ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

デブ・ポチャ体験談 RSS icon

1 2 3 4 5 6 ... 178
2017/02/27 07:35:16 (pB6X7fHc)
31歳既婚。ポッチャリさいとで、気の合う男性と盛り上がり。詳しいことをあまり知らないことにして、逢ってエッチしてきました。
 私のことは、どんな感じでどんなスケベが好きかなど告白はしておきました。なんと、いざ逢ったら100キロ声、優しそうなお顔のメタボオジサマ52歳。ワンボックスに乗り込むと、抱き寄せられ、
早く脱がせてスケベしたい!とキスされ、ホテルへ。
 メタボは聞いていたけど、オチンチン既に固くなり、ビンビンで太い。
私もチビデブ。チビデブ大好きだという。まさおオジサマは、裸にした私のオマンコ観察を始めた。旦那とはエッチしているの?いやらしいオマンコだね、今日は舐め続けるから、覚悟しててね。と、長い舌を差し込んできました。蛇のような、蛇をはわされたこともないのに、蛇がはうような舐め方で、ビビビとなりました。凄い舐めかもしれない。一瞬で潮吹き。指にクリームを付けたみたいな感触、パクパクしているお尻の穴にまさおオジサマの指がぬるりと入ってきた。あー、そんなとこ駄目です、、、でも気持ちいい、舌の動き、唇の吸い付き、されたことないクンニ感。オマンコに2本の指も、クリ吸い出されてる、ああ、また逝くよ、まさおオジサマー、また出ちゃいました。でも、やめてくれない。
身をゆだねることにして、1時間みっちり、オマンコとアナルを、ふやけちゃうくらいに、されたあとは、オチンチン汁ドロドロのオチンチンを、ゴムつけないで、オマンコに入れられた後、すぐにユー子のお尻の穴に、入れられました。太い切れちゃうと暴れながらも、ぬるンと呑み込んだかと思うと、まさおオジサマのピストン、あーと言う喘ぎと共に、中に出した。
1

ビデオボックス

投稿者:りえ♪ ◆4N6NukjWb6  rie12-ton
削除依頼
2017/02/26 22:28:08 (1ecA9fmy)
久しぶりの投稿です。
最近仕事と私事が忙しく、なかなか遊べませんでした。
でもひょんな事から平日の夜お泊りができる状況になり、セフレに声をかけたら
時間を作ってくれる事になりました。

平日の夜に時間を作ってくれたので、できる限りリクエストに応えるよ
と言うと、彼は色々考えて準備をしてくれました(笑)
お互い仕事を終え、彼が待ち合わせの場所まで車で迎えに来てくれました。
食事をして仕事の愚痴を聞いてもらい、その後移動

彼のリクエストその@
女性も入店可能なビデオボックスに行く。
平日の夜なのに、駐車場は車でいっぱいでした。店内は男性だらけ(当たり前か)
自分の好みのジャンルのDVDを選ぶそばを通り
その時「なんで女(おばさん?)がいるんだ?」と言わんばかりの怪訝そうな顔で見られました。

早く受付を済ませ部屋に入りたいのに、彼は何故かDVDをじっくり選びだしました。
私は適当にDVDを選び、2人で受付に。
二部屋を二時間借りることにしました。受付の間も後ろにどんどん人が並びだし、すごく恥ずかしかったです。

受付が済み、部屋に移動。もちろん彼の部屋に2人で入りました。
防音の部屋とはいえ、ドキドキしっぱなしでした。


彼のリクエストそのA
プロフのTOP画像にありますが、前とお尻が丸見えのミニワンピを渡されました。
3Lサイズで入るか不安でしたが、かなり伸びてなんとか着れました。
Tバックもつけて数枚撮影。興奮した彼が目の前に硬くなったチンポを突き出してきました。
ビデオボックスに入ってずっと恥ずかしかったのと、全裸より恥ずかしい姿になったことで
私もかなり興奮しました。

彼のチンポにむしゃぶりついて、音を立ててしゃぶりました。
でも我慢できなくなって「お願い生チンポ突っ込んで」
と、四つんばいになっておねだりしました。

彼も服を脱ぎ、バックから生チンポを突き立ててきました。
気持ち良さで喘いでいたら、他の部屋の出入りの音が聞こえてきました。
あれ?防音じゃないの?と思って声を出すのを我慢していたら
彼が「仰向けになって」
ワンピを付けたまま仰向けになり、「太ももを自分で持ち上げてM字開脚して」
自分で太ももを持ち上げて、まんぐり返しの格好に。
おまんこから垂れるのが判るくらい濡れてました。
「すごいね、白濁したつゆが溢れてるよ」
彼が私に覆いかぶさってきました。
いつになく興奮しているのか、中での膨らみ方がすごかったでした。
彼の腰の動きに喘ぎながらも
「他の部屋はDVDやオナホで抜いてるのに、この部屋はおまんこで抜いてるね」と言うと
彼がますます興奮したのか、腰の動きが激しくなりました。
ビデオボックスという場所と生ハメの行為で激しく感じました。
最後は中出しをおねだり。
たっぷり中に注いでもらいました。
その後は中出し直後の姿を撮られ、少し休んで膣内にザーメンが残ったままTバックを穿きました。
ミニワンピの上にコートを羽織り、ビデオボックスを出ました。
その後は車の中でうつ伏せになり、お尻をつきだす格好のまま移動。
ホテルでたっぷり中出しされてきました。

2
2017/02/20 10:14:34 (aKcLXxR9)
休み家でテレビを見てゴロゴロすてると 外で、ド〜ン ガガガ〜 と 派手な音がして 出てみました。

タイヤが1本無い車が止まってました。
車から降りて来たのは俺好みな 森公美子似の太ったオバサン!
車を見ると ホイールナットが全部取れてタイヤが外れたようでした。
慌てるオバサン!
話しを聞くと 配達を終わり会社に帰る所だと言ってました。
時間は有り、他のタイヤからナット1個づつ取り 外れたタイヤを付けて遣り、近くの整備屋にナットを譲って貰うように電話してやりました。

二時間くらいして オバサンが私服のスカートに着替え 菓子折りを持って 御礼に来ました。
オバサンを家の中に入れ、奥の部屋で押し倒すと
「ちょっと何するんですか!」
「俺 オバサンのようなタイプ好きなんだよ(笑)」
構わず着てる物を毟り取るように オバサンを裸にしました。
「止めて‥ちょっと 止めてったら‥」
ボッテリ肉付いた体に 垂れたデカい乳房は 興奮物でした。
「止めて 止めてったら‥」
「オバサン 最高の乳だよ」
乳房を貪りながら 裸に成り、
「良いじゃないか あぁ〜 最高だよ」
抵抗するオバサンの乳房を 舐め揉み 乳首をペロペロチュパチュパ!
それでも押し離そうと抵抗するオバサン。
「止めて‥ァァ‥」
乳首を固くしながら 抵抗する力が弱くなり 股を押し広げてマンコを舐めてると、
「ダメ‥ァァ‥ァァァ‥」
全く抵抗する事が無くなってました。
チンポを突き刺し突くと、
「ァァ‥ァァ‥ぃぃ‥ァァァァ‥ぃぃ‥」
俺の腰に脚を絡ませ 抱き付いてました。
「ほらオバサン いいだろ‥」
「ああ‥ああ〜 いい‥もっと強く 突いて‥あっ ああ いい〜」
抵抗どころか 強くしてくれとまで!
オバサンを抱き締め突いてると、オバサンからキスして来て 舌まで絡めて来ました。
もう 前からのSEXフレンドのように 後ろからも 騎乗でデカい尻を振り
「ああ いい〜 ああ いい〜」
仰向けにさて突いて
「ぁぁ イクイク‥あぁ あぁ‥」
「オバサン 出すよ‥」
「あぁあぁ‥出して‥中に いっぱい 出して〜 あぁ‥ 又イク イク〜 あぁ〜‥」
激しく突き
「あっ 出る出る‥うっ うぅっ うぅっ あぁ〜」
オバサン腰に絡めた脚に力が入り 下からマンコを突き上げ
「ああっ‥あぁっ‥ぁぁ‥ぁぁ‥」
絡めた脚が解け 抱きついてた腕も離して 大の字に成ったオバサン!

3
2017/02/19 01:32:57 (aeXv6mdB)
今 おかずクラブのユイピーを還暦にしたような 文具店の女社長と親密な関係をさせて貰ってます。

営業に行ってゴルフに行った話しをすると、女社長はゴルフを遣った事が無いと!
練習場に誘って打ちっ放しに3回練習に行き、知り合いが 畑を潰し作ったホールに練習に行きました。

パー4も打つ打つ 二十数打でカップIN!
2ホール目で雨が降って来て グリーンでは土砂降りのずぶ濡れ。
豊満過ぎる社長もずぶ濡れで シャツは貼り付きブラジャーは透け スカートも下着が透け 小さなパンティにもビックリ!
何とか社長がカップIN、
「社長 この雨じゃ もう無理ですね」
「そうね‥カイちゃん パンツ透けるわよ(笑)」
「社長も 下着が透けて 凄いソソりますよ(笑)」
「ウソ!‥こんなオバサンに?(笑)」
「社長のオッパイ 零れそうに大きくて たまらないですよ‥」
後ろから持ち上げるようだ触りました。
「ヤダ〜 垂れてるの持ち上げてるだけよ(笑)」
シャツもブラジャーも捲り上げて生乳を掴み上げ
「大きいから 下がってるんですね‥あ〜 凄いですね 社長‥」
「ちょっと ダメよ‥悪戯しちゃ ァッァァ‥」
スカートを捲り上げて パンティの中に手を差し込み茂みから割れ目をモゾモゾ!
「ホント ダメ‥悪戯が 過ぎてよ‥ァッ ァァ〜‥」
「社長 悪戯じゃないです‥ほら こんな ですよ‥」
ズボンとパンツを下げ 勃起してるチンポを突き出しました。
摺り下げたパンティと股の間に勃起したチンポを差し込み 社長を抱き 前後にスライドさせると、社長は俺に抱きつきキスして来ました。
土砂降りのグリーンの上、社長のシャツとブラジャーを脱がし取り 化け乳に吸い付きました。
「アァ〜ァ‥アァ〜ァ‥ 吸って‥もっと吸って‥」
パンツごとズボンを蹴り脱ぎ 乳から腹 スカートとパンティを摺り下げて 茂みに顔を埋め 舌て割れ目を舐め上げるると
「アア〜ァァ‥イイ‥カイちゃん‥」
足元に落ちたスカートとパンティを取り捨てると、社長はハイソックスとゴルフシューズだけの裸!
俺もシャツを脱ぎ捨て ズボンとパンツを蹴り脱ぎました。
社長がチンポをシャブるのを暫く眺め!
土砂降りのグリーンに社長を四つん這いにさせ 後ろから挿入。
土砂降りの雨が 生暖かいシャワーのようでした。
「アア イイ‥ アア〜 イクイク‥」
社長を仰向けに正常位で突き捲り

4
2017/02/16 14:38:59 (RXqF4qKC)
愛するM子は100キロ近くある完全なおデブだが、脱がすと
凄い!
お山のような巨体にドーンとそびえ立つ丸々としたオッパイ。
地球の重力が素晴らしく作用しているかのような重量感。

かといえ、だらしなく垂れ下がるわけでなく神々しささえ
感じさせるふくよかなる球形が絶妙なバランスで保たれている

イメージでいえばデブコスプレイヤーの代表格のLUUをさらに
デブらせてボリュームアップさせて感じかな?

脱がす度に欲情をそそり、愛し合う度に燃え上がりしゃぶり
まくり、片手では足りないので両腕で抱え込むようにももみ
まくる。丸々としたフカフカのデブパイは変幻自在かのように
形を変えながらオレを魅了する。

このデブパイを思いっきり味わえる喜びは筆舌に尽くしがたい
何度でも愛したくなる。

大抵の女とは事が済めば離れたくなるのに、M子にはいつまでも
しがみついていたい気がする。

事が終わりM子が巨大なブラでそのデブパイを包み込むたびに
モノ惜しいくもさみしい気にさせられる。

おれはこのデブパイを愛している。

そして不細工でもこのM子を愛している。
5
1 2 3 4 5 6 ... 178
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