ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

痴漢 官能小説 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 106

彷徨い続く無常

投稿者:Toramasa ◆p2ct4wE21M  gpgmjg
削除依頼
2016/05/28 23:23:34 (Zc.Hu2Lj)
お疲れ様でした。

今日も変わらないいつもと同じ日、17時に仕事が終わる。

結婚して5年嫁とエッチはない、世間で言うセックスレスだ。
昔は毎日エッチはしていたし、彼女を調教していろいろなエッチもしていた。

結婚して2年目の夏、マンネリした日常がつまらず自分のアナルを開発する事に目覚めた。

通販でアナルバイブを購入して拡張を始めた。
最初は細いバイブやアナルパールを使っていたが、それなりにアナルが拡張され物足りなさを感じていた。

次のステップとして購入したのがアナルプラグ、形もいやらしくて興奮した。

アナルは不思議な身体の部位で、開発すればするほど気持ち良くなって、止められなくなってきた。

プラグも入るようになり、次は缶コーヒーに挑戦!
角があってなかなか痛みもあったが貫通〜槌

それから3年。
今ではアナルに手が入る程拡張された。


仕事が終わると、家に帰るのではなくいつも立ち寄る公園があった、大きめの公園であまり人が来ない。
そこのトイレで腸内洗浄をして浣腸をするのが日課になっていた…

蝉が鳴く暑い夏の日…

いつもの様にトイレに入って腸内洗浄を済ませ、アナルをいじっていた。
気持ち良すぎて潮を吹くときもあって、その日も潮を吹いて床が濡れる程だった。

そのトイレは障害やオムツ換えのシートがある男女共同トイレだった。
換気扇の音がいつも響いていて外の音はまったく聞こえないのが難点だった。

さて、今日も潮吹きもしたし帰るかと思った時だった…

ガラガラ

ん?
扉がゆっくり開いた。

え?
鍵をかけ忘れたようだった…

ヤバい!
アナルから手を抜いた。

性器にはリングを付け、金玉には小さいリングを5個付けていた。

入って来たのは30代位の女だった。
目をパチパチさせて、状況が飲み込めずにいるようだった。

扉を開けたまま、その女は大丈夫?
アソコ、痛そうだけど。

と声をかけてきた。

女は床に目をやるとローションと潮吹きの跡を見ていた、お尻から足の太腿にまでローションが垂れていたのでその女は後ろ見せてくれる?と言ってきた。

はい。

自分は恥ずかしながら興奮して後ろを向いた。


女はあらぁ
お尻で何かしてた?

扉を締め中に入ってくると、俺のお尻の割れ目の中を覗きこんだ。

アナル、感じるの?
はい。そう答えた。

貴方、虐められるの好きなんだ。
そう言うとアナルを指で撫でた。

アッ

恥ずかし声…

男の癖にいやらしい声をだすのね。
そう言われると俺はバックに入っているゴム手袋を女に手渡した。

準備がいいわね〜
嬉しそうに女は呟いた。

どれ?何本入るのかなぁ?
楽しそうに弾んだ声で2本指を一気に挿入した。

アッ
思わず声が漏れた。

やだぁガバガバじゃない、と言って、今度は4本指を一気に挿入。
ウッイッ

全然入るわね、全部入りそうよ!
そう言いながら手をグリグリと廻しながらアナルから体内へと手を挿入した。

ほら入った。
嬉しそうに言う。
腸内で拳にした手をグリグリと廻しピストンする…

アンアイッ
女のような喘ぎ声が出る

変態、あんた変態ね
そう言いながらぺニスを強く握った。

あう〜っ
痛みと快楽で射精するような感覚が走る、金玉に着けたリングのせいで射精はしなかった。

まだ白いの出しちゃ駄目よ

そう言うと今度は金玉を握りいやらしいのぶら下げてと言いながら叩いた。

ヒヤッ

アナルに拳を挿入してゆっくりピストンさせながら俺の金玉を舌で舐め始めた。
気持ちいい?

