ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

処女、童貞喪失体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
2018/02/02 13:18:34 (9xiEnRJa)
高校時代の話。俺は写真部に入部した。写真部の隣が美術部だった。
写真部は全員男子、美術部は全員女子だったので、男子モデルを美術部から
お願いをされる事があり、1年生のGW直前に美術部に頼まれて
高校生なので制服姿とかTシャツ姿という事もあり、気軽に引き受けた。
美術室に行くと数名の女子が待っていた。その中には
中学時代に同じ委員会だった美里先輩と、クラスメートのエリが居た。
「あれ、春樹(俺)?」と里美先輩とエリが声を揃えて言った。
知り合いがいたので、モデル中に会話をしていると
「今年さ、1年2人しか居ないんだよね。春樹ポスターとか上手かったから
 美術部にも入りなよ」と美里先輩から誘われた。
スケッチをしている最中に、無防備にも時々パンツを見せてくれる人もいて
童貞だった俺はこんなに美味しいなら、と興奮してつい入部してしまった。
美術部に3年ぶりの男子部員だと言われた。写真部メインだったが、
美術部も手を抜かずに活動して、夏合宿も参加することになった。

期末試験が終わった日の事。部活も無く帰ろうとした時、一緒になった
里美先輩から夏合宿の話もあるし、後で里美先輩の家に遊びに来ない?
と誘われた。家にカバンを頬利投げそのまま一緒に里美先輩の家に向かった。
里美先輩の家には誰もおらず、里美先輩の部屋に案内された。
部屋にはいい香りがしていた。制服だった里美先輩がタンクトップに
ミニスカートに着替えて、麦茶を持って現れた。
露出の多い服に目のやり場に困った。特に胸の谷間に注目しない様に
気をつけた。
夏合宿の場所は毎年恒例で、景色が良いとか話していた。
「でね、夏合宿なんだけど、恒例のデッサンを今年もするんだ」と
里美先輩が緊張しながら言った。
「絵画の勉強ってやっぱり人物画が一番、ってなってるの。
 で、毎年2・3年生がモデルになってデッサンするんだ。
 今年、春樹君が居るでしょ。1年だけどモデルになって欲しいんだ」
とお願いされた。里美先輩ってキレイだな、と思って話半分に聞いていたが
何故か話しづらそうな感じだった。
「モデルってヌードだけどお願いできる? 私、男の人の裸を見たこと
 無いの。それでね、合宿で焦らない様に、先に春樹君のチンコを見せて
 欲しいんだけど」
えつ、と焦ってしまった。恥かしくてどうやって断ろうかと考えた。
「俺だって女性のヌード見たこと無いですよ。先輩も見せてくれるなら」
と必死で話した。断ってくると思いきや
「そうだね、どうせ張春樹君に裸見られるし。見せ合おうか。」」と言った。
俺は里美先輩のヌード見逃してたまるか、とばかり立ち上がった。
里美先輩がスケッチブックを出して、デッサン用者写真集の写しと言って
男性の全裸や男女絡みのスケッチを見せて「こんな感じで」と言った。
俺は黙って服を脱ぎ出した。少し躊躇したけど、潔くパンツも脱いで
チンコを里美先輩に晒した。
里美先輩は顔を赤くしてじっと見つめていた。里美先輩に見られている、
そう思うだけで大きくなってきた。前かがみになっていたので、
タンクトップからは胸の谷間どころかブラジャーに包まれた
オッパイが丸見えだ。途中で完全勃起になっていた。
「俺脱ぎましたから、先輩も」と言うと、ハッとした感じで
顔を真っ赤にして、足元もおぼつかない感じで立ち上がった。
俺は里美先輩から目を離さない様に凝視していた。
里美先輩は薄手のタンクトップを脱ぎブラジャー姿になった。
次に靴下を脱ぎスカートかと思ったら、ミニスカートに手を入れ
白いパンツを脱いだ。後ろを向いていたけど一瞬で、お尻も見えなかった。
すぐに丸めてタンクトップの下に隠した。
しゃがんだままで、背中に手を回してブラジャーのホックを外した。
肩紐が肩から落ちて、里美先輩がゆっくりとブラジャーを抜いた。
きれいな裸の背中は小さくて抱き締めたくなったのを我慢した。
里美先輩が立ち上がったので、横からオッパイと乳首が少し見えた。
スカートのファスナーを下ろしてからホックに手をかけた。躊躇している。
