ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
2009/05/10 13:25:13 (kByPqsxU)
4月から東京の大学に行き叔母が住む近くに1人住まいを始めた。叔母は引
越しの荷物の整理と部屋の掃除を手伝ってくれスーパーに買出しに行き晩御
飯も作ってくれ2人で食べた。叔母は帰る時「何かあったら遠慮なく言って
ね。」と携帯のアドレスも教えてくれた。お礼のメールを送るとすぐに返信
が来た。「遠慮尾しなくていいわよ。また、掃除と洗濯をしに行くわね。ご
飯も一緒に食べましょう。」俺は叔母に惚れてしまい寝るときに叔母の豊満
な胸や肉付きのよいお尻を思いながらオナニーをした。次の日、叔母は「ご
飯作るからいらっしゃい。」とマンションに呼んでくれた。叔母は胸の形と
大きさがはっきりわかる胸元の開いたTシャツを着ていて俺は視線のやり場
に困りつつも隙を伺いチラチラと胸を見ていた。しかし、それがすぐに叔母
にバレると叔母は「しんちゃん、どうしたの何か変よ。」と言い「なんでも
ないです。」と下を向くと「しんちゃん、可愛いわね。顔があかくなって
る。」と叔母は席を立ち俺の横に座り「しんちゃん女性との経験ある?」と
聞いてきた。俺は「ないです。」と答えると「しんちゃん、18だから遅い
ほうじゃない?友達とか経験してる方が多いでしょう?」と叔母は俺の手を
取ると「オッパイ触ったこと無いでしょ。触っていいわよ。」胸にあて触ら
せた。「私が教えてあげる。」と言うと叔母はTシャツを脱ぎブラを外し
た。俺は恐る恐る叔母の大きな胸に手を這わせた。「ねえ、しんちゃん。乳
首に舌を這わせて。」俺は言われる通りにした。「そうよ、舌で転がすよに
して。」叔母は俺の股間に手を伸ばしズボンの上からペニスを触った。「し
んちゃん凄いわ。こんなに固くなってる。」と言うとベルトを外しファスナ
ーを下げズボンとパンツを脱がせ反り返ったペニスを掴んだ。「大きくて固
いわね。」と言うと叔母はペニスを咥えしゃぶり始めた。「あぁー叔母さ
ん、気持ちいい。」叔母は股間に顔を埋め必死にしゃぶっていた。「叔母さ
ん、だめだよ。気持ちよ過ぎて出そうになって来た。」「しんちゃん、我慢
しなくていいのよ。しんちゃんの出すとこ見ててあげる。」と叔母はペニス
に唾液を垂らすと手で激しく擦った。「あぁーダメ。出るよ出る。」と言っ
た瞬間大量の精液が飛び散った。「凄いいっぱい出たわね。気持ち良かっ
た。」と叔母はテッシュで飛び散った精液を拭き取ると「今度は私にし
て。」とスカートと下着を脱ぎ全裸になると両足を広げ「ここ、舐めて。」
と割れ目を指で広げた。「そうよ。上から下まで舐め上げて、そう、凄い感
じる。」とクンニを教えてくれた。クンニしてる間、叔母は俺のペニスを触
っていたが「入れて欲しくなってきた。上に載って。」と叔母はソファーに
移動した。叔母の上に体を重ねると叔母は俺のペニスを掴み自ら割れ目にあ
てがった。叔母の割れ目は濡れていてすぐにペニスが入り腰を振った。「あ
ぁーしんちゃんのオチンチン気持ちいいー。」と叔母は声を上げた。そして
無事に叔母の腹の上に2回目の射精をした。その日は叔母のマンションに泊
めてもらいもう一度セックスをした。GWは叔母と温泉に行きセックス三昧
の日を送った。叔母も5年間、セックスが無かったらしく5年分を取り戻す
勢いで俺とのセックスを楽しんでいる。
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
2
投稿者:たま
2009/05/11 00:28:17    (twepvKVU)
なんとも御都合主義な…いや、「妄想」だなんていってませんよ?
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。