ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

デブ・ポチャ体験談 RSS icon

1 2 3 4 5 6 ... 200
2019/04/08 23:03:20 (.rKIWGW/)
ちょっと面倒なので出会いは割愛。昨日ナンパした主婦さん、黒髪ボブに可愛目の顔立ち、ただしかなりのぽっちゃりさん。年は訊けなかったけど40代かなー?

代々木公園のアウトドアフェスで知り合って外での昼飲み、その後イチャイチャ、湘南方面に送った勢いでホテルイン。

脱がしてみると(脱がさなくても分かってましたが(笑))おヘソの上下に線が走る見事な三段腹でしたが、おっぱいの大きさも見事。おっぱい一つが私の顔くらい大きさある(笑)大きいおっぱいには縁がありますが、知ってるおっぱいで一番大きかったかも。

流石にたるんたるんに垂れ下がっていましたが、胸の下に腕を回して持ち上げて貰うとほんとに抱えるほどの量。顔を埋めると軽く窒息死できそうです(笑)

身体中にキスの雨を降らせてから、おっぱいにしがみついてあそこは指で愛撫。どこもかしこも太そうに見えて脚、下腹部は案外細くて指も軽く根本まで入ります。まぁそれでも全体に比べて細いってことで、ふわふわと柔らかいことには変わりなし。正常位で腰を打ち付けてもゴツゴツした感じは一切せずペチンペチンといい音が鳴ります。

2回戦目で騎乗位にすると圧巻。視界のほとんどがおっぱい(笑)大きめの乳輪の色は薄くグラデーションして一番外側はほんのりピンクなのもいい感じでした。

女性の身体って不思議ですよねー。私と体重はそう変わらないのにふにゃんふにゃん。

デブ専ではありませんけど、おっぱい大好きな私大満足。お姉さんもいっぱいイッてくれて満足してくれたみたいでしたが・・・結局連絡先は教えて貰えず、昨日のみのワン・ナイト・スタンドになりました。

デートのあてが外れて、つまんない一日になりそうだと思っていたタイミングでこういう出会いもある。

今晩は今晩とて、付き合い酒飲みでヘロヘロしながらの帰り道。電車も座れてあとは寝過ごさないで帰るのみ(笑)

うん、人生は上々だ(笑)


1
削除依頼
2019/04/04 11:44:10 (MZFpU/tn)
今までに托卵を二桁の女性としてきました。

昔から女性に困った事がなかったですが、やるなら豊満な方の方が燃える性癖でした。

彼女や連れ歩く女性は別として、一見はパッとしない女性に声を掛け仲良くなりそのままズブズブと肉体関係に。

あの弾けるような肌質は男を狂わせますね。

性癖が剃毛、イマラチオ、野外(郊外も街中も)、覗かれ、おもちゃ、撮影、、、なので散々と女性と楽しみました。

そうやってると、豊満女性も性に目覚め綺麗にが美しくなっていきます。

本命彼氏も出来て充実した日々を送ってました。

お互いに肉体関係と割り切っていたので私も応援し、いい関係を複数人の豊満女性と結びました。

すると、段々と彼氏と入籍したい!と願望が強くなります。

そんな場面で女性達は何を考えるのか。

つまりは妊娠です。

彼氏とも避妊をせず行い、もちろん私とも無避妊行為。

常日頃から精子を直に飲み込むと女性の体は自然と妊娠しやすくなります。

そうやって豊満女性達は次々に結婚されて行きました。

どっちの子種?
などの野暮なことは聞かないのがルール。

幸せならいいんです。束の間でも。

そうやって現在も4名の豊満女性を囲ってます。
2
2019/03/25 06:13:30 (0P6o5j4E)
先週、年度末の有休消化で3日間の休みを取らされ、かといって、やることもなくブラブラと目的も無く、ドライブしてました。
途中、高速のインター近くのコンビニに寄ると、スケッチブックに「◯◯」と書いたのを持って立ってる女性2人。
一人は森◯中の黒◯より少し細めな感じ、もう一人は誰に似てるとかはないが、色白でロングヘアーで、ややポチャな感じ。
とりあえず、帰りに通る場所なんで、声掛けしたら、黒◯っぽい子(仮にAちゃん)が、