はい。
凄く気持ちいいです。


そう答えると女はアナルから手を抜きぺニスリングと金玉に着けたリングを外した。

勃起したぺニスと淫らにだらーんと伸びている袋をしばらく眺めいやらしいわね、あんたの変態ぺニスは。
と罵倒した。

俺は全裸になるように命令され裸になった。
女に写真を撮られオナニー動画やフィスト動画を撮られた。

その女は再びアナルに拳を入れ俺のぺニスをシゴいた。
ビンビンね、凄く硬いわ。
青筋も凄い。

アナルも締まって凄いのね〜。
そう言うと亀頭を激しく擦った。

気持ち良すぎて足が震えカクカクしているとピストンをさせていた拳を伸ばし腸内の奥へとズブズブと押し込んでいった。
S腸に当たったわよ、もう少しで肘位まで入るわね。
今まで入れたことがない程、女は腕を入れてきた。

あまりの快感と亀頭責めで俺は潮を吹いた、ピュピュと出て呻き声を出す俺を見ながら笑っていた。

足首を持たされ、腰を高く上げさせられフィストをされた。
女は手を抜いたり出したりを繰り返し、ポカーンと開いたままになるアナルを見て喜んでいた。

俺は全裸のままトイレから出されあずま屋へと連れていかれ仰向けにさせられた、股を拡げ、アナル丸見えにされまたフィストをされた。

気が遠くなる程、お腹に力が入りぺニスからは潮を吹く、それを繰り返しているうちに散歩の親父が2人、カップルが1組見学をしていた。

皆が笑いながらバカにしていた。
恥ずかしいし嫌なのに何故か興奮して仕方ない。


皆が見ている前でフィストをされながら自分でオナニーをするように命令され、俺は射精した。

腹の上に飛び肩まで白い濁った液が飛んだまま、俺は女に股を押さえつけられ、何人もの男女に恥ずかし姿を見られた。

その後あの女には会うことはなかったが、お陰で更なる刺激を求め俺はさ迷っている…
1
2016/05/22 20:16:36 (kY2WeKU.)
私は24歳独身女性いつも露出度の大きいスタイルで外出だからよく痴漢にあいます。
でも痴漢にあいたいから露出度大のスタイルで電車やバスに乗ると痴漢ならずも視姦されそのまま帰るとバイブオナです。
空いてる電車の中でも前に男性の座っているところを探して男性を見つけるとトイレでパンティを脱ぎ男性のマンコに座り両足全開アソコ丸見えです。
その男性は同じ駅で降り私を尾行ひと気の無いところで襲いかかり一応やめて下さいの社交辞令。
男性はお前ノーパンで誘っただろうが、私が違いますと言うと男性はこれが証拠だろうがとミニスカを剥ぎ取りました。
いやーと言いながらもアソコはビショビショ男性はスルッと入れ腰を振り始めたのでお願いだから中出しやめてと言うと男性がピストンしながらどこだと言うのでお腹の上か口にと言うと口にだすぞと言われ発射寸前、口に突っ込まれ発射されました。
男性はやりたくなったらまた来いよと去っていきました。
私はアソコを拭き服を着てあー気持ち良かったと言いながら帰宅しました。

2
2016/05/10 13:10:18 (VLCz.4gg)
その日は友達と遊んだかえり。
少し疲れたので、某駅で
ガラス張りになった憩いスペースで
お茶をのんでいた。
すると。
目の前に30歳くらいのメガネを
かけた、背の高い男性が1人。
おもむろにズボンのチャックを下げ
太く固くなったペニスをしごいている。

よく見ると視線はこちら。
周りを見渡した!
。。。おじいちゃんとおばあちゃんばかり。
若い女性といえば私1人。
え槌私やん。
バタバタと帰る準備をして、
早歩きで逃げた!
すると彼ものすごい勢いで追ってくる。
バッと手をつかまれた。
叫ぶ事もできず。物陰につれこまれた!

