閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
八月の熱く熟れた夜
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:マミーポルノ
ルール: 女性向けの官能小説をご投稿下さい
  
投稿の削除 パスワード:
1:八月の熱く熟れた夜
投稿者: 七海 航
第1章-出会い

16歳の夏の出来事は、自分自身の人生に大きな影響を与えたと大人になった今でも思う。その出来事が無かった場合に、どんな大人になっていたのかなんて想像できないし、自らの人間形成の礎になったとも思えるからだ。

高校1年生の夏休みは部活の合宿から始まったんだ。週何度かの練習はあるし、補習のための登校もあるけど夕方から数時間はアルバイト槌をしたいと考えていたんだ。今みたいにインターネットでアルバイトを探すなんて手段は無かったから、求人誌で探したり高校の周囲を歩き回って貼り紙を見つけ問い合せるなんてことをしたんだ。槌


男子校に通っていたからファストフードの店でバイトして女子高生と友達になるなんてこともアルバイトをしたい理由になっていた。一応、面接を受けて『いつから始められますか?』と店長さんは直ぐにでも来て欲しい感じだった。でも、時給の安さのせいで決断は出来なかった。『少し考えさせてください』と返事を待ってもらうお願いをして、7月最終週の暑い夕方の街を彷徨ってたら、高校の最寄り駅よりも隣の駅の方が近いところに来ていた。


貿易センタービルから少し離れたオフィスビルの前に差し掛かるとエントランスドアのガラスに『急募! 年齢不問、長期出来る方希望』と大きく書かれたアルバイト募集の貼り紙を見つけた。このビルの清掃員を募集している貼り紙だったんだけど、時給がさっきのファストフード店より50く、17時から22時という時間の枠がちょうど良いかなと思ったんだ。


年齢不問と言ってるけど、16歳の高校生でも良いのか、そもそもバイト出来るのは8月だけだから無理かと思いながら、その求人の貼り紙とにらめっこしてたんだ。

その時、背後から女性に声を掛けられたんだ。

「アルバイト希望の面接の方ですか?」

手には書類が入った封筒のようなものを持ってた槌から、このビルに勤務するOLさんだと思った。

「いえ、面接ではなく、今初めて求人広告を見ました」

「そうなんだ、きみは高校生かな?」

「はい、高校生はだめですか?」

「ごめんなさい、私はこのビルの会社に勤務してるだけで、アルバイト募集はビルの管理会社なの」

「そうですか、すみませんでした」

もう暫くこの周辺を歩いてから帰ろうとお辞儀して歩き出そうとしたらOLさんがまた声を掛けてくれた。

「ちょっと待って。もしきみがアルバイトに興味あるなら管理会社に連れて行ってあげるわよ」

「ありがとうございます、でも履歴書も何も持ってないですから」

「おうちは近いの?」

「いえ、電車で30分くらいです」

「だったら、お話だけでも聞いてみたら? また来るの面倒でしょ? さあ、行きましょう」

OLさんの親切に甘えることにしようと思った。それにしても、同級生槌の女友達と比べると大人の女性はすごい気遣いが出来るんだと感心した。それに制服のベストで隠された胸元のボリュームに少し目のやり場に困ったくらいだった。

「場所を教えていただけば自分で行きます」

「遠慮しなくていいのよ、付いて来て」

「ありがとうございます」

並んでと言うよりは少し後を歩く感じだったがエントランスホールに響くヒールの音が大人の女性を感じさせた。

「管理会社の事務所は地下なの」

そう言いながらエレベーターのボタンを押すと待機していたエレベーターの扉が直ぐに開いた。

「わたしの会社は5階なの、アルバイトを始めたら顔を合わせることになるかもね」

エレベーターという密室にOLさんとふたりきりなのがドキドキした。深呼吸したくなるほど髪の毛のいい香りがしたからだ。

「ちょっと待っててね」

地下のフロアに到着するとエレベーターの正面のドアをノックしながら言った。

ノックに対する返事は無かったが、廊下の奥から清掃員の制服を着た女性が現れた。

「こんにちは、どうされました?」

OLさんと清掃員の女性は顔見知りなのだと思った。

「こんにちは、この方がアルバイト募集の広告を見てたからお連れしたんです。話を聞かせてあげてください」

「あら、そうなんですね。わかりました、後はわたしが」

二人の会話を黙って聞いていたが、清掃員の女性に促されてOLさんがドアをノックした扉とは別の扉に向かった。

「ありがとうございました」

エレベーターのボタンを押すタイミングのOLさんにお礼を言いすると一礼した。

「バイト決まるといいわね」

そう言うと軽く手を振りエレベーターに乗り込み『優しいお姉さんのような印象』を残して消えて行った。名前を聞けば良かったと思ったが、『会社が5階』と言ってたし、『バイトを槌すれば顔を合わせる』とも言ってたから改めてお礼が出来ると安心した。


現に、このオフィスビルの清掃員としてバイトを始めるとOLさんと廊下で顔を合わせ挨拶をしたし、何よりOLさんの知られたくないであろう一面に触れることになった。

16歳の8月の熱く熟れた夜に導いてくれた女性のひとりだった。
2019/01/06 17:38:18(lZNOjRaJ)
2
投稿者: 七海 航
第2章 - 再会

オフィスビルのエントランスに貼らていた求人募集の貼り紙を偶然目にしたことで、ビルの管理会社に話を聞きに行くことになった。偶然通りかかったビルの5階の会社に勤務してるOLさんが親切に声を掛け、管理会社まで連れて行ってくれたからだった。

OLさんがエレベーターに乗り込むと、制服を着た清掃員の女性が管理会社の現場事務所に連れて行ってくれた。ドアを開けると簡素なソファとテーブル、少し奥に目をやると衝立ての内側に事務机とキャビネット、更に奥にロッカー室、シャワー室、宿直室とプレートが貼られたドアが見えた。

もしここでバイトを始めたら掃除で汗をかいてもシャワーを浴びれると考えた。バイトに採用されたらだけど。

現場事務所には男性スタッフが3人、そして女性スタッフが現場事務所に案内してくれた女性を含めて4人いた。男性陣の年齢層は高く皆定年後の再就職と言って雰囲気で、女性陣も男性陣よりは少し下かなと言って印象だ。その中で、案内してくれた女性は軍を抜いて若く見えた。


「ちょっと待っててくださいね、今責任者が来ます」

ソファに案内されて腰掛けたタイミングで責任者らしい男性が事務所に入って来た。

「上の求人募集を見てくれたんだって」

「はい、たまたまビルの前を歩いて目についたのでお話を聞かせてもらえればと思います」

「高校生なんだって? 見てのとおり鈴木さんを除くとみんな結構歳いってるんだよ」

『ここに案内してくれた人は鈴木さんって言うんだ』

「いつから来れる?」

「えっ、夏休み期間しか来れないんですが。そもそも高校生でも大丈夫なんですか?」

「新学期が始まったら来れないか。。。まあ、9月からは仕方ないね。続けて求人募集の記事も出してるから8月いっぱい来てくれればいい。年齢不問だからやる気があれば構わないよ」

「何年生?」

「1年生です」

「青春真っ只中だな、羨ましいよ。明日から来てくれるか?」

「今日は履歴書も持ってないです」

「明日持ってくればいいよ。勤務時間は原則17時から22時までね、場合によっては23時までの残業は覚悟してくれよ。その場合は30分単位で手当てを付けるから」

『履歴書も見ずに大丈夫なのか?』と余計な心配をしたが、スタッフのひとりが入院してしまいシフト組に支障を来たしていること、業務はオフィス内を除くホール、階段、トイレの掃除だと聞かされた。

「8時でビル内の空調が止まるからシャワーを浴びて帰ればいいよ。着替えの下着は忘れずにね」

「わかりました。一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします」

「こちらこそ、よろしく頼むよ。若い血が入るとスタッフも活気づくからね。高校生とは最年少記録だ、鈴木さん以外はみんなきみの御両親より歳上だろうね」

槌『いけね、名前を名乗ってなかった』と鈴木さんという名前を改めて聞いて思い出した。

「藤田と申します、よろしくお願いします」

「そうだ、自己紹介が後になってしまったが、現場責任者の高橋だ。こちらこそよろしく。そうだ、少し時間あるか?」

「はい、なんでしょうか?」

「実際の作業は明日から頼むとして、各階の用具庫の場所や掃除する箇所を見といて欲しいんだ」

「わかりました、お願いします」

「じゃあ、鈴木さん、藤田くんを案内してくれるか?」

「はい、わかりました。じゃあ藤田くん、よろしくお願いします」

「こちらこそよろしくお願いします」

鈴木さんの後に続き現場事務所を出るとエレベーターに乗り込んだ。

「鈴木です、よろしくお願いします」

8階に向かい上昇を始めたエレベーターで鈴木さんを見ると他のスタッフよりかなり若く見えた。自分のことを棚に上げて、なんで清掃員の仕事をしているか不思議に思った。

「藤田くん、なんでここでアルバイトしようと思ったの?マックとかでバイトして、若い子同士で楽しみながら働くのが普通じゃないの?」

「実はマックでも面接受けたんですが、ここの方が時給が1.5倍くらい高いからいいかなって」

「そうなのね、周りがおじさん、おばさんばかりで詰まらなくないかしら」

「でも時給もいいし。。。。鈴木さんはなぜここで?」

「外向的じゃないから接客業って柄じゃないし、気が楽だから」

エレベーターが8階に到着すると、フロアを2社で使っている様子だった。廊下の左突き当たりに男子トイレ、逆側の右突き当たりに女子トイレがあり全フロアで共通のレイアウトだと教えられた。用具倉庫が左手、給湯室が右手と言うのも全フロアで共通だった。

「じゃあ事務所の設備を案内しますね」

エレベーターのボタンを押すと5階に停止していたエレベーターが上昇して来た。

『そう言えば、さっきのOLさんが5階の会社と言ってたなぁ』と心の中で呟いた。

エレベーターに乗り込むと鈴木さんがB1のボタンを押した。地下まで直行すると思った槌が、エレベーターは速度を緩め5階で停止した。

「あらぁ」

驚いたような声と共に、さっきビルの管理会社に案内してくれたOLさんがエレベーターに乗り込んで来た。制服から水色のブラウスと紺のスカートの私服に着替えていた。制服のベストで覆われていない胸元に目が奪われてしまったが、胸を見ていることを悟られないように視線を目に移した。

「さっきはありがとうございました」

「今日からアルバイト始めたの?」

「いえ正式には明日からです。履歴書も無いですから」

「そうだったわね、でも決まって良かったじゃない」

「はい、ありがとうございました」

エレベーターが1階に到着しドアが開くとOLさんニコッと微笑みを浮かべ『じゃあまたね』と言いながら降りて行った。

「彼女綺麗よね」

地下に向けてエレベーターが動き出すと鈴木さんはちょっと悔しそうな口調で言ってように感じた。

「鈴木さんもお綺麗です」

咄嗟に言葉が出てしまったが、鈴木さんはよく見ると童顔でショートヘアと相まって年齢不詳だった。女性に年齢を尋ねるのも失礼だが、年齢を知らなくても業務には支障はない。

「高校1年生なのにお世辞がお上手ね、でも嬉しい。ありがとう」

「いえお世辞じゃないですよ。お綺麗だからなんで掃除の仕事なのか疑問に思ったんです」

「そうだったのね、理由はそのうち。じゃあ現場事務所の中を案内するはね」

ドアを開くと先ほどいたスタッフのおじさん、おばさんたちの姿は無かった。きっとそれぞれの持ち場に移動し清掃業務を開始してるのだと思った。

「ここが男子ロッカー室、鍵が差しっ放しのロッカーが空いているロッカーね。そして、こっちが宿直室、今は誰も宿直してないけど、飲み過ぎて終電を逃したおじさんがたまに使ってるみたい」

「そうなんですね」

むきだしの簡素なベッドが置いてある槌だけで、シーツも毛布も置かれていなかった。それでも、年齢不詳とは言え鈴木さん槌とふたりきりでベッドを見るのはドキドキして、あそこがムズムズし始めた気がした。

「藤田くんが終電を逃すことは無いから心配はいらないけど、具合が悪くなったら使っていいわよ」

『外向的じゃないと言っていたけど本当かな?スムーズに説明してくれるし、フレンドリーに接してくれているよな』

「最後にここがシャワー室。ひとつしかないから入るときはこの札を裏返して使用中にしてね。使い方を説明するわ、靴を脱いで」

シャワー室のドアを開くと、畳の半分くらいの脱衣場があり奥にもうひとつドアがあった。折り畳み式のドアを開くと、鈴木さんにそっと押されシャワー室に入った。

「温度調整のやり方はわかるかしら?」

「はい、わかると思います」

『何も特殊なシャワーでは無いよな、この距離の近さやばい、肘の乳房の感触が断続的に伝わる』

「こうやって捻ると下の蛇口とシャワーの切り替えが出来るの」

そう説明しながら鈴木さんがなぜかシャワーの蛇口を捻ってしまった。下の蛇口からお湯を出そうして操作を間違えたのか一瞬シャワーヘッドからお湯が出て鈴木さんの胸元を少し濡らしてしまった。

「きゃっ間違えちゃった。ごめんなさい濡れなかった?」

ポロシャツの肩のあたりが少し濡れただけだったが、鈴木さんは申し訳なさそうにハンドタオルで拭いてくれた。

「大丈夫です、それより鈴木さんの方が」

制服が濡れて肌に貼り付けてクリーム色に花柄模様のブラがくっきり浮かび上がっているのを正面からまともに見てしまった。鈴木さんが肩口を拭くたびに乳房が左右に揺れているようで、あそこはムズムズでは済まないほどになってしまった。

『おっちょこちょいなのか?それともわざとなのか?あそこの変化がバレませんように』と心の中で念じていた。
19/01/07 03:01 (DeML/B0K)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.