閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
回想夢 - メサイア
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:マミーポルノ
ルール: 女性向けの官能小説をご投稿下さい
  
投稿の削除 パスワード:
1:回想夢 - メサイア
投稿者: グレッグ
その日に見る夢は、その日に起きたことや感じたこと、あるいは読んだ小説や聴いた音楽、交わした会話に影響を受けるのだろう。

そう考えると、K子と初めて会った日を夢に見たのには納得がいく。その日はあるテレビ番組でるジョージ・フレデリック・ヘンデルの「ミサイア『ハレルヤ・コーラス』」が紹介されていたのを観たからだろうことは明らかだ。

ドイツ人でありながらイギリスで活躍し、イギリス人が誇りにする音楽家となったヘンデルのこの楽曲は誰しもが耳にしたことがあるだろう。そして、『ハレルヤ・コーラス』はK子の好きな楽曲であり、彼女の声楽の能力を計るための課題曲槌だった。

少女時代をドイツで過ごしたK子は、いわゆる帰国子女として日本人の感性とは多少ずれていたと思う。意外に思ったドイツ人の習慣や考え方をK子から聞くのは楽しみだった。

高校生までをドイツで過ごし、日本で音大を卒業し声楽家を夢見てドイツに留学するための資金を手っ取り早く用意するためにガールズバーで働いていた。

K子と知り合ったのは、そのガールズバーを辞めて翌週ドイツに旅立つというタイミングの土曜日の夜だった。当時は土曜日の夜には仲間たちと車で山道を走りに行くか、都内をクルージングすることが多かった。クルージングと言えば聞こえはいいが、成功率の極めて低いナンパが目的だった。

その一方で山道を走るときは、ひたすら硬派だった。ただただ運転が上手くなりたくて、排気量の小さい車で大きな排気量の車を追い回した。登りではエンジンのパワーの差はいかんともし難いが、下りはパワーのハンデが減り道を譲らせた時は射精するのと同じくらいの快感を得られるのだ。

あっ自分のことはどうでも良かったね。ただ運転が上手くなりたい気持ちも根底は女に持てたいという気持ちだよね。

日本で過ごす最後の土曜日をK子は引き払ったアパートに程近いホテルで滞在していた。そしてK子と出会ったのは、このホテルに隣接するコンビニだった。

この日は仲間との都合が合わずに山道に繰り出すことも、街に繰り出すことも出来なかった。それでも知人が働いているガレージでエンジンオイルを交換させてもらっていた。ただでオイルを交換させてもらったお礼に、知人の終業を待ち晩飯をご馳走するつもりがご馳走してもらうというラッキーな夜だった。

少し遠回りした帰宅途中に立ち寄ったコンビニで車を降りた正面にK子がいたのだ。ガラス越しに目が合った瞬間に一瞬微笑んでくれた。ただ希望を持っていたからそう感じただけかも知れないが、駐車場に面した雑誌のラックの前でレディースコミックを立読みしてたのがK子だった。

キラキラと輝く吸い込まれそうな大きな瞳と槌ソバカス、明るい栗色の髪の毛に槌目を奪われてしまった。それよりも目が釘付けになったのはパーカー越しに自己主張するように前に突き出した胸元だった。当時は巨乳と言う表現がブームだったかも知れない、巨乳と言われるグラビアアイドルが時には水着姿で深夜のテレビ番組に出演槌していた。

そんなグラビアアイドルに劣ることのない、いや完全に凌駕するほどの印象を瞬時に受けた。あまり不自然な印象を与えないように女性誌のラックから離れたラックから自動車雑誌を取り上げた。まあコンビニに立ち寄った元々の槌目的を遂行したまでだ。

K子はレディコミに没頭している印象だった。後で聞いた話ではドイツでは入手が困難、入手出来てもドイツ語に翻訳されるコストが上乗せされコミックとは言えないほどの値段なのだそうだ。K子がレジに行くタイミングを見計らって声を掛ける計画を頭の中で練っていたため、雑誌の中味は入ってこなかった。それ以上にK子の横顔と胸元が気になって仕方がなかった。
2019/01/23 21:16:07(mSv5WIxK)
2
投稿者: グレッグ
そんな気配を感じたのだろうか? K子はレディコミから視線をあげると、こちらを見てニコッと微笑んだ。もうこれは話掛けるしかないと思った。山道を走れない事実はあったが、今日はラッキーな日だった。だってそうだろ、エンジンオイルをただで効果してもらえたし、晩飯まで奢ってもらったからな。


仲間うちでは『カニ走り』と呼んでいるコーナーで車を横に向けてドリフトするように、自分自身も横にスライドしながらK子に近付いた。その動きがおかしかったのか、怪しかったのかK子はクスッと笑った。やっぱり今日はラッキーな日だと改めて実感したよ。


「こんばんわ、ひとりで本読んでるんだ。それとも誰かと待ち合わせ?」

「待ち合わせじゃないよ、暇だから漫画読んでたの。もう車の本は読み終わったの?」

「いや、パラパラ捲って家に帰ってからじっくり読もうと思って」

「じゃあ、ちょっとだけ待ってて」

「え? 待っててって言った?」

「うん、後少しで読み終わるから」

K子は視線をレディコミに戻しながらも小声で言った。

「だってわたしをナンパしようと思ってたよね?」

「うん、まあナンパというか、ちょっとクルージングしてカフェにでも行けたらと思ってたよ」

「いいよ、ナンパされてあげる。暇だったし」

「じゃあ雑誌買って来ちゃうから読み終わったら車に来て、急がなくていいから」

「はぁい」

「車はそこの赤いやつね」

「うん、降りてくるところ見てたよ」


やっぱりガラス越しに目が合ったんだと思い返した。一瞬微笑んでくれたのかは後で聞いてみようと思った。レディを乗せるのだからと飲みかけのコーヒーの缶を捨て、ゴミが落ちていないか確認してるとK子がコンビニから出て来た。

「お待たせ。何この車?」


車種を聞かれた訳では無いのは明らかだった。シートはバケットシートと呼ばれるリクライニングもしない固定された物だし、シートベルトは通常の3点式ではなく両方の肩を支える4点式のスポーツタイプの物だったからだ。

「ジェットコースターに乗るみたい、楽しそう」

助手席に乗り込んだK子にシートベルトを装着するが胸が大きいためショルダーパッドを調節しなければならなかった。目の前に突き出している乳房の大きさを改めて実感していた。

カチッとバックルの音を確認し助手席のドアを締めて運転席に乗り込むとK子は不思議そうに車内を眺めていた。

「この鉄パイプは何なの?」

「これはロールケージと言って、万が一車がひっくり返っても大丈夫なようにね」

「へえ、おもしろい車ね」

「さあお嬢様、どこか行きたいところは?」

「そうねぇ・・・東京タワー見に行きたい。あっわたしK子って言うの。あなたは?」

「じゃあ、ヒロって呼んでくれればいいよ」

「はい、ヒロくんね。本当にいいの? 東京タワー見に連れて行ってくれるの?」

「もちろん喜んで」

コンビニの駐車場からバックで出ると国道を西に向けて走り出した。

「なんで東京タワー見たいの?」

「わたし来週からドイツなの」

「観光?ロマンティック街道が女性に人気みたいだよね」

「ううん、観光ではないの。留学するの」

せっかく知り合ったのに、いきなり辛い別れが来るのかと残念に感じた。だからこそ、最初で最後だからこそ紳士面しないで野獣になってやろうと思った。

「東京の夜景を目に焼き付けたいと思ってたの」

「そうか、出会ったばかりで変かも知れないけど、最高の思い出をプレゼントするよ」

なぜドイツに留学するかの理由や高校生までをドイツで過ごしたことを説明してくれたK子に驚きつつも感心した。学費を稼ぐためにガールズバーで働いていたことを説明してくれた時には、胸が大きいことがコンプレックスだったと言われ意外に思った。槌

「なんでコンプレックスに感じたの?羨ましがられるならわかるけど」

「胸が大きいとすぐにやらせてくれるって勘違いされやすいの。ヒロくんもそう?」

『ああ予防線を張られてしまったってこと? でも、なんて返事しようか?』

「胸の大きさだけじゃ判断しないけどなぁ」

K子はクスッと笑いながらも都内の夜景に感動していた。

車は日本橋から銀座を抜け、内幸町から東京タワーの足元に到着した。東京タワーの駐車場はとっくに閉鎖されて入り口はロープが張られていたが、この時間は交通量も少なくハザードランプを転倒させて路肩に車を停車した。

助手席に手を伸ばしシートベルトのバックルを外すと、K子には外で東京タワーを見ようの意味が正しく伝わっていた。

「真近で見ると壮観ね。連れて来てくれてありがとう、ヒロくん」

「喜んでくれて良かったよ。でも、なんでナンパされてくれた?」

「タイプだったからかな」


ニッコリと微笑むとK子は抱きついて来た。帰国子女で西洋文化に長い期間触れているからハグは違和感のないお礼の
行為なのだと納得し強く抱き締め返した。K子がコンプレックスと言った乳房の感触はブラとパーカーを介しても十分な柔らかさを伝えていた。それは、ハグだけでは済まない誘惑だったが、キスのチャンスは以外なタイミングで訪れた。

19/01/23 21:21 (mSv5WIxK)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.