ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

出会い系での体験談 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 100
2019/07/03 07:15:23 (BTAxqMql)
一年半ほど前にサイトで割の関係をしていたアミ
「中で逝けないのが彼との悩み」と言ってた
スレてないし、お金に困ってる感じでもなく
単に中逝きしてみたいだけだったのかもしれない

「中で逝くには気持ちいい所を刺激しなきゃ!」
アミの中は分かりやすかったザラザラしてて
締め付けもきつくていい感じだった
キスしながら単調に中指で撫でてやった
アミには俺のをしごかせた
69に移行しても、これでもか!というくらい刺激した
「彼とのセックスより数倍気持ち良かった」真っ直ぐ俺の目を見た
アミの方からキスしてくれた
「自分でも触ってないと中で逝けるようにならないよ」
「おしっこしたくなっても我慢して続けて!」
別れ際にそう言ってアミと別れ
その後はサイト内メールで連絡し、月イチペースで会った
半年程たったころ、完璧に中で逝ってくれた
完全に様子が違った、フィニッシュを迎えた時
アミの脱力感というか…グッタリしていた
その後、抱き寄せてキスをすると反応が敏感になってた

それを期にアミは脱会した
彼氏とのセックスで中逝きできたんだろう
1
2019/06/29 21:01:00 (cNoh98BD)
プロフィール見てメール来たのが男。
読まずに消そうと思いつつ、読んでみたら丁寧な言葉遣いだし、内容が真剣。
主旨は、マンネリ化というか要するに彼氏のエッチがワンパターンで彼女に諦め始めている、と。AVみたいに感じさせたいとか言うから、そりゃダメでしょと思いながらやり取りを続けた。
話し合って彼女ご希望の潮吹きにトライすることに。

真摯に話し合いを続けたら俺に対する信頼は増したようだが、言葉で説明するのはなかなか難しい。
結局、彼氏の目の前で彼女に施すことになった。

キス、挿入、フェラは絶対NGで。

全裸で横たわってもらい、首すじからおっぱい、そしてマソコに手と舌を駆使して愛撫していく。初めはフンフン言ってた彼女もあ…とか短く声を出し始めた。
彼氏は早く!潮吹き!みたいな顔で我慢してる様子。彼氏が優し過ぎて彼女がやや強そうな二人。
得意のクンニで責めていく。焦らしたり舌を広く使ったり尖らせて触れるか触れないかくらいのクンニで彼女の声が大きく呼吸は荒くなっていく。
じゅうぶん濡れてシーツにシミができ始めた頃、いよいよ指を一本挿入。彼氏に手招きして近くで見るように指示。浅めに小刻みに動かし、ワレメの縦スジに沿ってこすり上げたり。どうやら指二本が彼女のお気に入りな様子。
いよいよ、ゆっくりと深く出し入れを開始する。ジュプッといやらしい音がする。彼女は目を閉じたままシーツをきつく握りしめている。喘ぎ声もいよいよ大きくなってきた。
彼氏は彼女の股間の近くで真剣に指の、手の動かし方を見ている。
クリの真裏にあるGスポに指先を強めに当てて、手のひらでクリを押さえつけながら、体内と体外から感じる部分を挟みこみ、少しずつ振動させる強さを上げていく。
水分のあふれた音が響く。
彼女はだんだん、絶叫状態に。
いい!いい!あー!ダメ、ダメダメダメ!
と言いながらシュパパパッと音を上げながら潮を俺の手のひらに吹き出した。手のひらにはね返り飛び散る潮。

彼氏は目を見開いて見ている。

彼氏に、手で俺の股間のあたりを指差す。彼女はズボンの上から、勃起した俺のチソポを握り締めていた。
彼氏が呆然としているのをいいことに、ズボンとパンツを脱ぎ彼女に俺の勃起を握らせた。
彼女は頼みもしないのに勃起をいやらしい手つきでしごいている。
再度彼女のマソコに指を入れ潮吹き再発射すると
2

アプリでの出会い

投稿者:しのん ◆YhMIl9rU6I
削除依頼
2019/06/21 17:20:49 (T/V3NYBI)
数年前、5、6年前のことでしょうか
その頃はよく使っていたアプリがありまして
今で言う出会い系アプリのようなものだと思うのですが
自分が使っていたのは日本人も外国人も登録しているけっこうグローバルなアプリでした

登録は名前とか年齢あとは写真など
少しFacebookやTwitterと似てるようなアプリで
GPS機能でだいたいの居住地も表示されるようになっていました

やはり大都市部の登録が多く過疎地の登録は少ない傾向でしたが幸いその頃、自分の居住地付近は年齢問わなければそこそこの登録者がいました

実際そのアプリで4人と会うことができ、内3人とエッチすることもできました

そのなかの1人
自分の居住地からは少し離れた車で一時間半ほどの場所に住んでいた外国人のシングルマザーの方と会ったときの話

アプリにて数回のやり取りのあと
会ってくれることになったのですが、時間が夜ならいいと
しかも子供がいるので家に来てくれるならという条件でした

正直、初めて会うことになるものをいきなり家にというのはこれは怖い人出てくるやつ?と警戒もしながら教えられた住所へ向かいます
着いてみると普通に集合住宅地というのかおそらく市営住宅団地のようなところで同じ建物がいくつも建ち並んでおりました

到着の時間は伝えてあったのですが部屋番号は聞いていなかったので
着いたことを連絡して返事を待ちますが返信がありません
こりゃ怖い人はいなくても騙されたかなと思っていると子供がまだ寝てないからもう少し時間がかかるとの連絡があり待つので大丈夫と折り返しました

30分か40分ほど経ってから来ていいよと連絡来たので部屋番号を教えてといい団地へ歩き出しました

同じような建物ばかりなので部屋番号聞いてもわかりにくく行ったり来たりしていると
向こうも察したのか玄関を開け外を覗いて待っててくれ無事会うことができました

玄関で子供たちが寝てるから静かにしてねとあまり長くは居れないよと注意されリビングに案内されそこで少し雑談をしたりなどしてお互いに緊張をほぐそうとしていました

外国人ということで少しカタコト気味ではありますが普通に会話するには違和感はなく話すこともできていたのですが

数回のメッセージのやり取りでエッチしたいということを伝えていたので
その場でも本当にしたいの?みたいなことを聞かれ
エッチしたいと言うと
じゃあと言って2階の部屋に連れていかれ敷き布団を敷きはじめました

おそらく自分の寝室にしているであろう部屋で
鏡台やら化粧品やらが部屋に置いてあるなか電気を消されて準備が整いました

自分としては外国人とは初めてだったのでなにか違うものかと思っていましたが日本人とほぼ変わりなく嫌な匂いなどもありませんでした

軽くキスから初め
胸を触るもあまり反応がないまま続け少しずつ服を脱がせていき
下着を外すと元はかなり大きかったであろう胸がしぼんで垂れ下がっていてまぁ子供さんいるしこんなもんだろうなと
下に手を伸ばすとかなり濡れ濡れ
声などはほとんど出てないないのですが感じているのだとわかります

前戯もそこそこにゴムを着けて挿入するもやはり声はなし
ここまで来るとなんとか声を出させたいと思って緩急をつけたりして刺激するが、んん。んん。くらい

そのまま何十分かピストンし続けましたが変わらなかったのでそのままフィッシュ

時期としては夏だったのでかなり汗だくになってへとへとになって少し休憩していたら優しくキスされながらいっぱい出た?と(笑)

外したゴムを捨てるよと言うので外してそのまま渡し
お互い服を来てまた1階のリビングへ

そこで冷たいお茶を貰いながら子供の話など雑談をして
じゃ帰るねと
玄関まで見送ってもらいお別れのキス
反応がいまいちだったしこれで終わりかなと思っていたら
翌日から毎日のようにメッセージが
どうやらというかやはりというか子供たちがいるのでかなり声を我慢していたらしく良かったとの感想

そのあとはなかなか時間が合わなく少しずつ疎遠になって行き今はそのアプリもしていないので連絡取れなくなりました

今でもそんな出会いはあるのでしょうが
昔のひとつの思い出です

ちなみに他のあと2人は日本人ですがエッチすることはないですが普通に連絡を取ったりしています
3
2019/06/09 14:11:14 (kbpuo0.q)
ここに書くのが不適切でしたら、ご容赦ください

50手前の私が、たまに思い出す昔の悔しい思い出話を人に聞いてもらいたく。
(40代以降のオッサンにしか、分らん内容かも知れません)

テレクラからQ2、プリカ式のツーショットが出始めた
電話での出会い黄金期、若かりし独身の私も散々遊びました。

私は自宅で出来るQ2かプリカ式で、いつも女性と繋がったら
自宅電話に掛け直してもらうパターンでした。

掛け直して貰えた場合は、その女性がサクラではない事が
証明され、会える確率が飛躍的に上がります。
また、費用面でかなり削減になりました。

そんないつものパターンで繋がったA子と
後日、待ち合わせることとになりました。

喋った感じ、少し声が野太く、警戒心からか語気が強く
あまり可愛らしいイメージではありませんでした。

ただ、身長やスタイルは普通の様子、デブだけはダメな自分は
更に顔が普通であれば、現代で言うオナホにしてました。

当日、駐車場のない路面店のコンビニ前で待ち合わせ。
少し早めにいくと、たばこを吸っている人や
他の待ち合わせの人が3〜4人いたと思います。
中にはもの凄く可愛い子がいて、初対面のA子との
やり取りを見聞きされたら嫌だな〜と、思いつつ
立ち読みしながらA子を待ちました。

この時間のドキドキを忘れられないオッサンが
日本に数十万人はいると思います。

続きます。














4
2019/06/01 20:56:24 (XUGOaBtm)
中年メタボド変態オヤジです。
55歳 南関東在住です。
長文、失礼いたします。

地方出張で交通費を浮かすために帰りは、
時間的にも余裕があるのでLCCを利用して
成田空港へ。
空港からは京成本線で都内まで戻ってきま
した。

せっかくなので浮かせた出張費で、どこか
風俗に行こうかと思って、その前に腹ごし
らえのために日暮里で下車しました。
 
全国的にも、東京でも衰退の一途の
「テレフォンクラブ(テレクラ)」
私の青春です!
日暮里には、まだ一件のチェーン店が残っ
ていました。

近くのお店で食事をした後に、二時間ほど
いまどきのテレクラの事情を調べようと
入りました。

お店、フロント、個室の雰囲気、システム
などは以前とほとんど変わっていません。

DVDを選んで個室に入ります。
電話は取次制でした。
部屋に入るとフロントで着信があったよう
です。
直ぐに私の部屋の電話が鳴りました。

「もしもし、こんばんは、初めまして」

お相手「何歳ですか?」

「55歳です。」

お相手「チェンジしてください。」

「はい」

フロントへ・・・

「チェンジしてください。」

5分後

「もしもし、こんばんは、初めまして」

お相手「こんばんは」

「今日は仕事帰りに、久しぶりに来てい
 るんですよ。」

お相手「車で来てるの?」

「いえ、出張の帰りなんで、電車です。」

お相手「じゃあ、ちょっと会えないね。」

「そうなんですか?こちらから伺います
 が・・・」

お相手「車がないとちょっと・・・」

「そうなんですね。」

フロントへ・・・

「チェンジしてください。」

車があれば、会えたかもしれないのに
残念でした。

取次制のテレクラでは、タイプではない
話が会わないなどの場合、フロントへ
コールを戻すことが鉄則です。

いまどきのテレクラはコールが良さそうな
感じです。
鳴りが良いです!

取次制では、会話で失礼なことを言ったり、
会う気がないのにアポを取ったりすると、
部屋番号でフロントに直接つなぐように
言ってくる女性もいます。

以前、系列の大阪のお店にオールナイトコ
ースで入って、つながった女性の会話があ
まりにもおかしいので、アポを取ったけど
部屋から出なかったら・・

その女性が部屋番でつなぐようにかけてき


「オマエ、アポ取っといて何でキーヘン
 この変態ヤロー、痛めたる!出てこい!」

酷い大阪弁で怒鳴られました。
(この関西弁は定かではありません。)

3本目

「こんばんは 初めまして」

お相手「こんばんは」

「私、今日は仕事帰りで、久しぶりに
 来てるんですよ。」

お相手「お疲れ様です。」

お相手の声の感じは40歳代、優しい印象
です。

「とても声が素敵ですね。
 話し方もとても丁寧で・・・
 素敵な方とお話しできて嬉しいです。」

とりあえず褒めてみます。

お相手「そんなことないです。」

「楽しいお話をしようと思って」

お相手「そうなんですね。」

「どちらから掛けているんですか?」

お相手「自宅からです。」

「学生さんですか?」

絶対に違うはずですが、とにかく若めに
言うのが鉄則だと思っています。

お相手「いえ、もうとっくに主婦です。」

おおぉ〜〜人妻からのコールでした!
サクラか???

「いやぁ〜、声の感じだとかなり
 お若いのかと思って」

お相手「そんなことないです。」

「私、かなり年上で・・・」

お相手「おいくつなんですか?」

「48歳です。」

この時点で私、7歳サバを読んでいます。

お相手「そのくらいの年齢の方がほうが
    良いですね。」

多分、40歳前後でしょう!

「ご自宅はお近くですか?
 ここのお店は日暮里なんです。」

お相手「ええ、知ってますよ」

「お近くですか?」

お相手「電車だと駅2つです。」

このお答えが嘘か、本当かはわかりません
が、何だか会えるような気がしました。

お相手「あなた、結婚してるんでしょ。」

「×1なんで、今は一人です。」

完全に今夜だけの嘘です!
本当は妻子持ちです!

「私は、今夜お会いできる方を探している
 んです。」

お相手「そうなんですね。」

ちょっと否定的な雰囲気だったので

「いえ、楽しくお話させていただくだけで
 も、せっかく来たので」

お相手「私、スタイルが良くないので」

聞いてもないことをお話になりました??

これで、少しお話が会う方向に向きました。

「申し訳ないのですが、私もめメタボで
 す。
 せっかくつながったのもご縁ですか
 ら・・・」

お相手「うぅ〜ん どうしようかな」

会うことを?迷っている感じがしました。

「もし、お嫌でなかったら、少しお目にか
 かってから決めていただけませんか?」

お相手「もう、(午後)8時ですよね。」

「もし、遅くなるのが難しいのなら少し
 だけでもいかがですか?」

お相手「どうしようかなぁ〜」

かなり気持ちが動いているようです。

「私の方から、そちらの最寄り駅に向かい
 ましょうか?」

お相手「いえ、日暮里までならすぐなので」

「来てくれるんですか?」

お相手「なんだか優しそうな方なので・・」

「ありがとうございます。何時ころになり
 そうですか?」

お相手「8時半ころでもいいですか?」

「はい、日暮里駅東口のロータリーのガスト
 辺りで待っています。
 どんな服装ですか?」

お相手「紺色のワンピースにします。」

「バッグか何かお持ちになりますか?」

お相手「ベージュのバッグを持っていきま
    す。」

「わかりました。私はスーツで、出張帰り
 なので青い小旅行用のスーツケースを持
 っていますので。
 東口のガストの前で待っていますので」

お相手「よろしくお願いします。」

「お待ちしています。」

スマホの番号とか、LINEとか交換すれば良
いのですが、話がトントン拍子に進んだの
で、あまり警戒心を持たれるよりも

まあ、面白かったですし、もし、待ち合わ
せに女性が来なくても、良いか程度に考え
ていました。

頃合いを見てお店を出ようとしたときに
またコールがありました。

「26、ホ別イチゴ―なんだけど・・・」

あまりにもストレートなエン・ジョのお誘
いです。

アポがあるので、早めにフロントへ戻して
お店を出ました。

駅まではものの1分です。

ガストまで来て女性が現れるのを待ってい
ました。

電車が到着するたびに駅から出てくる人波
を見ますが、紺色のワンピースの女性は現
れません。
 
時刻は、20時45分。
以前、テレクラ遊びをしていた頃なら、も
うとっくに諦めています。

それから5分ほどして、見てていたのと反
対側から、不意に声をかけられました。

「こんばんは〜」

驚いて振り返ると、そこには紺色のワンピ
ースを着て、ベージュのバッグを持った
女性が立っていました。

確かに、ふくよかな印象でした。
重量感のある立派な体格です。
決してやせていてスタイルが良いというイ
メージではまったくありません。
ただし、私の大の好みではあります。

お顔は、丸顔、強いて言えば柳原可奈子さ
ん似
でも、正しくないかな?

「こんばんは、お待ちしていました。
 突然にすみません。
 ありがとうございます。」

お相手「本当に、こんな風に会えるんです
    ねぇ〜」

この女性は、テレクラで男と会うのは初め
てで、あまり男性経験がないのではないか
と感じました。

「どこかお店に入りますか?
 食事とか、お酒とか・・・
 私このあたりの地理には、詳しくないの
 ですが・・・」

お相手「いえ、その・・・・
   
    お任せしたいんですが・・・・」

「えっ?

 ・・・・

 ・・・・

 お任せって??? 

 ホテルでも???

 ・・・

 ってことでしょうか?

 ・・・

 良いんですか?」

お相手「ええ、お任せします。
    ただ、今夜は帰らないといけない
    ので・・・・
    お願いします。」

まさかの大ヒットです!

後で聞くと、旦那様が出張、お子さん二人
が偶然にも修学旅行が重なって、今夜はお
一人で過ごすことになっ田とのことです。

そして、駅から数分のホテル「B」へ行く
ことにしました。

地元にお住いの女性なので、多少は人目を
気にしていましたが、

ホテルの自動ドアを入るなり、きつくハグ
をしてキスをしました。

ここはナンパの板なので、ここまでにしま
す。
長文をお読みいただきありがとうございま
した。
この先は、どこかの板に書き込みをしようと
思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM