ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
削除依頼
2015/05/31 11:06:45 (YFGi3NiK)
田舎の高校を卒業して、県庁所在地の教材会社に就職した俺。
社員は社長、社長の息子の専務、営業兼配達もしながらの営業職は俺含め七人。
事務は社長の奥さん、専務の奥さん、そして美穂さんという女性社員さん、合計十二人という小さな会社でした。
田んぼ、畑、山くらいしかないど田舎から町に出てきた俺は、慣れない一人暮らしもあり、鬱々した生活をしてました。
それを救ってくれたのが美穂さんでした。
俺と干支でちょうど一回り違う、十二才年上美穂さんは同じ未年生まれ。
×1で四才になる息子と二人暮らしの女性でした。
美人ってわけでもない、可愛いってわけでもない美穂さんですが、ぽっちゃりした身体をよく働く、明るい性格の女性で、ミスばかりの俺をよく励ましてくれて、少しずつ俺は恋心と言うより、憧れみたいな気持ちを持つようになってました。
俺二十才、会社での成績も上がらず、辞めちまおっかな〜、そう思っていたときです。
その会社、土曜は午前半日の営業だったので、良かったら息子の遊び相手してくれないか、そう誘われました。
帰っても暇な俺はOKし、美穂さんの家近くの公園で、息子さんとボール遊びをしたりしてました。
夕方、美穂さんが公園にきて、食事用意したから食べていってと誘われ、すっかり慣れた息子さんも誘ってくれたので、一緒に夕食を共にすることになりました。
そこで話しをされたのが、いつも威張り散らしている先輩の一人でした。
入ってきたときはいつもミスばかりで、社長専務、社長の奥さんから怒られてばかり、一度は社長からクビを突きつけられ、謝り謝り居残って、今では一端の顔してる、そんな話しでした。
大笑いした俺は、気分が少し晴れて、その日、自分のうちに帰ってきて、久々によく寝れました。
それから時々、美穂さんに週末誘われた、息子さんと遊び、夕食をご馳走になるようになりました。
恋心?憧れ?みたいな気持ちを持っていた俺。
でも女性との経験どころか、付き合った経験すらない俺は、こんな近くにいる美穂さんに、どうそれを伝えたらよいかがわかりません。
子供がいるため、忘年会とかの席にも来ない美穂さんが、お酒飲むのかも知らずでした。
いつもご馳走になってばかりで、手土産も持っていかなかった俺はその日、ビール数本を買って持参しました。
俺もお酒はほとんど飲めないのに、でした。
1 2
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
2
投稿者:安本 孝史
2015/05/31 11:42:48    (YFGi3NiK)
夕食のとき、俺が持参したビールを俺には注ぐのですが、美穂さんは口にしませんでした。
「飲まないんですか?」
俺の質問に美穂さんは答えました。
「嫌いじゃないけど、飲まないようにしてる」
そう答えました。
息子さんも寝て、ビール数杯飲んだだけでもうほろ酔いだった俺でした。
あまり長くいてはと思い、帰ろうとしたとき、美穂さんは俺を止めました。
「ちょっとだけ飲んじゃおっかな?もうちょっと付き合って?」
グラスを用意し、ビールを注ぎ、美穂さんはぐいっとグラス半分、飲みました。
「私、お酒で失敗しちゃったんだよね」
俺はその意味を美穂さんに聞きました。
息子さんがまだ一才になったばかりのとき、友達と飲む機会があって、息子は旦那さんにお願いして、羽を伸ばしたそうで、酔った勢いでナンパしてきた男性の誘いに乗り、一夜を過ごしてしまったんだそうです。
それは当然旦那さんにバレて離婚。
以来お酒は飲まないようにしてきたそうです。
「こんなお馬鹿な女だから、誰からも相手にされないしね」
そう言って、寂しそうに笑っていた美穂さんが印象的でした。
俺にも飲めと言わんばかりに、グラスにビールを注ぎ、半分残っていた自分のグラスのビールもぐいっと飲み、自分のグラスにもビールを注ぎ足してました。
