ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

処女、童貞喪失体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
2017/09/05 20:24:19 (xBU5spz4)
50年以上前の話です。私には鮮烈な童貞喪失の思い出であり、今も鮮明に覚えています。
大学二回生の夏、初めて一人で北海道に旅をした。当時は東京まで新幹線、上野から夜行急行八甲田で青森へ。その後青函連絡船で函館に渡り、函館、札幌と移動して、この旅行の最終目的地である利尻、礼文へ行くため夜行急行で稚内へ移動。
フェリーで利尻、礼文の2泊3日の旅を楽しんで、利尻島からフェリーで稚内へ戻り時、童貞喪失のストーリーが始まるのです。

 遠ざかる利尻富士を名残惜しく見ていると、「綺麗だね」と突然声を掛けられたのです。振り向くと、綺麗な黒髪を吹く風に棚引かせながら、微笑む由美さんが立っていたのです。由美さんは当時26歳で、東京のある商社に勤めるOLでした。普通体型ですが、胸の膨らみが結構大きい女性でした。お互いのことを話しながらしばらくデッキで過ごし、その後船室に戻ってからは、それぞれ別行動をしていました。
稚内港に到着し、私は由美さんのことも忘れて、夜行は疲れるので、今夜は稚内で泊まりたいと、観光案内所へ向かおうとしたとき、「どこへ行くの」と声を掛けられたのです。由美さんです。旅館を探しに行くと告げると、「そうなんだ。私も泊まろう」と言い出し、「さあ、行きましょう」と私と一緒に観光案内所に。私では到底手が出せない高級な旅館を予約し、その旅館の迎えの車で向かいました。案内された部屋も結構いい部屋で、海が一望できるところでしたが、その事よりも、ここで二人で泊まるということは…という妄想が大きく膨らむ私でした。

 由美さんは戸惑う私を無視するように、「さあ、お風呂に行こう」とか「ご飯楽しもうね」とか、ぐいぐいリードしてくれ、それに乗って私は動きました。食事も豪華で、その時呑んだビールが程よく回って、もう一度大浴場へ行って帰ると、部屋は少し薄暗くなり、お布団が二つ並んで敷いていました。私はそれを見て高まる気持ちを抑えるのが大変でした。由美さんは平然とした態度で「さあ、寝よう」と言い、自分の布団に入り、「きみもねなさい」と促されたのです。私も布団に入り由美さんの方が見れないので、「おやすみなさい」と言って背を由美さんに向けはしましたが、寝れるわけはありません。
暫くすると、私の布団に由美さんが入ってくる気配を感じ、すぐに由美さんのぬくもりと良い匂いがしたかと思ったら、後ろから抱き締められたのです。浴衣一枚同士ですから、ノーブラの由美さんの胸の膨らみと温かさを背中に感じて、一気にフル勃起。

 「ねぇ。今夜だけ。今夜だけ。私を抱いて」と言われたのです。私は戸惑い、正直に言いました。
 「由美さん。僕は女性を知らないんです。ごめんなさい」
 「え、そうなの。とっくに経験済みだと思ったわ」
しばらくの沈黙の後、
 「最初の女性が私でもいい?」と言われたのです。勿論断る選択肢はありません。
 「はい」
と答えて、由美さんの方へ振り向きました。すぐに唇がふさがれました。「私に任せてね」と言われ、ディープキスとなり、彼女は私の耳たぶ、首筋、胸、乳首を舐めてくれながら、ギンギンにいきり立つチンポを握りしめて上下に扱い始めたのです。凄く気持ち良く、それだけで逝きそうでした。必死に我慢していると、
 「すごく大きいね。こんな大きいの初めて」と言いながら、身体を下にずらしながら、チンポに舌を這わせ、そして舐め、吸ってくれた後、咥えてくれたのです。初めてのフェラでした。もう堪りません。一気に登り詰め、「ああ出ます」というと同時に由美さんの口へ大放出。由美さんはそれを受け止めてくれ、尿道に残るものまで全部吸い取ってくれました。
 「沢山出たね。」と言いながら、ティッシュに全部出して見せてくれました。
 「今度は貴方が私を気持ち良くして」
と、由美さんは布団の上に仰向けになり、M字開脚の姿勢をとってくれた。私にとって初めて見る女体。はだけた浴衣から白いすらりとした足が露になり、太ももも半分むき出しとなって、しかも秘部を覆う黒々とした陰毛が見える。もうそれだけで鼻血が出そうな興奮だった。ぐいっと両膝をもってさらに拡げると、オマンコが薄明りの中に見える。さらによく見えるように顔を近づけて、初オマンコを眺めた。エロ写真で見るよりも綺麗なものだった。
思わずむしゃぶりついて、がむしゃらに舌と唇で舐め吸った。
 「ああ、そんなにしちゃ…。気持ちいいわ」
と由美さんは言いながら腰を動かしてくれた。
 「でも、最初からそこはダメよ。優しく抱きしめて、キスをして、そして胸を触って、私を気持ち良くしてから、そこよ」
と、愛撫の仕方を教えてれた。焦る気持ちを抑えながら、見よう見まねで愛撫し、再度オマンコに舌を這わすと、
 「ああ、きもちいい。ねぇ、もうきて」
と、由美さんがいい、私は一気に緊張が高まり、それだけで逝きそうだった。由美さんが手を添えながら導いてくれ、思ったよりも下の方から上へ突き上げるようにチンポを押し入れる。少し押し返すような抵抗があったが、狭い部分を通り抜けた時、
 「ああ、凄い。大きい。貴方の凄く大きいわ。もっと中へ来て。でもゆっくり、ゆっくりよ」
と、由美さんは背中を仰け反らせるようにして、腰をさらに押し付けてきて、私の侵入を奥深く受け入れた。
 「ああ、凄い。当たる。当たるわ。いいわ」
という由美さんの声を聞きながら、私は初めて感じるオマンコのぬめりと温かさと何とも言えない気持ち良さに、射精感が込み上げてきた。動くことも出来ずじっとしていた。
じっとしている私のチンポを確かめるように由美さんのオマンコが蠢く。もう堪らない。
 「ああ、出そうです。出てしまいます」
というと、
 「来て、出して言いよ。そのまま出して」
と由美さんが言うと同時に、由美さんが腰を動かした。射精感が岩塊を超え、私は激しく腰を振って、おまんこの奥深く二度目の射精をした。
私のチンポは萎えることなくいきり立っていた。その後も、由美さんの求めに応じて、朝外が明るくなるまで由美さんと何度も何度も交わった。
由美さんも私が三度目の射精を終えてからは、身体を痙攣させ
「逝く。逝く。いい」
と切ない声を出して何度も果ててくれた。

 しばしのまどろみを楽しんで、朝7時過ぎに目を覚ますと、私をじっと見る由美さんの顔がすぐそばにあった。お互い無言のままでキスを交わし、もう一度一つになった。由美さんは深い絶頂を味わってくれた。私も中出しをさせてもらったが、量は少なかったように思う。二人でお風呂に行き、その後朝食を摂って、旅館の車で稚内駅に送ってもらった。
 「本当にありがとう。凄く思い出に残る夜だったわ。貴方のことは忘れないわ。私この秋に結婚するの。マリッジブルーだったの。でも、これで吹っ切れた。貴方に感謝するわ」
と言って握手をして、ほっぺにチュッとキスをして、
 「私宗谷岬に行ってくる」
とバス停の方へ歩き出した。すぐに振り向き、
 「君は凄くいいもの持っているよ。君抱かれる女性は幸せだわ。もっと早く会いたかったな」
と言うと、くるっと背を向けて、二度と振り返ることなくバス停へと向かって行った。

私は由を美さんを名残惜しそうに見送った記憶がある。
これが私の初体験でした。

この体験以降、素敵な出会いを数多く出来たのは、由美さんの言ってくれたおかげだと思っています。

26
2017/08/30 10:54:46 (ivMPLu/t)
就職して東京にいた頃、長崎から学生の時グループ交際していた子から連絡がありました。
羽田に迎えに行って最寄り駅の居酒屋で、食事をしました。
すると、今日泊まらしてといわれました。
そのとき、彼女と別れて1ヶ月位だったので溜まっててもう。ピンピンでした。
早速、アパートに連れ込んで、挿入したら、痛いといわれました。
その子はお嬢さんの女子大だったけど、22歳になって処女だとは思いませんでした。
シーツをみたら出血があったので、ごめんねといって、朝まで何回も中だししました。
今は、彼女も結婚してるみたいです。

紀代子、処女ありがとう
27
2017/08/26 10:49:52 (Csfl4Fbn)
初体験は中二の時。GWの部活後でみんなが帰った後にエロ本見ながらオナニーしていた最中に、急に一年のあまり知らない子だったけど、待ってたみたいで、呼び出されて焦ったけど、そこで告白されて、そのまま部室に連れ込んだ。
当時、付き合いたての彼女がいたが、その子が必死で、何でもしますって言うから、調子に乗って、半分冗談で
「どこまで本気か見せて」
と言ったら、頷いて目をつぶってたので、ちょっと胸を触ったら、ビクンと反応しつつも、体を預けて来たので、どんどんエスカレートして、しまいには制服を全部脱がせていました。
当時のセックス願望はかなり激しかったし、オナニー中で興奮してたのもあるけど、今思えばかなり大胆だったと思います。
初めて触る女の体を内心ドキドキしながら、服を脱がせていましたが、分からなくて彼女にスカートとかは自分で脱いでもらいました。
全裸姿に思わず飛びつくようにしゃぶりついて、ついに念願のマ◯コを見た時には、吸い寄せられるように顔を彼女の股間に埋めていました。
彼女はまるでエロ漫画のように形もキレイで、想像した通りのマ◯コだったのもあって、しばらくの間、取り憑かれたようにそこに吸い付いていました。
彼女は片足を上げた状態で、椅子に座らせてましたが、感度も良く、アソコを舐められている間ずっと体を弓反らせ、ガクガクと膝を震わせていました。
きっと、何回も逝ってしまったのだと思います。
声を殺して、ハァハァと荒い吐息を漏らしていました。
私も舐めているうちに、彼女の奥からトロリとした蜜が溢れて来ているのが分かりました。
できる限り舌を伸ばして、彼女の小穴をグリグリと舌で掻き回したり、蜜を吸い出すようにジュルジュルと音を立てて吸ったりしていました。
さすがに敏感な所を生まれて初めて刺激され過ぎたせいか、彼女は足はつってたし、力が入らなくなって椅子から崩れ落ちるように倒れて来ました。
ハァハァハァ・・・
彼女は全力疾走した後みたいに息を乱していましたし、汗がにじんでいました。
私も顎が疲れてきたし、舌の感覚がなくなってきてました。
彼女は倒れ込んだまま、ピクンピクンと体が震えていました。
この後、どうしたらいいのか分からずにしばらく彼女の体を眺めてましたが、取り敢えずズボンを降ろすと、興奮でパンツにシミができてました。
そのままズボンを脱いで、彼女を抱き起こし、膝の上に座らせました。抱き寄せたら、彼女のハァハァという荒い吐息がとてもいやらしく聞こえ、堪らなくなり、彼女の胸を吸いまくりました。
そして、こちら向きに跨がらせると、彼女の下腹部にガチガチのチンポが刺さるように当たりました。
彼女は興奮して硬くなったチンポを見て、初めてここで仰け反り抵抗しました。
私は構わず、彼女の体を浮かせて、そのまま挿入を試みましたが、
彼女が動くのと、初めてでなかなか要領を掴めないのもあって、何度もヌルヌルとスベって入りませんでした。
その内、カリがグッと引っかかるように当たると、彼女の膝がガクガクと震えました。
ここだと思ったので、腰を突き出すと半分くらいがヌルっと収まりました。
「んっ・・・」
彼女は初めて声を上げ、膝をガクガク震わせながら、体をグッと後ろに反らせました。
後ろに倒れそうなのを抑えながら、ズブズブと根元までチンポをねじ込む事が出来ました。
膣内に深く入る度に皮が強引に捲られて、根元まで入ると、亀頭がが剥き出しになっているのが分かりました。
少しピリッと痛みがしました。
初めてのマ◯コは握り締められるようなキツさと柔らかさでした。
普段皮を被っていた童貞チンポの亀頭にはこの刺激は強過ぎました。
少し動くと電気が走ったような刺激がして、挿入したまましばらく動けませんでした。
徐々に慣れてくると少しずつ腰を動かしました。
「あっ・・・はあっ・・・」
彼女は動く度に、さっきまでとはまるで別人のような声を上げ初めました。
私はそれが嬉しくて、セックスをしているという実感に興奮しました。
すぐに精子がグングンと昇ってくるのを感じました。
我慢すら出来ず、大量の精液を彼女の奥深くに突き刺したまま放出しました。
彼女も中に熱い液体が注がれているのを感じたらしく、一瞬びっくりしたような表情でこちらを見ました。
あまりにも気持ち良くて、挿入したまま彼女を抱き締めて、しばらく放心状態でした。
彼女の荒い吐息だけが静かな部室に響いていました。
その日は暗くなるまで3回分を彼女の中に収め、家まで送ってあげました。
関係は高校卒業まで続き、彼女と二股のままで私の精子の大半はお口を含めて彼女の中へ消えて行きました。
本当に盛んだったあの当時は今思い出しても興奮します。



28
削除依頼
2017/08/25 00:07:45 (Bbi5KfhQ)
私の童貞を失った相手は、18歳の時に付き合った21歳のヤリマン彼女です。
私の独り暮らしの部屋で、愛撫や胸の揉み方、クンニの舐め方を優しく教えてくれ、フェラをしてくれたのですが、初めてで直ぐにイッてしまい精子をゴックンされ驚きました。
少し休憩した後、キスから始め優し目にフェラしてくれ、初めての挿入だったので彼女は生で入れさせてくれ中出しさせてくれました。
その彼女と別れてから8年後に東京で偶然再会し、赤ちゃんを連れていました。
その時に連絡先を交換し、数日後の平日昼間に人妻になった彼女の家に遊びに母になった元彼女を抱き母乳も味わい大丈夫だと彼女が言うので中に出してきました。それからは定期的に彼女の家に行きママ友も含めてセックスを楽しんでいます。
29
2017/08/24 10:42:02 (fXb9y2Xt)
私が22歳だったとき、富山のホテルに慰安旅行で経験したことです。
当時ホテルのスナックに若干酔った状態で、先輩たちと入ったところに55歳くらいのおばさんたちのグループが来ていました。
そのグループと仲良くなって、あるおばさんに、チークダンスを迫られたんです。恥ずかしかったけどダンスを始めると、下半身を擦りつけてくるんです。
浴衣の下のパンツの中で一気に勃起をしたのを、相手に悟られました。
その後酔いを覚まそうっていわれて、おばさんお部屋へ誘われました。
女性経験は無かったので、おばさんの手でパンツを脱がされ初めてのフェラを経験しました。
その後、おばさんは顔面騎乗であそこを私の顔に擦りつけ、
誰でもこうして舐めるんだっていいました。
経験のない私はそれをすっかり信じて、一心不乱に舐め続けました。
チーズの腐ったような臭いがしたんですが、一生懸命舐めました。
その後、おばさんは、僕のおちんちんを掴んで、そっとおまんこに挿入したんです。
あまりの気持ちよさに、30秒しか持ちませんでした。
その後連絡先を交換して何度も会って、あらゆる性技を教えてもらいました。
30
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