閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
魔法珠3
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:魔法使い体験告白
ルール: 私は魔法使い、そんな私の空想H体験告白
  
投稿の削除 パスワード:
1:魔法珠3
投稿者: 非モテ
「お客様に、お知らせいたします、まもなく、こ
の電車は、次の停車駅で、あの、車両点検を行
い、その、お急ぎの方は反対ホームで待機中の快
速にお乗り換えください。まことにご迷惑をおか
けいたします」
自分の目の前で起こっている状況に混乱している
のか興奮しているのか、列車無線で中央司令室と
話し終えたと思われた車掌の噛み噛みの放送が列
車内に響いた。
振り向くと俺の乗っている車両に関して言えば、
立っている乗客の半数ほどが最後尾の車両との連
結面に集中し、座っている乗客も心配そうな顔で
こちらを見ているヤツがほとんどだった。
続けて3人の女性がこちらの車両から好奇の目で
見ている男性たちと交わろうと、淫乱の極みと化
した表情で連結部を渡って来たのだが、先に渡っ
て来た女性同様、車両を移動して来た瞬間に魔法
が解けるらしく、自制心を取り戻した彼女たちは
今まで自ら演じていた痴態を恥じ、ある者は放心
状態に、また他の2人は先の女性同様床にしゃが
み込んで泣きじゃくるばかりだった。
「ちょっとあんたたち、どうやら命に別状は無い
ようだから見ているだけじゃなくて助けに行こう
と思う男の人は1人も居ないの!?」
最初に転がり込んで来た女の子を介抱していた女
性がヒステリックな声を上げて立ち上がると、取
り巻いて好奇の目線を投げかけていた乗客の何人
かは我関せずといった様子でその場を離れたが、
ガタイの立派なサラリーマン風の若い男と大学生
と思われる2人組の男がそれに呼応するように言
葉を発した。
「こっちに連れて来れば正気を取り戻すみたいだ
から、何人かでも助けられるのならやってみよ
う。」
「僕たちも行きますよ、な。」
「う、うん。」
その言葉を合図に、言い出しっぺの女性が先頭と
なり、連結面の扉を開けて次々に最後尾の車両へ
と飛び込んで行ったのだが、4人目の学生が乗り
移って最後尾側の扉が自らの力でしまった瞬間、
先頭を歩いていた女性が後ろに着いて来たサラ
リーマン風の男に向かって振り向いた。
その顔は既に出来上がっていた女性の顔そのもの
だった。
自らの両腕でその男を引き寄せ、熱いキスの雨を
浴びせて男をたじろがせたその女は、次の瞬間に
は身を屈めて男の一物を取り出そうと、手は既に
チャックを開け放とうとしていた。
「おい、いったいどうしたんだ、うおっ...」
心配して声を掛けた男性の言葉は、先ほどから献
身的に介護を続け、乗客を救助に向かわせるリー
ダーシップそのものを持ち合わせている活発な性
格であろうその女性が浴びせる強烈なフェラに、
なす術も無く遮られてしまう。
大学生とおぼしき2人も、すでに他の女性数人に
床に引きずり倒され、1人は顔面騎乗まで強要さ
れてしまうという有様だった。
(いつもスマしてやがるくせに、女だって本性を
現せば只の淫乱じゃねえかよ...まあ、この場合は
気持ちいいと言うより地獄かも知れないけどな...)
顔面騎乗されていた男は、別の女性に既に射精さ
せられたにも関わらず、さらに強制的にフェラを
浴びせられ強烈に身をよじらせようとするのだ
が、その胸元は既に開けだされて、別々な女たち
が乳首を舐めながらオナニーを続けていた。
そんな状態なら逃げられるはずも無い。
先頭で入って行った男も、既に立って居る事も出
来ずに、団子状態に女性に囲まれて指先から顔ま
であらゆる所を舐められて抵抗力を失っていた。
俺を含めてその様子を見ていた客の1人が思わず
「羨ましいような...怖いような。有る意味地獄だ
な...」
そうはなった言葉が妙に印象に残った。
そんな快楽の地獄と化した車両を最後尾に連結し
たまま、列車は最初の停車駅に滑り込んで停止し
た。
車掌から連絡があったのか、ホームの女性専用車
両の停車位置には既に虎ロープが張られ、数人の
駅員が待機している状態だった。
その後ろには、何が有ったのかと好奇心に目を輝
かせている野次馬も散見される状態だった。
列車は既に停止しているのだが、中々ドアが開か
ない。
見ると、最後尾のドアから青い顔をした車掌が飛
び出し、帽子に線の入った少し偉そうな駅員に何
かを報告している様子だった。
その間にも、他の駅員や野次馬たちの目は、女性
専用車両の中で起こっていることに釘付けになっ
ている。
何しろ、いつもは凛としている女性たちが一目も
はばからず、大きな声を上げながら快楽をむさぼ
り続けているのだから。
そうしているうちに、車掌が列車画と戻り、車内
放送が流された。
「お待たせ致しました、これよりドアを開放致し
ます。最後尾の車両を点検致しますので、全ての
お客様はこの駅でお降りください。」
終了と同時に、間髪を入れずホーム側のドアが開
いたのだが、時を同じくして待機していた駅員た
ちが駆け寄る。
その様子に触発されるように、ドア付近でオナ
ニーをしていた数人の女性が男を求めるかの様に
駅員に向かってアラレも無い姿で飛び出して来た
のだが、
全ての女性がホームに降りた途端に上気した顔に
理性が宿り、次に自分のおかれている境遇に恥ず
かしさをおぼえるのか、次々に「見ないで」など
と口走っては
痴態を直し、人ごみに消えて行く者、その場に泣
き崩れる者と異様な光景が繰り広げられていた。
何人かの駅員が車内に飛び込み、絡み付いて来る
女性を力ずくでホームに連れ出しても、同じ状態
になって落ち着く者、泣き叫ぶ者と千差万別だ。
しばらくすると、連絡を受けたのか数人の警察官
も現場に到着し、駅員から事情を聞いた後に、ま
だ車内で痴態をさらしている女性を助け出す事と
なったようだ。
警官は全部で5人ほどやって来たのだが、そのう
ちの2人が女性警察官だったので、魔法を使った
本人である俺は淡い期待を抱いて車内から虎ロー
プで封鎖されたホームへと場所を移した。
どうやら女性警察官2人は、車内に残っている数
人のうちの、男と絡んでない女性を介護するよう
命じられたようだった。
意を決して車内に別々のドアから助けに入った2
人だったが、俺の想像通り、ドアをクグって2、
3歩したところでモジモジしだしたと思ったら1
人はおもむろにズボンと下着をいっきに脱ぎ、
持っていた警棒を抜いてひと舐めしたと思うと自
身の股間に挿入しようとよがり始め、もう1人は
先に救助に入ったのであろう女性駅員とお互いの
制服を開けさせ合いながら愛撫合戦を始める事と
なった。
俺は改めてマジカルビーズの魔力の凄さに感心す
ると同時に、まだ救助されてない女性の中にあの
言葉を投げかけた女が快楽でよだれを垂らしなが
らマスカラでぐしゃぐしゃになった顔を上気させ
て潮を噴きながらオナニーを続けている姿を見つ
けてニヤケていたと思う。
気がつくとホームには駆けつけた救急隊やら、テ
レビ局のクルーらが集まり始めていて、さらに日
常とは違う光景になってはいたが、次々に男性駅
員、警察官、救急隊員にホームへ連れ出された女
性たちが理性を取り戻して行き、事態は収束へと
向かってはいた。
全員が降車した電車は、車内の電気を消し、ドア
を閉めて恐らく車庫へと向かったのであろうが、
調べたところで何もでない事は判っていた。
ホームでは相変わらず泣きじゃくる女をなだめた
り、理性を取り戻した女性が警察官から事情聴取
を受けたりはしていたが、その傍らでテレビ局の
レポーターが必死に状況を解説している姿が妙に
おかしかった。
なんせ事が事なので、放送出来ない言葉を使わず
に四苦八苦しているのが見え見えだったから。
聴取を受けずに帰ってしまった女性も多いだろう
し、淫乱化した女性駅員や警察官は既に姿を消し
ていて、駅のホームは次々到着する電車の利用客
が行き交う事もてつだって、少しずつ普段の顔に
なって来ていたので、俺もこれ以上の長居は無用
と次の急行に乗ろうとした時、突然マイクを向け
られた。
「東京テレビですが、ちょっとよろしいです
か?」
「はい」
別段これ以上急ぐ事も無い俺は、無意識に即答し
ていた。
「電車が着いた時から、現場にいらしたのです
か?」
「あー、隣の車両に乗っていて、ずっと見てまし
たけど...」
レポーターの人の顔が変わったのが俺には判った
が、適当にあしらおうとその時は思った。
「じゃあ、すいません、ちょっとこちらに、は
い、そこで結構です。カメラさん、廻して!」
場所を移され、細かく聞きたい様子がアリアリ
だった。
「始発駅からお隣の車両に乗っていらしたそうで
すが、最初はどんな状況でした?」
「まあ、発車するまでは普通でしたけど、走り出
した途端にみんなおかしくなって、AVの撮影かと
思いましたよ」
「それは、この駅まで続いていたのですか?」
「もう、ずーっとですね。みんな、何かに取り憑
かれたんじゃないかなと思いましたよ」
してやったりの爽快感も有って、いつもより饒舌
な俺がそこには居た。
「原因は何だと思われますか?」
この質問には、原因を作った俺としては多少戸
惑ったが、どうせ使われなくてもいいやと思い、
言いたい事を言う事にした。
「そうですね、ストレスかなんかじゃないです
か? それが集団で現れて...それにしても、女性
も澄ましているけど本当は結構淫乱だと言うのが
よくわかりましたねえ」
この答えに、リポーターは少し眉をひそめたかと
思ったら、その後のインタビューを打ち切った。
「どうもありがとうございました」
そう一言残して、カメラマンに「次、探すぞ!」
とかけ声をかけて行ってしまったテレビ局のク
ルーの後ろ姿を眺めながら、今日は早く帰ってこ
のマジカルビーズの事をネットでクグリながら久
しぶりにニュースでも見てやろうかと言う気分に
なった。
2011/03/24 04:53:01(ucbegD6i)
2
投稿者: (無名)
4ヶ月ぶりの更新ありがとうございます。待ってました。
11/03/24 08:55 (5LD.VVSx)
3
投稿者: (無名)
続編お待ちしておりました!
今回の婦人警官二人はぜひ再登場させてほしいですね
あと、主人公を騙した事のある女や初恋を踏みにじった女への復讐ネタもぜひお願いします
また、今回の魔法みたいにある空間に女が入ると乳房が3倍のサイズになって母乳が止まらなくなる魔法とか、
年齢が半分になって感度は倍以上になってしまう魔法とかにしていけば、
複数の女でしかも何回も楽しめるのでぜひよろしくお願いしますね。

11/03/26 19:17 (nVj7lNeZ)
4
投稿者: たくみ
面白いです!!
11/03/27 07:40 (UAh30Idn)
5
投稿者: (無名)
空間やスペースを使った魔法は大賛成です。
この場所に入った女はDDになる・・という発想はおもしろいですね
また例の女性警官が駆けつけてミイラ取りがミイラになってもらうとか。
おっぱいが風船みたいに膨らんだり、入った女性はみんなビニール製のダッチワイフに
なってしまうようなコミカルでえっちな空間を期待してます。
11/03/28 13:39 (QIdgjhuz)
6
投稿者: (無名)
主人公は元々アニメキャラやフィギュアが大好きなんだから、
ある空間入った女がデフォルメされたアニメキャラみたいな体型になるとか、
樹脂製・ビニール製・もしくは滑稽なオールドタイプのダッチワイフになってしまうとかいかがでしょう?
病院やデパート、スポーツジム、プールやビーチとか空間を指定して魔法を使ってほしいですね。
11/03/29 18:52 (E1uajm9A)
7
投稿者: (無名)
空間魔法かなり面白い
また続きをお願いします
11/06/11 14:10 (uAhSnZnS)
8
投稿者: 母乳フェチ
かなり面白い設定ですね。
店とか病院施設といった建物丸ごとを魔法空間にしてほしいです。
その空間の女性は全員母乳体質になってしまい、母乳を絞って出さないと
どんどん乳房が大きくなってしまうとかをぜひ宜しくお願いします
11/06/13 07:50 (ZFv/COCm)
9
投稿者: (無名)
そろそろ続きをよろしくお願いします!
11/07/04 18:12 (fwM21mkm)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.