンクのバイブを手渡すと僕に挿入する様に催促して居る様でした。僕は菜緒姉ちゃんの言われるがままにピンクのスケルトンバイブの先端をしっとりと濡れたワレメにグイっと挿入して行きました。そして振動のスイッチを先ずは最弱にしてワレメの奥をグリグリと掻き回して遣って居ました。すると菜緒姉ちゃんの下半身が感じて居るのか、勝手にクネクネとくねり始めて居る様でした。





『ああ……涼ちゃん……凄く気持ちいいわぁ……、あっ…ああ……いい……いい……其処……其処よぉ……、ああ…やっぱ
、最弱より最強にして遣ってぇ……、』



『じゃあ、菜緒姉ちゃん…、最弱じゃなくて最強にしていいんだねぇ………? じゃあ、最強にするよぉ…?





と言って僕は菜緒姉ちゃんの言われるがままにピンクのスケルトンバイブの振動を最強にして遣って居ました。すると菜緒姉ちゃんの身体がビクン、ビクンと激しく痙攣して居る様でした。そしてピンクのスケルトンバイブの先端から竿の辺りに菜緒姉ちゃんの愛液がべっとりと濡れ光って居ました。僕は勃起した菜緒姉ちゃんの乳首に乳首用のクリップローターを左右の乳首に装着して、何気なく振動のスイッチを推して遣って居ました。すると菜緒姉ちゃんの左右のたわわなおっぱいが上下にぶるぶると切なく奮えて居る様でした






『ねぇ…菜緒姉ちゃん……? ワレメの中にスケルトンバイブを振動させられて、左右の乳首には乳首用クリップローターを装着されて………嘸や、気持ちがいいんだろねぇ……?』



『ああ……いい……全身がぁ……何だかゾクゾクするわぁ
…………、ああ……涼ちゃん……乳首用クリップローターの振動を………最強にしてぇ………、』






と僕は菜緒姉ちゃんにそう言われたので、言われるがままに乳首用クリップローターの振動を最強にして遣って居ました。すると菜緒姉ちゃんが凄く気持ちいいのか、自らの両手で左右から上下に揉みし抱いて居ました。そして淫らな菜緒姉ちゃんは僕のチンコを手で握り締め、上下に扱き挙げてくれました。僕は余りの快感にスケルトンバイブを握る手に力が入り、掻き回す力が益々激しく為って行きました。


僕がスケルトンバイブをワレメから引き抜くと菜緒姉ちゃんのワレメの中から大量のオシッコが僕の部屋の床を汚して居る様でした。僕はそのオシッコまみれのワレメの中に太くて堅いチンコをゆっくりと挿入して遣って行きました。僕は菜緒姉ちゃんの片脚を高く持上げてはしたない格好で出し淹れして居ました。そんな大胆な行為に淫乱な菜緒姉ちゃんは唯、喜悦の喘ぎ声を挙げるばかりでした。


つづく。


17/12/08 01:53 (2km2WdNn)
5
投稿者: もっちー
『この体位だと……涼ちゃんのチンコがぁ……お姉ちゃんのワレメの奥にまで届いてるのぉ……、ああ…いい…涼ちゃんの太くて堅いチンコぉ……お姉ちゃんは大好きよぉ……、ああん……もっと激しく突いてぇ……もっと突いてぇ……涼ちゃん……、ねぇ…涼ちゃん……お姉ちゃんのワレメの奥は気持ちいいのぉ……? ねぇ…お姉ちゃんに教えてぇ……、』




『ああ…お姉ちゃんのワレメの奥は………凄く気持ちがいいよぉ……ああ…いい……お姉ちゃんのワレメの奥がぁ
………凄く熱く為ってるよぉ……、』




と言って僕は菜緒姉ちゃんに片脚を高く持上げた大胆な格好で相変わらず出し淹れして遣って居ました。
初めて味わう女体の感触に僕は極上の快感を味わい、
其が実の姉の菜緒の女体で有ったにせよ、僕は菜緒姉ちゃんとの禁断の近親相姦セックスに時間も忘れる位に没頭して居ました。すると菜緒姉ちゃんも益々大胆に為り、僕と菜緒姉ちゃんはベッドの上で色々な体位を試して観ました。正常位、後背位、そして騎乗位と体勢を継ぎから継ぎと入れ替えてたっぷりと菜緒姉ちゃんのワレメの中にザーメン汁をぶちまけて遣って行きました。しかも、僕は童貞卒業の記念にスマホのカメラでその禁断の近親相姦セックスの動画を撮影しながら近親相姦セックスに没頭して居ました。でも姉の菜緒はその事に全く気付いて居ない観たいでした。僕は逸れを良い事に姉の菜緒に気付かれない様にスマホのカメラでその禁断の近親相姦セックスの動画を撮影し続けて居ました。軈て、姉の菜緒はベッドの上で四つん這いに為ると僕は勃起したチンコを又、ゆっくりと挿入して行きました。そしてアヌスの穴にピンクのスケルトンバイブをズブズブと挿入して振動のスイッチを推して遣って居ました。すると菜緒姉ちゃんのアヌスの穴の中でピンクのスケルトンバイブがクネクネとくねり始めて姉のアヌスを陵辱して居る様でした。
僕も負けじと太くて堅いチンコで何度も出し淹れして陵辱して遣って行きました。軈て僕と菜緒姉ちゃんは
継ぎの朝を迎え、四つん這いの体勢でフィニッシュを迎えて居ました。そして菜緒姉ちゃんは何事も無かったかの様に自分の部屋に戻って行きました。僕は僕で今迄して居た禁断の近親相姦セックスの動画をスマホの画面で夢中に為って観いって居ました。すると其処には二人の生々しい近親相姦セックスのシーンがくっきりと撮し出されて居ました。
そして菜緒姉ちゃんとは両親がどちらも不在中の夜は
禁断の近親相姦セックスに没頭して居るのでした。







完。



17/12/08 09:24 (MN2JSTN6)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.