閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
Mオトコの心理
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:マミーポルノ
ルール: 女性向けの官能小説をご投稿下さい
  
投稿の削除 パスワード:
1:Mオトコの心理
投稿者: はじめ ◆kTPphSuNUQ
もう何年も前の話でございます。僕は当時二十歳、学生で狭いアパートに一人住まい。通学路に一軒のお好み焼き屋さんがありました。店を切り盛りしているのは歳は10歳から15歳位年上の女性、お好み焼きはほとんど店頭渡し。奥に申し訳程度に小さな椅子テーブルがあるだけでした。
「いつもありがとうございます。ゆっくり召し上がって下さい」
「はい、ではビールを一本」
「はい、おビールですね」
飲み物と言えば清涼飲料水とビールしかない。
その女性は噂では未亡人だとか離婚したとか、確かなことは分からずじまいでした。
「では、そろそろ支払いを………」
「ありがとうございました。…○○円のお返しです」
僕は彼女と手を触れ合うのも楽しみでもありました。手を触れる時は必ず何秒間かその女性の手を握りしめます。
「叩きますよ」。ピン!最初の頃は笑ってましたが、片方の手で僕の手の甲を叩くようになりました。
「すみません」と言って店を出る。もうこれを何回繰り返したことか。
アパートへ帰ると、それを思い出してはオチンチンが膨らみます。仕方なく自分の手で慰めます。
 そんなことを続けていたある日、その店に小さなカバンを置き忘れてしまいました。その晩に思い出して翌日受け取りに行き、カバンは戻りましたが、実は中にとんでもない物を入れてたのです。マゾ向け雑誌です。女性がオトコを辱めている写真集です。それだけならいいのですが………。
「あっ、きのうお忘れ物があって、預かっていますよ」
「あっ、すいません。あのぉ、中身は見ましたか」
「ええ、どなたのか知る必要があって、ちょっとだけ。すみませんでした」
しばらく沈黙の時が過ぎましたが、
「あのぉ、日記みたいなのが本に挟んでありましたけど。入ってたご本は特殊なもので、私もついつい。日記に書いてあったのは私のことかな」
実は僕が毎回手を叩かれて、それを思い出しながら自分の手で慰めてたとか、彼女のが胸やお尻に触れたいとか、数々のことを書いてありました。
「はい、捨てましょうか」
「うーん、何を妄想しようとひとの勝手ですよ。せっかく書いたものだから大切にとっておいたら?」
 僕は救われた様な気持ちになり、その場は終わりました。それからもお好み焼屋さんに通っいましたが、ずっと叩かれていました。でも今では胸やらお尻を、さらにはキスもできます。
「はい、舌出して!上手にしないと叩くわよ」
「お気に召さなかったら、どうかご遠慮なく叱って下さい」
「きょうは安全日だから、たまにはね」
「でもその前に私を楽しませて!はい、ピシャン」
 やがてその店はたたんで更に大きなレストランに変身したのですが、僕は長いこと性のお相手をして下さったお礼として、開店資金の一部を出したことは言うまでもありません。
ー終わりー
2016/08/27 17:02:29(DBLyRdi/)
2
投稿者: はじめ ◆kTPphSuNUQ
作者のはじめです。どのジャンルにするか迷ったのですが、女性にもお読み頂きたいと思い、マミーポルノにしました。マミーポルノには不向きとも思えますがご容赦下さい。
書いたことは全て妄想ですが、少数とは言えこのようなことを考える人もいると思っています。この私もつい一ヶ月前までは考えもしなかったです。女性に尽くす喜びは快感に変わります。
なお、この他に「初老のテレホンセックス」と「痴漢規制緩和の弊害」の二つを投稿しております。合わせてご覧頂きご批判でも冷やかしでも下されば嬉しく思います。ジャンルはじめ隣の「空想・幻想官能小説」です。
   
16/08/27 17:25 (DBLyRdi/)
3
投稿者: おさかな ◆6NvNM3Dl92
拝読しました。
とても読みやすく、情景が目に浮かんできました。
店員さんに片思いしてるシチュエーションは個人的に好きです(笑)
昭和レトロな雰囲気も出てて、良いですね。

女性に読んで頂きたいとのことですが、感想が欲しいお気持ちよく分かります。
ですが、男女の比率から言うと難しいかもしれませんね。
女性の投稿者の作品には、どんな内容であれ女性と仲良くなりたい男性がコメントを書きますが、その逆はなかなか…。
ご存知かと思いますが、宣伝を快く思わない方もいらっしゃるようですし、難しいですね。
こちらもイイネボタンがあれば、救われるのですけどね。
16/08/29 22:03 (crC8elpl)
4
投稿者: はじめ ◆kTPphSuNUQ
あさかなさん、読んで下さりありがとうございます。購読者が少ない、或いは殆どいないということは最初から覚悟はしていました。今はネット社会であることから小説を書く人は大変多いそうです。また他人の書いた文章に関心を示す人はごくまれでしょう。たとえ一人でも読んで下さる方がいれば満足です。
 片思いは殆どの人が経験しているとつい最近まで思ってましたが、そうでもないかなとも思えてきました。人間の恋愛感やセックス感更には性癖には恐ろしいほどに癖があって、寧ろ逆に自分を求める、自分に目を向けさせることに価値やら快感を覚える人もいるのではないかとも思えます。片思いは成就することはないと思いたくなります。
 さて、自分の宣伝に他者さんの場を利用しているという批判はありましたが、宣伝と聞いて「はて?」と思ったのが実感です。小説という言葉が私の投稿にふさわしくないのです。他者さんの投稿の感想に基づいた作り話と言った方が合っています。批判した彼も私の小説なんか間違いなく読んではいないでしょう。だから、きっと立派な小説で世に出すために安上がりに人様を利用しているんだ、という先入観で批判しているのでしょう。小説というのでなく何か別の言い方を考えていますが、適当な言葉が見つかりません。
 さて、本当に喜ばれるマミーポルノは、多分イケメンまたは金持ちの男性との素敵な恋または美しいベッドシーンなどでしょうが、私には無理ですね。身の程を心得た方がいい。
これからも幾つか投稿していきますので、よろしくお願いします。
16/08/30 08:18 (NtC5Fjye)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.