ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章]
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:ノンジャンル 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章]
投稿者: もっちー
私はビーチバレーの女子アスリートの白石由奈です。私はビーチバレーの同じチームメイトの月岡早希子先輩とチーム別れをして、あの肉奴隷の淫らな禁断の関係から解放されて新なチームメイトとチームを組む事に為りました。


そのチームメイトの名前は冴木美和子さんと言って、私と略、同じ年令で気の逢うチームメイトでした。


でも、最初はお互いに気が逢うなと思っていたのですが、この冴木美和子さんも私のビーチバレーで鍛えた均整の執れた身体を上から下に嘗める様に見詰めて居る眼が少しだけ気に為って居ました。


しかも、私の白い極少ビキニのマンスジに特に彼女の眼が釘付けに為って居る様でした。



ある日、私がビーチバレーの試合の後、ロッカールームで鍛えた均整の執れた身体から白い極少ビキニを上も脱ぎ、下の極少ビキニを穿いたまま、着替えて居ると私の背後に人の気配を感じて私が後ろを振り向こうとした時でした。


私のたわわなバストを両手の指先で
摘まんだり、指先の腹で何度も弾いたりされて居ました。そして其処には冴木美和子さんが居ました。


『由奈さん、凄く乳首が起ってるよ……?! 逸れにどうしたらこんな形の良いおっぱいに為れるの…?!
ねぇ…由奈さん、逸れに極少ビキニのマンスジが食い込んで……凄くやらしいったらありゃしないわぁ…、』


と冴木美和子さんは私のたわわなバストの乳首を両手で揉みくちゃにしながら私の耳許で囁く様に私を挑発して居る様でした。


しかも、右腕が延びて来て、私の白い極少ビキニのマンスジに右の指先で何度も這わせて居る様でした。


私はその焦れったい様な快感に下半身をモジモジと捩らせて小さく拒否する様に喘いで居ました。


『ああ……美和子さん……、駄目……罷めてぇ……、』


『罷めてって言ってるけど、凄く由奈さんのマンスジの辺りが濡れちゃってるわよ……?! 凝れってどう言う事かしら……?!』



と言って美和子さんの指先が大胆に私の極少ビキニの中に躊躇する事無く、侵入し、ワレメに挿入して居ました。そして指先で何度も這わせたり、出し淹れして居る様でした。



『ああ…罷めてぇ…嫌だったらぁ……、本当に罷めてぇ…
………、』


『本当に罷めてもいいの……?! 由奈さん…、』


『ああ…駄目ぇ…、嫌ぁ……罷めないでぇ……美和子さん
……、』


『どっちなの……?! 由奈さん…?! まあ、良いわ、
たっぷりと可愛がって挙げるわぁ……、由奈さん、』




と言って美和子さんは私のたわわなバストの乳首を指先で何度も弄ぶ様に愛撫しながら、右手の指先で何度も私のワレメに挿入して出し淹れして居ました。


そして私が全く気付かない間に白い極少ビキニも彼女に脱がされて居る観たいでした。そして私は両脚を開かされて何度も私の敏感な乳首とワレメを指先で愛撫されて居ました。



私は又しても禁断の女同士のセックスにワレメを濡らして居ました。




そして、私はロッカールームの永い黒のソファーで押し倒されて美和子さんにワレメをクンニされて居ました。



つづく。
2017/12/31 20:58:26(XEcpXckO)
2
投稿者: もっちー
続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章]


美和子さんは私の白い極少ビキニを拾い挙げ、狭いクロッチのやらしい沁みの匂いを嗅ぎながら私に言いました。



『ほら、由奈さんのアソコのやらしい沁みの匂いがするわ……、由奈さん…?! どスケベな牝猫だ事…、美女アスリートって良く言うわね、由奈さん…?!』


『ああ……嫌ぁ…美和子さん…私の極少ビキニを……還してぇ……、還してってばぁ……、』



と言って美和子さんに私の白い極少ビキニを還して貰おうと必死で懇願して居ました。



でも、美和子さんは私の白い極少ビキニを還してくれないばかりか、私のワレメに挿入した指先を突然、引き抜き、小さなバイブでワレメにゆっくりと挿入して出し淹れして居る様でした。


