閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
昔話
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:マミーポルノ
ルール: 女性向けの官能小説をご投稿下さい
  
投稿の削除 パスワード:
1:昔話
投稿者: (無名)
お姉さんと言っても近所のだけど。
呼びだれました。
「筆おろし?済んだ。」
真っ赤になりました。
まだ、未経験だったから。「したい?」
出来れば。
「しよっか」
彼女の部屋に、入ると小綺麗が印象。さすがに、男とは違いますね。
お姉さんは、脱ぎ初めてます。
上下ともに、真っ白。
「あんたも、脱ぎなさいよ」
僕も脱ぎました。
ボクサーパンツを脱ぐと
「キャキャハ、まだ剥けて無いんだ」
笑われました。
「あんた、自慰は?」
してますよ、時々に。
「私はこれを使ってる」
と、ローター。
「これで、先ちょを、試したら」
と、渡されました。
凄く良かった。
1分もしないで、射精しちゃった。
カーペットに大量に。
「あらら、汚しちゃって」ティッシュで、拭いたけど、染みと匂いは、残りました。
「あんた、ソウロウ?」
すみません、感じ過ぎて。「あんたは、挿入出来ないから、汚したバツとして、私のを舐めないよっ」
と、下着を脱いで、性器舐めを強要されました。
初めは、分からかったけど、女性器を舐める事、抵抗有りましたが、汚したので、舐めました。
グロテスクなんですね。
女性器って。
舐めてると、次第にお姉さんが感じるポイントが分かって来ました。
クリトリスです。
丹念に舐め続けると、
「あ〜、あ〜っ」と、お姉さんが。
およそ、小1時間。
お姉さんが、「もう、いいわ」と、解放されました。帰り際に。
「また、お願い、するから」
お姉さんが、高校卒業までに、ローター代わりを強いられてました。
断るのは出来ませんでした。
まあ、嫌でも無かったけどね。
お姉さんの気分次第では、生乳タッチも有りましたから。
余談ですが、僕の筆おろしは、お姉さんの母親でした。
母親から、「すまないね、娘が」と、謝罪されて、仮性包茎でも、大丈夫よと、指導されました。
しっかりと、避妊具を付けられて、お姉さん以上にグロテスクなのに。
嬉しかったです。
案外に、射精しましんでした。
少し、お姉さんから比較したら、余分な肉?油、だけどね。
「もっと突いて」
「もう少し、あっあっ」
「い、い、いくわっ」
僕も射精しました。
「大丈夫よ、貴方はもう、大人よ」
お姉さんからは、奴隷扱い。
でも、母親からは、愛人?性欲処理の2年ぐらい。
お姉さんへの、テクニックを使って、母親は直ぐにいきます。
「あんた、凄いよ、娘からね、」
「娘は、卒業したら、東京の大学、行くけど、たまには、この関係はいいのかしら?」
僕は、了解しました。
旦那さんが、出張で不在の時は、泊まることも有りました。
結局は、お姉さんとは、出来なかったけど、指導のおかげで、結婚も出来て、子供も二人です。
仮性包茎は、治りませんが、大丈夫です。
男、30はもてます。
取引先の事務員さんとか、色々と交際しました。
あのお姉さんに、会いたいなぁ。
2019/03/21 15:14:54(PrLnvbkD)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.