閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
匂いをフェチ
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:マミーポルノ
ルール: 女性向けの官能小説をご投稿下さい
  
投稿の削除 パスワード:
1:匂いをフェチ
投稿者: 恭子の旦那
匂いフェチ恭子
洗濯機の前の洗濯物の山
しゃがみこんで、俺のパンツの匂いを嗅ぎながら
くっさいわ、あーっくっさい。
ザーメンカピカピの所を恭子は舐めまわす
あっザーメン最高
そして頬ズリして
鼻を擦り付けてる
男の匂い
くっさい親父の匂い
たまらないわ
知らぬ間に左手に俺のパンツを持って、右手で爆乳の乳首を弄っていた。
あっあ
タマラナイワ
あっあァア
時々恭子は俺のパンツを自分の風呂に入ってない股間に押し付けては、匂いを嗅いで、
1人で悶えはじめた。
タマラナイワ
もっとおかしくなりたくて
恭子は洗濯物の下の方に隠しておいた古い凄い汚れた俺のパンツを出してきて、
くんくん臭って
吐息をこぼしながら
そいつを被って
オナニーをはじめた
すでに淫乱変態な恭子のおまんこはびしょ濡れで
ぴちゃぴちゃぴちゃって
激しく音を立てていた。
くっさい
乾いたおしっこの臭ってたまらいの
ザメーメンのにおいも、たまらいの
2017/11/05 00:39:50(v6zJQJGp)
2
投稿者: 恭子の旦那
匂いフェチ恭子

あっぅ
いいわ、、、いいわっぅぽ
くんくん
鼻の奥に突き刺さるアンモニア臭
脳天にジンジンと突き刺さるわ
ぅっぷ
くんくん、ぶひ
くんくん ぶひぶひ
いいわ ぶひぶひ
いいわ いいわ
ぶひ
頭の中に電気が走って
uf暖暖暖暖暖暖暖暖暖暖
暖暖暖暖暖暖暖暖暖暖暖暖
暖暖暖暖暖暖暖暖暖暖
恭子は
小刻みに三回
いっ た。

17/11/05 05:13 (e1PD0/mp)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.