閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
同窓会=不倫
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:マミーポルノ
ルール: 女性向けの官能小説をご投稿下さい
  
投稿の削除 パスワード:
1:同窓会=不倫
投稿者: アイスバーン
10何年振りに、同窓会があり連絡先を交換してから内緒での関係に

彼女は景子です
とても仲良しだった1人 連絡先を交換してから話を聞いてるうちに景子から会いたいと言われた

俺は×1独身で、未だに地元に1人暮らし
景子は実家に帰るから会いたいと連絡してきた

週末が休みの俺…景子は金曜日から実家に戻っていた
そして、土曜日にと会う約束をした

何処かに行きたいからと、景子には近くのコンビニまで来てもらい車に乗せて走り出した
仲良しだったから、すぐに話は弾む

景子から観光より話したいからと、目的地は無し で高速を走る
途中、休憩をしながら2時間
ランチの時間になった
何処でも!と、言う景子で見つけた洋食屋に

食べ終わり車内にいると「かずくん?もっと遠くも大丈夫?」
いきなり聞かれた
俺は1人だから気にならないが、帰る時間を心配したら「泊まっても、いいよ?」

詳しく聞いたら、実家だから構わないと
話す表情から、何となく複雑な感じでした

だったら…再び高速に乗り、俺も行った事ない未開拓な場所に
景子もタバコを吸うので車内は気にならない
俺がタバコを取り出すと景子は取り上げ自らくわえ火を着け渡す
間接キスだ
飲み物も1本を互いに飲んでました

少しずつですが…何だか、イチャイチャなムードでした
サービスエリアでは、トイレの後にお店をウロウロ
景子は腕組みしてきた
さすがに、ビックリして景子を見ると笑顔
俺も笑顔になった

イチャイチャは、エスカレートしてました
買った飴が、景子は苦手な味
それを口から出すと、俺の口に
「不味いから(笑)舐めて…」

俺は、ふざけて「えー?飴ちゃん?」
景子「飴じゃダメ?」
俺「ダメ〜」
「じゃあ?何?」
思わず俺は「景子!」

一瞬、静かになったが「えー?私?不味いかもよ?」

笑って話すから「味見しないと?」
大爆笑した後でした
運転中の俺に景子が「ありがとう…」
そう言って、頬にキス

俺が、また「頬っぺたか?」笑って話すと「あ・と・で!」
また大爆笑でした

夕方になり、夕食目当てに街に向かう
少し賑やかな場所で駐車場に止めて一緒にウロウロした
2019/02/12 10:34:23(nDkFTGMq)
2
投稿者: アイスバーン
和気あいあいでした
同級生だからか、違和感もない
駐車場に戻りました
エンジンかけた時でした「かずくん?」いきなり呼ばれ…キスされた

軽いキスですが、一瞬だけ時間が止まった
見つめていたから、俺からもキスをした
軽くしてから次は舌を入れた
一瞬、ためらいがあったが景子も舌を絡ませた

広い駐車場、回りは誰もいなかったと
まぁ、いても気にならない
ラブホには、まだ早い気がした時間帯

賑やかな場所から離れた 途中で見つけたコンビニで買い込み走る
キスした後からは、景子が俺に寄り添って甘えていた
数少ない信号待ちでは「かずくん?」呼んではキスをした

少し田舎で見当たらないから、ナビで探す
そして走る

また信号待ち…キス

候補には3ヵ所あった
時間もあり、3ヵ所全てを見る事に
結果は、2番目に見た所が立派だったから戻った
ビックリしたのは、モーテル式だが1つ1つがデカイ
車2台は、余裕に入る駐車場 階段を上がり部屋に入ると想像以上の広さ
都会の有名ラブホと、ひけを取らない広さ

浴槽も2人は余裕に入れる 壁は普通で浴槽だけリフォームした感じ
ベッドは、もちろんだがソファー、テーブルも大きい
所々、リフォームされていた

買い込みしたのを片付ける
すると、景子が「かずくん?ありがとう…」
抱き付いてキスしてきた
俺が舌を入れたら景子も舌を
しばらくキスをしていた
そして、キスしたまま持ち上げベッドに降ろす

19/02/12 11:04 (nDkFTGMq)
3
投稿者: ゴロ
楽しみですね(*^^*)
続きをお願いします
19/02/12 12:16 (k2Mxd7DV)
4
投稿者: アイスバーン
見つめながら景子に聞いた「シャワー浴びる?」静かにうなずいて抱き付く景子
浴室に消えた

しばらくして、備え付けのガウン姿で現れた
見た感想は、意外に細身で胸もしっかりあるなと思った
泊まりだからか、素っぴんの景子は恥ずかしいと隠していた

さて、俺が浴室に
脱衣場と洗面所が同じで広い
脱ぎ始めて何処に置くかと見渡すとワゴンがあり、景子の服があった

ちょっと失礼して、脱いだ服を見てた
下着が間に挟んであった しかも、めちゃくちゃ綺麗で汚れ無し
新しいのか、シートを張り付けたのか
ピンクのレース生地のパンティと、お揃いのブラジャー タグには88xと
シャワーを浴びてガウンに着替え浴室を出る
少し薄暗い感じに変わっていた
景子はソファーに座り飲み物とタバコを
俺も隣に座ると、景子は冷蔵庫に行き「何か飲む?」
ビールを頼むと、グラスと一緒に持ち注いで乾杯した

飲みながら俺もタバコを吸っていた
頬っぺにキスしてから「ベッドにいるね?」
入っていきました

やはり、ドキドキした
景子は知らないが、俺は久しぶりのエッチ
変な緊張感でした
飲み終えタバコを消し、ベッドに向かう
すると、景子は更に暗くして「素っぴんだから…」笑って言いました

隣に横になりました
何となくしか見えてない状況です
景子を見つめてからキスをした
柔らかい唇に触れ、舌を入れる
景子も俺に抱き付き舌を入れた

しばらくキスしていると暗さに目が馴れてきた
キスしながら景子の耳や首筋を軽く触れる
ゆっくり触れる度に、ピクピク反応した

首筋から肩に、肩から胸を触れると更にピクピクした
まだガウン姿、上から胸の盛り上がりを触る
円を描く様に指先で、胸全体から乳首辺りを探る
xカップだが、年齢的には垂れている
指先で確認しながら乳首を愛撫した
ピクピクからピクッ、ピクッと反応
それを左右キスしながらした
左右の胸を入念に愛撫しながら、ガウンの腰ひもをほどく

しかし、まだ脱がさない…ほどいたまま、次は腹部から下半身に
ガウンは膝位の丈です
膝まで行くと、折り返しです
太ももの内側を指先で触ります

景子もピクッピクッと反応すると、抱き付く力が入ります
キスも唇から離れ首筋にします
すると、景子からは感じた喘ぎ声が

指先が内側からギリギリに触れるか触れないかアソコを触ります
すると、また凄い反応
しかし、アソコは触れずに紐を外す
ゆっくりガウンを捲ります

思った以上に垂れてない胸です
黒い乳輪に乳首は大きい
右胸は舌先で転がし左胸は揉み上げて
喘ぎ声も大きくなります
舌先で転がした乳首は、少しずつ固くなり遅れて左の乳首も固くなった
左右を舌先で転がしながら吸います
揉み上げながら、固い乳首を甘がみした

景子は俺の頭をかきむしります
感じるらしいから、更に揉み上げながら舐めて吸います
柔らかい乳房は、揉み応え十分です

右手だけ下腹部に降ります
すると、茂みがあり指先にクリの感触が
指先で円を描きます
景子の体が、エビの様になり喘ぎから叫びに

しばらく、クリを触ってから指先を下に
折り重なるアソコのビラビラを開くと…すぐにわかる濡れ具合です
入口辺りから中にも、すんなりと入る
俺はアソコまで舐めながら移動します

足を開き舌をクリに当て舐めます
ゆっくりから徐々に早く舌を動かす
舐めた瞬間から、景子は叫んだまま
両手はシーツを握りしめていた
クリは小さかった
舐めながら指先をアソコに出し入れする

出し入れだけで中から溢れ出てきた
しかも最初から、かなりの量です
指先がザラザラした感触を捕らえると集中的にします

もう、景子からは絶叫しか聞こえません
どんどん溢れてきました
絶叫も早いテンポです
舐めながら、指先を更に早く動かすと

悲鳴をあげました
身体中に力が入り、硬直状態
凄い量が溢れた瞬間でした
一気に力が抜けた脱力感みたいな景子です

まだ舐めてる俺に「かずくん?もう、ダメ〜」

俺に上に来る様に促します
シーツには溢れた跡がハッキリと

19/02/12 15:42 (nDkFTGMq)
5
投稿者: アイスバーン
景子に促され近寄る
何かスッキリした様な表情でした
満面の笑みで迎え、抱き締めキスをしてきた

今度は、景子から舌を入れたキス
少しずつ景子は動きました
俺が下になる感じで横になりました
唇が離れると「もう、かずくん?凄すぎる…今度は私…」

俺のガウンの紐をほどきますが…既にアソコは固く勃起したまま
ガウンからは飛び出してます
ガウンを捲ると、景子はアソコを握りながら胸を舐めます
動かしながら降りていき、勃起したのを舐め始めた

舌先で上から舐めます
袋まで舐めてきた
ある程度、舐めると景子はくわえてフェラを

チュパチュパチュパ…ゆっくりフェラしてきた
時より「かずくん?大きいよ?固いし凄いよ!」 誉めながらのフェラです
気持ち良かった
優しいフェラです
次第に頂点に達してきます
景子に「景子?気持ち良すぎて出そう…」

フェラしながら「いいよ、いつでも…」

そして…

耐えきれずに出ました
景子は一瞬止まります…出てる間は止まっていた
全て出ると、再びフェラを始めた
どうやら飲んだようです
出た後、小さくなったがフェラで少しずつ復活を始めた
時々、目が合う景子はニコニコしていた

若い頃と違い完全復活には少し時間が
景子を呼び引き寄せキスした
まだ、半立ち位

キスの後にお礼を言うと、景子からも言われた
腕枕にして、イチャイチャしていた
自らは否定的な発言を互いに誉めながら

すると、景子は「かずくん?何か飲む?」
そう言って冷蔵庫に
戻ると景子は口に含み、俺に口移しで飲ませてくれた
タバコと灰皿も用意して一服していた
すっかり目が馴れた状態です

改めて、景子を見ると細身の巨乳です

一服も終わり、2回戦です
19/02/12 16:16 (nDkFTGMq)
6
投稿者: アイスバーン
再びキスから始めた
もう、ガウンもなく裸
乳首が感じる景子 再び喘ぎだした
柔らかいし手頃な大きさの乳房はいい

アソコもかなり回復して固くなりだした
乳首が固くなると、さっきとは違い景子も「かずくん?気持ちいい〜」

休憩した時、少し明るくした照明だが何にも言わない景子

乳房に乳首を十分愛撫して、クリを責めた
被り付く様にクリを舐める 最初から早く舌を動かす
クリが固くなると、指先を出し入れする
かなり濡れているから最初から早く動かす
ザラザラした所を集中的に動かすと、さっきより勢いよく吹き出した

クリを舐めながらで、たちまち口の回りは びしょ濡れになった
何度もダメと言われながらも動かす

どんどん、どんどん出てきた
景子からは悲鳴だけ
また、イッタらしくエビ反りになった

さっきは止めたが、今度は止めない
出し入れすれば、するほど出てくる
俺のアソコも準備出来た
自分で握りクリからアソコに押し当てる
景子からは「早く…」と急かされる

そして…中に入ります
ゆっくり出し入れしながら奥へ奥へ
最後まで入ると景子の足が絡みつく
待っていたのか、しがみつく景子にピストンしていく

景子からは「気持ちいい〜」「凄い〜」「もう、ダメ〜」
この言葉だけ…後は悲鳴に絶叫です

さっき、イッタ景子
再び力強く抱き付いてきます
かなり溢れてるのも、何となく音でわかる

悲鳴だけになる景子…力強さから解放
イッタみたいです
そして俺も早くピストンします

そろそろ出そうになり、念のため景子に話すと「うん、きて…かずくん?きて…」

そして中に…
2回戦終了です
出した後は、景子に抱き付いた
景子も力強く抱き付いてきた
ハァハァ言ってる俺に「かずくん?最高!一緒にイッタね?」

しばらくは、抱き付いてました
抜けた後は腕枕で景子が寄り添いキス
そして「こんなエッチだったら毎日でもいいなぁ…」

すっかり表情は別人でした

互いに誉めながら、イチャイチャしてはキスを

そして「一緒にお風呂入ろう〜」
笑顔で景子も返事した


19/02/12 17:20 (nDkFTGMq)
7
投稿者: (無名)
その後の展開は?
19/02/18 08:34 (Q.oGtJHI)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.