ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

中出し体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/11/16 16:29:42 (SRRLzPyB)
付き合って3年になる人妻セフレとは月に2回くらいの頻度で会っていた。
最初はゴム、そのうち生で腹出し、生理の時だけ中出しといった感じだったけど、実は中出しの感覚が最高に好きだったらしい。
今はピルを服用していて毎回中出し。
勢いよく飛び出るザーメンが奥にぶつかる感じや、射精後も突かれてこすれ感が変化するのがたまらなく好きらしい。
毎回シャワーも浴びないで2発分のザーメンを膣中に残して帰宅していく。
帰宅後、家でトイレに入り流れ出てくるザーメンの匂いを嗅ぐとそれだけでまたイキそうになるらしい。
年頃の子供がいて、普通の奥さんなんだけどね。

最近は月に2回じゃ足りないみたいでしょっちゅうヤリたい連絡が来る。
1
2017/11/18 11:54:02 (p36Y8tw9)
中出しって言葉に憧れていた変な少女でした。

夕方、近所の獣医さんにイタズラされてた事があるんです。公園のトイレで…
知ってる人だったのもあるけど、気持ちよくさわってくれたから、けっこう率先して公園に行ってた!
きっかけは鉄棒をグリグリしてる無防備な姿を見られて…声をかけやすかったんだと思う。

あくまであそこを触られるだけなんで、痛い思いをする訳じゃないから。
素直に従ってました。

でも、本当は、そりゃ現実には困るけど、中出しに憧れていた!
なんだかスイッチ入る。
親の週刊誌で覚えた言葉だったかな…

その頃は小4の12月くらい。年が明けてない冬だったから。
夜、布団の中でパンツに手を入れて、獣医さんの指を思い出して、
中出し…中出しって呟きながらさわってました。(笑)

ませてるのか子供なのかわかんないね!(笑)

初体験は年の離れた大人…
「最初に抱く時は必ず中で出す…今日は危ないからって言われたら、その日は諦める。(笑)とにかく中出し。ゴムじゃ本当のセックスじゃないから、ゴム付きで処女喪失した子は半分処女だよ…」
私はこの人だっ!(笑)
そう思いました。

何度も中出ししたいって言ってくれて、私も中出しして〜って何回も叫びました!
歳は、まだ若い頃としときます。(笑)

ほんとのはなしです
2
2017/11/17 23:03:10 (QswIgUTn)
今年の1月に投稿した、中出ししても全然気が付かないシングルマザーとの続報です。

最近、ネットでマイルーラを手に入れて、本人合意で中出ししてみようと試みました!

いざ、マイルーラで中出しの話をしたら、昔、中出しされて妊娠しておろしたからから怖い」とか言い出して、頑として拒否…

今までさんざん中出ししてきた自分からしたら、今さら何言ってんだと心の中で思いつつ、必死に説得。

とりあえず、生外ならOKをもらい、生挿入!

その後も、中出しされてとお願いするも、拒否しまくるので、頭にきたので一度ゴムを装着。

そして、バックの体勢にして、いつも通りローション塗ってから、ゴム外しw

結局、いつも通りのパターンで思いっきり中出ししてやりました!

やっぱり中出しに気付いていないようで、何事もなかったようにシャワー浴びてました。

よくよく考えたら、その日排卵日ドンピシャだったようですが、一応はマイルーラ使ってるので、いつもより妊娠する確率は低いでしょうw

歳を確認したら、45歳とのことなので、はやく閉経して中出ししまくれることを願います。


3
2017/11/17 08:00:14 (KmXiiZnP)
朝からチンコビンビン。ムラムラ。あーやりて〜と思ったので、娘(s6)の身体で処理しました。ツルツルスベスベ肌で、濡れ具合、絞まり具合もよく、気持ちよさMAXで膣内にぶちまけました。最近、中出しすると妊娠する事を学校で習ったのか?中に出すことを拒否するようになりました。学校も余計な事を教えなきゃいいのに!

4
2017/11/15 13:30:04 (Gx/rqIVO)
相手がK3なのでここに書きます。

今年の夏独りでのんびりしたくて静岡県にある叔父の家(現在は住んでなくて別荘状態)に泊まりに行った。

近くの温泉に入りに行ったりとそれなりに満喫できたが、唯一イラッとしたのが何かのアニメで使われた(?)所らしくキモイオタクが狭い道を占拠してたことだ。

でもそんな中でも美味しい思いをしたのが、とある洋菓子店で入口のパネルに群がってるやつらのせいで店内に入れないJKを発見したので
「店に入りたいの?」
と聞くと一瞬ビクッとしたが
「はい。」
と答えてくれたので
「後ろに着いてきて。」
と言って群がってるオタク共に
「すいません、通ります。」
と言って写メに夢中なのをお構いなしにぶつかりながら通った。

ちょうど小腹が空いていたのでその子と半強制的に店内でお茶とケーキを食べた。

制服に見覚えがあったので聞くとやはり都内の高校だった。

名前はゆい(仮)というらしい。

一応今回の旅行のプランを聞くと俗にいう「聖地巡礼」らしく、しかもビジネスホテルに宿泊予定で、まだ取っていないらしい。

今はお盆の時期なので絶対にムリと伝え、良かったら家に来るか聞いたが、当然NO。

でも荷物も多いし次の移動先まで車で送ることを伝えると喜んでいた。

車の中で宿泊先を探させたが、当然旅館まで満室で空きなんてなかった。

その後その子からなんとなく泊めて欲しいオーラを感じたが、一度断った手前言い出しにくそうだった。

それでも次の目的地に着くと興奮して写メを撮ったりしていた。

そして車で(俺は叔父の家に帰るルート)移動中にわざとらしく
俺「ホテルどうだった?」
と聞くと
ゆ「見つかりませんでした。」
俺「じゃあどうするの?」
ゆ「どうしよう…」
と何故か半泣きだったので
俺「やっぱり泊まる?」
ゆ「でもお金そんなにないし…」
俺「何でお金がいるの?」
ゆ「泊めてもらうなら必要なもの買わないといけないし、欲しいグッズあるし、帰りのお金も必要だし…」
俺「なんだ、そんなのいらないよ!気にせずに来な!」
ゆ「でも、変なことしませんか?」
俺「変なことって?」
と聞くとゆいは顔を赤くしてもじもじし出した。

そんなこんなでまずは買い物をして晩御飯を食べて(ここをおごってあげた)家に着いた。

ちなみに叔父の家とは言ってあるが、俺独りとは言ってないwww

家に着くと真っ暗だったのでゆいが
ゆ「叔父さん達まだ帰ってきてないんですか?」
俺「叔父さん達はいまこの家に住んでないよ?」
と当たり前のように言うと
ゆ「え…」
って感じだったので、さも普通にゆいの荷物を持って
俺「遠慮しないで上がって!入ったら鍵だけ閉めてね!」
と言って家の廊下を進んだ。

リビングなどの電気をつけるとゆいが玄関先でもじもじしてたので手を伸ばすとしぶしぶ上がってきた。

でも家の中を見ると(当然だけど)きれいに片付けてあるのを見て安心したらしい。

俺はお風呂にお湯を入れて2階の部屋に布団を2組用意した。(俺のは昨日から敷きっぱなしなのでその横に)

ゆいはお風呂に入ったが、鍵が無い事を心配していた。

ゆいが上がったあと俺も入って少し話して寝ることに。

寝室に行くと一緒の部屋なのに驚いていたが、隣の部屋はエアコンが壊れてて使えない(これは本当に偶然)のでこんな夏に暑い中で寝たら熱中症になると言い同じ寝室で寝ることに。

電気を消したあと学校の事とか聞いたが、やはり(オタクなので)友達は少なくて恋愛とは無関係だったらしい。

俺はイジワルで
俺「さっき車の中で言ってた『変なこと』ってなに?」
と聞くとゆいはやはり嫌がるというか照れている感じでもじもじし出した。
俺「その反応は少し興味あるんでしょ!」
ゆ「そんなこと…」
俺「でも年頃なんだから普通だよ!むしろ興味ない方が人として変じゃないかな?」
と言うとゆいの反応が止まった。

これをOKのサインと捉えてゆいの頭をこちらに向け顔を近付けると目を瞑った。

そのままフレンチキスをすると目を開いたので今度はディープキスをした。

知識はあるようで自分から頑張って舌を動かしてきた。

決してうまくはないがその初々しさが良かった。

キスをしながら服の上からブラのホックを外しパジャマの裾から手を入れて胸に触った。

既に先端が硬くなっていた。

昼間は全く気が付かなかったが、以外とサイズが大きく、後で聞いたらDとEの間くらいらしい。(スタイルは少しふっくらしてるがぽっちゃりまではいかない)

パジャマの上とブラを脱がして胸に吸い付くと「あっ」と声が出た。

やはり先端が感じるようで、甘噛みしつつもう一方は指先で摘まむとまたくねくねしながら「んっ、あっ」と声が出てきた。

今度は左腕でゆいに腕枕をしながら胸を揉み、キスをしながら更に右手をズボンの中に入れ下着の上からなぞると既にわかるくらい濡れていた。

なので下着の中に手を入れてみると何故かヘアがない。

そして入口付近が既にヌルヌルだったのでそのヌルヌルでクリを刺激した。

指を動かしつつゆいに
俺「ゆいって初めてだよね?」
ゆ「えっうん」(息がきれきれな返事)
俺「すごい濡れてるよ。」
ゆ「だって…」
俺「よく独りでするの?」
ゆ「うん…」
俺「だいたいどのくらい?」
ゆ「ほとんど毎日」
とかなりエロい娘だった。

俺「じゃあ下の毛が無いのもよく剃るから?」
ゆ「それはお風呂で整えてたら失敗して変になったから全部剃った。」
俺「何で整えたの?」
ゆ「だって…」
俺「ってことは何だかんだ言いながらも期待してたんだね。」
と言うとゆいは恥ずかしそうに頷いた。

このタイミングで中指をゆっくり入れた。

ゆいが「あっ」と今までよりも大きな声であえいだから
俺「痛い?」
ゆ「大丈夫」
と言ったのでゆっくりと根本まで入れた。

あまり激しくすると痛いだろうからゆっくりと壁をこすりながら抜き差しするとそれがいいらしく可愛らしい声であえいでいた。

痛いかもしれないが今度は人差し指も使って2本にすると最初痛そうだったがすぐにまたあえぎだした。

指の動きを速めると必死に声を抑えながらも腰がビクッとしてどうやらいったようだ。(自分でもここまですることが多いらしい。)

指を抜き今度はゆいのあそこを舐めた。

指であそこを広げて舌を捩じ込んだりクリを舐めたりすると
ゆ「あっダメ」
と俺の頭を押さえながらくねくね動いた。

舌の感触がとても気持ちいいらしい。

ひとしきり舐めると今度は俺のをゆいの口元に持っていくと手で触ってしごくように手を動かした。

そして意を決したように口に咥えたが、思い切り歯が当たったので、
俺「もっと大きく口を開けて。」
と言うと頑張って開けてくれた。

少し奥まで入れると吐きそうになったのでフェラは止めてゆいのあそこに当てた。

ゆいが
ゆ「待って、ゴム」
と言ったので
俺「ゴムは用意しなかったからないよ?」
ゆ「えっでも…」
俺「じゃあ一度止めて買いに行く?」
ゆ「それは…」
俺「ならどうする?」
ゆ「…」
俺「このままする?」
ゆいが頷いたのでゆっくりと中に進めた。

ゆ「あ〜」
俺「痛い?」
ゆ「少しだけ」
俺「やめる?」
ゆ「続けて。」
俺「ならいくよ。」

と少し進めるペースを速めて一気に奥まで入れた。

中までしっかりと濡れていたがかなりきつかった。

そのまま腰をゆっくりと動かした。

最初はゆっくりだったが少し速い方が痛くないようなのでスピードを上げて動かした。

ゆいは腕と脚で俺にしがみつきあえいでいた。

5分もすると出そうになったので
俺「そろそろ出そうだから離して!」
ゆ「え?え?」
俺「腕と脚を離して!」
ゆ「ダメ、力が抜けない!」
俺「ダメだ!出る!」
ゆ「え?え?え?」
と言ってゆいの奥に出してしまった。

ゆいは出た瞬間「あっ熱いのが出てる」と言っていた。

ゆいの力が抜けたので急いでお風呂まで連れていった。

ゆいの太ももには血と俺の液が付いていた。

初めての証を見たあとすぐにシャワーで中を洗った。

次の週には生理が来るから大丈夫だろうと言っていた。

本当は次の日に2人とも帰る予定だったが、ゆいが強引に親を説得して帰る予定を1日伸ばし、観光をしながら夜はまたした。

こっちに帰った後も連絡を取り合って今でもたまにしている。

ゆいは生でしたがるが、入試やその先の事を考えてゴムを使ってしてる。

無駄に長くてすみませんでした。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