閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
結婚披露宴7
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:魔法使い体験告白
ルール: 私は魔法使い、そんな私の空想H体験告白
  
投稿の削除 パスワード:
1:結婚披露宴7
投稿者: 女装魔法使い
「ああん、はあんっ、ああん、久美、またいっちゃう〜、あああん、いい、いいっ、ひぃいいィィィ…」

志津子が義理の父と交わる間、私は久美を抱いていた。椅子に座っている私の膝の上で、志津子と同じように、長い黒髪を振り乱して制服姿の久美が身もだえしている。椅子に座ったままの私は、タイトスカートをまくり、ボディスーツのボタンを外してペニスを屹立させていた。そこに久美がまたがり、熟れ始めた蜜壷にくわえ込んでいる。私はペニスを如意棒のごとく伸び縮みさせ、腰の運動に代えていた。私のペニスはそれ自体がひとつの生命体であるかのように、伸縮を自在に繰り返し、右に左に角度を変えて久美の子宮の隅々にまで突きを繰り返していた。

「あはん、ああん…中で…動いてる…あんっ…奥まで…当たってるぅ〜、あああん…いくっ、いくっ、いくっ…」

「久美ちゃん、あとでもっとゆっくり楽しみましょうね…新しいお姉さんと本当の姉妹以上に仲良くなれるわ。」

私は久美のブレザーの前を開け、スカートと同じチェック柄のベストの膨らみをさすり、頬ずりしながら、視線は志津子を見つめていた。

「ふふっ…そろそろかしらね…」

********

「ああんっ…あっ…あんっ…あんっ…あっ…ああっ…」

志津子は辰巳の下に組み敷かれ、純白のドレスの裾を淫らにはだけて大股を開き、辰巳の肉棒を受け止めていた。辰巳の肉棒は私の魔法で長さ太さともにオリジナルの倍、馬並のサイズにしてある。その巨根を志津子の蜜壷はしっかりと受け止め、未だかつて経験したことのない激しい快感にまみれていた。

「ああんっ…あんっ…あんっ…あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ…」

辰巳の腰の動きがせわしくなる。まもなく「うっ」と辰巳が呻く。辰巳が巨大なペニスを引き抜くと志津子の膣口から考えられない量の精液がドロドロと吐き出てきた。さすがは馬並、素人目にも妊娠確実は間違いないと思う量である。結婚まで志津子は婚約者の竜治にも中出しは許さなかったし、志津子をレイプし続けていた兄の卓也もさすがに中出しはしてこなかった。しかし、志津子は今日だけで三人の男から直接に精液を注がれてしまった。それも、衆人環視の中で新郎と二人の父に。しかし、今の新婦はそのことに思いを致す余裕はなかった。

射精しても私の絶倫魔法で果てしない辰巳は仰向けになる。60歳過ぎとは信じられない隆々とそびえる肉棒がそそり立つ。志津子は自らドレスの裾を持ち上げ辰巳にまたがる。ばさりとドレスが豪華な高級布団のように辰巳に覆いかぶさる。志津子はその辰巳の上でよがり声を張り上げて、もはや喜びを隠さなかった。

「ああんっ…お父様!お父様!…いいっ…いいっ!…志津子、幸せ!…あぁぁぁ!!!もっと、いっぱい…いっぱい…お父様の熱いの…ちょうだい…志津子のオマンコに…あああ…いっぱい、出してぇ…」

既に乱れたブーケは床に無残に乱れ落ち、アップしていた髪もほどけ、志津子は美しい長い髪を振り乱しながら官能の渦に酔いしれていた…。

志津子を眺めながら私はにんまりとした。これでようやく、遂に志津子は堕ちた…ここまでくるとは予想外であったが、それだけ志津子の素晴らしさがわかろうというものだ。

こうして、家族が真にひとつとなった結婚披露宴は、つつがなく終了した。

********

式場となっていたホテルのスィートルーム…大きなダブルベッドにドレスを広げた姿の志津子がすやすやと眠っている。

かちゃりとドアが開き、何者かが入ってくる。純白のウェディングドレスに身を包んだ志津子にそっくりの女性である。その女性は志津子の眠るベッドに腰をかけて、愛おしそうに志津子の髪を、頬を、優しくなでた。

「素敵だったわ…とっても興奮したし…今夜は一晩中わたしと楽しみましょうね…隣の部屋で可愛い妹も待っているわ…」

夕闇のとばりはまだ降りたばかり…
2012/01/27 18:08:58(weu8jnH0)
2
投稿者: (無名)
女装魔法使いさんいつも執筆ありがとうございます!
なかなか堕ちない気丈な女をじわりじわり堕としていくのはモロツボです。
特に魔法使い体験の醍醐味であるエロ魔法を惜しみなく使っての凌辱ですので、
いつもこのシリーズには楽しませていただいてばかりですね。
前々回の女教師や今回の新婦のような真面目で責任感の強い女性を
魔法でじわりじわりと不思議な世界に引き込んでいくのは本当に楽しいです。
あとは女装魔法使いさんに無謀にも歯向かうような女やケンカを売ってくるような女、
はたまた女装魔法使いさんを捕らえようとしようとしてくる警察やCIAの女スパイなどを
魔法でこれでもかというぐらい圧倒的な魔法の力でいたぶるお話とかも機会がございましたらお願いしますね。
それではこれからも応援してますので頑張って下さい
12/01/28 08:56 (J6BGBrf3)
3
投稿者: (無名)
女装魔法使いさんの魔法は女を物とかには変えられないんですか?
ムカつく女とかは最後は公園の噴水で小便小娘にして飾ったり
銅像にしてオッパイから噴水が出るようにしたり、
はたまたオチでダッチワイフに変えたりとか
12/02/02 07:12 (0askZgBt)
4
投稿者: (無名)
女装魔法使いさん、素晴らしい!
本当に夢のような世界です。
私が特に好きなパターンは
エロ少年が罰として女の子に変身させられて
女性や男に犯されたり、
女性のクリトリスが伸びて同性を犯すような
シーンです。
今回も新婦の友人たちがレズ乱舞する場面など最高でした。
これからもまたお願いします。
12/02/06 20:44 (J8XLAsla)
5
投稿者: (無名)
女装魔法使いさん、そろそろ小説が見たいです。
お時間がございましたら是非ともよろしくお願いしますね。
12/02/15 07:24 (o3vw5yQv)
6
投稿者: (無名)
清純な女の子の凌辱も好きですが、
魔法で懲らしめる展開とかも大好きですので、
ギャルやヤンキーの女共を魔法でガキに戻したり、
乳や尻を尋常じゃないぐらいバカでかくしたりして
犯しまくる話もいつかお願いします
12/02/15 18:46 (o3vw5yQv)
7
投稿者: (無名)
そろそろ続きがみたいです、作者さんお願いします。
12/03/01 12:42 (zs53E.lz)
8
投稿者: (無名)
女装魔法使いさんお久しぶりです
そろそろまた続きが見たくなりましたのでどうかよろしくお願いします
12/05/18 20:48 (E/6dZo/S)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.