ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

親の性行為目撃談 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2018/11/20 18:46:26 (W/Rje9xz)
私は実家で父と母、それに高校二年生になる弟と、祖母の五人で暮らしています。
数年前に祖父を亡くした祖母ですが今も元気で、子供の頃から私や弟を可愛がってくれ、私にお料理や裁縫などを教えてくれた祖母の、いつも着物を着て身嗜みを整えている姿は、日本の女性の鏡を見ているみたいで、私も祖母のように美しい女性になりたいと、いつも思っていました…。
 
昨日、私は出張に行く事になっていたのですが、相手先の都合で出張が水曜日へと、急に伸びてしまったんです。
新幹線のホームにいる時に、会社から出張の延期を知らされると、同行していた上司が
「今日と明日は休暇にしてあげるから、ゆっくり休んでね。
水曜日にまたここで会いましょ。」
と言ってくれて、私は思いがけない休暇にウキウキしながら、一度実家に戻ってから遊びに行く事にしました。
仕事に行った両親以外、祖母と夏休みに入った弟しかいない実家の玄関を開けて中へ入り、二階にある私の部屋へ、荷物を置きに行こうと階段までくると、奥の祖母の部屋から、何やら声が聞こえてきたんです。
私は祖母の友人が遊びに来ているのかなと思い、もしそうならちゃんと挨拶をしておこうと、祖母の部屋の前に行き襖をそっと開けて、中の様子を伺ったんです…。
 
するとそこには…今でも信じられない、いいえ信じたくないのですが……。
そこには仏壇の横の柱へ、皴の寄った両手をつきながら立った状態で、祖母が背後から男性に激しく腰を打ち付けられていたんです。
そして着物の裾を捲り上げて、露になった祖母の下腹部に腰を打ち付ける男性は何と弟でした…。
「アッ、アッ…アァッ、ハアァ〜ン…ハアァ、ハァ…」
弟が腰を打ち付ける度に、とても七十代の女性とは思えない、艶かしい声を上げる祖母…。
いつも着物姿で、小綺麗に身嗜みを整えていた祖母の乱れた姿に、私は唖然としてその場に座り込んでしまいました…。
 
その間も祖母と弟は身体を一つにしながら、お互い激しく動いています。
「お婆ちゃん、俺もう…」
弟がそう言うと、祖母が
「ハッ、ハァッ…たっ、孝司ちゃん…いいのよ、いいのよっ」
と言うと同時に、弟は祖母に腰を強く押し付けながら何度も、ビクンビクンと腰を震わせると、祖母は柱を抱き抱えるように両腕を回して、脚を震わせながら弟を受け入れたんです…。
 
目の前で行われた、祖母と弟のセックス…。
私は全ての思考が止まり、まず現状を簡単に受け入れる事は出来ませんでした……。
 
弟が祖母の膣からペニスを引き抜いて座り込むと、祖母も息を荒げながらその場に座り込みました。
そして二人で余韻を楽しむかのように、しばらく座り込んでいましたが、祖母が
「孝司ちゃんは若いから、まだまだ満足できないでしょう。」
と行って弟に近づくと、綺麗に口紅を塗った唇を股間にもっていって、ゆっくりと弟のペニスを口の中へと含んだんです。
「ンンッ…ングッ、ムウゥゥ…」
頬を膨らませて、喉を鳴らしながら祖母が頭を動かすと、顔を上げながら、恍惚とした表情を浮かべる弟…。
しばらく祖母が、ペニスを含みながら頭を動かしていると弟は、
「お婆ちゃん、また入れていいでしょ!!」
と言いながら、祖母を押し倒すように畳の上に、仰向けに寝かせると、着物の裾を開いて露になった祖母の下腹部へ、脚を広げさせながら自分の腰を再び押し付けました。
「ウゥッ…クウッ、ウゥゥッ…アァァ…孝司ちゃん、気持ちいいっ!!」
その瞬間、口からまた艶かしい声が漏れて祖母の豊満な身体が、弟の腰の動きに合わせて揺り動き始めました。
両手で着物の胸元を開き、張りを失った乳房を触りながら弟が腰を振ると、
「ウゥゥッ、ハアァ…アァッ、孝司ちゃん…アッ、アァッ…そんなに激しく動いたら…お婆ちゃんっ」
歓喜にも似た喘ぎ声を上げて、白い足袋を履いた肉付きの良い脚を大きく開きながら、弟を迎え入れる祖母の姿…。
 
不器用な私にお嫁に行っても困らないようにと、お料理や裁縫を一生懸命教えてくれ、
「女はね、何より身嗜みが一番大切なのよ。」
凛として美しさの秘訣を教えてくれた、優しかったはずの祖母の目の前の姿に、私は裏切られた気持ちに、涙が溢れて止まりませんでした…。
 
「お婆ちゃん、俺…もう出るよっ!!」
「ウゥゥッ…たっ、孝司ちゃん…アァッ…お婆ちゃんの中で果ててぇ〜!!」
二人で激しく喘ぐと同時に、弟が腰を押し付け体内に射精を始めると、祖母は脚を痙攣させたように何度も
「ビクン…ビクン……ビクン!!」
と大きく震わせて、射精を受けていました…。
 
「お婆ちゃん、気持ち良かった…?」
「孝司ちゃん…お婆ちゃんね、何度も天に登る気持ちだったよ…。」
そう言葉を交わし、唇を重ねて抱き合う二人。
私がずっと覗いていても気づく気配も無く、二人は自分達の世界に没頭していました。
「孝司ちゃん…お婆ちゃんをもう一回だけ、女にしてちょうだい。」
身体を起こして自ら求めてきた祖母から、弟は帯を解いて着物を脱がせて、白襦袢姿の祖母を四つん這いの姿にすると、裾を捲り上げて下腹部を露呈させました。
「お婆ちゃん、今日もここに入れて大丈夫…?」
「いいのよ…孝司ちゃんの好きにして…。」
そう言って弟は片手で祖母の尻肉を掴むと、片手で握ったペニスを祖母のお尻に、ゆっくりと押し付けたんです。
「ウグッ!! ウゥッ…あぐぅぅ、アァッ…ウゥッ!!」
すると祖母が悲鳴に似た喘ぎ声を上げて、ペニスは精液が滴る膣ではなく、信じられない事に、お尻の穴にゆっくりと差し込まれていきました…。
「アァッ…ウッ、ウゥッ…
うぐぅぅぅ…ムグゥ!!」
七十代の老女とは思えない程、はしたない声を上げながら、白く細い指で畳を引っかいて身体を震わせる祖母。
「お婆ちゃん…大丈夫なの?」
「あぁっ…孝司ちゃん、お婆ちゃんを好きにしていいのよ…。」
綺麗に整えて結っていた、白髪混じりの長い髪が解ける程に頭を振り乱し、腰紐が解けた白襦袢が開けて露になった、垂れたお腹と乳房を揺らして悶える祖母。
垂れた乳房を背後から鷲掴みにしながら、腰使いを続ける弟…。
祖母のあまりにも狂気じみた性欲に、祖母に対する今までの尊敬や愛情の感情は、私の中から消え失せていきました……。
 
「あぁっ、孝司ちゃんっ!!
お婆ちゃん…頭がおかしくなっちゃうよ……!!」
よほど気持ちが良かったのでしょう…。
まるで風俗女みたいな言葉を叫びながら、お尻の穴にペニスを挿入されて喘ぐ、変態女の祖母に、息を荒げながら腰を振る、同じ血の通ったなんて思いたくもない変態弟。
「孝司ちゃん…お婆ちゃん、もう駄目だよぅ……」
「お婆ちゃん、俺も…もう駄目だ…アァッ、クウゥッ!!」
「アッ、ハアァ…孝司ちゃん…アァッ、うぐぅぅぅ……」
お尻の穴に射精されて喘ぐ変態女に、三回目なのにまだ射精する変態弟が射精を終えると、二人は折り重なるように畳の上に倒れ込んだ所で、私は具合が悪くなると荷物を持って家を出ていきました…。
 
一人公園のベンチに座って、二人の行為を思い出すと我慢できず、トイレで嘔吐してしまいした。
そして実家にも帰りたくなく、ホテルに泊まって、あれだけ優しくて大好きだった祖母に裏切られた気持ちに、私は一晩中泣き崩れました…。
祖母は昔から弟を可愛がっていて、祖父が亡くなった後は、よく休日に弟は祖母の買い物を手伝っていましたが、二人がいつあんな関係になったかは、私には全くわかりません…。
 
 
今日も何もやる気も起きずに、スマホを扱っていた時にこのサイトを見つけて、不安や怒りをぶちまけるように、駄文を投稿してしました、すいません…。
管理人様、もしこの駄文がこの場に相応しくない場合は、お手数をおかけしますが削除の方、よろしくお願いいたします。
1
2018/11/19 08:35:12 (swKFySNW)
俺18歳、高校3年。
母41歳、父は5年前に亡くなり二人暮らしです。

先日の土曜日、母が家に男を連れ込みました。
母はもう独身なんだから新しい恋を見つければいいと思っていますが、その相手が40歳の父の弟。
俺から言うと叔父さんで奥さんも子供もいて不倫なんです。
薄々は分かっていたのですが確信がなく、前もって土曜日は友達の家に泊まりに行くって言ったあったからその日になったのかな。
俺は行く振りをして裏口から入り物置小屋から屋根を上って2階の自分の部屋へ。
部屋ではテレビもつけれないし、とりあえず寝ることに。
寝ると言っても母が部屋に来ないという確信はなく、ベッドの下に潜り込んで休んでいました。
2時間ほど経つと玄関が開く音がしておきました。
母は猫なで声で「は〜い。」と答え小走りで行ったようです。
俺は下(1階)を確かめながらゆっくり静かに降りて行くと今で母と叔父さんが抱き合っているんです。
玄関を見ると靴は靴箱に入れてあって、急に俺が帰ってくることを想定してのカモフラージュ。
これで今回が初めてじゃないということを確信しました。
「すぐに食事を作るね。今晩、、、、泊まっていけるんでしょ。」
「ああ、、」
母の嬉しそうな顔、久しぶりに見た気がしました。
叔父さんもしばらくは座ってテレビを見ていましたが母のことが気になるらしく立って台所に行くと母の後ろの張り付きエロ行為。
お尻を撫でたり、手を前に回して胸を揉んだり、母も嫌がる様子もなく時々後ろを見てキスまでしているんです。
食事の時も母が食卓に下に潜り込み叔父さんのペニスを出して口に咥えているんです。
母はそんなことをどこで覚えたのか。
食事が終わると二人でお風呂に入り時々聞こえてくる「凄い、もうこんなになっている。同じ兄弟でもここは別なのよね。大きくて硬くて、、」
俺の記憶では母と父が一緒にお風呂に入ったことはなかった。
俺が生まれてくる前や旅行に行ったときはどうか知らないが、、

2

覗き

投稿者:律子 ◆N1vbNCohz.
削除依頼
2018/11/10 11:59:01 (Pta.TNxx)
友人(♀)から教えてもらってから、良くこのサイトを観てました。
ただ観てワクワクしていただけの私ですが、今回の体験を聞いて欲しくなり、初めて投稿しました。

私は大学生で21才です。
バイト先の都合で、いつもより早く帰宅しました。
朝、母は出かけると言っていたし、父の帰宅は何時も遅いので、家には誰も居ないと思っていました。
部屋で着替えトイレに行こうとしたら、何処からか、ブ〜ンと小さい音が聞こえてきました。
何の音?家には誰も居ないはずなのに!っと思い、音源を探り廻ると、その音は両親の部屋の中からしてました。
不安ながらも確めたく、ドアを静かに少し開け、覗いてみたら、なんとダブルベッドの上に、母がスカートを捲り上げ下半身裸で仰向けに寝て、コードの付いた小さいピンク色の豆球みたいなモノをオマンコに当てていて、声を殺して悶えていました。

私も性経験もありオナニーもしますが、まさか母がオナニーをしてるなんて思ってなく、初めて見て衝撃を受けました。

3
2018/11/09 23:27:06 (pE48SoGa)
毎年、夏休みにお母さんの実家に行くのが楽しみでした。
今回は思いがけない光景を目にしたのでした。
あの堅物のお母さんの父親が、お母さんの股を開かせてイチモツを挿入しているのです。
お母さんの、あんな淫らな格好で、お父さんにしがみついて
「あぁぁ〜お父さんのオチンチン最高だわ!もっと、もっと奥まで・・・」
4
2018/11/07 21:38:32 (UadRihcB)
妻と結婚を機に義父母と同居を始めました。2階を私達が使い、1階を義父母が使っていますが、下の音よりは上の階の音が聞こえるらしく、私達の夫婦の営みの音も聞こえていた様でした。ある日義父(正治57歳)から話しがあるとの事で聞いてみると、私達の営みの音が義父母の性生活の刺激になっていたこと、それも最近は慣れて義父のあそこが勃たなくなって来たこと、等で1階の部屋で寝て欲しいとの事でした。下はLDKと8畳の和室が二つで間は襖なので音は筒抜けで隙間からは覗き見も出来るような造りでしたが、義父母の性生活に興味があったのでOKしました。嫌がる妻も義父母のためだと言って説得しました。私達は火曜日と金曜日の週2回のペースで金曜日は大体2回戦をしていました。私達は普通に始めて一旦抜いてゴムを付けてからバックで終わっていましたが、義父は四つん這いになって私達を覗きながら義母(美智子56歳)が後ろからアヌスや金玉を舐めたりして、あそこが勃つ様にしていました。私達が終わる頃義父母は正常位から始めました。義母は脚を自分の胸に押し付けられながら義父のゆっくりの出し入れを味わっています。ヌチャヌチャという音が出始めた頃 、義父は布団の上に正座してうつ伏せになった義母の尻を両手で抱えて引き寄せ両脚を肩にかつぎ、目の前にせり上がった義母のアソコを舐め始めました。義母は激しく反応し、「ああ ああ」と野太い声を出します。その後義母は尻を高く突き上げ義父は後ろから突き始めました。ブスブスという音が外に漏れ義母は更に呻き声を高め、自分から大きな尻を振り立て、バスンバスンと義父の肉棒を迎え入れました。襖一枚で娘夫婦がいるのに御構い無しに、義父母の声が激しくなり「美智子 どうだ オマンコいいか」義母「あなた 今日は何時もより硬いわ もっと突いて」やがて仏壇返しの体位に変わってようやく終わりました。50代と思えない激しい営みでした。刺激を受けた私達も直ぐ二発目を始めたのでした。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM