ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
削除依頼
2017/10/03 19:42:54 (1v2cJqN2)
僕は現在22歳の大学生です
4年前から母の妹、かおり叔母さん(44)と肉体関係があります

かおり叔母さんは独身で、小さい頃から僕のことを可愛がってくれました
僕の家から数駅離れた場所に住んでいて、その駅は僕の通っている大学の最寄駅です
かおり叔母さんは大学に通う事になった時に「いつでも部屋に寄ってっていいよ」と言って合鍵を持たせてくれたので授業が空いた時とかに部屋に行って休んだりしてました
叔母も嬉しいのか一部屋空いていた所にパイプベッドやテーブルを用意してくれて、僕も私服などを持ち込んで第2の自分の部屋のように使っていました

入学してから暫く経った頃、入ったサークルの飲み会で酔っ払い、家に帰るのを諦め、叔母の部屋へと向かいました
叔母は仕事からまだ帰宅してなく、鍵を開け、部屋へ入りまずシャワーへと向かいました
シャワーから全裸で出てくるとその間に帰ってきてた叔母がリビングにいました
「ただいま〜、、、ちょっと前くらい隠しなさいよ〜(笑)」
「え〜だってまだ帰ってきてないと思ってたから」
酔っていたせいかさほど恥ずかしくなく真っ裸のままタオルで頭を拭いていました
「なんか飲み物ちょうだい」冷蔵庫から麦茶を取り出してコップに注ぎ一息に飲み干しました
「あ〜〜うめぇ〜!」さらにコップに注ぎました
「もう〜、しょうがない子ねぇ(笑)」
叔母はニコニコして缶ビールを飲んでいます
叔母は保険のセールスをしており、白いブラウスにピタッとしたスカートの格好でした
背が低くてぽっちゃりしてますが、愛嬌のある可愛らしい叔母です
胸もお尻も大きくて、結構グラマーな体型をしており、ブラウスがはち切れそうです
そんな叔母の前に座りたわいもない話をしてました
僕もいつしか麦茶からビールに飲み物が変わり、叔母も二本目に手をつけてます
お互い、酔いが心地よくなってきて
「さ、じゃあ私もシャワー浴びてこよっかな」
「じゃあ俺が洗ってあげようか?(笑)」
「何言ってんの(笑)早く着替えて寝なさい」
「いや、寝る前にもう一回浴びたくなった、一緒じゃダメ?(笑)」
「チョット本気〜?(笑)、、、まぁ別に良いけど(笑)」
ひょんな拍子で一緒にシャワーを浴びることになりました
先に入って浴びているとかおり叔母さんも全裸で入ってきました
「やっぱ恥ずかしいね(照)」
「うわ!叔母さんの胸、スゴイね!」
「いきなりそこ!?(笑)スケベ!」
叔母の胸はやはり大きく、そして白く綺麗でした
乳輪は大きめでしたが、色はそんなに黒くなく、程よい乳首がくっついてました
ユニットバスのシャワーです、2人で入るとほとんど密着してしまいます
僕は叔母の身体の温もりと肌触りで勃起してしまいました
勃起したモノが叔母の背中に当たりました
「なんか当たってるんですけど(笑)なんなの、キミ(笑)」
ウフフと笑いながら身体を洗っている叔母の胸に後ろから手を伸ばしました
「コラコラ!(笑)なにしてんのよ?」
「え?洗ってあげようと思って(笑)」
そんなことを言いながら豊満な乳房を揉みしだきました
「すごいよ、叔母さん、こんなおっぱい初めてだよ」
「したことあるの?セックス」
「あるよ、今まで2人とね」
「そっか、そうよね〜もう大学生だもんね」
特に嫌がる素振りもなく叔母は身体に付いていた石鹸を洗い流していました
僕は叔母にしがみつき、乳房を揉みながら勃起したモノを叔母に擦り付けてました

続く

1 2 3 4
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
35
投稿者:日本茶々!
2017/10/13 07:47:14    (vNgdLhlV)
ぜひ続きをお願いします。
そして、できれば、ある程度まとめて投稿いただけると嬉しいです♪



34
投稿者:しん
2017/10/13 04:25:16    (cBK6Tkxi)
早くこの次が知りたいです。

お願いします。
33
投稿者:ゆうちゃん
2017/10/12 19:39:13    (RBIRCxmC)
「叔母さん、、俺、叔母さんとしたいよ」
叔母をがっちりと捕まえながら、僕は意を決して叔母の耳元で囁きました
もう、自分の心臓がバクバクしているのがわかります
暫しの沈黙、、、
すると叔母は両手を動かし僕の顔を挟むようにし、下から見上げている自分の顔の方に向けました
そして
「ゆうちゃん、何言ってるかわかってる?そんなこと、ダメに決まってるでしょ?それは分かるわよね?」
諭すように言いました
「あなたは、私の姉さんの息子よ?私はあなたの叔母なのよ?」
「分かってる、分かってるよ、そんなこと、、、」
「だったら、そんなこと口に出したらダメでしょ?」
「でも、、、もう、、、俺こんなになってる、、」
叔母の身体にいきり立っているモノをまた押し付けます
「叔母さんが可愛いし、すげぇ色っぽくて、、だから、、」
「もぅ、そんなこと言って〜、、でもそれとこれとは別でしょ?」
「叔母さん、俺の事嫌い?」
「嫌いなワケないでしょ〜、でもね、ん!?」
僕は右手の中指をお尻の方から叔母の入り口まで伸ばしました
ほんのり、湿っていました

32
投稿者:しん
2017/10/10 01:28:51    (LVJM2ksj)
続きをありがとうございます。

明るい叔母が女へと変わる様がたまりません。

次を期待します。
31
投稿者:日本茶々!
2017/10/09 20:25:11    (isP8649y)
イイ感じです♪
どんどん投稿願います!



30
投稿者:まさ ◆dzQMpJO/do
2017/10/09 14:32:57    (hKKOGsMX)
読んでて立っちゃった(笑)
29
投稿者:チン太郎   hide-.-
2017/10/09 12:40:32    (ZDfX6UKP)
俺もたまらん(//∇//)
28
投稿者:ゆうちゃん
2017/10/09 12:30:48    (FDyFTEeL)
「ハァ、ハァ、ハァ、、、」興奮とあまりの気持ち良さに息づかいが荒くなってしまいました
「わ〜射精たね〜いっぱい(笑)」
叔母は残り汁を搾り出そうと扱き続けてます
ところが一旦射精したにもかかわらず僕のモノはギンギンのまま
「ちょっと〜(笑)全然収まってないじゃない〜ど〜すんのよ〜〜(笑)」
叔母はなんだかキャッキャ言いながら笑っています
「も〜どれだけ溜まってるのよ(笑)ヤダァ〜(笑)」
僕は何も言う事が出来ずただ苦笑いを浮かべるだけでした
しかし叔母に対しての感情が今までとはだいぶ違ってきました
明るくて可愛らしい叔母でしたが、今目の前の叔母は色っぽくてエロく、「女」の部分が曝け出てました
僕はそんな叔母がたまらなくなり、ふいに叔母を抱き締めてました
湿った身体同士肌と肌が吸い付き、顎の下にある叔母の髪から香る匂い
小さい頃から側にいてくれたかおり叔母さんが今は全裸で僕の腕の中、、、
「ちょ、、、ゆうちゃん?、、、どうしたの?」
叔母は顔を上げて僕の顔を見て優しく問いかけます
僕は右手を叔母の大きなお尻に伸ばし、掴みました
その動きで何かを察した叔母は軽く顔を左右に振り
「ダメよ、これ以上は、、、ね?」
そう言いながら特に僕を突き放すような素振りは見せてません
それを良いことに更に左手もお尻に伸ばしました
両手で叔母の尻肉を掴み、自分の身体に引き寄せました
痛いくらいに反り返ってるモノが叔母の身体にめり込みます
もう僕は 叔母が欲しくなっていました

27
投稿者:日本茶々!
2017/10/09 11:08:43    (isP8649y)
ファンのために引き続きよろしくお願いいたしますm(_ _)m



26
投稿者:(無名)
2017/10/08 19:26:48    (QQ03peG4)
お疲れ様。
相変わらず、書いてるんだ
数少ないセンズリファンの為に
みんな、頑張ってクサレチンポ
シコシコ、ピュッピュッしてよ
1 2 3 4
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。