閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
おしゃれ魔女(書き直し)
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:魔法使い体験告白
ルール: 私は魔法使い、そんな私の空想H体験告白
  
投稿の削除 パスワード:
1:おしゃれ魔女(書き直し)
投稿者:
私はおしゃれ魔女。
着る物にはお金をかけない主義。
お金をかけないのにどうやってやってるのか?
これから起こることを見てなさいな。
あそこに清楚な服装なのに顔の雰囲気は見た目は明らかに違うの10代後半の子いるわね。
あの子に決めた…
服と下着と靴の精霊よ…我に力を与えたまえ…あの子の身に着けてる上から下まで全部頂くわ。

ぴかっQ

シュウウ!

『ん!何か体が変な感じする』

オーラが行き渡ってるようね、じゃ、いくわよ!

ジイイ(ブーツのファスナーがひとりでに開く)

パチッ!
ツルッ
『キャッ!体が浮いた?』

スポン!

『キャア!』

ズテン!
あの子、普通に立ってたらいきなり体が浮いてブーツが脱げて、いきなり落ちたわね…でも、まだ終わらないわよ

グググ…(スカートの内側と足の指辺りから履いているタイツが引っ張られる)

『痛たた…何なのもう…あれ?タイツが…引っ張られてる?…何で?』

グッ

『脱げちゅう、引っ張らないで!』

あのブーツは、あたし好みなのよねえ…欲しいわ〜…

フワフワ

『ブーツが浮いた!どうなってるの!』

ビュウウン!

『待って!』

あ、あたしの所に飛んだきたわ〜…うーん…臭いけど、後で洗えばいいわ〜…

あらあの子、今度はタイツの他にパンティーが下がってきてるわね…
『いやっ!ダメなんだから!』

グググ…

あらかわいいわね…でも無意味よ…

パチッパチッパチッパチッパチッパチッ

ススス…

『キャッ!ジャケットブラウスが脱げちゃう!』

パッ

『キャッ!』

ポン!ポン!


ブーツとパンティーとタイツが来たわx


『いやあ!もうやめて!あたしが何したのよ…キャッ!』

うーん…やっぱりタイツが臭い…あら服装のわりに派手なパンティー履くのね。

グググ…グググ…

『ダメ!脱げちゃう!』
上着が脱げちゃいそうなのね…
一気に剥ぎ取って。
ポン!ポン!
『きゃああっ!』
ブラウスとジャケットが脱げちゃったわね(笑)
あとは、残りのブラね…パンティーと同色なのね…
もらうわね…
グググ…
『やだ!これだけはやめて!』
ポン!
ジャケットとブラウスとブラがあたしの所に来た
はい、全部あたしの物になったわね…


続く。
2013/01/23 02:36:06(4EnyxTa/)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.