閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
堕ちたOL〜リコ〜
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:マミーポルノ
ルール: 女性向けの官能小説をご投稿下さい
  
投稿の削除 パスワード:
1:堕ちたOL〜リコ〜
投稿者: よしや ◆kUwXcJ2/EA
以前官能小説好きのメル友さん向けに書いたものです。続きのストックもかなりありますので、よかったら感想下さいね。

ーー



「さあ、今日も頑張ろう」リコは心の中でつぶやいた。
しかし、集中しようとすればするほど頭の中に昨晩の情事の光景が鮮やかに浮かんでしまう。
元カレよしやとの再会…久しぶりに身体中を這い回る彼の舌や指の動き。
かつてない程に溢れかえった蜜壷を、体ごと何度も突き上げてくれた肉棒…

「だめだめ」

振り払おうとすればするほど、頭の中の目くるめく光景が身体の中のメスの部分に触れて来る感覚に襲われる。
やがてちろちろとくすぶり出した疼くような火種が、リコの身体にじわじわと広がり、弄び、支配し、全身を焦がすように燃え広がる。

リコは気がつくといつの間にか事務所の人気の少ないトイレに駆け込むように入ってしまっていた。

「私…いつの間にこんな所に…」

わざわざ持ち場から離れたあまり使われないトイレに入るところを誰かに見られたのでは…と、冷静であれば特段気にかけることでもないことに、妙に敏感になってしまう。

「ほら、部屋中にメスのはしたない匂いが広がってるよ」などと言われた時と同様に、実際にはありえない事でも、淫らな感情に支配された脳には妙にそれがリアリティを持ってしまうことがある。

「早く戻らなきゃ…でも…」

淫らな感情がリコを必要以上に自意識過剰にさせている。
時を置かずまた用を足しに席を立つことで怪しまれるのを避けるため、リコはここで本来の用を足してから仕事に戻る事にした。

下着を下した瞬間…

「ぬちゅっ」

(ああ…すごく濡らしてる…私)

すでに下着をべっとり濡らすほど、淫らな蜜が糸を引いて溢れ出ていた。

「ほら…リコ…こんなになってるよ」

昨晩耳元でよしやに囁かれた時と同じわななくような感覚が濡らした股間から全身に走る。

「あん…」

○○の口から無意識に甘い吐息がもれる…

その時、普段人の出入りの少ないこのトイレに、人が入って来る気配を感じた。

しかも一人ではない事は足音でわかる。

「や、誰か入ってるよ」

声の持ち主は隣の課の同期のマユミだ。
髪も染めず生真面目でおとなしい地味な雰囲気で、職場では目立つ所がなく、男性との浮かれた話を聞いたこともない。

「大丈夫だよ、ほら入って」

そのマユミにリコの隣の個室に入るよう促す声が聞こえてきた。

しかも!男の!

「部長?」

リコは思わず声に出しそうになった自分の口を左手で慌てて塞いだ。

つづく
2017/08/03 09:20:24(KNBtG5Pi)
2
投稿者: よしや ◆kUwXcJ2/EA
膝下まで下着をずり下ろしたまま便座に腰掛けた姿勢で凍りつくリコの隣の個室から、二人がガサゴソと激しく動く気配と衣服が立てる衣ずれの音が聞こえてくる。

「だめっ、聞こえちゃ…う…うう…んふっ」

マユミのヒソヒソ声が途中で口を塞がれたような吐息に変わる。

「んふっ…ん…ちゅくっ」

マユミの口を塞いだのはどうやら部長の口であることが、欲情の混ざった濡れた音でわかる。

自分の手で口を塞いだままのリコの脳裡に、部長とマユミが激しく口づけを交わす映像が浮かび上がる。

「マユミ?…え?…部長と?」

初めはあの男っ気のないマユミが部長に脅されるか何かで無理やりトイレに連れ込まれたのかとの正義感がリコの身体を凍りつかせたが、どうやらそれは大きな間違いのようだ。

「あふっ…ちゅぴっ…ぬちゅっ」

マユミから悦んで舌を絡ませているに違いない、今までマユミから聞いた事のない色っぽい吐息が何度も漏れている。

その間も衣ずれの音が続き、続いて部長がベルトを慌ただしく外す金属音が混ざる。

「カチャカチャ」

「あふ…ん、ああ…部長の…」
「そうだ…マユミはこれが好きだろう?」

違う!マユミが自ら部長のベルトを外し、部長のイチモツを取り出したのだ!
部長の前でマユミが恍惚とした顔でひざまずいている姿が目に浮かぶ。

「ちゅ…れろっ…ぴちゃっ…」

ああ…あのマユミが部長のものを丁寧に舐めている。

「あふっぐちゅっぐちゅっずちゅっ」
「ああ…いいぞ…マユミ…」

クラクラするようなやり取りに耳をそば立てているリコの隣で、二人が体勢を変える大きな気配と、仕切り板に両手をつく音がする。

ああ…今マユミがこの向こうで、こちら向きに手をついて立っている。
こちらに顔を向けて…お尻を部長に突き出すように…何ていやらしい姿…

「ああっ!…んんっ!んんっ!」

明らかに今までとは違う嬌声を発してマユミが自分の口を塞いだのが伝わる。

あ、マユミが…部長に…

あのおとなしくて地味なマユミが部長のものを受け入れて、女の悦びに聞いたことのないような淫らな声をあげている…
リコの混乱した頭の中で、蔑むような感情と嫉妬に似た感情が混ざり合いどろどろと音を立てはじめる。

「よしやさん…」
気がつくとリコは、よしやの名前を呼びながら、隣で進行する淫交に同期するように…自らの割れ目に指を走らせていた。
昨晩のよしやの舌使いを思い出し、クリトリスを優しく弾き…割れ目に指先を潜らせるたびに

「んっ!くっ!…いいっ!すごくいいっ!」

隣に気付かれないように…左手で口を塞ぎ、声を殺しながら…異常な状況に、今までとは違う淫らな感覚が全身を貫き、身体が熱くなっていく。

「ん…ん…あふっ…ひぃっ…んんっ!」

隣では今、部長が腰を振り、マユミを後ろから突き上げているのがマユミの声だけでわかる。

「ほらいくぞ、マユミ…」

部長がマユミに囁いた声が、リコの耳にはよしやの声に聞こえた。

「ほらいくぞ、リコ…」

つづく
17/08/03 09:29 (KNBtG5Pi)
3
投稿者: よしや ◆kUwXcJ2/EA
「ぱんぱんぱんぱんぱんぱんっ」
「あっあっあっあっんっんっんんっんひぃっ」

同じ女だから…マユミが今どれくらい感じてるのかはよくわかる。
トイレにいることを忘れたかのように、間も無く達してしまいそうな激しさで喘いでいるマユミの声と、部長の腰がきっと色白に違いないマユミのお尻を打つ音が大きくなる。

淫らなそれらの音に混ざって…マユミの淫器が立てる泡立つような音までハッキリわかる。
めくるめく官能に包まれたリコの耳には、まるでこれらの音がトイレの外まで聞こえるのではないかというくらい大きく鳴り響いている。

「よしやさんっ!よしやさんっ!来てっ!リコにっ!ああ…ああ…」

隣の個室で限界に近づくマユミと自分を重ね合わせて、リコも自ら腰を振り蜜壷を中指で犯すように突き動かしていく。

「じゅぷっぐちゅっずちゅっ」
「ああっいいっすごいのっ」

隣り合わせの2つの個室から、淫らな喘ぎ声と愛液が立てる淫音が競い合うように響く。

「ぶちょっ…あひっ…いくっ!」

仕切り板についたマユミの両手が崩れ落ちていくの気配を感じながら、リコも理性が飛んで行く感覚に襲われていく。

「いくいくっ、よしやさん…いっちゃう」

「あふっ…部長っ…来てっ…あぐっんぐっ、飲むからあたし…じゅぷじゅぷっずぷっぐちゅっ…あっんっ…」
「ああっマユミっ…うおっ!」
「あふっぐちゅっ…ああん…じゅぷじゅぷっ…ずりゅっじゅるるっじゅぽっ」

「ああっよしやさんっ…熱いっ…リコのおまんこ…いいっ」

隣ではマユミが部長の怒張を口に咥え込み白濁した滴りを口の端から垂らしながら頭を激しく揺すっていたが、もうリコの耳には届いていなかった。
リコは激しく中指を自らの胎内に送り込みながら…全身を震わせてよしやの熱いものを子宮に浴びる快感に絶頂まで駆けのぼってしまった。

隣の個室の扉が開く音にビクッと身体を震わせて我に返ったリコは、自分が経験したことのない種類の快感に、気を失っていたことに初めて気付かされたのだった。

つづく
17/08/03 09:53 (KNBtG5Pi)
4
投稿者: よしや ◆kUwXcJ2/EA
可能な限り平静を装ってリコは持ち場に戻った。
部長とマユミは既に何事も無かったかのように仕事に取り組んでいた。
二人の顔をまともに見ることが出来なかった。まさか、あの真面目を絵に描いたようなマユミと、仕事熱心で信頼の厚い部長が、あんな場所であんなにも淫らに愛し合う関係だったとは…。
一度だけ自席からチラッと見やったマユミの顔が、気のせいか今までより自信に満ち溢れ、肌ツヤが良く色気が増したように見えた。

………

「ああんっ…そこっ…だめっいいの」

一人暮らしのアラサー女子の住むマンションの一室から、明らかに情事にいそしむ嬌声が漏れている。

しかし、部屋の中では全裸で汗を全身に滲ませながら一人ベッドで脚を開きオナニーにふける女がいた。
部屋の主はリコ。
その秘部には割れ目を押し開くようにディルドが突き刺さっている。

「ああっいいっ…すごくいいっ…いきそっ」

両手で自らの蜜にまみれたディルドを掴み、自らの胎内を犯すように出し入れを繰り返すリコはいつに無く早く頂点に達しようとしている。

今日の午後は仕事にならなかった。
書類に目を通していても、報告書を作成しようとパソコンを開いても、リコの頭の中ではマユミが部長のものを口に咥え込み…頭を揺するように擦り立て、上目遣いで女の悦びを部長に伝えながら精飲する光景ばかりが浮かんで来た。
何とか急ぎのメールに返事だけを返して、終業と同時に退社し、シャワーを浴びて直ぐにベッドに上がったリコは、愛用しているディルドを使いオナニーを始めた。
自分の心と身体を支配したままのあの淫らな光景を忘れるため、よしやにまた抱かれる自分を妄想して激しく自分を慰めていくリコ。

「んぐっ、ああっじゅぽっ」

いつもは膣の奥まで何度もディルドを送り込みながら達するのだが、今夜は何故かいく瞬間にディルドを口に咥え込み、激しく口唇を犯される感覚でいくことを選んでしまった。

よしやに抱かれ激しく突かれて登り詰めたつもりが、あろうことか最後に思い浮かべたのは、あの部長の肉棒をマユミではなく自分が咥え込み喉の奥に部長の熱い欲望を受け止める妄想で激しく果ててしまった。

ああ…よしや…私…

自己嫌悪に包まれながら、あまりに激しいオルガズムに、リコはそのまま眠ってしまった。

……

元々リコは妄想癖が強い。

20代の頃はそれなりに彼氏的な存在は常にいたし、酔った勢いでの一夜だけの関係が無かったとは言わない。
ただ最近は仕事上の責任も増えて忙しくなった上に、年齢的に男を次から次に取り替えるわけにもいかなくなり、一人暮らしを始めて初めて男のいない時間を過ごしていた。男もセックスも好きなほうであることは自覚があるが、かと言って近寄って来る男が結婚をチラつかせたり身体目当てだったりするのが透けて見えると女のプライドが邪魔をする年齢になっていた。

そんな生活の中で、30を超えたリコの性欲はますます深く高くなっていくのは自然であろう。最近は女性が性欲を満たすための情報もネット上に氾濫している。いつの間にかリコは買い揃えた3本のディルドを床や壁にセットして、チャットや動画で淫らな妄想を膨らませながらオナニーするようになっていった。

それぞれのディルドには形状に特長があり、特にお気に入りの一本は、入ってくる時のカリの当たり具合と丁度リコの一番弱い部分を刺激してくる反り具合を膣で覚えてしまうほど愛用しており、先ほども最後に登り詰めた時に思わず口に咥え込んだのはその一本であった。

このお気に入りのディルドがリコをさらなる波乱に巻き込んでいくことになる…

つづく
17/08/03 11:41 (KNBtG5Pi)
5
投稿者: よしや ◆kUwXcJ2/EA

翌日。

昨日早々に仕事を切り上げた影響で、こなさなくてはならないタスクに1日追われていたリコは、モヤモヤした欲情やあの二人の淫らな光景を頭の外へ追いやることが出来た。

ふと気がつくと窓の外は夕闇が迫り、フロアには人影もまばらになってしまっていた。

「リコさん、ちょっと…」

あまりに集中していたため、突然声をかけられてビクッとなって振り返るとマユミが席の後ろに立っていた。

「あの資料のことでちょっと相談したくて…時間、いい?」

と言うとマユミはリコを会議室に連れていく。
会議室に入る際、部長の席の横を通ったが、今日は1日外回りらしく、きれいに片付けられていた。そのせいでリコは1日心を乱すことなく仕事に集中出来たのだが、通り過ぎる時にデスクの上にすっとマユミが指を触れたのを目の当たりにして急に心の中が不安になった。

(大丈夫、何も知られてないし、私も何も知っていないんだもん)

自分に言い聞かせ会議室に入る。

「リコさん、昨日あのトイレにいたわよね?」

会議室に入るなり振り向きざまにマユミから投げかけられた言葉に一瞬身体が硬直する。
しかし、リコは平静を装い、しらばっくれて答えた。

「え?あのトイレって??」

「私、リコさんが入って行くのを見たのよ」

「え?…う?」

見る見る顔が赤くなるのをリコ自身が感じていた。

「ほら、やっぱり」

「私…お腹痛くて…満室だったからあそこまで…」

混乱した頭の中で何とか言い訳を絞り出そうとしているリコを遮るようにマユミが言った。

「私たち、よくあそこで愛し合うの」

ああ…心臓が飛び出しそうになるほど速く脈打ち始める。

「昨日も部長に呼び出されて、あのトイレの近くで部長を待っていたの」

「あの…その…」
「いいのよ、リコさんが入っていた所に後から私たちがお邪魔したんだから、リコさんは何も悪くない」

いつもは何処か遠慮がちな話し方をするマユミだが、今はじっとリコを観察するように見つめて、しっかりとした口調でリコに有無を言わさないような雰囲気を醸し出している。

マユミは私に口止めをしたいのだ…そのために私を呼び出して…きっぱりと…

「あの…私…何も見なかったし聞かなかったから…安心して、マユミさん」

この場を早く終わらせたい一心でリコはマユミを安心させようとしたが、マユミは聞こえていないかのように話を続ける。

「私…リコさんに聞かれてるって思ったら凄く感じちゃった…」
「わざとリコさんに聞いて欲しいって思ってしてたの」
「私、いつもより締まりが良かったって、彼も素直に喜んでくれた」

マユミは何を言っているのか…私があのことを口外しないようにお願いすべき状況なのに、部長を平然と「彼」と呼び、何か自慢気に話すマユミに少しイライラさせられたが、部長にはバレていなかった様子に少しホッとしていた。

がそれはリコの大きな誤解に過ぎなかった。

「まさか、リコさんまであんなことするなんて思ってなかったけどね」

顔から血の気が引いていくリコの顔を…いたずらっ子のようにニヤついた表情のマユミが覗き込んだ。

つづく
17/08/03 11:46 (KNBtG5Pi)
6
投稿者: よしや ◆kUwXcJ2/EA
半日で、こんなにアクセスがあるなんてちょっとびっくりです(笑)
17/08/03 23:22 (qFvcCVmJ)
7
投稿者: よしや ◆kUwXcJ2/EA

「え?一体何のこと?」

ぐるぐる回る頭の中で精一杯平静を装ってリコは返事を返した。

「うふふ、ごまかしてもダメよ。リコさん顔が真っ赤」

「もういくね?私あのことを誰にも言うつもりはないから」

そう言い捨てて会議室を出ようとするリコの目の前に、マユミがスマホの画面をかざしてきた。
振り払おうとしたリコの目に、スマホの画面に映る写真が飛び込んで来た。

「あっ!」

その写真は盗撮でもしたように薄暗くピントが合っていなかったが、写っているのがトイレの個室を仕切り板の上から撮影したものであることはわかる。
そしてそこには、下半身をむき出しにしてがっくりと眠るような姿勢で便座に腰掛ける女の姿が写っていた。目をこらすと、自らの中指を自分の性器の中へと突き刺すような状態のまま、気を失っているように見える。

そこに写っているのは、紛れもなくリコであった。

「ああ…そんな…」

マユミが勝ち誇るような口調でたたみかける。

「誰にも話さないで欲しいのはどちらのほうかしら…」

「ふふ、リコさんもあそこでいやらしいこと楽しんでたんだ?」

「ちがっ…」

「私、オナニーして気を失ったことないけど…リコさんはスゴイのね」

「ちがっ…」

「リコさんも私たちもあそこでいやらしいことを楽しみあった同じ仲間なの」

「なかま?…ちがっ…ちがうっ」

「だから安心して?私たち、協力しあって誰にも知られないようにするの」

「き、協力?」

「リコさん、誰にも知られたくないでしょう?」

一枚の写真が二人の関係を大きく逆転させていた。
気を失っている間に…あんな破廉恥な痴態を…撮影されていたなんて…もちろん、部長にも知られているに違いない。あの高さで撮影したのは…ああ、きっと部長に違いない。

「うう…私…どうすれば…」

いつの間にかマユミに自分がどうすればこの状況から脱出出来るのか、すがるような目で聞いていた。

「ただ黙っていればいいの…私たちとリコさんだけの秘密のお楽しみなの」

秘密のお楽しみ?…その淫美な言葉の意味を計りかねていた時、会議室のドアが突然開いた。

「マユミ、どうだ?リコ君は承知してくれたかい?」

会議室に外回りしていたはずの部長がゆっくりと意味深な台詞を発しながら入って来るのを見て、リコは自分の置かれた状況を…救いようのない状況を感じ取るのがやっとだった。

つづく
17/08/04 06:42 (kPaurfWk)
8
投稿者: よしや ◆kUwXcJ2/EA
「部長、ちょうど今、リコさんが私たちと秘密のお楽しみに協力してくれるって」

「ちがっ…私何もっ」

狼狽し虚ろな表情で、マユミと部長を交互に見ながら…今思いつく精一杯の抵抗をリコは見せようとした。

「そうか…それならよかった。宜しく頼むぞ、リコ君。」

会議室の椅子に深く腰をかけて、部長がまるで仕事の指示を出す時のような口調で話しかけてくる。
一体何を言っているのか理解できないまま二人の話についていくしか今は選択肢を思いつかない。
あの写真を何とかしなくては…その糸口が見つかるまでこの異常な状況に耐えるしか道はない。

突然、リコの目の前で、マユミが椅子に座った部長を跨ぐように覆い被さり、自ら部長の首に腕を回して部長の唇に吸い付いた。

「いやっ、一体…なに?」

声が漏れないように口を手で覆いながら、その場に立ち尽くすリコの前で…激しく舌を絡ませ合いながら…部長の手がマユミのスカートを捲り上げた。
こちらに向かって突き出されたような丸く白いマユミのお尻が露わになり、リコはそこに本来あるはずの布が無いことに気付く。
下着をつけないままの柔肌を…部長の太い指が荒々しく撫で回していく。

「んふっ、あふっ…あはあぁあ…」

塞がれたままのマユミの口から…興奮し切ったメスの喘ぎが漏れはじめた。

パシッパシッ

「ほらマユミ、マユミがリコ君のせいで感じてることをちゃんと言いなさい」
「ああ…はいっ、リコさんっ見てっ、ああ…もう!」

唇を離してわななきながら、早くもマユミが軽く達したことが身体の震えでわかった。

「ああ…こんなにスゴイのっ」

身体をガクガク震わせて快感に身体を強張らせているマユミを見上げながら、部長がリコに話しかけてくる。

「昨日のリコ君のお陰で私たちは新しい発見をさせてもらったんだよ。リコ君。」

マユミの上着をはだけて、今度は部長の手がマユミの乳房をこね回すように揉み始める

「ああん…部長…」

「マユミは人に見られると信じられないくらい感じてしまう子なんだってことにね。」

「スゴイの…私こんなに」

部長の手首を掴み、マユミが自分の乳房を押し付けている

「だから二人で話し合ってね…これからは時々リコ君にこうやって見てもらいながら愛し合うことにしたんだよ」

「ああ…ホントに見られたら…トイレの時なんて比べ物にならないっ…感じるっいいっ!」

全く常識では理解できない内容の部長の言葉と、目の前で繰り広げられる非日常の光景に…リコはただじっとその場に立ち尽くしていた。

目を逸らしたり、その場から逃げ出す考えは頭の中に浮かばず、ただただ目の前の淫らな光景に見入ったままで

つづきはまた来週!
17/08/04 20:42 (kPaurfWk)
9
投稿者: よしや ◆kUwXcJ2/EA
リコの混乱など全くお構い無しに破廉恥な部長とマユミの行動はますますエスカレートしていく。

先ほど部長に平手打ちされたマユミのお尻に赤い手形が浮かんでいるのを見て、ああ…ぶたれたらあんな風になるんだ…私のお尻も…などと客観的な想いを巡らせながらも、生唾を飲み込みながら二人の痴態を見入っているリコ。

「ほらマユミ…もっとちゃんと見てもらうんだよ」

不意にマユミの身体がこちら向きにされた。
はだけた上着からは張りのある乳房が露わになり、その頂点でマユミが興奮し切っていることを示す乳首が勃起している。

こちら向きに部長の膝の上で開脚しているマユミの秘部がリコの方に突き出されている。
リコのそれより濃い目の陰毛が、マユミの溢れた蜜で張り付くように濡れている。
その下では、マユミの陰唇が充血し大きく開いて何かを求めるように動いているのが見える。

大人の女が興奮した状態の秘部を直で目にするのはリコにとっても初めての経験だった。
もちろんネット上に溢れる無修正の映像や、オナニーする時に鏡で自分のものを見たことは何度もある。
しかし、演技でもなく、自分のものでもない、自分の知り合いが異常なまでに興奮した身体で見せるそれは、今までのものとはまるで次元の違う卑猥さをリコに見せつけてくる。

そんなことを少しボーッとした頭で考えている間に、部長のスラックスが膝下までずり下げられていた。
リコの目に飛び込んで来たのは、年相応に使い込んだ感じの色素の沈着した、そして見事な形の部長の勃起した姿であった。
腰を浮かせたマユミが…自ら部長の亀頭に陰唇を被せながら腰を落としていく。

「あはん…入るの…リコさんっ…見てっ」

リコに向かって嬌声をあげながら、マユミの秘部が部長をどんどん咥えこんでいく。

「いいーっ!ああー!見てぇっ!」

ほとんど泣き叫ぶような声をマユミがあげる。
もうフロアには誰も残っていなかったのであろう、部長も会議室の扉から漏れそうなマユミの喘ぎ方を楽しんでいるかのように腰をマユミに向かって突き上げる。

「あひっ…ひぐっ…んあっ」

突かれるたびに人形のように身体を揺するマユミ。
マユミの秘部の奥まで届いているであろう部長の肉棒はしかし、決して全部がマユミの膣内に収まることはないほどに大きく勃起して、反り返った根元部分から激しく揺れる陰嚢がマユミの愛液でテラテラと光りながら猛々しい姿を見せている。

「す、すごい…」

リコは無意識のうちに小さく感嘆の声を漏らしてしまっていた。

つづく
17/08/07 11:28 (JLeccb/M)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.