ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

病院での体験談 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 100
2019/08/31 20:46:45 (Shaq3ooV)
僕が大昔 実際に経験したことを 少しエロく表現しています。ソフトな内容になります。期待している方はご遠慮ください。

彼女といつものようにセックスしたあと帰宅しました。次の日 目が覚めると股間が少し痛痒くなりました。すぐに治るだろうと思い我慢していました。しかし翌日になっても治らないので彼女に相談すると、私は以前から少し痒いと言いました。
我慢していても治らないと思い2人で病院へ行くことに決めました。恥ずかしいので大きな病院を避け、電話帳で調べた個人病院へ行きました。そこは1階が病院で2階が自宅という小さな個人病院でした。
中に入ると無愛想な年配の看護婦がいました。受け付けを済ませ待合室へ行きました。周りには子連れの主婦が1組いるだけでした。すぐに呼ばれて彼女と診察室へ入りました。そこには初老に近い男医師が椅子に座っていました。看護婦と仲が悪いのか 1人で診察をしているようでした。
態度が大きくて全てを上から目線で話してきました。経由と症状を説明すると医師は面倒くさそうに僕の方を向き、出して見せてみろ と言います。ここでですか?と質問すると、ここ以外どこで見せるんや!と叱られました。
仕方なく丸椅子に座ったままチャックを下ろして アソコを摘んで出しました。剥かな見えんやろ と言われ、自分で皮を伸ばしました。こんな姿を彼女に見られて、屈辱と恥ずかしさでいっぱいでした。医師は診察するわけでもなく もうしまっていい と言いました。
そして 次彼女の方 と言われました。彼女は戸惑った様子で 脱ぐんですか?と質問しました。医師は面倒くさそうにズラせば見えるやろ と言いました。彼女は丸椅子に座ったまま 脚を開きスカートをめくりました。そして下着に指をかけて横へ引っ張りました。彼女のアソコは露出して、僕と医師の視線は彼女の股間にありました。
医師は彼女の前へ ゆっくりとキャスター付の椅子を引き、目の前に座りました。そして指で広げんと分からんやろ!と怒りました。少し可哀相になりましたが 何も言えませんでした。彼女は恥ずかしそうに もう片方の手指でアソコを広げました。医師は背中を丸め 顔を近づけて観察を始めました。そして断りもなしに両手でアソコを触り始めました。
横目で見ていましたが心配になり、一瞬 彼女の下半身を覗き込みました。すると 医師は両親指でアソコを広げていました。その親指は穴に入りそうなほど奥深くに入り、中まで広げた状態でした。
僕は彼女の気持ちを考え 丸椅子を回転させて視線を外しました。診察室は静まり返っていました。どれくらい待ったでしょうか、突然 クチャッと粘膜の音が聞こえ、彼女の丸椅子のきしむ音が聞こえました。すると医師が もっと力抜いてぇ!と怒りました。しばらくするとまた クチャッと粘膜の音が聞こえました。僕は心配になり 丸椅子を回転させて視線を戻しました。
すると彼女は両手でスカートをめくり、脚を大きくガニ股に広げて座っていました。そして医師は彼女の下着をズラし、指でアソコを広げた状態で指圧していました。そのため彼女のアソコは内蔵が盛り上がり 少し飛び出していました。彼女は僕が振り返ったことに動揺し、反射的に脚を閉じてスカートで下半身を隠しました。
しかし医師の手は離れず、彼女の顔を見上げ 睨みつけていました。そして医師は はよ見せんか! と怒りました。下を向いていた彼女は一瞬 こちらを見ました。僕は体の向きを変え壁を見ました。何をしているのか分かりませんが、時々 医師が姿勢を変える音とキャスターが動く音しか聞こえませんでした。とてつもなく長い時間が過ぎ 診察が終わりました。そして待合室に戻り 薬をもらって病院を出ました。
帰り道、彼女に 診察で何をされていたのか聞き出そうとしました。すると突然 泣かれてしまいました。結局 何をされたのか聞けませんでしたが、酷いことをされていたのは間違いありません。

毎日患者を診察している医師は感覚がマヒして、自分のやっている異常さを理解できていないのかもしれません。
僕からすると あの時の診察は彼女への出来心 イタズラとしか思えませんでした。
薬が利いたのか2週間程で痒みはなくなりましたが、わたしの不満と後悔はなくなりません。
少しエロく表現しましたが、皆さんはこのような経験ありませんか。
1
2019/08/24 16:29:14 (l968njek)
まだ20代の頃の東京へ出張中の話なんですが、首のリンパ腺に菌が入ったらしく、
40度近い高熱が連日出て、とうとう入院することになりました。

紹介された病院は職場の寮から歩いて行けるほど近くにありました。(江東区)
ただそこはまるで「老人ホーム?」と間違うくらい高齢者ばかりで、20代の男は
私一人、病室も当然私以外は見た目60〜70代のおじいさんばかりでした。
しかしその時の私にはもうそんな事は気にならないくらい体調が悪く、
熱も39度くらいあり、診察がおわってすぐベッドに横になっていました。

そこへ30代くらいの女性の看護師さんが来ました。ショートカットの
見た感じは綺麗な看護師さんです。
その看護師さんが言うには熱が高いため、座薬を入れに来たとのこと。
女性に座薬を入れられる?!と最初は躊躇しましたが、それでも
あの時は熱でそれどころではなく、とにかく早く楽になりたかったので
「分かりました」とパジャマを脱ぎ、向こうを向いてお尻を彼女に向けました。
彼女の柔らかい手がお尻を開き、肛門を見られる恥ずかしさに
耐えていましたが、座薬がゆっくりと肛門に差し込まれてきました。
もうその時は顔から火が出るくらい恥ずかしくて、「早く全部
入れてくれぇ〜!」って心の中でずっと思っていました。
座薬がやっと肛門の中に全部入り、これで解放されると思ったんですけど、
そのまま彼女の指が座薬に続いて肛門の中まで入ってきて「えっ?!えっ!?」
と思っている内に、おそらく第一関節くらいまで肛門の中に入ってきました。
そこまで入れ終わるとようやく彼女は指を抜いたんですけど、
いつまで経ってもその場を離れようとしないんです。
もちろんその間にお尻は彼女の方に向けたままですし、キンタマ
や棒も彼女に見えていたと思います。
あまりにも長い間その体勢が続いたので「あの・・・もういいですか?」
と言いながら彼女の方を見たら、彼女は僕の股間に顔を近づけ、アソコを
凝視しているとこでした。
とっさに「えっ!?なんですか!」って言ったらようやく彼女は僕から
離れて「はい、終わりました。」と笑顔を見せながら部屋から出て
行きました。

座薬をいれられるなんて病院では日常茶飯事でしょうが、入院の経験も
なく、女性に座薬を入れられ、股間を凝視されるのも初めてだった私にとって
あの経験はいい思い出です。
2
2019/08/18 03:34:41 (i6dX1X6i)
内臓系で入院中
朝の薬で1日が終わるあとは個室で暇してるだけ

仲の良い看護師にはマッサージしてることは言ってある。看護しも体力勝負で疲れが溜まるから個室には息抜きしにおいでと伝えてあるので8人ぐらいは担当の時にくる。マッサージすることもあるが

デイルームはクーラー有るから涼みに行く時によく見掛ける女性がいる
四十後半ぐらいショートに眼鏡介護疲れがなければいい感じの女性
父親が入院母親と娘と入れ替わりで付き添いで泊まるときはマット敷いた上に寝るから体が辛いと
毎日デイルームで顔合わせ会釈から挨拶して話したりだんだん仲良くなってきた自分一見なぜ入院してるか解らなかったらしい。私服でフラフラしてるから

奈美さんは10時から来たりで必要なのを買ったり取りに行ったりで忙しいらしい。暑いし疲れがたまってきてるみたいで風呂に入ってリフレッシュしたらとマッサージで癒せるよと。最初は躊躇するが疲れがピークみたいで一度風呂に入った鍵掛けて
知らない女性が風呂にはいるのに興奮しながら上がりを待つ、息抜きできたといわれるソファーに座らせオロナミンCを飲ませ肩を揉む。かなり凝ってはいるが谷間にベージュのブラが見える。
週三は泊まるみたいで背中腰がかなり凝ってるからベッドに寝かせて背中から腰お尻をマッサージする
柔らかい。足の付け根を指でさすりながら様子を見る。携帯がなり我にかえった奈美さんはお礼を言いながら父親の部屋に戻った。近いうちにまたマッサージから性感で進展していこう
3
2019/08/18 03:12:35 (i6dX1X6i)
室蘭保育士美鈴は旦那が飲み会の時に子供を若草の実家に預けて自分のマッサージを受ける
今は個室風呂付きで来る頃には風呂にバスクリンいれて待つ
看護師のパターンは把握してるから美鈴は旦那の独りよがりのセックスには満足してない分俺のマッサージからエステと性感がお気に入り
下着の上からなぞり舐め上げ刺激するとすぐにいく
自分からはハメ無い
美鈴が完落ちするまで焦らしていかせる
この前美鈴が俺の一物を撫でて握りしごいてきた
もう少しで美鈴は堕ちる。

楽しみだ。その時は中にぶちまけたいとおもう
4

薬局の受付嬢

投稿者:笑顔好き ◆dwlVs4neMk
削除依頼
2019/08/07 09:49:07 (HqWY84.g)
昨年の事、母が大病を患って入院。退院後も通院を家族が交代で付き添っていた。

母が診察後疲れて直ぐに帰りたがるため、勤務先が病院に近い俺が毎週の様に

処方箋を持って薬を取りに行っていた。

薬局の受付にはいつも黒いストレートロングが似合う奇麗な感じの女性だった。奇麗だけど

愛想がなく笑顔を見たことが無いが不快感も無い無口な人だった。笑顔見せればいいのに、と

いつも思っていた。

ある週末、取引先とのトラブルを終息させ一息入れようと会社近くのバーに行った。

カウンター席とテーブルが一つしかなく、お酒の味を楽しむ静かなお店だった。

いつもの様に飲んでいると、女性が一人で入って来た。薬局の受付嬢だった。

「香澄さん、いらっしゃい」とマスターが声を掛けた時に俺に気付いて「きゃっ」と

香澄が声を出した。マスターが驚くと「薬局のお客さん。」と説明後、隣に座った。

「驚いてごめんなさい」そう言って甘めのカクテルを注文した。

今日は薬局の棚卸でやっと終わったと話した。相変わらず笑顔無しだった。

少し酔ってきて「前に笑顔が気持ち悪いからと、振られたことがある」と香澄が明かした。

失礼な奴だ、俺は香澄さんを目当てに薬局に行っているのに。そういうと少し微笑んで

「私、笑顔本当にブスなんですよ」とちょっとだけ笑顔を見せた。確かに笑わない方が美人だ。

でもそれはそれ、笑顔もブスと言うほどではない。

「笑顔も素敵じゃない。俺には笑顔見せて」そう言った。

俺も彼女もちょっと飲み過ぎな感じで、呂律が廻らなくなってきたので

お店を出た。香澄がよろけたのをきっかけに肩を抱くと俺の肩に頭を寄せて来た。

「ちょっと休んでいく?」とラブホに誘うと素直についてきた。

「お酒臭いから歯を磨くね」と言う香澄。俺も一緒に歯を磨いてからキス。思ったより

背が低く華奢な感じだった。そのまま服を脱がせて一緒にお風呂に入った。小さめの

オッパイだった。体を洗ってから香澄のシャワーキャップと取り、お互いに体を触り

あった。フェラをしてくれたがあまり慣れていない感じ。体を拭いてベッドに移動。

喘ぎ声が漏れて来た。3年振りと言う香澄の膣はあまり使っていない感じで、締りも

良かった。夢中で2人とも快楽に落ちていた。ラブホに備え付けのコンドームに加えて

自販機で追加のコンドームも購入して挿入を繰り返した。

月に2回くらいバーで会ってはラブホで快楽に浸った。香澄は俺より3才上の35才。

母が家の近くの医院で治療を続ける事になり、香澄と会うことが無くなった。

連絡先を聞いておらず、バーでも会うことが無く、今はどうしているのか分からない。

香澄の笑顔があまり可愛くなかったという事実だけ思い出すが、顔は思い出せない。
5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM