ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
削除依頼
2018/06/22 22:21:37 (HIOz5Y3a)
彼氏待ち女性

先月、ここで募集して、ようやく会うまで漕ぎ着けて、逢阪のH○P前で待ってたけど、結局冷やかしかネカマだったのか、1時間近く待てど暮らせど来ず。
ヤる気マンマンだったので、普段はナンパしないけど、付近に居た女の子で、同じくらいの時間、ずっと待っているような感じで気になってたので、声を掛けてみた。

その子は彼氏待ちだったみたいだけど、かなりの遅刻魔らしく、特にこの時は、LINEしても応答無くて、もう帰ろうとしてたらしい。
とりあえず上のカフェでお茶して、観覧車に誘うと、二つ返事でOK。
最初は向かい合わせで座ったけど、

私「なぁ、横行っていい?」
女「うん、ええよ。」

肩や腰に手を回しても拒否することなく、顔を近付けていくと、拒むことなく自然とキス。

私「こういうとこでエッチなことしたことある?」
女「いつも、あいつがしてくる。」
私「どんなん、しとるん?」
女「おっぱい触ったり…舐めたり…」
私「していい?」
女「もう〜、会ったばっかりやん…けど、いいよ。」

と言うので、前後のゴンドラの死角に移動して、彼女のシャツのボタンを外し、ブラを上にずらして、おっぱいを拝見。
程よい形とサイズのCカップ、しかしながら500円玉の倍くらいある大きなピンクの乳輪がイヤらしく、思わず吸い付くと、

女「ああ〜ん…おじさん、上手いよ〜…気持ちいい〜」

と、彼氏とは違う、熟年の愛撫にすっかり感じたよう。
下のほうにも。パンティの横から手を入れると、すっかりヌレネレだったけど、残念ながら降り口に近付いたので、服を整えて降り、

私「続き、する?」

と聞くと、頷き、そのまま私の腕にしがみいてきたので、近くのラブホに。
せっかくなんで、ちょっと奮発して広い部屋のとこに行くと、

女「わぁ〜広くて綺麗…」

と喜んでいました。(普段彼氏が連れてくれるのは安くて、もっと狭いとこらしい)
私は再び彼女を抱き寄せ、キスしながら片手で乳首あたりを刺激してたら、しばらくして彼女が座り込んで私のズボンをずらして、フェラ。

私「まだ洗ってないよ…」
女「いいの…おじさんの匂い、好き…」

後で聞いたら、今は20の大学生で、高校1年の時に友人(♀)宅で、その父親と関係持って、初体験以降、いろいろエッチなプレイを仕込まれたらしく、それくらいの年齢も良いらしい。
服を脱がせると、パイパン。
ここまできて、完全にM女だなと思ったら、これは調教の一環という訳ではなく、スタイル良いと思ったら水泳をしてて、ハミ毛が気になり、最初は一部残してたのが、めんどくさくなり全部剃ったのだとか。

お礼のクンニ攻めしたら、どんどん蜜が溢れ、更に備え付けの電マで攻めたら、お漏らししながら逝っていた。

しばらく肩で息をしながら、彼女がまた私のぺニスを咥えて大きくし直したら、自分から入れてきた。

私「まだ(コンドーム)着けてないよ?」
女「いいの、生が欲しいの。でも外に出してね…」

といいながら、自ら腰を動かし、

女「あああー!当たってるー!きもちいいー!」

と、グイグイしながら、ガクガク震えて動きが止まり、逝ったようで、また股間から温かいのが漏れてきて、体位を変え、バック〜正上位で、私は、逝きそうになり、

私「そろそろ…いくよ…」
女「いいよ…いっぱい…○子の顔に掛けて…」

あら、自分の名前言っちゃったよと思いつつ、最後は彼女の顔に射精。
彼女は、出された精液を指で触り、

女「ねえ、私のスマホで撮って…」

と手渡されたので、顔のアップや全身のを何枚か撮り、スマホに向かってポージングしていて、

私「こんなん撮って、どうすんの?」
女「オナニーの時に見ながらするの。」

だって。
最後は、指でぬぐって、舐め取っていました。
なかなか淫乱な感じで、もう1回戦。
今度は咥えてるとこや、結合してるとこも撮らされ、胸に射精。
ホテルを出てから近くで夕飯食って、連絡先交換。

先日は天王寺某所に連れて行きましたが、この先は、掲示板の趣旨と変わるので、別のところにでも。
レスはありません。
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
ナンネットをより快適に!PREMIUMサービスの詳細はこちら