ゆっくりとホックを外すと、スルっとスカートが足元まで落ちた。
スカートから目線を上げると全裸の後ろ姿が見えた。
腰の括れやお尻の割れ目に息が荒くなってしまった。
再度しゃがんでブラジャーもパンツ同様に服の下に隠してスカートで覆った。
左手でオッパイ、右手で股間を隠して立ち上がった里美先輩が、
俺の方を向いた。
顔の眉間に皺を寄せて目を閉じていた。暫くモジモジしたまま動かなかった。
黙って里美先輩を見つめた。諦めたのか両手を体から外した。
オッパイはまん丸で、頂点にはグラビアで見るよりも小さめの乳輪と乳首が
見えた。色も少し薄い感じだ。陰毛は思ったより濃くて真っ黒だった。
「さっきのスケッチのポーズしますね」と里美先輩に声をかけ、
普通の立位や砲丸投げの様なポーズをとった。チンコは上を向いたまま。
「次、先輩お願いします」と、立位や、椅子に座って貰ったりした。
触りたい、と思ってた俺に里美先輩が言い出した。
「触ってもいい?」そう言いながら俺の竿を握った。
「なんか出てるけど、精液?」とガマン汁を見て言った。
「里美先輩が濡れる様に俺も興奮すると出てくるんです。精液じゃないです」
「そっか、私の裸で興奮してくれてるんだ」と少し余裕が出たのか、
照れ隠しの笑顔が見えた。
「スケッチブックのポーズしてみて。」と大きな鏡をベットから見易い
様に動かした。
ベッドに腰掛けた里美先輩を後ろから俺が抱き締めるポーズをとった。
小さな肩からオッパイに手を回すした。初めて触る生身のオッパイは
暖かくて思った以上に柔らかかった。手のひらでオッパイを包み、
揉んでみると「あぅ、揉んじゃダメ」と言われ数回揉んでから手を離した。
「次にワンワンスタイルで」と言って四つん這いになった。
バックの姿勢ってことか、と理解した。後ろに回って里美先輩の腰を持った。
少し離れているので、里美先輩のお尻の穴とマンコが丸見えだった。
「もう少し腰を近づけて」と指示され、俺の腰を里美先輩に押し付けた。
お尻の割れ目にチンコを押し合てると、チンコが里美先輩のお尻に包まれた。
マンコが濡れているのが判った。
「こんな感じですか?」
「腰の位置がもう少し上かな?」と鏡を見ながらいった。
四つん這いなのでオッパイが下向きに大きく見える。
俺はチンコを持って亀頭を里美先輩のマンコを擦って「どのへんかなぁ」と
呟きながら、快感を楽しんでいた。。
「はぁはぁ」と喘ぎ声を殺し切れない里美先輩。
俺は我慢が出来なくなって、マンコの凹んだ場所に少し押し込んだ。
亀頭の先端が入り、里美先輩に包まれた。そのまま腰を進めると
スルっと亀頭が入った。
「い、いたい、ちょっと待って」と叫ぶ里美先輩に
「やめましょうか?」と声を掛けたが、首を左右に振った。
「そのままゆっくりと」と言われ根元まで進めてしまった。
「動かさないで」と再度言われて俺はそのまま我慢。
里美先輩の暖かいマンコに包まれていたが、中がたまに動いていた。
オッパイに手を回して揉んだりして、3分くらい経ってから
「動いていいけど、ゆっくりね」と言う里美先輩の言葉に腰を動かす。
初めての事に直ぐに里美先輩の中で果ててしまった。射精し終わって
里美先輩から抜くと竿には俺の精液と里美先輩の血と愛液が混ざって
付いていた。里美先輩の中から精液が垂れていた。
「あの、中で逝っちゃいました。すみません」
「えー、だしちゃったの? 多分大丈夫太と思うけど」
とティッシュでマンコを拭きながら言った。
「処女だってことは内緒だよ・・・。後、私とHしたこともね」
里美先輩がティッシュを何枚か俺に渡したので俺も自分でチンコを拭いた。
まだ里美先輩の血が付いていた。少ししてお互いに落ち着いてから服を着て
帰ることにした。里美先輩が笑顔で「またね」と言ってくれた。
帰ってから、キスもしていない初体験だったことに気付いた。
翌週に「ちゃんと初体験したい」と里美先輩から誘われ、キスもすることが
出来た。
26
2018/02/01 15:58:11 (j3PBbKPM)
5年前、痴漢風プレイにハマっていた時の事です。
ネットの掲示板で知り合った人と実際に会って痴漢風プレイをしていました。と言っても電車では難しいのでネットカフェの本棚や個室で。
軽くお触りから始まり最後は下着も脱がされて前戯のようなことまで…もう最後の方は痴漢関係なかったです。
でも処女だったので本番はしていませんでした。

ある日駅で相手の人と待ち合わせをして、対面すると大人しめのお兄さんでした。
お兄さんに連れられるままネットカフェに入り、個室に入りました。こういうのではあまり最初の方で会話はしません。
お兄さんの指示に従って、目の前でスカートをめくってパンツを見せたり服を脱いだりします。
お兄さんはブラのホックを外すと脱がせながら乳首に吸い付き、乳房を揉みました。胸に顔を埋めて息を荒くしていました。
本当はNGって言ったのにキスもされました。初めてのキスになってしまいましたが、優しく沢山されて気持ちよくなってきました。

しばらくして私はパンツ1枚の姿になっていました。
他はすべてお兄さんに脱がされたのです。
胸が丸出しで恥ずかしくて手で隠していると、お兄さんは壁の方を向いて膝立ちするよう指示しました。
お兄さんからは胸が見えなくなるのでほっとしていると、今まで服を脱いでいなかったお兄さんはズボンとパンツを脱いで下半身丸裸になりました。
私が動揺しているとお兄さんは私の後ろにやってきて、太もものあいだにおちんちんを差し込みました。そしてあしを閉じるよう指示しました。
私の太もものあいだでおちんちんが出たり入ったり。お兄さんは私のお尻や胸を揉みながら私の太ももでおちんちんを擦り始めたのです。
おちんちんは少しづつ上に移動して、太ももの付け根の三角形のところで動いています。たまに先っぽが入口に当たります。
お兄さんの動きが早くなるとたまに入口に当たり、時々ぐいっと入口を押して声が出てしまいました。
キスした頃から濡れ始めていたので先っぽに汁がついてしまうのが恥ずかしかったです。お兄さんの動く角度によって入口にグイグイ押しつけられるおちんちん…経験のない私でもこれは間違っておちんちんが入っちゃうかもしれないと思いました。
「あの…その角度だと危ないです…」
「え?どうしたの?何かあった?」
お兄さんはそう言いながら動きを止めました。おちんちんの先っぽは入口に当たったまま止まりました。
「さっきの動きだと入っちゃうかもしれないので…」
「どこに何が入っちゃうの?あれ?なんでマンコ濡れてるのかな…処女のマンコはそんな簡単におちんちん入らないから大丈夫だよ…」
お兄さんはそう言いながらおちんちんを入口に押し付けます。
「あ、だめ…」
「ちょっと当たってるだけだよ。まだ入口に入ってないからね」
先っぽには私の汁が沢山ついています。お兄さんは私の腰を両手で押さえ始めました。お尻を自分の方に引かせるように力を入れて、私の腰を落とさせようとしています。
「ダメです、いや…入っちゃう」
「入らない。入らないよ。処女おマンコはキツキツだから入らないから」
お兄さんの腕の力で私の腰は少しずつ落ちています。入口には先っぽが押し付けられている感触がありました。
だんだんお兄さんの息遣いが荒くなってきてお兄さんが腰を突き出すとおちんちんの先っぽが入口に完全に入ったのがわかりました。
「あの、入ってます!入ってます」
「えー、先っぽ当たってるだけだよ。びしょ濡れだから感覚変なんじゃないかな」
膣の入口はさっきお兄さんにクンニされながら指を1本入れられました。濡れやすい体質だと言われていました。
でもおちんちんは指よりずっと太くて、先っぽが入った入口はじんわりしびれたような感覚でした。
お兄さんはほんの少しずつですが私の腰を男性の腕力で落としていきます。ものすごくゆっくりなので激痛ではないですが、じわじわ痺れる感覚がありました。
ほぼ全裸で外に出られないし、その前に暴力でも振るわれたらどうしよう、このことがバレてもまずい、もう無理かもしれない…
そう思いとにかく声を抑えてじっと痛みをこらえていました。おちんちんは3センチくらい入ってしまったと思います。時々少し抜いてまた入れてを繰り返しています。お汁のようなものがぽたぽた垂れていました。
その後はひたすら二人とも無言で、少しずつおちんちんは中に入っていきました。
27
2018/01/23 03:38:48 (PM7.c6Xm)
もうかなり昔の話になりますが、私の初体験を書きます。
僕は、小学6年生で相手は姉の同級生だったお友達でした。
雰囲気は、色白で丸顔のショートヘアーでブレザーの制服がよく似合っていました。ある日、ラジカセでテープをダビングするために私の家に来て一目散に私の部屋に来ました。ダビング中は、暇な時間がたんまりあるために私は仕掛けてから昼寝をしていました。ところが、彼女は兄はいるけど弟がいない為に私の事をいつも気にかけてくれていました。
その日だけは、いつもと違い昼寝をしている僕を制服を着たままで、抱きしめて添い寝をしてくれていました。僕は不意にあそこが大きくなり不意にも完全に制御不能に陥っていました。
彼女は、周りに誰もいない事を確認してから僕の口を左手で塞いでから右手で、オナニーも知らないおちんちんに手を伸ばした。
彼女も男性経験は無かった様で、彼女の母性と持てる知識で愛撫されていた見たいです。地方の山間部だったせいか子供はいつも体操服が基本でした。緑色のジャージ短パンで両脇に白の二本線で、体操服の上は、縁取りが緑色の定番だった。彼女は、紺色のブルマと紺色の縁取りの体操服でした。制服のボタンを外しながら無意識にオッパイを探していました。
後にオッパイにむしゃぶりつきながらおねさんの右手で白いものをいっぱい出しました。あれから彼女は、看護婦さんになり私はサラリーマンとして働いてますが、今は2児の母となり私達は両親に子供を預けて出掛ける時は、あの時と同じ格好でいぢめてくれます。
お互いに童顔同士だからまだ似合うかも?
28
2018/01/17 13:50:32 (kwFgCXQd)
ワ●ワ●でメールをくれた童貞さんと、本日お会いしました。

朝、子供を保育園に送り出した後身支度をして待ち合わせ場所に。
いざ着いて初対面。

非常に感じのいい方。
そのままラブホテルに直行。
部屋に入ったあとはしばし会話。
その流れでどんなエッチがしたいかを聞き取り。

お相手の方はイチャイチャしながらしたいとのことだったので、手を繋ぎ密着。
ガチガチでした。

一緒にお風呂に入り、いざベッドに。

キスはとにかくたくさんしつつ、お互いを触りっこ。

キスした時点で、私のアソコは大洪水でした…。
触り触られを繰り返した後、騎乗位で初挿入。

挿入後、感想を聞いてみたらへんな感じと。
しばらく騎乗位でリードして、正常位に。

緊張からか、なかなかイきそうになく一旦休憩。
休憩中もとにかくキス。
インターバル置いて、再度騎乗位で。

男性の本能って不思議ですね。

下からぎこちないながらも突き上げ始めてました。
騎乗位のまま、身体を密着させて動いてたら耳元でイきそうと。
そのまま中出しで頂きました。

相手の方も気持ちよかったと言っていただけたので良かった。

また来週の月曜日、違う童貞さんとお会いする予定なので今から楽しみです。
29
削除依頼
2018/01/15 07:07:20 (W76thfCo)
皆さんが通われた学校にも、こうゆう女の一人二人はいたのではないでしょうか?

大学の時、同じ学年に0.3の女、通称テンサンの女と呼ばれてなかったいた女がいました。

文字通り3000円の女です。

東北地方出身の田舎くさい女で、地味で小太り、顔も並の下か下の上程度、そんな女が俺の初めてでした。

名前は仮にヒロミとしておきます。

ヒロミにそうゆう噂がたち始めたのが二年の時でした。

噂の出所は不明ですが、ヒロミと仲が良かったはずの女の子が、急に距離を置くようになったんです。

不思議に思った俺の友人がそのことを聞いたら、ヒロミがマジでそうゆうことしてるから、とのことでした。

友人達と、3000円なんてヒロミは自分のことをよくわかってるよな、とか、3000円だって出す価値あるかよとか笑ってました。

しかも誰かが確認とったわけじゃない、噂話の域を出てなくて、ヒロミと俺は顔と名前くらいは知ってます程度の接点があまりない仲、どうでもいいやだったんです。

でも友人達は次々と彼女作っていくし、既に大学以前に初体験済ませてる友人もいて、いくらマイペースのノンビリ屋な俺でも、焦りが出ました。

二十歳の誕生日過ぎると、余計に焦りました。

ソープあたりに行こうかな?バイトで貯めた金みて考えたんですが、この金だったらヒロミと何回出来るんだ、そう考えたんです。

所詮は噂話、でもヒロミとは仲良いわけでもなく、変なこと言っている嫌われても、ダメ元でもいいじゃんみたいに思って、たまたま学内を一人でいたヒロミに声かけました。

噂になってる話、ズバリを聞いたんです。

ヒロミはあっさり本当の話だと肯定したのに驚きました。

じゃあ俺もいいか?の質問に、またもあっさりいいよとなりました。

初めてなことを伝えると、あっ、そうなんだと興味なさそうな返事、今夜にでもどうぞと、事務的にだいたいのヒロミのアパートの場所と、ケー番を教えてもらいました。

電話で教えてもらいながらついたヒロミのアパート、俺アパートよりもさらに古くてボロい、しかも乱雑、男が頻繁に出入りしてるなっての、ありありでした?

前金ね、その言葉に俺は3000円を差し出すと、ヒロミはそれをパッと受け取り、インスタントのコーヒーを出しました。

無愛想、何か会話しなきゃと思ったけど、接点がほとんどないから、結局なんでこうゆうことしてるかを聞いてしまいました。

コーヒー飲みながら、面倒くさそうに話したヒロミでした。

一年の時、彼氏だと思って付き合ってた人に、ちょっとお金借りようとした、すると3000円、エッチしたあとに渡された、あ〜これが私の価値なんだなと思って、それから3000円、匿名君みたいに3000円握りしめてくる人も何人かいたよ、と答えました。

多分、俺が知ってるやつも中にはいるのかもと思いましたが、そこまでは聞けませんでした。

お風呂沸いてるから入ってきて、タオルとかは棚にあるの勝手に使っていいから、また事務的に言われ、言われるがまま風呂に入ってきました。

出て部屋に戻ると、乱雑だった部屋は多少整理され、布団が敷かれて、枕元にはティッシュとコンドームの四角い袋数個が置かれてて、ヒロミは白い下着姿で布団に寝ながらテレビ見てました。

俺が戻ってきたのを見たヒロミは、初めてなのを再び確認し、風俗の経験すらないことも確認すると、ならばここに仰向けになってと言い、布団か起き上がりました。

俺は言われた通りに仰向けになると、シャツとトランクスを脱がされ真っ裸、ヒロミは背中に手を回して、ブラを外しました。

小太りの割には貧乳、でも触らせてもらうと柔らかい、乳首もすぐコリコリになってるのがわかりました。

ヒロミは体を重ねてきて、俺にキスしたり、首筋舐めたり、胸舐めたりと主導権を取りました。

最初は緊張からか、勃ちが悪かった俺も、ヒロミが優しくチンポを撫でて、勃起させられると、ヒロミのキスが下へ下へと降りていきました。

そしてついにヒロミはチンポをパクり、ジュポッと軽く吸い上げられると、早々に射精感が込み上げてきました。

やべ〜、つい出た言葉に、ヒロミはサッと反応しました。

ヒロミはチンポから口を離しました。

出そう?そう聞かれた時にはもう出てました。

俺の腹やら胸に飛び散りました。

それを見たヒロミは、指先に多少力を入れて、絞るようにしてました。

悪い、そう言うと、それまで無表情だったのが、少しだけ微笑みました。

初めてはみんなこんなもの、触っただけでって人もいたからね、その言葉にかなり初めての男を相手にしてきたのが読み取れました。

腹や胸に飛び散ったのをティッシュ数枚でヌラりと拭き取り、チンポも拭き取ると、またヒロミはチンポをパクリしました。

萎えかけたチンポに再び活力が出てくると、ヒロミは今度はちょっと我慢してと言い、上下を入れ替え、今度はヒロミが仰向けになりました。

ヒロミに言われるがまま、胸を揉んだり吸ったり、そしてヒロミはご開帳してくれて、初めてパックリマンコを触り、指入れたり、気づいたら手は濡れてました。

舐めてもいいよと促され、初めてマンコを味わいからました。

ちょっと邪魔な陰毛をかき分け、ほのかに鼻に漂う甘酸っぱいような香りが、俺を興奮させました。

ヒロミは枕元に手を伸ばすと、コンドームの四角い袋を破り、中から薄いピンクのコンドーム出して、クルクルとチンポにつけてくれました。

ヒロミはチンポを握り、ここね、ここだからねとチンポを入口まで導いてくれました。

あとはそこに突き進むだけでした。

グチュ、中に突き進むとヒロミはギュッと目を閉じて、何かに耐えてるような顔をしました。

コンドーム越しにもわかるヒロミの熱、チンポが噛まれるような感触が最高に気持ち良くて、しばらく動けないでいました。

目を閉じたまま、ヒロミが腰、腰動かしてとささやき、俺は腰運動を始めました。

う、うん、ううん、みたいな弱い声を出してくれたヒロミ、あ〜これはヤバい、もう出る、ヒロミに伝えました。

いいよ〜、出しても、ヒロミに抱きつきながら、俺は射精してました。

しばらく抱きつき、抱き合ってました。

重い〜、ヒロミが俺の背中をポンポン叩き、俺は体を起こしました。

ヒロミは下から起き上がり、コンドームをクルクル、中身がこぼれないように外しました。

中身を蛍光灯に照らすように見てました。

初めてした気分はどう?

感想を求められ、俺はただ気持ち良かったとだけしか言えませんでした。

んなら良かった、事務的と思っていたヒロミが、二回目微笑みました。

目的は果たした、帰ろうと思ったら、ヒロミはなんなら泊まっていってもいいと言いました。

俺は一発3000円だと思っていました。

最初のパクリの一発と、初体験の一発、合計6000円払わなきゃならないと思っていたんです。

俺の財布の中身は、前金払った以外の3000円払えば、残りは帰りの電車代と、途中ジュース飲む程度しか残らない、泊まればもっとしたくなる、そのことをヒロミに言いました。

追加なんか取らないよ〜、笑われました。

声出して笑うヒロミを初めて見ました。

3000円は何回も時間許す限り無制限だったんです。

そうとわかればもう朝まで何回も、でした。

学校に行く準備のため、俺が帰ろうしたら、布団の
回りにはコンドームやティッシュが散らかってました。

それから俺は、月数回、3000円を握りしめて、ヒロミの部屋に通うことになりました。

時々、先約があると断れることもありした。

それが卒業まで続きました。

おそらく20万、いや30万近くヒロミに使ったかな?

俺はそのまま都内の会社に就職、ヒロミは地元東北地方の会社に。

今日がラストだよって時、ヒロミに今までどのくらい相手にしたか、聞いたんです。

先輩同輩後輩、学内外、ざっと50ってとこかな?

同輩もいるんだ、おそらく口には出さなくても、友人の中に穴友達もいるな、そう思いました。

これは噂話で、未確認ですが、ヒロミは現在県議だか市議の議員さんの奥さんらしいです。

選挙資金集めに学生時代みたいなことを、なんてことはないと思いますが。
30
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