そんな話しをされるとは思わない、女性経験0の俺は、対応に困りました。
注がれたビールに口をつけた俺、でももう美穂さんのグラスは空でした。
俺がビールを注いでやろうとしたら、グラスを手で蓋をされました。
「ダメ!酔っ払うと変なことになっちゃうから」
ちょっと困りながらも、俺はなぜか美穂さんの蓋した手をどけて、注ぎ足しました。
すると美穂さんはそのグラスを見つめながら、俺に対する評を言いました。
「純朴で真面目で一生懸命で。いい子だな〜って思っていたから、息子と遊ばせたら、息子にも安本君にもいいかな〜って思ったの」
俺をそう評価していたのか、その言葉に勇気をもらった俺は、入社以来、持っていた気持ちを、美穂さんに伝えました。
素直に嬉しいと言ってくれました。
でも言葉の最後には。
「嬉しい…けど」
そして目線の先には、タオルケットをかけられ、寝ている息子さんに向いていました。
それまで数回訪れていて、襖の隣部屋には、息子さんの布団が用意されてるのを知っていました。
襖を開けると案の定、布団が用意されていて、俺は息子さんを抱き抱え、布団に寝かせ、襖を閉めました
3
2015/05/31 12:07:23    (7e4UZcqx)
続きをお願いします。
4
投稿者:安本 孝史
2015/05/31 12:50:25    (YFGi3NiK)
「安本君?」
少し驚いた様子の美穂さんでした。
「初めて女性に、自分の気持ちってのを伝えました。迷惑なら俺帰ります」
沈黙がしばらく続きました。
ダメかな、そう思った俺は立ち上がり、玄関に向かい、靴を履きました。
そして玄関を出ようとしたときです。
「待って!」
振り向くと美穂さんは正座をして、こちらをきちんと見ていました。
「私にもそうゆう気持ちがあったから、息子と遊び相手してと言いました。でも年の差あるし、安本君は若いし、こちらは×1だし。誘っておいて、迷惑かけてるのはこちらなんだと思っていました。でも安本君がそうゆう気なら、私、いいです。安本君に抱かれます」
そう言って、テーブルを端に寄せ、スペースを作った美穂さんでした。
そして隣部屋に寝る息子さんの様子を見て、敷き布団を一つ持ち、それをスペースに敷き、美穂さんは衣服を自ら脱いでいきました。
いきなりの展開に戸惑うばかりの俺でした。
しかも襖一つ隔てた隣には息子さんが寝てます。
「初めて女性に気持ちを伝えたってことは?」
緊張に戸惑い、そして目の前にあるぽっちゃり肉付きのよい身体に、憧れていた大きな胸、質問に答えられない俺でした。
「初めてなんでしょ?わかりました」
立ちつくし、固まったままの俺、美穂さんはベルトを外し、Gパンとトランクスを下げると、チンポを容赦なくくわえられました。
夢を見てるようでした。
裸の美穂さんが、俺のチンポを舐めてるんです。
ひとたまりもありませんでした。
緊張と戸惑いの中からやっと出た言葉。
「美穂さん、出ます」
俺の顔を少し見上げると、美穂さんは手を強く動かし、俺はたまらず美穂さんの大きな胸に、思いっきり出しました。
ささっとティッシュを数枚取り、自分の胸を拭き、俺のチンポを拭きました。
活力は失っておらず、美穂さんに促されて俺は横になりました。
ちょっと襖を開け、息子さんの様子を見た美穂さん。
「よく寝てる。いい?入れるよ?」
美穂さんは俺のチンポに跨ったと思うと、暖かいその中にチンポが納まりました。
美穂さんの大きな胸が揺れていて、美穂さんは俺の両手を取り、胸へあてがわせました。
柔らかくて、手に全く納まらない、その反面乳首は堅くて、あっと言う間でした。
何も考えられませんでした。
そのまま出してました。
美穂さんは黙ってティッシュを取り、股関を拭きました。
俺のチンポも拭きました。
5
投稿者:安本 孝史
2015/05/31 13:22:36    (YFGi3NiK)
ふわふわしたような俺でした。
美穂さんは何か俺に言いましたが、耳には入っていませんでした。
ただ、満足したか?みたいな問いに、俺は首を縦に振ることしか出来ませんでした。
美穂さんは再び襖を開け、息子さんの様子を見てました。
「泊まっていく?」
美穂さんの言葉に、俺はやっと我に返ったようになりました。
「いや、俺、帰ります」
俺はそう言い、トランクスとズボンを、何故か慌ててはきました。
美穂さんは裸のままでした。
「そう?んじゃあ気をつけて帰ってね?もう遅いから」
下着をつけていた美穂さん目にしながら、俺は自転車を押して少し歩きました。
パンツの中がやたらとゴワゴワしてて、美穂さんの唾液、美穂さんの汁、俺の汁かわからないゴワゴワ感に、やったんだ、本当にやったんだみたいな気持ちが高ぶってきました。
引き返してもっとしたい、そう思って引き返しました。
でも美穂さんの部屋は、すでに電気が消えていて、俺は帰りました。
そして俺が帰りながら考えてたこと、それは美穂さんの中に出してしまったことでした。
翌日、俺は美穂さんにメールしました。
「昨夜はありがとうございました」
「どういたしまして」
中に出したこともメールしました。
「心配しないで」
そう返事がきました。
翌週、また美穂さんのとこ行ってよいか聞きました。
都合悪いからと断られました。
俺は一回こっきりで終わりにされるのかもと、内心焦りました。
でも、翌週には、息子さんが次、孝史兄ちゃんはいつくる?と息子にねだられたと、誘われました。
そして俺は美穂さんにまたお願いしたら、させてくれました。
今度は少し落ち着き、美穂さんに教わりながら、出来ました。
二回、中に出して、また帰宅しました。
それから一ヶ月は、美穂さんの都合で、美穂さん宅には行けないでいて、やっと都合良いとなり行きました。
そこで言われたのが、生理の遅れでした。
様子見て病院に行くと言われ、頭が真っ白になりました。
結果、妊娠でした。
俺が二十一才の誕生日にあと数日ってときでした。
「私が避妊せずに、安本君の上に乗ったんだから、安本君に責任ないから。私に任せてほしい」
そう言われました。
「おろすの?」
そう聞きました。
「そうするしかない、でしょ?」
言われてしまいました。
ちょっと釈然としない気持ちが残りました。
6
投稿者:(無名)
2015/05/31 20:35:46    (ojjL33gb)
私ならおろす決意を辞めてもらうために何度も行き話し合い産んでもらいます!
7
投稿者:安本 孝史
2015/05/31 23:06:53    (YFGi3NiK)
追加が遅れまして、大変すみません。
確かに美穂さんリードで行われた童貞卒業儀式でした。
でも俺だって妊娠の可能性を知らないわけではないし、美穂さんもそれは同じで、それでもあえて美穂さんは中に出されることを、避けなかった。
責任を美穂さんに任せようと思えば、可能でしたが、俺には出来ませんでした。
産むという選択肢がないのか、俺は美穂さんに訪ねました。
「離婚した経緯、息子のこと、年齢的なこと、まだ離婚して三年ほどしかたってない。それに安本君、君は私や息子、新しい子を養えるの?君にその覚悟がありますか?現実、無理でしょう?」
それが美穂さんの答えでした。
でも俺は引き下がれませんでした。
「美穂さんは俺とセフレみたいな考えで、それとも俺が可哀想だからしたんですか?」
美穂さんは違うと即答しました。
真面目で一生懸命な君に、報いてあげたかった、その純真純朴な君の気持ちが嬉しかったと言いました。
俺は思ったままを口にしました。
「新しい命に罪はないんです。罪があるならうかつなことした俺達だと思うんです。俺が若くて、給料安くて、大変でも、その責任を放棄して命を潰すってのは、どうかと思う」
現実論を語る美穂さんと、倫理的な論理の俺、話しは少しちぐはぐでしたが、美穂さんも、できればおろしたくない、その気持ちは確認出来ました。
でも妊娠出産となれば、美穂さんは仕事が出来ません。
仮に結婚しても、俺の収入だけでは、息子さんとかに不自由させるだけです。
