ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
2017/11/27 14:06:46 (CKOQ.IQS)
僕が15歳くらいの時から母に憧れを抱き始めてしまい、12年たった今でもそれは変わることはありませんでした。

高校卒業を控えた1月、長年闘病生活をしていた父が病院で亡くなりました。しかし、僕が悲しんだのは、僅か3日程度のこと。
後片付けで追われ、それどころではない母の隙を見つけては、洗濯機から脱いだ下着を盗み、匂いを嗅ぎ、チンポに巻き付けてはオナニーを繰り返していた。
きっと当時の僕の部屋は、異様な匂いがしていたに違いない。高校生の男の部屋です。それだけでもいい匂いがするはずがありません。
ベッドの下には大量のティッシュが詰まったコンビニ袋、そして何度もオナニーに使用されてしまった母の下着が数枚隠されていました。
そるからも異様な匂いがしていたに違いない。きっと、その存在は母も知っていました。しかし、息子のデリケートな部分だけに何も言いませんでした。

しかし、ある日のこと。部屋に戻って、驚いてしまいます。ベッドの下が掃除をされていたです。母がこの場所の掃除するなど、ここ何年もなかったことです。
当然、そこにあったコンビニ袋はもちろん、母の下着も無くなっていたのでした。
『母は知っているのでは。』とは思っていましたが、こうもあからさまに行動をされてしまうと、恥ずかしさが込み上げてきます。
ティッシュはともかく、母の下着6枚はやはりやり過ぎでした。息子が使ったと思われるものです、きっとそのまま捨てられたに違いありません。

就職をしました。学校から薦められた会社に行くことを嫌い、最終的には母が事務員として働く会社にコネで入れてもらました。。
男ばかりの中で、一人働く女性。それが母でした。そのため、小さな倉庫には内側にカギが付き、母が着替える時にだけ、カギ掛けられるようになっていた。
その倉庫に入ったのは、誰もいなくなった午後9時のこと。書類の並ぶ棚の横に、母だけのロッカーが置いてあります。
ロッカーを開くと、なんとも言えない大人の香りがしてきます。事務服は上下が掛けられ、それがその匂いを出していたのでした。
そして、上の棚に小さな紙袋が置いてあった。中身が気になり、すぐに取り出してみます。セクシー下着だでした。母のタンスの中にはない過激なタイプです。
更によく見ると、下着の中央部が黄ばんで汚れていて、母が使ったものらしい。もちろん、その下着を握り絞め、立ちオナニーしたのは言うまでもないです。
その日から、母のそのセクシー下着でオナニーを繰り返しました。チンポに巻き付けられ、射精を受けとめ、その下着は汚れてスゴいことになっていました。
いつしかその下着は消え、母もそれを見て、誰かのオナニーに使用をされてしまったと気づいたはずです。

父が亡くなってからの母と言えば、おとなしいものでした。元々おとなしい母ですが、当時46歳くらいでしたので、その辺りのガマンはどうしてたのでしょう。
そんな頃、母の洋服入れの底に膨らみを見つけました。その膨らみは洋服入れの中ではなく、床との間にありました。
手を入れると、セクシー下着のカタログとエロ雑誌1冊が出てきました。古いものかと思えば、かなり最近のもの。父が亡くなってから購入されたものです。
エロ雑誌はともかく、セクシー下着カタログは何のために買ったのでしょうか。

更にその洋服入れの中には、バッグが掛けられていました。たまに持ち歩くバッグのようで、あまり期待もせず開きました。
しかしそこには、バイブレーターとピンクローター、そしてコンドームが数枚隠してありました。バイブにコンドームを被せて使っているのでしょうか。
セクシー下着といい、初めて母の女の部分を見てしまいました。その辺のおばさんにもエロを感じます。母も変わらず、その辺のおばさんと同じなのです。
1 2 3 4 ... 5
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
46
投稿者:(無名)
2017/12/11 02:04:28    (Bnv0koU3)
続き期待してるよ
45
投稿者:日本茶々!
2017/12/07 15:32:47    (7mSHuQnV)
もうこうなったら徹底的にお母様をSEX漬けにするしかないですね!


44
投稿者:あつお
2017/12/05 11:09:12    (RbCpTYT5)
母とのセックスを終えた、次の日。その日も、『今日もやるんだろう。』というウキウキ気分で帰宅をしました。
しかし、そこにいたのはいつもと変わらぬ母で、抱かれようとする女性の雰囲気はまるで出していません。想像と違い、なにか残念な気分です。
その後も普通にお風呂に入らされ、普通にリビングで過ごし、普通に部屋に向かいました。結局、いくら待っても母は現れませんでした。

誕生日から2週間が過ぎました。日課のフェラこそ行われますが、あれ以来、母とのセックスは行われません。僕と違い、母はその気にならないのでしょうか。

そんな頃でした。風呂に入っていた母の携帯が、点滅をしているのです。メールかラインか、そんなところだと思いました。
なにけなく母の携帯を手に取り、中を覗いたのです。メールではなく、画面には『不在着信』と表示されていました。
そして、ボタンを押すとトンでもないものを目にするのです。『近藤さん』と登録をされたこの人物との、電話履歴がズラ〜と並んでいたのです。
僕との履歴、他の方との履歴もいくらか見えましたが、その近藤と名乗る人物との履歴が8割以上を占めています。
それは、ほぼ毎日でした。『不在』の表示もありますが、そのほとんどはちゃんと会話をされたもの。最近の履歴は、わずかに6時間前のものでした。
風呂から出てきた母に『近藤さんって、誰?』と聞きたいのが本音でした。しかし、それを言えば、『母の携帯を覗き見をした』と言っているようなものです。

この夜、母との2度目のセックスが行われました。僕が母の寝室に押し掛け、折れた母が僕を受け入れてくれたのです。
前回と違い、ちゃんとコンドームはつけさされ、正常位で行われました。今回も似たようなもので、僅かな時間で僕が逝ってしまいました。
母はチンポをティッシュで掃除をすると、『気持ちよかったぁ?』と優しい声を掛けてはくれましたが、その姿にはどこか気だるそうな印象を受けました。
きっと、なにか秘密があるのです。
43
投稿者:あつお
2017/12/05 10:39:37    (RbCpTYT5)
『温かぁ〜。』、僕のチンポは、母のオマンコの中に入り、その温かさを実感しています。完全に入り込んでからは、しばらく動きたくない気持ちでした。

母は両手で顔を隠してしました。気持ちがいいのか、チンポを入れられたことを実感しているのか、そのどちらかだと思っていました。
男の僕は、それを実感したくなり、少しチンポを動かします。その時、『待って…、まだ動かさんとって…。』と母が言うのですが、涙声でした。
次第にシクシと言い始め、『ウゥ…、』と言葉に詰まります。母は片手で目を隠しました。そして、『ゴメンねぇ…。』と僕に謝るのです。

目を隠していた母の手が離れました。涙でアイシャドーは落ち、年相応の母の顔に戻っています。『何年も、ゴメンねぇ〜。』、言った途端に号泣します。
もちろん、今度は僕が貰い泣きをしていまいます。そしてそのあと、身体が繋がったまま、二人で泣き始めるのでした。

少し泣いて、お互いに少し落ち着きました。そして、母の顔がようやく笑顔に変わりはじめます。
『あっちゃん?ゴメンねぇ、長かったねぇ〜?もう〜、お母さん気持ちよくしてよぉ〜!』と声を掛けてくれるのでした。

母は『アァ〜…アァ〜…、気持ちいい〜!お母さん、気持ちいい〜!』と叫んでくれました。たった2分足らずの結合でしたが、中身は深いものでした。
最後は『あっちゃん、出しぃ〜!もう、中に出してぇ〜!』と言われ、母の中に全て置いてきました。

初めての母とのセックスが終わりました。終わった後も、母は僕を胸に押し込み、頭を撫でながら抱き続けていました。
『気持ちよかったぁ〜?』『お母さんも気持ちよかったぁ〜。』と母親の声を聞きながら、僕は眠りにつくのでした。

起きたのは、3時間後。もう夕方の6時を回っていました。母はすでに起きていて、僕が目覚めたのを確認すると部屋を出ました。
僕も立ちあがり、取り合えずローブを身に付けます。
部屋を見ました。失敗したコンドーム、飲んだワイングラス、母の脱ぎ捨てたセクシーな下着、
そして布団に染み込んで乾いた母の体液の跡、それを見ながら、誇らしげに母との初めてのセックスを実感するのでした。

