閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
得た力
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:魔法使い体験告白
ルール: 私は魔法使い、そんな私の空想H体験告白
  
投稿の削除 パスワード:
1:得た力
投稿者: 秋男
84歳になる母が、人生を終えるための準備を始めたのが4ヶ月ほど前。『余命半年。』と医師から命の期限を言い渡されてのことでした。
その頃はまだ普通に生活が出来ていた母も、最近では布団の中で過ごすことが多くなり、体力も衰えとともに身動きも取れなくなるのだろう。
昼間は姉家族が、夜になれば仕事を終えた僕が母の面倒をみるという生活が続いている。その頃だった。僕がある力を手に入れたのは。

『アキちゃ〜ん!起きなよ〜!』と一階から母の声が聞こえる。今年52歳になる僕は、子供の頃からずっとこの声に起こされ続けてきたのだ。
一階へ降りると、朝食を作る母の姿がそこにあった。昨夜まで、寝たきりの生活を続けていたとはとても思えないほどに元気な顔をしています。
僕が、あの力を使ってしまったからです。

僕の得た力。それは肉体を若返らせるという能力です。寿命が延びるのではなく、単に若かった頃の身体を手に入れられるというもの。
しかしその代償として、一回使用する度に僕は寿命の1年を失ってしまうのだ。

母は、80歳の頃の身体を手に入れていた。最近の衰えてしまった母を知っているだけに、身内の僕には劇的な回復を感じました。
翌朝、姉が姿を現します。この状況をごまかそうと、『母ちゃんが突然、』といろいろと説明する準備をしていた僕。
しかし、現れた姉は、『おはよぉ〜!』と元気な母の姿を見て、驚く素振りも見せず、いつも通りの母娘の会話を始めたのだ。
この力には、肉体を若返らせるだけではなく、その劇的な変化に周りを順応させてしまう効果もあるようだった。

翌日。会社に出勤をした僕。いつもとは違い、周りの目を気にしての出勤となっていた。
『係長。おはようございます。』、一番に挨拶をくれたのは後輩の吉田だった。僕よりも4つ年下の彼だが、肉体的には僕が6歳若いことになる。
あの力を使い、僕は10歳の若返りを見せていたのだ。社員、会社関係者、誰もが僕を自然に受け入れてくれていた。

そして一週間後。僕達家族は、劇的な変化をすることになる。母は40歳、私は20歳。そこに、25歳の姉が、21歳の自分の娘を連れて遊びに来るのだ。
そして、トイレの棚には長年目にしなかったアレが置かれ始める。『多い日も安心。』、40歳の身体になった母に、これは必要なのである。

僕は40歳の母との生活を始めていた。医師の言葉が確かならば、母の寿命はあと2ヶ月程度しかない。元気な母を見て実感は出来ないが、現実はそうなのだ。
部屋干しされる母の下着は派手になり、20歳の若い僕の身体には毒である。その下着に刺激をもらうと、何度でも自分の手で自分を慰めてしまうのだ。
今の母は、僕が子供の頃の姿なのだろうが、そんな記憶などとっくに薄れていて、普通のお姉ちゃんに感じてしまう。だって、私は54歳なのだ。

ある日、母の左手に『30』という数字が浮かび上がった。僕にしか見えないのか、母は気づいていないようだ。
よく朝には、『29』と数字が減っていて、それがカウントダウンであることは、容易に想像が出来ました。そして、物語は動き始めるのです。

母の身体から、ボディソープの香りがします。それは、うちのお風呂に置いてあるピーチの香りとは違うのもの。
数日後には、助手席から降りてくる母の姿を見掛け、男が出来たことを確信します。40歳の若い身体は、男を欲しがってしまったのです。
しかし、次の日からその車が現れることはありませんでした。顔も見てませんが、その男は母に興味がなくなったのだと思います。

『アキちゃ〜ん!起きなよ〜!』、今日も母の声に起こされました。朝食を取りながら、母の左の数字を確認をします。
『9』、いよいよ一桁になりました。しかし、その左の手の幼さに驚きます。肌はもっちりとしていて、潤いがあります。
そうです。あの男を近づけさせないために、母の身体を40歳から、14歳へと若返らせてしまったのです。




2018/05/31 10:12:47(Ji1K7h4l)
2
投稿者: 秋男
14歳の少女との生活が始まりました。家事の手際も悪く、食事も子供の作った『なんだこれ?』な料理です。
それでも、それなりに少女との生活は楽しく、左手の数字を見ると切ない気持ちにもなってしまうのです。
少女は私を『アキちゃん。』と呼びました。やはり、その辺は母親です。しかし、どこか遠慮を見せました。20歳の私に、14歳の母が戸惑っているのです。
そして、ついに数字は『2』を示しました。午後6時に数字が変わったため、2日後の午後6時までが寿命だと想像がつきます。

その夜、僕はある計画を持って母の部屋に向かいました。もう、その気なので、『ガシャン!』と扉は大きな音を立てて開きます。
ベッドで眠る母のシルエットが見え、それは慌てた様子で動きます。僕が照明をつけました。そこには、布団で身体をくるみ、怯える母の姿がありました。

母をくるんだ布団の裾から、ビンクのパジャマがはみ出しています。しかし、そのパジャマには手足は通されてはおらず、少し不信に思いました。
『なぁ〜に?』と子供の僕に声を掛けてくるのですが、その表情は堅く、何かを隠そうとしているのは明らかです。
僕は、首元でしっかりと抱えている布団に手を掛けました。『寒い、寒い、』と言って、何かをごまかそうとする母。
その布団を引っ張った時、その全てを理解するのです。しっかりと握り締めた布団の隙間から見えたのは、胸元の全てのボタンが外れたパジャマ。
そして、驚く程に綺麗なビンク色の乳首が見えたのです。『なにかしてた?』と聞くと、『してないよ。』と答えますが、顔が一気に真っ赤に染まります。
僕は母のしがみつく布団を上へ上へと持ち上げ、母からその布団を奪い取ったのです。

その姿から、母が何をしていたのかは一目瞭然でした。パジャマの胸元は肌けしまい、パジャマのズボンは僅かに足が引っ掛かっている程度。
白のバンツも慌てて持ち上げたのか、お尻の部分は半分以上が現れたままで止まっていました。
『スケベなことしてた?』と聞きました。最初こそ、子供の僕を丸め込もうとしていましたが、所詮は14歳の浅知恵。終いには、涙が溢れるのです。

半泣き状態の母に手を掛けました。肌けたパジャマを、肩から落として脱がせます。
普通の少女ならば暴れそうなところですが、この辺りが母と息子。他人とは違い、恥ずかしさは薄いのです。
母は胸を隠さず、ただ両手をぶらりと垂れ下げていました。大きくはありませんが、ちゃんと膨らんだ綺麗な胸をしています。
乳首の色はビンクとしか言いようがなく、少女との経験などない私ですから、今まで見た中で一番綺麗な乳首に思えます。

足に掛かったズボンなど軽く脱げ、残るは腰に引っ掛かっているだけの白パンツだけどなります。パンツはよく伸びました。
『脱がしたらだめ!ここはだめ!』とその子供が訴える中、パンツは伸び伸びしながら、彼女の身体から離れていくのでした。
パンツを見ると、まさに子供のパンツ。風呂上がりなので汚れてはいませんが、ちゃんとアソコを型どった跡も見えました。

全裸にされた少女は、ベッドで座り込んでいます。『スケベなことしてたんやろ?』と聞いても返事はなく、ただうつ向いています。
『手で、アソコいじってた?』、少女は頑なに口を開きません。そんな少女を見て楽しみを覚え、それが母であることなど忘れかけていました。
18/05/31 11:00 (Ji1K7h4l)
3
投稿者: 秋男
母のオマンコからは、酸味を感じさせるツーンとした匂いを感じました。ハッキリ言えば、臭いです。
しかし、そのパーツは全ての赤とピンクで形成をされていて、初めて相手にする少女のオマンコに興奮を押さえきれません。
母のオマンコは、僅かに湿り気を残しています。あえて言いはしませんが、さっきまで自分の手で慰めていたのは明らかです。

僕は薄い陰毛の上に手を置いて隠し、僕の視界から綺麗なオマンコ以外のものを排除します。そして、透明な液体が僅かに染み出すそれに舌を這わせるのです。
それは女性のオマンコというよりは、肌の一部に近い感じを受けました。まだまだ、オマンコになりきれてはいないのです。
それでも、僕の舌は穴の中へ侵入をしました。そこはちゃんと温かく、何よりも赤くて綺麗です。母の過去は知りませんが、きっとまだ処女なのでしょう。

母はこんな時にどうしていいのか分からず、戸惑っていました。視線を感じたので、アソコを舐めている僕を上から見ていたのかも知れません。
母のアソコからは、温かい透明の液体が流れ出し始めました。口では何も言わないですが、身体はちゃんと反応を見せ始めているのです。
母の身体は、いつのまにか裏返ったカメのようにみっともない体位に変わっていました。僕が責めるにつれ、この体勢になっていったのです。

『ハァ…、ハァ…、』と僅か母の呼吸が乱れ始めました。14歳の処女が、男から責められて、ガマンが出来なくなって来たのです。
僕は更にお尻を晒し、華奢な母の足を大きく広げます。そして、広がったオマンコに僕の指が入りこみます。
『…たぁ〜…、』と母の口から聞こえ、すぐに『痛たぁ〜。』と言ってるのだと、僕の中で変換をされました。息子です、そのくらいはわかります。
痛くならないように、指2本をうまく使って、感じさせるのです。

母のアソコからは、温かい液体が流れ始めます。僕の指先によって、自然と身体が対応をしたのだと思います。
しかし、拒否反応なのか、オマンコ周辺がが赤くなり始め、少し腫れたようになって来ました。見ただけでも、『痛そう…。』と思っていまします。


18/05/31 11:33 (Ji1K7h4l)
4
投稿者: 秋男
その夜、一晩中若い母の身体を触りながら、一緒に眠りました。いろいろと問題もあるので、挿入までには至りませんでした。
少女の裸を見ながら自分を興奮させ、精子をその辺りに撒き散らせたのでした。

運命の日が来ました。僕の予想が正しければ、今日の午後6時に母は何らかの形でこの世を去ります。その日、会社には休みを取り、その時に備えるのです。
2階の中央には誰もが使っていない部屋があります。遥か昔に、姉が使っていた部屋です。今では、物置のようになっています。
その部屋にあったベッドマットレスが倒されました。
それは中央に置かれ、僕の部屋の布団一式が上に敷かれます。
そこに母を誘い込んだのが、午前9時。運命の6時までの9時間、いよいや母の処女の身体を楽しもうというのです。

『なによ〜?なになに〜?』と訳の分からない母は、そういって、その部屋に押し込まれました。パジャマなどすくに剥ぎ取られ、あの身体を晒すのです。
『うぅ〜ん…、うぅ〜ん…、』とキス慣れをしていない母は、顔を振ってイヤイヤをします。初めての母とのキス、へんな感じです。

オマンコから流れ出す液体の量が少なく、結局挿入をするまでに一時間以上を費やしてしまいます。『痛い〜、痛い〜、』と繰り返す母。
ちゃんと感じるまでには、もう少し掛かりそうです。本当に激痛らしく、母の目からは涙が溢れました。
それでも、僕のアソコは母を許さず、母の身体の中へ初めての射精をしてしまうのです。
結局、一時間置きに母の身体を求めました。2回目の終わりには『ハァ〜ン、ハァ〜ン、』と声をあげましたが、とても慣れてない喘ぎ声です。

午後4時。僕は最後の母とのセックスを済ませました。結局、この日母の身体の中には、4発の僕の精液が流れ込みました。
何度でもやらせてくれるこの少女に『肉便器』という気持ちさえおこってしまうのでした。

母はお風呂に入り、身体を清めました。もう、僕とのセックスの跡など、一緒に流されてしまったことでしょう。
『アキちゃん、お母さんちょっと寝るわぁ。』と言って、自分の部屋に入りました。もちろん、その部屋から母が出てくることは二度とありませんでした。

母の葬儀が終わり、一ヶ月が過ぎた頃。姉が22年ぶりに妊娠をしたと聞かされました。56歳とはいえ、25歳の肉体です。老いた旦那に、迫ったのでしょう。
しかし、生まれてくる姉の子供見ることはないと思います。力を使い過ぎたため、僕の左手に『30』という文字が点灯をし始めたのです。

18/05/31 13:24 (Ji1K7h4l)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.