所詮は二十一才になったかならないかの若輩者です。
俺が取った行動は、環境を作ろう、でした。
俺は社長の奥さんに、ことの成り行きを話し、相談しました。
凄く驚かれていました。
おろすおろさないの話しもしました。
すると社長の奥さんは言いました。
「出産育児を理由に退職させてはならない法律があるの。安本君の収入だけでは今は大変。ならば無理なく働きながら、産めばいいの。私はバックアップします。社長や専務にも私から話し通すから、任せない。あとは君次第だよ」
社長の奥さんの後ろ盾得たのは強みでした。
俺は美穂さんにそれを話しました。
すると美穂さんは、一気に産みたい、その流れになりました。
俺も覚悟決めました。
「今はうだつ上がらない若輩者だけど、頑張って今の仕事続けるから、すぐそばで見守ってほしい。結婚して下さい」
すると美穂さんは、ちょっと潤んだ瞳で言いました。
8
投稿者:安本 孝史
2015/05/31 23:56:26    (YFGi3NiK)
「安本!頑張れよ?初めて経験したらいきなり男っぽくなりやがって、生意気だ」
美穂さんは俺の胸を拳で叩きました。
「二度目は間違い絶対起こさないから、よろしくお願いします。孝史さん(それまでは安本君)の赤ちゃん、産ませてもらいます」
事の次第がどうなるか、報告があるまで、俺の相談を胸に秘めていてくれた社長の奥さんに、結婚しますの報告をしました。
僅か十二人の社内が、変な盛り上がりをしてました。
金がないから式はしないと両親に言うと、爺ちゃん婆ちゃんは曾孫見れると喜び、式の大半を出すからやれと命令されました。
美穂さんの連れ子、息子さんは、孝史兄ちゃんがパパになるってのが、イマイチ理解出来てないようでしたが、いつでも遊んでもらえる、ただそのことだけ嬉しいようでした。
美穂さんは社員では会社に迷惑かけると、社員からパート事務へ、その代わり時間に自由が増え、家計も助けられました。
初体験で相手を妊娠、たった二日のエッチで結婚、しかも安定期に入るまでお預けくらい、お腹が大きい美穂さんの手解きを受けながらエッチ、新米パパは息子さんとも遊び、お腹の中の我が子の成長も見て、ダメ社員返上のため日々頑張りました。
社長の奥さんのバックアップにも報いようと必死でした。
紆余曲折の末、産まれた男の子。
初対面で看護師さんから言われました。
「お父さん、そっくり過ぎてびっくりですよ〜、ここまでそっくりさんはあまりないですね〜、よほど血筋が濃いんですね」
笑われました。
そりゃそうです。
初体験で出来た子、濃厚なやつが出たんでしょうから。
今俺、二十四才です。
美穂さんは三十六才です。
まだまだ社会人としても、パパとしても、美穂さんの旦那としても若輩者です。
最近美穂さんに言われました。
「子供達のパパとしては、真面目で一生懸命な性格で満点なんだけど、こっち(エッチ)はまだまだね」
美穂さんは俺に初体験させてくれた日に飲んだビール、それ以降は一切飲まなくなりました。
「あの時も飲んで、間違いを犯したから。その結果が今の生活なんだけど」
そう言って笑いますが、俺も飲まないせいか、美穂さんも飲みません。
そして最近の美穂さんの口ぐせ。
「我が家、野郎ばっかりだから、次は女の子がいい」
四十前にあと一人、女の子が希望みたいです。
俺、もっと頑張らなきゃ、子供達とのこと、仕事、夜、若さを取り柄に頑張ります。
ありがとうございました。
9
投稿者:(無名)
2015/06/01 13:22:59    (R4dm9dO3)
おめでとう。
これからも頑張ってね。
安本君。
10
2015/06/01 18:12:15    (EMuM/n9K)
いい話じゃねーか。感動した。
いい会社に入ったもんだなぁ…
11
2015/06/03 08:44:25    (rSKf5Fxr)
ただダラダラと長く生きているだけの自分が恥ずかしい。
1 2
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない