閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
初体験
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:マミーポルノ
ルール: 女性向けの官能小説をご投稿下さい
  
投稿の削除 パスワード:
1:初体験
投稿者: 洋子 ◆K9QwhuRYdg

 私は36歳主婦です。短大卒業後、某外資系企業に就職。そこで知り合った2つ年上の主人と結婚して10年になり、8才の女の子と5才になる男の子がいます。

 真面目で優しい主人には何不自由無い生活を送っていますが、流石に結婚生活が10年ともなりますと倦怠期…って言うか、アッチの方が疎かと言うか、回数が次第に減ってきて、性行為自体マンネリ化になるのは仕方のない事だと思っています。

下の子が出来て5年が過ぎ、このままではセックスレスになってしまうのが怖かった私は、5つ年上で近所に住んでる優子さんに、思いきって夜の営みについて相談してみました。

私「優子さんって結婚して何年ですか?」
優子「もうすぐ20年になるかな。」
私「‥‥20年かぁ〜〜。」
優子「え、何?‥‥どうしたの?」
私「あのさぁ、、、夜の方はどうしてるのかなぁ〜って。…ハハハ!」
優子「気になる?」
私「雑誌にも書いてあるけど、最近…SEXレスの夫婦が増えてるって言うから、どうなのかなぁ〜って…。」
優子「ウチは普通にあるよ。」
私「‥‥普通って?」
優子「そうねぇ、、、週2かな?…だいたい月にスキンが1箱無くなるから。」
私「…ひと月に1箱?」
優子「‥‥もしかして、洋子の所はセックスレスなの?」
私「え〜〜?‥‥そんなんじゃないけど、最近…めっきり回数が減っちゃってさぁ〜ハハハ…。」

と、再び作り笑顔の私。

優子「‥‥洋子って11年目だっけ?」
私「ええ。」
優子「ウチもそのくらいの時期にあったのよ!…倦怠期が!」
私「でも、週2って…。」
優子「ウチはマンネリ解消で、旦那がアナルでしてみたいって言って来たのよ。」
私「‥‥アナルって、お尻でしょ?」
優子「…最初イヤだったけど、馴れてくると凄くイイのよ♪」
私「、、、凄くイイって?」
優子「バキナの時には全然無かった武者震いみたいな感じかなぁ?…お尻の穴にチンコを出し入れされる度、内臓が掻き出されるような感覚で…兎に角スゴいの♪」
私「ふぅ〜ん、お尻かぁ!…何か痛そう。」
優子「…流石に最初の時は…あんなのがお尻の中に入って来るって考えたら恐かったし、痛みもあったよ!…でもネェ〜〜痛いのは最初だけで直ぐに慣れちゃったのよ♪…フフフ(笑)」

と、笑いながら語る優子さんは…テレビのスイッチを入れるとDVDをセットした。

優子「ココにイイのがあるんだけど‥‥観る?」
私「‥‥ビデオですか?」

2016/11/29 15:20:24(94bgojwK)
2
投稿者: 変態中高年
ID:miracle-50
続き気になります…
16/11/29 16:02 (rW1poZBr)
3
投稿者: 洋子 ◆K9QwhuRYdg

 ビデオ再生が始まると、それは洋物で…かなり若い東南アジア系の少女と、180cm以上はありそうな筋肉ムキムキの白人男性が、浴室内で絡むノーカット(無修正)版でした。

私「‥‥優子さん!…これってモロに見えるじゃないですか!」
優子「凄いでしょう〜♪大分前に通販で買ったのよ♪」

男性が巨漢なので少女がかなり小さく見え…まるで子供と性行為してるんじゃないかと錯覚する程でした。

私「…優子さん…この女の子、幼くないですか?…女の子のアソコ…ツルツルでシワ1つ無いし、小学生みたいな感じ…。」
優子「フフフ…分かった?…タイトルが『Asian Lolita **** Anal‥‥』ってなってるから、多分12歳以下のアナル物よ♪」

《…え〜?…12才以下?…アナル?》

…どうりで映ってる少女が幼い訳だぁ。…でも、この子…どう見ても12才じゃないような感じだけど、いったい何歳なんだろう?

 映像は勃起した白人男性の20cm以上有りそうなペニスをフェラしていて、巨大な亀頭を小さな口で一生懸命咥え…喉の奥の方まで入れられていた。

私「この子凄〜い!…あんな大きなペニスを‥‥。」
優子「‥‥でしょ〜♪…この後が更にスゴいのよ♪」

 次に男性は少女のアソコを舐め始め…頻りと指でお尻の穴に唾液を流し込んでるように見えた。

優子「‥‥ほらほら!…この後よッ!」

すると次の瞬間!…男性が少女を駅弁FUCKのように軽々と持ち上げると、そのままギンギンに勃起したペニスを幼いワレメに押し付けると、見る見るペニスが飲み込まれて行って、少女のお尻に刺さっていたのです。

私「わぁ〜〜!…あんなに大きいのが入っちゃうなんて‥‥!」

優子「フフフ…ちゃんと見なさいよ洋子!…女の子のどの穴に入ってるのか?」

私「え?‥‥どの穴って?‥‥え"〜〜?…お尻の穴?」

 まさか…巨大なペニスがいとも簡単に少女のアナルに入ってるとは思ってもなく、ガンガンにピストンを繰り返す男性のペニスの半分以上が少女のアナルに出し入れされていました。
 更に驚いたのは、その少女は痛がる素振りを全く見せず…寧ろ、気持ち良さそうな表情さえ浮かべていたのです!

私「これ、、、、凄〜〜い!」

優子「フフフ…凄いでしょう♪」

 私は、巨大なペニスをアナルに入れられて、気持ち良さそうにしてる少女を観ている内…徐々に興奮して来て、指が自然とアソコに‥‥。


16/11/30 00:51 (ePFEBgY3)
4
投稿者: 洋子 ◆K9QwhuRYdg
《…な、何なのこの子!…あんなに大きなペニスを出し入れされて‥‥。あああ‥‥久しぶりにアソコが疼いちゃう♪》

私は画面を喰い入るように観ながら…隣に居る優子さんに悟られないようスカートの中に手を忍ばせて、下着の上からクリトリスを刺激した。

《…やだ〜私‥‥欲求不満なのかしら…。》

 映像は更に進み、少女のアナルに嵌まったペニスの結合部分がドアップに映し出されると…もう私の頭の中は…アナルセックスの事で一杯になっていて、無意識に腰を捩っていました。

優子「どう?‥‥洋子さん?」
私「…えっ!…ぁ、あんな小さな子が、、、アナルセックスしてるなんて…信じられないです!」

 私は壮絶なFUCKシーンに頭を撃たれたような衝撃を受け…久しぶりに陰門が開く感覚に襲われました。

ビデオが終わると、暫くは放心状態でソファーに項垂れていましたが、時計を見ると…もうすぐ幼稚園バスが来る時間だった事に気付き、その日、優子さん宅を後にする際…何を話して帰ったのか全く思い出せない程だったのです。

その夜、主人は地方へ出張中で…ひとり寂しく自慰に励み、この体の火照りを鎮めるのです!

私「‥‥もぉ〜〜何でこんな日に居ないのよ!‥‥このままだと浮気しちゃうんだから…!」

 翌朝、子供達を学校と幼稚園へ送り出し、家の中を片付けていると携帯が鳴り、優子さんに誘われた。

《‥‥昨日の事かしら?帰る時、ちゃんと挨拶しなかったのマズかったかなぁ‥‥。》

と、色々考えながら優子さん宅に向かい、インターホンを押す!