つれこまれて、
いきなりディープキス
かなり深く…>_<…
しかも上手。
不覚にも腰くだけ。

しかもドエムな私は実はそういう
シチュエーションに憧れていた。
3
2016/04/24 19:42:46 (I7yJecje)
男に痴漢されている女性はまだ若い。すると、どうだろうか。彼女は自分を痴漢している男を鋭い目付きで睨みつけたのだ。「ちょっと、あんた。なにしているの。」女性はこの痴漢の手を掴み。「あんた、あたしの脚に触ったね。」すると、男は謝ったが。「ごめんなさい。許して下さい、許してください。お願いします。」女性は腹に力を入れながら、低めの大声で言った。「なめるじゃないよ。この助平野郎。」再び彼女の口が開く。「あたしが女だからと思って、本当にななめるんじゃないよ。あたしね、元スケバンのリーダーだったんだよ。」電車は次の駅で停車して。「坊や、おいで。この電車から降りるから。」女性は男の手を掴みながら、電車から降りる。彼女の幼い息子も同じように。女性はかなり怒っている。すると、男を乱暴に後ろへ押す様に放した。それから、オーバーコートとスカートを同時に両手で捲り上げてから、体ごと素早く回転させながら、ハイキックを男に一発くらわせた。男はハイキックの衝撃で、みごとに倒れた。彼女の幼い息子は正面から自分の母親が痴漢した男をハイキックした様子をこの目で見ていた。すると、呟いた。「あっ、スカートの中から何か白い物が見えた。パンツ見えた。」この子は偶然母親の性器パンチラを見ていた。まだ彼女の怒りはおさまってはいない。今度は再び両手でオーバーコートとスカートを捲り上げ、右脚を太腿まで剥き出しにしながら、仰向けに倒れた男の胸をぎゅうぎゅうと踏みつける。「これですむと思うんじゃないよ。警察に引き渡すからね。」丁度、彼女の幼い息子はしゃがみながら、スカートの中を覗いている。「また、パンツ見えた。」
4

大阪一人旅

投稿者:マラ王 ◆tr.t4dJfuU
削除依頼
2016/02/23 11:24:46 (Ckubvrij)
念願の大阪、朝夕は電車間と夜はカップルさんにあったりハプバーで弾ける予定。

朝の環状線なんとなくハナがきく同業らしいのがホームに数名、ネットはそんなに情報なかったがとりあえずお付き合い。

峯岸みなみ似を囲む、同業の動きから見てOKだろう横についた。

彼女の左サイド、右手を進ませるとスカートの中にすでに手が真後ろのリーマンが責めてるようだ、空くのを待ちつつお尻をまさぐる、彼女の左手がベスポジなんで薄手のスラックス越しに手の甲に押し付ける。

左手はコートで隠しながら前をスカートの上から、後ろからの手が忙しくクリを責め立てているので諦め胸へブラウスの上から確認ブラは薄い感じ周りは背を向けているので胸はいけそう、下も相当ハードにいかれてるようなのでまずは優しく揉み上げる拒否はしない。
胸をせめながら、横顔を見ていると電車が激しく揺れた押される私たち雪崩れる乗客。
体をかがめていた私は彼女を抱え込むように流される。
後ろの男がどいたので、右手で尻の間をまさぐる、前の穴はぐしゃぐしゃに濡れ開ききっている、三本を簡単に飲み込む、これは後ろも開発されてるかなと親指で挨拶するとひくつくアナルはクリーム塗られて柔らかく開いていた、親指を差し込むと感度が良いようだ。

乳責めてた左手を下ろし、クリを遊ぶ、キュッと膣が締まる感触、クリかな前かな、遊び心で前穴やめて後ろを責め立てる、彼女の左手がもぞもぞしてるのでクリ責めてた左手を股間に戻しモノを生で彼女の手の甲に。
もじもじする手を導くと肉棒を握りしめた。
もう出来上がってるなあ、また揺れに合わせて軽キス。
断らない、もう止まらない周りも気にならない、また唇を合わせると彼女の身体から力が抜けていく。

堕ちたなと思った、某駅で乗客が一斉に流れ出る、彼女と手をつないだままホームに。



5
1 2 3 4 5 6 ... 106
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