リビングに行くと、母はキッチンで夕食の支度を始めていました。『ごはん、ちょっと待ってなぁ。』と言われ、『うん。』と答えます。
僕には見えているのは、『今、抱いた女。』です。しかし母はもう、母の姿に戻っていました。ちゃんと、切り替えが出来ているのです。

テーブルの上には、母の携帯が置いてありました。『雰囲気を壊したくない』と、僕とのセックスの部屋には持ち込まなかったようです。
母の優しさで、ここに置かれたこのの携帯がこのあと嵐を巻き起こします。

42
投稿者:日本茶々!
2017/12/05 10:11:12    (A3ybsvyY)
ついに結ばれましたね。
おめでとうございますl



41
投稿者:あつお
2017/12/05 09:58:03    (RbCpTYT5)
先に部屋に戻った僕ですが、『今度こそ!』という前向きな気持ちにはなれず、『また、やっちゃったら。』とそんなことばかり考えていました。

しばらくして、母が現れました。白いバスタオルを垂らせて、前面だけ隠しているだけでした。
布団に座って待っていた僕を見て、『寒いやろ?入ろ、入ろ、』と布団に入ることを薦めます
。母のバスタオルが落ちました。もちろん、その中は何も身に付けていません。母の全裸にも少し慣れたのか、平然と母を迎え入れます。

不安に押しつぶされそうな僕を見て、母はすぐに抱き締めてくれました。そして、何気ない会話を始めるのでした。
母は一人で話をしていました。僕はそれを、ただ聞いています。しかし、身体はおかしな構造で出来ています。
母に抱き締められているだけなのに、まだそんな気もないのに、勃起をしてしまっているのです。勃起したものは、ずっと母の身体に押し付けられています。
しかし、恥ずかしくはありません。心のどこかで、『母さん?僕、勃ってるでしょ?』と、親に何かをアピールする子供のような感覚でいました。
そして、亀頭を母の身体に向け、突っつくような動作を始めると、話をしていた母は会話を止め、『大きくなっちゃった?』と僕にいうのでした。
母の両手が伸びてきて、僕のチンポを掴まえました。『大きいねぇ〜!』と言って、優しく包んでくれます。母の手は、何度もチンポをさすっていました。

『もう大丈夫!』、母が僕の目を見て、そう言いました。その目は自信に満ち溢れています。僕を勇気づけようと、わざとそんな目をしたのでしょう。
『私のも触って…。』、母はあえて『私』という言葉を選びました。『お母さんは、』『お母さんに、』と普段は『お母さん』と使います。
しかし、ここはあえて『私』と言いました。母親ではなく、女として接しよう、接してくれ、そんな意味だったのでしょうか。
母の股間はもう湿っていました。風呂上がりの汗ではなく、身体を僕の勃起したチンポが突っついていただけで、母の身体はちゃんと反応をしていたのです。

『おちんちん、舐めさせて?』、母はここでもまた『おちんちん。』という言葉を選びました。これも、僕の気持ちを高めさせようと、わざと使ったのです。
そう言われ、母が上になり、僕が下での69の体勢に変わります。母は細心の注意を払っていました。フェラも手コキも程ほどにセーブをしてくれていたのです。

僕はといえば、先程の失敗でどこか弱者の気分でした。だから余計に『ガンガンいかないと。』と思い、全開でオマンコを舐め回します。
セーブ気味の母は、『あっちゃ〜ん、やり過ぎぃ〜!そんなのいかんよぉ〜!』と叫び、その言葉通りにオマンコからは淫液を出しまくります。
『あっちゃん、ダメって!お母さん、逝く逝く!逝くって〜!』と言われ、ここまで順調に進んでいることにうれしい気分になっていました。
母が慌てるように逃げました。布団の上に倒れ込み、『ハァ…ハァ…、もぉ〜、無茶しないのぉ〜。』と、身体をビクつかせています。
その母の姿に、どこか『してやったり。』と強気な僕でした。

その時でした。『もぉ〜、お母さんのアソコびちょびちょになってしもたやないのぉ〜!もう、入れてよ?』と責任を取れとばかりに言ってきたのです。
ここでも母は言葉を選びました。『あっちゃん、入れる?』ではなく、『もぉ〜、入れてよ?』と使い分けたのです。
僕に緊張をさせないように、この流れのなか『もぉ〜。、こんなの入れないと仕方ないやろ〜?』とそんな雰囲気を作ってくれたのでした。

母は枕に頭を乗せ、そして足を広げてM字の体勢を作り始めました。コンドームに気づいた僕でしたが、母がそれを遮ります。
『そのままして…。そんなの、つけなくていいから。』と言ってくれました。

正常位の体勢で母に近づきました。やはり、さっきの失敗がよぎります。しかしここで、『あっちゃん、来て。お母さんにやらせて。』と母に言われました。
母の片手が僕のチンポを掴みました。萎まないように、器用に擦りながら、母のオマンコに誘導されて行きます。
母は最後まで、僕のチンポが自分のオマンコの中に入るまで、身体を起こしたままそれを見届けていました。

『アアァ〜!』、母の身体が倒れました。母の手に導かれて、僕のチンポはちゃんと母の温かいオマンコに突き刺さったのです。

40
投稿者:日本茶々!
2017/12/05 05:00:12    (A3ybsvyY)
今度こそ!ですね。
次回が凄く楽しみです♪



39
投稿者:あつお
2017/12/04 22:13:43    (qHHyOoHb)
一度吐き出し始めてしまった精液を、もう止める術はありませんでした。チンポに被せたコンドームは、暴発した精液で膨らみ続けます。
射精が終わっても、僕は母の顔を見ることが出来ず、ただ萎んでいこうとするチンポを茫然と眺めていました。
『出ちゃった?』、母は僕に声を掛けられ、『うん。』と答えます。それを聞いた母は『大丈夫、大丈夫。』と言って、慌てて僕を抱き締めるのでした。

後に母はこう言います。『あの時は、顔色がなかったわ。真っ青な顔をしてて、なんか可哀想だった。』、そのくらい思い詰めた顔をしていたそうです。

その時の僕ですが、失敗した恥ずかしさよりも、今日まで準備をしてきたのに、うまく出来なかったことを悔やんでいました。
経験が少ない分、『うまく出来ないかも。』と心のどこかで不安と戦っていました。それがものの見事に現実のものとなりました。
『終わった…。』、心の中で悔やむのでした。

母は僕を抱き締めていました。『大丈夫、大丈夫。そんな顔しないの〜。』と僕を励まし続けてくれていました。
励ましてくれる母の優しさに、涙が流れました。子供のように泣いてしまいました。そりゃそうです、抱き締めてくれているのは、僕の母なのですから。
『泣かんのぉ〜、大丈夫だから、泣かんのぉ〜。』、そう言っている母の言葉も震えていました。貰い泣きをしてしまったようです。
このまま、しばらく二人で抱き合いながら、シクシクと泣いていました。

『あっちゃん、汚れたからお風呂入ろうか?』、母が僕にそう呼び掛けます。しかし、返事をするよりも早く、手をグッと引かれて立ち上がらされました。
『入ろ、入ろ。』、そう言いながら、強引にお風呂に連れていかれるのでした。もちろん、二人とも全裸のままでです。

お風呂では二人で湯槽に浸かり、母は背後からずっと僕を抱き締めてくれていました。僕の背中には母の乳房が当てられたままです。
しばらくして、母が僕の髪にお湯を掛け、頭のマッサージを始めます。『気持ちいい?』、母の指が頭皮を刺激してくれて、本当に気持ちがいいです。
更に母は後ろから、僕の身体のあちらこちらを触り始めます。背中、脇腹、お腹まわりと隅々です。そして、最後に触れられたのは股間でした。

母はチンポを握りながら、僕の耳元で優しく語り掛け始めます。『大きくなってるよ。』、『すごいねぇ。』、僕を誉めてくれるのです。
更に、『お母さんねぇ、さっき、あっちゃんのお口で逝っちゃったんよ〜。』と、ウソかホントか知りませんが、勇気づけてくれます。

母は最後に『あっちゃん、お部屋で待っててくれる?』と言いました。『今日は終わりかも知れない。』と思っていた僕にリベンジのチャンスが来ました。


38
投稿者:(無名)
2017/12/04 20:32:48    (.PAD8VD3)
面白い
37
投稿者:あつお
2017/12/04 17:39:19    (qHHyOoHb)
母は僕の唇にキスを繰り返して、どこか遊んでいるようにも見えました。きっと、100回くらいしていたのではないでしょうか。
遊びに終えた感を出した母は、スッと身体を起こすと、『あっちゃん、立って。』と僕に言います。僕も母と同じような体勢で向かい合って座ります。
すぐに母の手が伸びてきて、僕のローブの紐を緩めます。ローブはそこで脱がされ、上半身を裸にされます。
母は膝立ちをしました。僕も母に促され、同じように膝で立ち上がります。待っていたのは、本当のキスでした。

抱き締め合うと、唇が重なりました。そして、先程までのキスが、単なる前座であったことに気づかされるのです。
赤いルージュが塗られた母の大きな唇は、僕の唇の大半を包み込みました。そして器用に舌が伸びてきて、何度も僕の口に入っては、出ていきます。
僕も合わせるように舌を出していきます。しかし母の舌は、触れては離れてを繰り返すのです。もどかしさを感じました。
しかし、たったそれだけの事なのに自分の呼吸の異常を感じます。『ハァ…ハァ…』と気づかぬうちに、荒くなっているのです。

母の舌が絡んできたのは、その時でした。『うーん、ふぅ〜、うぅ〜、』と言葉を吐きながら、僕の舌は掴まりました。
もう狂って来ました。だ液の交換とか、そんなことは問題ではありません。もう、母の温かい舌とずっと絡めらめていないと気がすまないのです。
僕の両手は、母の両肩に掛けられていました。母は何も言わず、僕の両手を握るのです。母の手は僕の両手を押さえ付け、指示をして来ました。
母の手に導かれた僕の手は、ダブダブのナイトランジェリーの肩紐を掴み、母の両肩から抜けた途端に、それは下に落ちました。

母の黒いブラジャーが現れていました。パンティと同じ透け透けの素材のようで、乳首こそ隠していますが、乳房の大半はそのまま見えています。
母は僕の頭を持ち、そのまま倒れました。僕は母に乗り掛かる体勢になります。すぐに、母は顔を横に背けていました。
おかげで母の首筋から乳房までが、ガラ空きの状態になります。こうなればきっと、誰でも首筋に唇を這わせ、ブラジャーを取りにいこうとする思います。
僕も同じでした。首筋を舐め、ブラを外し、乳房だけでは飽きたらず、脇の下にまで舌を這わせていました。まんまと母の策略にはまっていたのです。

オマンコこそ隠していますが、陰毛が丸見えのパンティを触ります。すぐに中に手を入れ、その手はオマンコに向かいました。
びしょびしょでした。見てはないですが、薄いパンティも濡らしているほどに、母のアソコは濡れていました。
『触って…。お願い〜、気持ちよくしてぇ…。』と、すぐに母からお願いされます。僕はジャマなパンティを脱がし、オマンコにしゃぶりつきました。
『アアァ〜!アアァ〜!気持ちいい〜!気持ちいい〜!』と母が叫びます。きっと、冷静を保っていた糸が切れたのだと思います。
母のアソコからは、大量の体液が溢れていました。この前の比ではありません。体液がは、母の身体だけには収まらず、布団の中央に落ち続けていました。

母は僕のクンニに暴れながらも、パンツの上から僕のチンポを握ります。『舐めさせて〜!あっちゃん、舐めさせて!』と言い、パンツを下ろされます。
スゴいフェラチオでした。今までの物とは比べられないほどのものでした。
唾液にまみれ、『ジュルル〜、ジュルル〜、』とわざと大きな音を立てて行われます。それは、僕のチンポの感覚を奪うほどのものでした。

お互いに僕の危険信号に気づきました。フェラをやめた母は、『あっちゃん、入れてぇ〜。もう入れてぇ〜。もう逝かせてよぉ〜!』と声をあげました。
そして、母は袋を破り、コンドームを取り出します。コンドームがチンポに当てられました。『大丈夫?大丈夫?』と声をかけてくれて、装着されました。
しかし、そこがフィニッシュでした。コンドームをつけてくれていた母の最後の数回転の刺激で、僕の第一発目は発射されてしまったのです。
コンドームの先が膨れ、その中には残念な白い液体が貯まっていました。

1 2 3 4 ... 5
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。