優子「いらっしゃ〜い♪」
私「あの‥‥昨日はごめんなさい‥‥私…全然覚えてなくて‥‥。」
優子「気にしなくてイイのよ♪‥‥それより昨日の夜は、流石にご主人と相当燃えたんじゃないの?」
私「え?、、、それが、、、生憎主人は今週いっぱい出張中で、、、。」
優子「あらま!‥‥それは残念だったわネェ〜。…洋子が帰る時、あんな風だったから…心配してたのよ♪」
私「‥‥主人が居ない時はひとりでしてますから、今のところは何とか…。(恥)」

優子さんが紅茶を煎れてくださり、暫しのティータイム♪

優子「ところでさぁ〜昨日観たのより面白いのが有るんだけど‥‥観る?」
私「え?‥‥観る観る、絶対観た〜い!」

そう言うと優子さんは何故かリビングのカーテンを閉め始め、再びDVDをセットすると…映し出されたのは、どこかの寝室みたいな一室でした。

16/11/30 13:16 (ePFEBgY3)
5
投稿者: 洋子 ◆K9QwhuRYdg

 固定カメラをセッティングしてるのか…時折人の手が映り込んだり、画面が揺れたりしていました。

私「…何ですか〜これ?」
優子「フフフ‥‥イイからイイから♪」

 そう言いながら優子さんは私の居るソファーの隣へ座り、ビデオの続きを観ていると、40代くらいのカップルが出て来て、いきなり抱き合って激しいキスの応酬!

《えっ?…何なのこれ?…個人撮影みたいだけど。》

二人は抱き合って激しく唇を貪り合い、キスしながらお互い着ていた衣服を一枚一枚剥ぎ取ると、二人は厭らしい下着姿になったのです!

《わぁ〜〜この女の人…かなりスタイル良いわ♪…胸なんかパンパンで、はち切れそう‥‥あ!…優子さんだ!》

そうです。…映像に映ってる二人は…優子さん夫婦だったのです。

私「ウッソ〜!‥‥これ‥‥優子さん夫婦なの?」
優子「フフフ‥‥バレた?…最初撮られるのは恥ずかしかったけど、慣れると意外と興奮したのよ♪」

 旦那さんはまるでAV男優が穿くような、股間のモッコリが強調されたブリーフ姿になっていて、今にもアレが飛び出さんばかりでした!

私「あはっ♪旦那さんの前がモッコリしてて、凄く厭らしい〜♪(笑)」

 すると旦那さんが彼女の背後に廻りブラのホックを外すと、綺麗な釣鐘型をした…豊満なバストが現れ、それを旦那さんが後ろから両手で掴み…揉み始めたんです。

《…わぁ〜〜♪優子さんって綺麗なバストしてるんだぁ〜♪…それに、あんなに揉まれて‥‥凄く気持ち良さそう…。》

旦那さんに胸を揉まれてる優子さんは、左手を旦那さんの股間に這わすと、ブリーフの上から…モッコリした部分を撫でていて、見る見るブリーフの前が膨らんで来たかと思ったら、お腹の部分から亀頭部分が…ニョキニョキ!っと飛び出すと、一気に完全勃起を果たし旦那さんのペニスが露になったのです!

《…わぁーーっ!…旦那さんのアレ‥‥主人のより遥かに大きいわぁ!…もしもあんなので突かれでもしたら、どうなっちゃうのかしら…。》

 ブリーフが小さい分、ペニスの大きさがより強調されて、目眩がするくらい凄く興奮していました。

私「凄〜〜い!…優子さんの胸、ヤバくないですか?‥‥それに旦那さんのアレ‥‥主人よりデカいんですけどぉ〜!(笑)」

優子「ウチの旦那は18cm位かな?‥‥私はEカップよ♪」
私「‥‥羨ましい。私も優子さんくらいバストがあれば…主人だってもっと…。」


16/11/30 13:28 (ePFEBgY3)
6
投稿者: 洋子 ◆K9QwhuRYdg
優子「何言ってるのよ!…洋子だって形の良い胸してるじゃない?」

そう言うと優子さんが私の胸を触ると、そのままニットの上から乳房を揉まれた。

私「えっ?‥‥優子さん?」

 余りにも突然の出来事だったので、そのまま拒む事も出来ず…優子さんに胸を揉まれ続けていると、アゴを…クイッ!っとされて、彼女に唇を奪われました。

《え?‥‥優子さんにキスされるなんて。‥‥でも、優子さんの唇‥‥柔らかくて…なんて優しいキスなの。‥‥ああ〜〜舌が!‥‥優子さんの舌が入って来る!…どうしよう‥‥私…どうしたらいいの…!》

私自身…初めて女同士でのディプキスでした!

 そのキスは約2分くらい続き、凄く長く感じてて…ディプキスになると、それまで観てた映像によって興奮してた私は…完全に優子さんに身を委ねてしまったんです。

私「‥‥ゅ…優子さん…。」
優子「‥‥洋子さん♪」

 そう言うと、どちらともなく再び唇を重ね合うと、今度は私の方から積極的にキスをして、優子さんの舌を思い切り吸ったりして…互いの唾液交換も行って、優子さんとのキスに酔ってしまいました。

 すると突然、彼女の手が私のスカートの中に入って来て、ショーツのクロッチの部分をなぞる!

優子「ウフフ♪‥‥洋子のここ‥‥凄く濡れてるわよ♪」
私「アッ、、、ィヤッ!、、、恥ずかしい。」

 スカートの中に挿し込まれた優子さんの指が…私の一番敏感な部分を捕らえると、そこを執拗に責めて来る!

私「あッ!、、、ううっ、、、あぅっ!」
優子「フフフ…余程興奮したのネ♪…知ってるわよ、昨日も同じだったんでしょ〜う?」

優子さんは…私が興奮してるのを完全に見透かされていて、既に自分の愛液でビショ!ビショ!になったショーツの脇を掴むと…そのままゆっくり下に下げて行く。

《…あっ!、、、優子さんにパンツを脱がされる!、、、ど、どうしよう!、、、アッ!》

次の瞬間!…優子さんは私をソファーに押し倒すと…フレアースカートを捲り上げ、再びショーツを脱がしながら私の股間に顔を近付けて来て…徐々に露になる私の陰部に舌を這わすと…既にビショビショになってるオマ○コをゆっくりと舐め始めたのです!!

《…アッ!‥‥ダメ!‥‥こんなに濡れてる陰部を舐めるなんて!‥‥アアッ!‥‥恥ずかしい!》

私は成す術無く、優子さんに陰部を舐められながら、只々…両手で顔を覆う事しか出来ませんでした。

(続)
16/11/30 14:21 (ePFEBgY3)
7
投稿者: 変態中高年
ID:miracle-50
続き気になります…
16/12/01 19:25 (SQdNZusM)
8
投稿者: もっこりりょう
こんばんは。
読んでて、あそこが立ってしまったよ!メールでやり取りしながら、一緒にオナニしたいよ
16/12/02 00:01 (/Im.AOTU)
9
投稿者: 洋子 ◆K9QwhuRYdg

 優子さんは私のショーツを両脚から抜き取ると、そのままスカートのホックも外され…スルリ!っと、いとも簡単にスカートが剥ぎ取られると…優子さんの目の前に、愛液で濡れた状態になった私の女性器が露になる。

優子「ウフフ♪…洋子さんのココ、食べちゃいたいくらいよ♪」
私「そ、そんな‥‥恥ずかしい…。」

 優子さんは露になった割れ目に再び顔を近付けると…そのままスリットに沿って下から上へと舐め上げた!

私「…ゆ、優子さん!…そんなに舐めないで下さい。…せめて、シャワーを使わせて下さい。」
優子「あら…何で?‥‥お風呂に入る前に舐めるのがイイのよ♪」
私「‥‥な、なんでですか?」
優子「だって、折角洋子さんのヌルヌルになったアソコを舐めてるのに、シャワーで洗い流しちゃったら勿体無いでしょう♪」

 私の問い掛けに、優子さんの答えは正論に聴こえますが…流石にお汁で濡れてる陰部を舐められるのは耐え難く、それでも尚陰部を舐め続ける優子さんに対して…恐縮するだけの私でした。

私「…アッ!‥‥うぅぅッ!」

優子さんの舌先が…私のクリトリスを捕らえると思わず声が漏れる。

《…やだ!‥‥私…感じてる…。》

…私自身…レズビアンでもなく、今まで全くそっち系でもない筈の私でしたが、優子さんにキスされた事で…私の中にあった潜在意識のようなモノに火が着いてしまったのは分かりませんが、その時は優子さんとのキスに完全に酔ってしまい…心地好ささえ覚えた私は、L G B T で言うと『B=バイセクシャル=両性愛者』なのかも知れません。

優子「‥‥凄〜〜い!‥‥洋子のアソコからオツユがどんどん溢れて来る〜♪」
私「アア〜ッ!、、、優子さん、、、そんな事、、、言わないで、、、!」
優子「‥‥わぁ〜〜!…洋子のクリトリス‥‥完全に勃っちゃってるよ♪」
私「…アッ!‥‥アッ!、、、ヤダ!‥‥ゆ、優子さん!‥‥アアアア〜〜〜ッ!」

私は大きくマタを開いて無意識に腰を持ち上げていて、優子さんが私の陰核を集中的に責め続けた結果…私は初めて女性との性行為によって逝かされてしまったのです!

私「ハァ!、、、ハァ!、、、ハァ!」

優子「‥‥どう?‥‥少しはスッキリした?」

私「…ハァ!…ハァ!‥‥あ、はい…!」

優子さんはソファーに倒れ込んでる私を抱き寄せると…優しくキスしてくれて、今度は記憶に無いぐらい長い時間…キスを交わしました。

(続)
16/12/02 13:17 (xYLx6aas)
10
投稿者: もっこりりょう
今日も読みながら、チンポ立ってしまったよ!
洋子も多分、書きながらオマンコ濡らしてるんやろな?夜中にメールで話したいよ!
16/12/02 17:44 (/Im.AOTU)
11
投稿者: 洋子 ◆K9QwhuRYdg
ご感想ありがとございます。…続きが思ってたより書けなくてすみません。。。


優子「…私がこんなだったなんて、ビックリしたでしょう?」
私「ええ‥‥私、レズ自体初めてだったけど、最初キスされた時から…優子さんとこうなる事を望んでたんです。」
優子「洋子にそう言って貰えて凄く嬉しいわ♪‥‥もし、こんな事して逆に嫌われちゃったらどうしようって思ってた‥‥。」
私「優子さん大丈夫よ♪。…私、優子さんの事…前から好きだったんで。」
優子「ありがと〜♪」

そう言うと優子さんは私の着てる服を脱がし始め、私も優子さんの服を脱がすと…映像で観た爆乳が姿を現したのです!

私「…わぁ〜〜ッ!やっぱりデカイわ〜〜優子さんの胸♪」
優子「貴方だってイイ形してるじゃない♪」
私「私…Bなんで、もう少しボリュームが欲しいんですけどネ!」

 ビデオを観ると…いつの間にかカメラが浴室に移動してて、再び優子さんご夫婦が登場。
 全裸になった旦那さんの前に跪いた優子さんが、既にギンギンに勃起した旦那さんのペニスを美味しそうにフェラしていて、そのままお尻を旦那さんの方に向けると…バックの体勢からオマンコに突っ込まれ、モノ凄いスピードで突かれていました!

私「…スゴ〜〜い!…優子さん‥‥あんなに突かれていました。

《…スゴ〜〜い!…あんなに突かれて‥‥羨ましいわぁ♪》

 画面に映る優子さんを見ると…Eカップの乳房が、バックで激しく突かれる度に大きく揺れて、前屈みになってる分その揺れ方は…貧乳の私では到底考えられない揺れ方をしていました。(笑)

 すると…旦那さんが優子さんのバギナからペニスを引き抜くと、何やら液体の入ったボトルを取り出し…その液体を優子さんのお尻に垂らし始めたのです。

私「…あ!もしかしてあの液体って…?」
優子「ローションよ♪」

 粘り気のある液体を…四つん這いになってる優子さんの尾抵骨辺りに垂らすと、そこから肛門に向かってゆっくり流れ落ちる間に指で掬うと…そのまま肛門内へと流し込んで行ったのです。

《‥‥アナルセックスするんだわ…。》

 一通りローションが行き渡ると、旦那さんはアナル愛撫を始め、太い指で優子さんの肛門括約筋を解しながら、徐々にアナルを拡げて行き、更にローションを補充しながら…執拗にアナルを愛撫を続けていました。

《…優子さんのお尻の穴‥‥あんなに拡がっちゃって‥‥痛くないのかしら…。》


16/12/04 03:43 (FZ03gBfK)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.