A「いいんですか?」

と言ってきて、ついでに一緒にコンビニで何か買うかと言って、彼女らのも購入。
もう一人の子(仮にBちゃん)は、

B「私達が払いますって…」

というが、有無を言わさず、私が会計を済ませ、車に乗せました。
彼女ら曰く、同じ職場のOLで、私と同じように休みを取らされて、資金節約でヒッチハイクしてたんだとか。

移動しながら、これからの予定(行くつもりの場所)とか聞くと、うちからも遠くは無いし、知ってるとこなんで、案内しようか?と言うと、恐縮しながらも、喜んでいるようでした。

ヒッチハイクなんで、もちろんその日は泊まるとこは、まだ決まっておらず、うちも独り暮らしながら、誰か泊めるほど広くないし、予備の布団も無いし、時期的に雑魚寝は寒いしで、冗談半分で、「いいラブホあるから、3人で泊まるか?」って言うと、しばらく無言になり、やっちまったかな?と思ってたら、Aちゃんが、

A「せっかくだし…行っちゃう?…」

と、Bちゃんに聞くと、

B「う…うん…」

と、了解して、いきなりラブホもあれだしと思い、先に夕飯と、ラブホ近くのファミレスへ。
緊張をほぐすため、彼女らにはビール、私はノンアルコールビールで乾杯し、適当なところで、ラブホに移動。
ちょうど最上階のジャグジー付きの部屋が空いており、フロントに3人で宿泊と伝えて前払いし、一緒に部屋に。

彼女らは、思った以上に広い部屋にビックリしてて、部屋を見回してる間に私は風呂の準備や、追加のタオルを受け取ったりして、風呂の準備が出来、誰から入る?と言うと、

A「お先にどうぞ。」

と言われて、私から済ますことに。
私だけ?というガッカリ感がありながら、先に湯船に浸かり、身体を洗おうとすると、

B「一緒に入って、いいですか?」

と覗いてきて、

私「う…うん…」

と返すと、なんと2人とも、全裸で入ってきました。

A「これから身体を洗うんですか?」
私「そうだけど。」
B「じゃあ、今日のお礼に…」

と、私の手を引き、洗い場のスケベ椅子に座らせ、彼女らは身体にボディーソープを塗って前後からサンドイッチする感じで私の身体を洗ってくれました。

腕も二人がそれぞれ、股に挟んで腰を前後に動かし、思わず、

私「まるでソープみたいだなぁ〜。」

と言うと、二人ともクスッとして見合わせ、

A「実はね、私達、週末だけ一緒の◯◯のぽっちゃり系のホテルヘルスで働いてたの。」

と言うので、納得しました。
どうりで、見ず知らずの男性とラブホに来るのに、あまり抵抗感が無かったり、洗いプレイが上手いのが分かりました。

洗い終わって泡を流すと、Aちゃんは私の股間に近づき、

A「いい?」

と言うので頷くと、ぺニスを咥え、Bちゃんは、横からキスや私の乳首を舐めたりしてくれました。

しばらくして、浴室から出て、ベッドで続きを。
今度はBちゃんはフェラ、Aちゃんは私の顔の上に跨がり、私はAちゃんのアソコをクンニ。
ぺニスがモゾモゾしてると思ったら、Bちゃんは上から乗って、自ら挿入し腰を動かしてました。

B「ああ〜ん…いい〜…」

Aちゃんは身体の向きを変え、Bちゃんと向かい合わせになり、キスしたりしてるようでした。

A「ねぇ、変わって〜」
B「いいよ…」

と言って変わり、Bちゃんは私の横に添うようにして横たわって乳首を指で撫でながらキスしてきて、感覚的にAちゃんは私のぺニスをしばらく触ってから、乗ってきて挿入。
Bちゃんの時より、なんか気持ち良くて、思われたが下から突き上げたら、

A「ああーだめー!いっちゃうー!」

と、大きなおっぱいを揺らしながら、仰け反り、私も逝きそうになり、

私「いく…いいか?」
A「いいよ…いっぱい出してー!」

と言うので、最後に思い切り突き上げる感じで射精。

A「ああ〜ん…熱いの出てる〜…」

って言うのに、えっ?と感じ、Aちゃんが退くとアソコからドロドロと精液が…
しばらく触ってたのは、ゴムを外してたみたいで、

A「大丈夫…ピル飲んでるし、中が好きなの。」

と言って微笑んでいました。
出てきた精液は、Bちゃんが舐めとり、続けてBちゃんとは生ハメして、おっぱいに射精し、二人で口移し。
そこで両手に華で、二人ともに腕枕してマッタリしてたら3人寝落ち。
夜中に私は目が覚めて、トイレに行った後、こっそりAちゃんの後ろからハメて、まだ寝ぼけマナコながら、気付いて小声でアンアン言ってるところで、2回目の中出し。

次は朝7時くらいに目覚めて、私だけゆっくり朝風呂に入り、8時に頼んでたモーニングサービスが来る前に2人を起こし、2人には全裸で受け取りに行かせて、食事後にBちゃんとハメて、最後は顔に掛け、また3人で風呂に入って、ラブホを出ました。

希望のところを周り、彼女らの家が私のとこより少し先でしたが送っていき、先にBちゃんの家、次にAちゃんの家でしたが、

A「まだ、時間大丈夫?」

と言われて、部屋に招かれ、激しいパイずりで勃たされ、最後にもう1発、中に出させてもらって、帰りました。
3
削除依頼
2019/03/13 09:58:51 (Ik1q4vcz)
七十歳で体力的に辛くなり掃除婦を辞めた 後任に派遣されて来た掃除婦さん、前居た小柄な掃除婦さんと打って変わり デカい、お尻も腹も胸も!
2時前に仕事から帰り休憩室に行き遅い昼休みの時、帰り支度してる 掃除婦の光子さんが お茶を飲んだりしてます。
「お疲れ様!島さん 今からお昼?」
コンビニ弁当を食べながら光子さんとお喋りし、食べたら昼寝 光子さんは帰って行くパターンです。
夏に入り その日も遅い昼休みに成り 3時まで昼寝と畳に横たわると 光子さんが作業上着を脇で脱ぎ Tシャツ姿になり オッパイの大きさにビックリ!
太いとは思ってましたが 超デカい乳房が 迫り出した腹に載るように垂れ下がり 乳首がTシャツにクッキリ。
Tシャツの下はノーブラでした。
思わず起き上がり
「スゲー! 光子さん デカいオッパイだね〜!!こんなデカいオッパイ初めて見た!」
「もう 還暦だもの すっかり垂れ下がっちゃったわよ ほら!(笑)」
Tシャツを捲り上げた光子さん、巨大な生乳房が目の前に、思わず手を伸ばし 片乳を持ち上げてました。
「だらしなく 垂れて 年よね〜‥」
両乳を持ち上げ 親指にも勝デカい乳首を 親指でクリクリすると
「ちょっと‥島さん‥そんなに乳首 弄ったら 変な気持ちに なるじゃない‥」
更にクリクリすると 乳首が勃ち初め
「あっ 本当だ! 光子さん 固く勃って来たよ‥敏感なんだね‥」
倒れ込んだ光子さん オッパイは両脇に垂れ 思わず持ち上げて寄せて デカい乳首に吸い付き舐め回しました。
「ちょっと 島さ〜ん‥ 本当に 変な気に‥」
「もう 誰も来ないし 変な気になっても(笑)」
しっかり乳首は丸々と勃起し
「ァ ァァァ‥島さ〜ん そんな‥」
Tシャツを脱がせ オッパイに吸い付きながら迫り出した腹を撫で ズボンの中に手を滑らせ下着の中へ。
サワサワっとした茂みの感触がして 更に股に手を滑り込ませると 敏感なオマメに!
包皮の上からクリクリ
「アァ ァァァ‥ダメだ‥てば‥」
「邪魔だな‥」
下着ごとズボンを脱がせると 靴下だけの丸裸な光子さん。
ムゥッと汗で蒸れた厭らしい臭いがしました。
両腿を広げると ニチャ と音して 黒ずんだヒダが開き オマメが剥き出て 尿口や膣口まで見えてました。
膣口の下から肉球のような物が剥き出て 粘液まで滲ませてました。
白髪混じりの薄い陰毛がマンコ周りに生え デカいオマメを吸いました。
4
2019/02/28 17:52:07 (orvewuUK)
彼女とも別れ、三十代前半でボロアパート暮らし、
最近女性に縁がなかった私に神様からのプレゼントがありました。
その時の体験を書かせていただきます。

地元からも離れ知り合いや友達もすくなく、
仕事終わりは毎日暇していました。

その日は、仕事が9時位に終わり車で帰り際にラーメンでも食べて帰ろうと
たまに行くラーメン屋に入りました。

すると20代前半位のぽっちゃりした元気のいいバイトの店員がいました。
髪の毛はポニーテールで髪は金髪、身長は150くらいで
体型は柳原可奈子くらいでした。
私はすげータイプな感じだなーと思いながら席に着きました。

ラーメンをぽちゃこちゃんが運んでくる時ちょうど私の目線に彼女の胸が目の前に、、、
入店の時は気にしなかったのですが制服のポロシャツから飛びでるんじゃないかというくらいの爆乳でした。

私は彼女が気になりラーメンを食べている時もチラチラと彼女を目でおってしまいました。
テーブルを吹く時もこちらにお尻お向け一生懸命吹いていまいた。

ピチピチのスキニーにムチムチの太い脚、そしてデカイ尻、、、
私はこの子のお尻に顔を埋めたいと思いながら麺をすすってました。

お会計を済ませてそのままアパート近くのコンビニにいき何気なく携帯をいじっていると
30分くらいしてから、黒い軽が私の車にの隣に止まりました。

中から出てきたのはバイト帰りであろう先ほどのぽちゃこちゃんでした。
私服に着替えていて大きめのパーカーをきていたのですが、
体型は隠せても胸の部分の膨らみは隠せず大きなお山が二つ確認できました。

私はこれはチャンスだと思い彼女を追ってコンビニに入店、店は夜遅かったこともあり私と彼女だけで店員もストックの方に入っていませんでした。
彼女はお茶を買おうと飲み物コーナーにいました。
何気なく隣に立ち、彼女も私に気づき「あっ」とめが合いました。

私も偶然を装いました。
どうもみたいな感じで話しかけ2、3分くらい立ち話をしたと思います。
結局お茶とお菓子を買ってあげて二人で店を出ました。

店をでて私はぽちゃこがめっちゃタイプですと伝え、連絡先をゲットしました。
少し話して見た感じなんですがそのぽちゃこは顔は決してかわいくなかったこともありあまり恋愛経験も少なそうで、大学デビュー
で男性に慣れていない?推しに弱い印象を受けました。

私は時間があれば少しドライブでもしてぽちゃこちゃんのこと知りたいなーと言うと
あっさりとOK、ぽちゃこちゃんの家が近いらしく並走して家の近くくまで行きぽちゃこは
車を置いて私の車までトコトコ歩いてきました。

車に乗せて私は山のふもとにある大きな公園を目指しました。
道中いろいろ話むこうもだいぶ慣れてきた頃に公園に着きました。
夜中でしたので人はおらず広い駐車場に私の車が一台止まっているだけでした。

そこからぽちゃこと1時間くらいいろいろ話しました。
私はぽちゃこの容姿をともかく褒めました。
もちろん話している時も大きな胸とムチムチの脚が気になって仕方ありませんでした。

話の流れで、下話になったので、いろいろ聞きました。
まず歳は22歳、現在彼氏なし、経験人数は2人、体重は75kg
胸はHカップでした。

それからは、ぽちゃこも私のことをかっこいいと言ってくれ、
我慢できなかった私はぽちゃこを引き寄せキスをしました。

ぽちゃこもそのまま受け入れてくれて舌を入れて5分くらいずっとキスをしていました。
その間私の手はぽちゃこの胸を揉みしだいていました。
揉むたびに身体を震わせてキスの途中途中から小さな喘ぎ声をあげていました。

パーカーをたくし上げさせると紺色の地味なブラジャーがありました。
よくみるとブラから胸の肉がはみ出ていて明らかにHカップあるようでした。

聞いてみるとサイズがなく無理やりHカップのブラをしているとのことでした。

ブラを外すと薄ピンクのコンパクトCDくらいあるんじゃないかと思えるほどの大きな乳輪がそこにはありました。
デカイ乳輪の真ん中に小さな乳首、しかし乳首は小さいながらもしっかり立っており私はいやらしい音を立てて片乳を吸いました。
もう片乳を指でコリコリと虐めてあげました。

ぽちゃこは我慢できなかったのか「あん、あん」と喘ぎ始めました。
だいぶ向こうもなれてきたのかされるがままだったぽちゃこは私の股間をさすり始めました。

私はちんこを出しぽちゃこにズボンを脱がしお互いのあそこを弄りあいました。
さすがぽっちゃりなだけあってズボンを脱がせた時点でアソコの臭いは強烈でしたが、
私は無我夢中でテマンをしました。

いやらしい音をたててぽちゃこはすぐに逝ってしまいました。
指を抜くと指はびしょびしょになり私の指は愛液なのか潮なのかわからないくらいでした。

そのまま二人で後部座席にいき69の形になりました。
私の顔の前にはぽちゃこの巨尻が、
ぽちゃこは私ののちんこをぺろぺろと舐め始めましたが全然気持ちよくなく

私は奥まで加えて音をたててと命令すると最初はとまどってましたが
途中からちんこをムシャぶりついていました。

私もぽちゃこのアナルを舐めようと舌をのばしたのですが、巨尻で肉厚だったので
舌が届かず、肉を両サイドにかき分け夢中でで舐めました。

アナルは初めてだったらしく舐めた瞬間ビックリしていましたが
最後の方はきもちーと言いながらデカイ尻を揺らしていました。

結局フェラではいけずにぽちゃこを四つん這いにさせて
アナルを虐めてあげました。
舐めると身体を震わせ逃げようとっするので、
軽くを尻を叩きもっと突き出してと命令すると
ぽちゃこも感じながら「はい」とお尻を突き出していました。
ぽちゃこに自分の手で尻尻の穴を開かせて私は軽く指を入れたりしていました。

初めてのくせにすんなりと私の小指を飲み込んだので出し入れすると
「なんかでそうです」また喘ぎ始めました。
さすがに車内でだされるのはまずいと思いそのままぽちゃこを抱き上げて
騎乗位で激しくついてやりました。

ぽちゃこは喘ぎながら私に舌を絡めてきました。
ぐちゃぐちゃといやらしい音を立てながらキスをしました。

ぽちゃこが上下に動くたびに大きな胸が上下に揺れ贅肉の乗ったお腹がぶるんぶるんと上下に波を打っていました。
デカイ尻もかなり揺れて私の股間にばちんばちんと音を立てていました。

気づくと愛液がシートにも溢れていました。
私はぽちゃこのいやらしい身体に翻弄され

逝く瞬間に抜きぽちゃこの口内に発射しました。

終わったあとぽちゃこが今までこんな気持ちいいH
は初めてといってきました。

その後ぽちゃことは定期的にあってセフレとして
いろいろ楽しませてもらっています。

どんどんエロくなってなんでも言うことのきく
スケベな豚ですよ。

私にこんなHなセフレができるなんて、本当にラッキーでした。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM