閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
魔族の指輪
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:魔法使い体験告白
ルール: 私は魔法使い、そんな私の空想H体験告白
  
投稿の削除 パスワード:
1:魔族の指輪
投稿者: 素人
俺の名前は、向井 大輝。46歳 一流企業をリストラにあい、家族にも逃げられ一人身となった俺は、知人の紹介で近所の介護施設に就職できたのだが、そこは女が仕切る職場。娘と歳が変わらない女からバカにされる毎日だった。
俺は主任の、鳥丸明子呼びだされ、今日中に、倉庫のかたずけを命じられた。
倉庫の中に入ると古びた家具や、いつのものか分からない缶詰まで出てきた。
倉庫の奥に進むと、厳重に封をされた小さな箱が出てきた。俺は箱の封をハサミで切って中を見てると、コウモリのような装飾で気味の悪い黒色の指輪が出てきた。 俺は気味の悪さに箱のフタを閉じようとすると、指輪から声が聴こえる。
「汝。我と契約せよ我と契約すれば、お前はあらゆる魔法が使え、世の中を見返すことができるぞ。」
俺は、指輪からの出る声に恐怖を感じていたが、世の中に復讐できる。その言葉に押され、俺は指輪をはめた。
すると指輪から、「お前との契約は完了した。さぁ〜我の魔法を思う存分使うといい。 お前が念じたり、言葉を発しればそれが魔法になる。」そう言い終えると指輪から黒い光が消えた。
しばらくすると、主任の鳥丸 明子が倉庫にやって来た。
「向井さん、まだ全然片付けてないじゃない!こをな仕事もできないの!やる気はあるの?』いつものように俺に罵声を浴びせた。
そうだ指輪の力をこの女で試してみよう。
『明子!ここでオナニーをしろ!』と指輪に念ずると指輪のコウモリの目が赤く光がる。すると俺を見下すように見ていた明子が、モジモジと体をくねらせ倉庫内の畳の上に座り込み、右手で胸を左手は、ズボンの中に入れオナニーをはじめた。
明子は俺に見られてるのが分かってるにも関わらず、『あん…あっ〜…うん』
俺は指輪の魔法が本物であることに、気付き。次の命令を出す。『明子俺に服従しろと』念ずると。
明子がオナニーを止めて、俺に土下座んし『明子は大輝様の 奴隷です。私の体を自由にしてください。』そう言うと明子は俺のズボンとパンツを降ろし、俺のチンポを加えてフェラチオをする。
俺の人生はこの指輪わ得て変わった。
今まで俺をバカにしてきた女達全員に復讐すること誓った。
2010/10/16 00:06:39(FGQYPuEY)
2
投稿者: (無名)
なんでも思い通りになる指輪という設定がおもしろいです
いきなり感度を上げられたりして戸惑う女の子とかもよろしくお願いします
10/10/17 00:45 (00YKLfgb)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.