美和子さんは業と小さなバイブを振動させずに激しく出し淹れして居る様でした。私はその度にワレメの中から夥しい愛液を溢れさせて居ました。



『まあ、由奈さん…?! こんなにワレメを濡らして
バイブじゃ、物足りない観たいねぇ…?! 由奈さん…
………?!』


『じゃあ、由奈さん、此方の肌色のディルドの方がいいのかしら……?! じゃあ、由奈さん…、此方のディルドを出し淹れして挙げるわ……、』



と言って美和子さんは小さなバイブを出すと肌色のディルドを挿入して出し淹れして居る様でした。



私はその強烈な快感に私は気が遠く為る程、ロッカールームの永い黒のソファーの中でワレメから夥しい愛液を溢れさせて喘いで居ました。


美和子さんも私の淫らな牝猫振りに興奮したのか、
極少ビキニを上も下も脱ぎ、私の勃起したクリトリスを舌で嘗めながら肌色のディルドを出し淹れして居ました。



つづく。

17/12/31 21:45 (XEcpXckO)
3
投稿者: もっちー
続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章]


『ああ……駄目ぇ…ああ…ああン……美和子さん…嫌だったらぁ……、そんな大きなディルドを……出し淹れしないでぇ……、ああン…ああ…ああン…駄目ぇ…、』


と私はロッカールームの中で永い黒のソファーの中でワレメを戦慄かせながら濃密な愛液を溢れさせて喘いで居ました。


美和子さんは私のワレメを見詰めながら私を罵倒する様に言いました。



『由奈さん…、貴女が試合の時、前衛で前傾姿勢で此方に大きなお尻を向けてる時の白い極少ビキニのマンスジが食い込んでて、凄くやらしいったらありゃしない……、由奈さんって、業とカメラ小僧にマンスジを晒してるの……?!』


『ああン……美和子さん…そんな事……有る筈無いでしょう……?!』


『でも、実際にマンスジをカメラ小僧に業と見せ付けてるじゃないの……由奈さん……?! 私は知ってるんだからねぇ……由奈さん……?! 穢らわしい牝猫だわ…、由奈さんって……、』


と言って美和子さんは肌色のディルドを出し淹れするスピードが段々早く為って行きました。そして彼女がディルドを引き抜くと私のワレメの中から夥しい愛液が溢れ出して居る観たいでした。


そして彼女と私はお互いのお尻を浸け逢って双頭ディルドでお互いのワレメに挿入してお尻を奮わせながら強烈な快感にアッと言う間にアクメに到達して居ました。


『ああン…駄目ぇ……ああ…ああン…、穢らわしいけど…
……、凄く気持ちいい……、ああン…ああ…駄目ぇ…イキそうよぉ………美和子さん……、』


『ああン…由奈さん……美和子も凄く気持ちいいわぁ……
、ああン…由奈さん……美和子と一緒に……イってぇ……イってぇ…イってよぉ……由奈さん……、』



『ああン…美和子さん……由奈もイキそうよ……、ああン…ああ…駄目ぇ…イキそう……イってぇ…イってぇ…美和子さんもイってぇ……、』


と私達は羞じらいも無く、ロッカールームの中の黒のソファーの中でワレメを双頭ディルドでお互い出し淹れしながら切なげに喘いで居ました。


軈て、私達は羞じらいも無く、強烈な快感と伴にアクメに到達して居る様でした。そしてびしょ濡れに為ったワレメを熱いお湯のシャワーで綺麗に洗い凪がして居ました。



でも、熱いお湯のシャワーでワレメとクリトリスを熱いお湯で洗い凪がしながら敏感なスポットを刺激し逢って居る様でした。




つづく。




17/12/31 23:33 (ICEb9hb/)
4
投稿者: もっちー
続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章][新しいチームと極少ビキニのお披露目会編]


私達は二人は濡れた身体をバスタオルで綺麗に拭き取ると新しく支給された極少ビキニに着替えて、今日は私達の極少ビキニと新しいチームメイトのお披露目会の日でした。


今日のお披露目会の会場はビーチバレーのコートの隣の建物の中のステージで行われる予定でした。


私達は新しく支給されたピンクホワイトの極少ビキニをピンクホワイトの上下のジャージに隠し、二人揃ってステージに立ちました。



するとビーチバレーのスポーツ雑誌のプロカメラマンや、二人の熱烈なファンのカメラ小僧達のフラッシュの光りを一斉に浴びて居ました。


そして司会者の『逸れでは、由奈選手、美和子選手、
上下のピンクホワイトのジャージを今、此処で脱いで下さい。』と言う声に私達二人は揃ってステージの上で上下のピンクホワイトのジャージを上下脱ぐと、益々カメラ小僧達のフラッシュの光りが一斉に浴びせられて居ました。


私達二人がお披露目した新しく支給されたピンクホワイトの極少ビキニは凄く小さく、陰毛がビキニから食み出そうな位に小さなビキニでした。


後ろは大きなお尻のお肉が殆んど食み出ている様でした。私は沢山のフラッシュの光りを一斉に浴びて、逸れだけでワレメから夥しい愛液が溢れ出して居る観たいでした。でも、最近のオリモノシートを狭いクロッチにして居たので、愛液の沁みは滲んでは居ませんでした。



『由奈さん、 美和子さん、此方に目線を下さい、』


『由奈さん、美和子さん、もっと片脚を開いて観て下さい、』


『由奈さん、もっとバストを前に強調して下さい、』


とかカメラ小僧やプロのカメラマンにそう指示される度にワレメから夥しい愛液が溢れ出して居る観たいでした。そして私達二人にファンのカメラ小僧達のインタビューが始まりました。




『由奈選手、美和子選手、今、好きな人が居ますか……
?!』


『いえ、残念ながら居ません、今はビーチバレーが
私達二人の恋人です。』


『じゃあ、どんな人がタイプですか……?!』



司会者『あのぉ…、ビーチバレー以外のインタビュー
は少しだけご遠慮下さい、』



『チェ、摘まんねぇーのぉー、あははは、』




とカメラ小僧達の他愛も無いインタビューをされて私達二人は些か、うんざりして居ましたので、早々にファン感謝デーのインタビューは終わった観たいでした



『皆さん、今日は本当にありがとうございました。今後も二人の応援を宜しくお願いします』



と私が締め括り、早々にファン感謝デーのインタビューが終ると私達は又、ロッカールームに帰って行きました。




そして私達二人は揃って普段着に着替えて会場を愛車で後にしました。暫くすると私達二人の愛車は何処かのラブホの駐車場の中に躊躇する事無く、滑り込んで行きました。




つづく。






18/01/01 01:15 (pn0OmeJY)
5
投稿者: もっちー
続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章][初めてのラブホでの淫らなレズセックス編]



私は暫くラブホの駐車場の愛車の中で淫らな悪戯を美和子さんにされて居ました。助手席の背凭れを後ろに倒され、私の短いスカートの中で美和子さんのしなやかな指先で何度も私のワレメを愛撫されて居ました。


『ああン…美和子さん……由奈をそんなに……苛めないでぇ……、ああン…由奈……もう我慢出来ないわぁ……、』


『由奈さん……もう我慢出来ないの……?! じゃあ、そろそろラブホの中で……美和子が貴女を苛めて……あげる……、』



と言うと二人は愛車から降りてラブホの中に入って行きました。

そしてバリ島風なアジアンテイストのリゾートな部屋を選び、部屋代を支払い、部屋に入って行きました。


部屋に入って行くとバリ島風なアジアンテイストな神秘的な音楽が凪がれて居る様でした。


私はその部屋で美和子さんに籐製で出来たセミダブルのベッドに押し倒されて美和子さんに私の普段着をアッと言う間に脱がされてサーモンピンクのTバックパンティーだけにされ、舌先でワレメとクリトリスを嘗められて居ました。


暫くすると私の乳首が硬く勃起して居る様でした。そしてその硬く勃起した乳首を美和子さんのしなやかな指先で何度も悪戯をされて居ました。


私はその甘く切ない様な快感に私のサーモンピンクのTバックパンティーの狭いクロッチに夥しい愛液の沁みが拡がり始めている様でした。


『ああ……由奈さんは……本当にやらしい牝猫ねぇ…、もうこんなにパンティーを……濡らしてぇ……、ああ…やらしい牝猫……、』


『ああン……美和子さん……意地悪しないでぇ……、ああン…駄目ぇ……駄目だったらぁ……、ああン…もう罷めてぇ……、』



と言って私はその甘く切ない様な快感に下半身を捩らせて切なげにに喘いで居ました。暫くするとサーモンピンクのTバックパンティーも脱がされて私の陰毛の丘とワレメが彼女の眼に晒されて居る様でした。



すると美和子さんの舌先が私の陰毛の丘を這い、敏感なスポットのクリトリスを嘗められて居ました。ワレメはその度に戦慄き、夥しい愛液を垂らして居ました



『ああン…由奈さん……ぴちゃ…ぴちゃ…こんなに濡らしてぇ…ぴちゃ…ぴちゃ……本当にやらしい牝猫ねぇ…由奈さんは……?!』


『ああン…美和子さん……恥ずかしい……、ああン…もう罷めてぇ……、』


『本当に……罷めても……ぴちゃ…ぴちゃ…いいの……ぴちゃ…ぴちゃ……、本当に…罷めるけど……ぴちゃ…ぴちゃ…
……、』


と言って美和子さんは本当にワレメを嘗めるのを罷めて居る様でした。私は正直、物足りなくて懇願する様におねだりして居ました。


すると美和子さんは又、クリトリスとワレメを入念に舌先で嘗めながら愛撫して居ました。


私はその甘く切ない様な快感に下半身を捩らせて切なげに喘いで居ました。ワレメは又、図太い双頭ディルドの刺激を強く求めて居る様でした。



つづく。

18/01/01 04:12 (cYJieL1R)
6
投稿者: もっちー
続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章][初めてのラブホでの淫らなレズセックス編]


美和子さんはその私の気持ちを察して居たのか、バッグの中からまだ生々しく濡れた双頭ディルドを取り出して私の陰毛を掻き分け、クリトリスをディルドの亀頭で擦り、ゆっくりとワレメに挿入して行きました。


そして彼女の陰毛も掻き分け、クリトリスを暫くディルドの亀頭で何度も擦り、ゆっくりとワレメに挿入して行くと激しく上から突き降ろして行きました。


するとお互いのワレメとワレメの中で淫らな愛液の音がじゅぷ、じゅぷ、ぴちゃ、ぴちゃと響かせて居ました。



『ああン…由奈さん……気持ちいいかしら……?! ああン
私のポルチオに……能ってるかもぉ……、ああ……いい…いいの……由奈さん……?!』



『ああン…美和子さん……いい…いいの……私のポルチオにも………能ってるかもぉ……、ああン…いい…気持ちいい
……いい…いい…イキそうよぉ……美和子さん……、』



と言って私と美和子さんはお互いのポルチオに当たる様に激しく出し淹れして喘いで居ました。


そして彼女も私もお互いのワレメの中から夥しい愛液を垂らし逢って居ました。


逸れでもレズのセックスは終る事の無い快楽に耽って行く様でした。私は果てし無い快感に下半身を捩らせ
、痙攣させて只喘いで居るばかりでした。


軈て、今度は私達二人はベッドにお互いに四つん這いに為り、


お尻とお尻を突き出して双頭ディルドで何度も突き挙げて居ました。その度にお互いのポルチオに能って、その強烈な快感に下半身を捩らせてアクメ寸前に為って居ました。お互いの愛液は飛び散り、ベッドの上のシーツを濡らして居る様でした。



『ああ…イキそうよぉ…美和子さん…、ああン…いい…イキそう……ああン…いい…イク…イク…イクぅ……、』


『ああン……由奈さん……私もイキそうよぉ……いい…いい
……ああン…イクぅ…イキそう…イクぅ…イクぅ…イクぅ…
………、ああ…由奈さん一緒に……イってぇ…、イってぇ…
………、』



と美和子さんと私は一度目のアクメに到達して居る様でした。


つづく。


18/01/01 07:39 (F0maSDo9)
7
投稿者: もっちー
続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章][初めてのラブホでの淫らなレズセックス編]



私と美和子さんはお互いに失神から直ぐに目覚めると美和子さんは双頭ディルドをワレメの中から引き抜き
、びしょ濡れの双頭ディルドの亀頭を舌先で嘗めながら私に妖しい頬笑みを投げ懸けて居る様でした。


そして四つん這いのままの私のサーモンピンクのワレメとアヌスの穴を舌先で嘗め廻して居ました。


暫くすると美和子さんは何を思ったのか、私のアヌスの穴に中指をズブッと第2関節まで挿入すると激しく出し淹れして居る様でした。


私は果てし無い未知の快感に下半身を捩らせて切なげに喘いで居るばかりでした。


ワレメは淫らに戦慄き、夥しい愛液を垂らして居ました。でもレズセックスの果てし無い快楽は私達を淫らにして行きました。


私も負けじと美和子さんの少しだけ小振りなおっぱいを揉みくちゃにして遣ろうとしましたが、手が届かず断念して居ました。


そして四つん這いのまま、私は美和子さんにされるがままに為って居ました。


『ああン…美和子さん……駄目…駄目ぇ……、ああン…美和子さん…アヌスは駄目だったらぁ……、』


『由奈さん…、とか何とか言ってぇ……、アヌスの穴が気持ちいいんでしょ……?! 中がクチョ、クチョよぉ…
……由奈さん……、凝れってどう言う事かしら……?!』


『ああン…美和子さんの変態……、ああン…いい…イクぅ…イクぅ…イキそう…美和子さん…イキそう…イクぅ…イクぅ…イクぅ……、』



と言って私は美和子さんにアヌスの穴を中指で何度も悪戯されてワレメの中から夥しい愛液を撒き散らして居ました。



そして美和子さんは中指で何度も悪戯しながら私のサーモンピンクのワレメの中にも人差指で出し淹れして居る様でした。



すると益々、夥しい愛液をベッドの上に撒き散らして居るのでした。私は待たしても果てし無いレズセックスの世界に引き込まれて行きました。



そして美和子さんと私は一度ベッドに仰向けに為って
、お互いの両脚と両脚を互い違いに絡ませ、レズセックスの極意の[貝合わせ]をして私を未知の快感に導いて行きました。




つづく。
18/01/01 09:47 (F0maSDo9)
8
投稿者: もっちー
続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章][初めてのラブホでの淫らなレズセックス編]


[貝合わせ]とは、レズセックスの時に仰向けに為ってお互いのクリトリスとクリトリスを擦り合いをするレズの極意だと美和子さんに私はそう教わりました。


しかも、その強烈な快感は未知の快感で、レズの極意を嫌と言う程、私は美和子さんに教えられて居ました




『あ…ああン……美和子さん……駄目…駄目ぇ……ああン…何ィ……この未知の快感は……?! ああン…こんな快感は
初めてだわぁ……、』



『由奈さん…、凝れが[貝合わせ]って言うレズの極意よぉ……、どお……気持ちいいでしょ……由奈さん…?!



『貝合わせ……ですか……?! ああン…凄いわぁ…美和子さん……もっとしてぇ……美和子さん……、ああン…もっと気持ちいい事……してぇ……、』


『ああン…もっと気持ち良くして挙げるわぁ…由奈さん
………、ああン…美和子もイキそうに為って来ちゃった
ぁ……由奈さん……、』



『ああン…いい……いい……美和子さん……気持ちいいのぉ
……、ああン…美和子さん……いい…イキそうなのぉ……、
ああン…ああン…ああ……いい…イキそう……イクぅ…イクぅ………………、』



と言って私と美和子さんはお互いのクリトリスとクリトリスを激しく擦り合って居ました。するとお互いのワレメとワレメから夥しい愛液が溢れ出して居る様でした。



そして美和子さんは先程の双頭ディルドをお互いのびしょ濡れのワレメとワレメに挿入して行くと激しく下半身を捩らせ合って居ました。



軈て、私達二人は果てし無いレズセックスの世界に引き込まれて行きました。そして美和子さんと私のポルチオを刺激してベッドの上に大量の愛液を撒き散らして居ました。



つづく。


18/01/01 11:50 (F0maSDo9)
9
投稿者: もっちー
続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章][初めてのラブホでの淫らなレズセックス編]


『ああン…、由奈さん、すっかりレズセックスに填まった観たいねぇ…?! こんなに愛液で濡らしてぇ、ああン…、由奈さん、私がレズセックスの良さを教えて
挙げるからねぇ…?! 由奈さん…、』


『ああ……いい……イキそう……下半身が勝手に痙攣するのぉ……、ああン…美和子さん……、男の人とするセックスより良いかもぉ……?!』


『そうでしょ、由奈さん……、男の人とするセックスは
ザーメンを射精したら、復活する迄、時間差があるけど、レズセックスは永遠にエクスタシーを感じて居れるわぁ、由奈さん……、由奈さんのポルチオを刺激して挙げるわねぇ…由奈さん……、』



と言うと美和子さんは益々激しく双頭ディルドの亀頭を私のポルチオに刺激を能えて居る様でした。


私は全身を身震いさせながら強烈なポルチオの快感に永遠にエクスタシーを感じて居ました。そして美和子さんとの果てし無いレズセックスは未々、終る事は有りませんでした。



私達二人はベッドの上で様々な猥褻なポーズで双頭ディルドを挿入したまま、時を忘れる位、レズセックスに填まって行きました。


そしてその猥褻なポーズもマングリ返しだったり、
まるで、体操選手観たいな柔軟性の有る、ストレッチ観たいな猥褻なポーズで双頭ディルドの亀頭で何度も突き挙げて戴きました。


私はもう後戻りの出来ない程、レズセックスの虜に為ってしまった観たいでした。

美和子さんは私がエクスタシーを感じて居ると一旦、双頭ディルドをワレメから引き抜き、

由奈のヌレヌレのワレメを入念に舌先で何度も嘗め廻して居る様でした。

そして暫くすると又、双頭ディルドの亀頭をワレメの奥深くにゆっくりと挿入すると激しく出し淹れして居る様でした。


私と美和子さんは果てし無いレズセックスの淫らな世界に益々引き込まれて行きました。




つづく。



18/01/02 02:26 (T5CN0y1F)
10
投稿者: もっちー
続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章][初めてのラブホでの淫らなレズセックス編]


でも、レズセックスが果てし無いとは言っても矢張、限界は来るもので、私達二人はベッドの上でその強烈な快感に下半身を捩らせ合ってアクメに到達して、遂に失神してしまいました。


そして暫く、私達二人はベッドの上で失神したまま、眠ってしまった観たいでした。それから何れ位の時間が過ぎたでしょうか?


気が付くと美和子さんも私の横で失神から目覚め、
二人はベッドの上から立ち上がり、奥の硝子張りのバスルームに手を取り合って行きました。そしてお互いのびしょ濡れに為った身体をバスタブのお湯の中に浸かり、私と美和子さんは熱いキスを交わして居ました



美和子さんは私とバスタブの中で向き合い、たわわなおっぱいを揉みくちゃにしながら、お湯の中で手の指先がワレメを入念になぞって居る様でした。


すると私の溜め息混じりの喘ぎ声がバスルームに響き渡って居ました。



『ああン…美和子さん……いい……まだワレメの中が……ジンジン痺れてるわぁ……、ああン…美和子さん…駄目ぇ…
……其処……気持ち良すぎる………、』


『ねぇ、由奈さん……美和子のワレメも指先で……気持ち良くしてぇ……、ほら、由奈さん、此処よぉ……、』


『美和子さん……此処ぉ……?!』



『ああン…由奈さん……其処ぉ……其処よぉ……、ああン…
ああン…いい…あ…ああン……由奈さん…駄目ぇ……、』



と言って私と美和子さんはお互いのワレメを入念に手の指先で何度も悪戯して居ました。


そして軽い失神をした後、私達二人はバスタブのお湯の中から出るとシャワーのお湯でお互いの身体を綺麗に洗い凪がして居ました。


お互いの身体を綺麗に洗い凪がした私達は濡れた身体をバスタオルで拭く事もせず、ベッドに戻って行きました。そして美和子さんは私をベッドに押し倒して顔を私の股間に鎮め、濃密なクンニをして戴きました。



そのクンニはレズ特有の濃密なクンニで男の人とするクンニとは比べ物に為りませんでした。美和子さんの舌先が微妙に私のワレメとクリトリスをソフトタッチで嘗め廻して居る様でした。


そして美和子さんの舌先がワレメの中で侵入するだけで私の股間は夥しい程の愛液で濡らして居ました。


美和子さんは私の股間をクンニしながら自らのワレメに自らの指先で何度もワレメに挿入して行くと激しく出し淹れして居る様でした。



つづく。
18/01/02 06:37 (8MoAsAL1)
11
投稿者: もっちー
続編、ビーチバレーの麗しの美女アスリートは淫らな牝猫、[第2章][初めてのラブホでの淫らなレズセックス編]

そして美和子さんの舌先の永い永いクンニで濡れた股間に美和子さんは私に今日の試合に使用したホワイトピンクの極少ビキニのパンティーを穿く様に銘じて居ました。


美和子さんに何で今頃、極少ビキニのパンティーを穿くのか、私は疑問に思い美和子さんに尋ねると美和子さんが言うには私が試合中に極少ビキニのパンティーの食い込みが凄く気に為るとの事で、確認する為だと言う事でした。



私は疑問に思いながらもベッドの上で両脚を左右に拡げたり、前傾姿勢で膝を曲げて、両脚を左右に少し拡げて極少ビキニのパンティーの食い込み具合いを美和子さんに確認して貰いました。


すると私のパンティーの狭いクロッチに深く縦皺が刻まれ、私のワレメに深く食い込みが確認された観たいでした。

おまけに極少ビキニのパンティーは夥しい程の愛液で濡れてワレメのカタチがくっきりと確認された観たいでした。



『ははぁ〜ん、こんなに極少ビキニの食い込み具合いじゃ、カメラ小僧の餌食に為る筈だわねぇ……?!
ねぇ…由奈さん…?! もう少し股間を私の顔に近付けて観てよぉ……?!』


『ええ、もっと顔に近付けるんですか……美和子さん…
………?! 嫌だぁ……、そんなに気に為る位に深く食い込みが激しいのぉ……美和子さん……?!』



『激しいってもんじゃない位、深く食い込んでるわよぉ……由奈さん……、それにアソコがびしょ濡れでくっきりとワレメが透けて見えてる観たいだわぁ……由奈さん……、凝れじゃ、試合に差支えるかもねぇ…、』




と言って美和子さんは私の股間に顔を近付けて業とワレメを入念に舌先で何度も嘗め廻して居る様でした。



『ああン…美和子さん……嫌だぁ……そんな常、嘗めないでよぉ……、ああン……感じて来ちゃうから……罷めてぇ…
………、』


『ご免なさい、由奈さんのワレメが余りにもびしょ濡れだから、ついつい嘗め廻してしまった観たいだわぁ
……、ご免なさいねぇ……由奈さん……、』




と言いつつ、美和子さんは私の極少ビキニの狭いクロッチを食い込ませ、暫く私のワレメを入念に舌先で嘗め廻して居る様でした。その強烈な快感に私は夥しい程の愛液を溢れさせて居ました。




つづく。
18/01/02 07:50 (8MoAsAL1)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.